レイニ-サイド ハ-パ-ズパブ

ケルティックハ-プ(アイリッシュハ-プ)奏者坂上真清に関する情報や日々感じた事などのコラム このサイトはリンクフリ-です

曲 完成報告♪

2012年04月28日 | CD製作日誌

 

 

 

 

笛 織 絵のミックス済音源が届いた

 

完成までにかけた時間と労力が報われる瞬間だ

 

 

今までこの世に存在しなかった曲が新たに生まれて

自分がいなくなった後もこの曲達は残っていくと思うと感慨深いです

 

 

特にアコースティック楽器のアンサンブル演奏は

ミックスによって大きく変わるので終了出来た安ど感はより大きい

 

これに比べればハープソロはそれほどでも無いのでね

 

 

 

皆さんにも早くお届けしたい      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

笛 織 絵 の曲のミックスダウン

2012年04月25日 | CD製作日誌

 

 

 

 

                 

 

 

 

 

今日はエンジニアの迎谷さんの自宅スタジオに行き

笛 織 絵 の3曲と朗読の為に作ったハープの曲 計4曲

のミックスダウン作業に立ち会った

 

知らない人の為に料理で例えて説明すると

録音したハープやフィドル、ホイッスルの音が食素材で

それを焼くのか? 煮るのか? 

またどんな調味料を使い味付けして火加減はどうするか?

どんなお皿に盛りつけるか?


がミックス作業だと思ってもらってもいいかも知れない

 

楽器の音の色、質感、奥行き、位置、バランス 

などすべてを決定するんです

 

 

これで重要だというのは分かってもらえると思うけど

普通は例外を除き作曲者や演奏者ではなくエンジニアの人が行うので

ここはどうしたいか という様な意図をちゃんと伝えて

細かなコミュニケーションをとるのが大事になってくる

 


あのビートルズもミックス作業には立ち会っていたらしい

 

 


 

そしてこれが終わればほとんどレコーディング作業は終了

 

まだマスタリングとかプレスとかジャケの事など

CD発売までには色々やる事はあるけど

演奏者側からすればとりあえず お疲れさま という所

 

 

 


そして その大事な ミックスの結果は

自分としては大変美しい音楽が完成出来たと思ってます

 


ちょっと極楽浄土的な響きとでも言うか 

 


 

本当に完成出来て嬉しいです!

 

 

 

是非楽しみにしていて下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

奥州藤原氏 供養願文のためのハープ音楽

2012年04月22日 | CD製作日誌

 

 

 

 

ここ1週間は平泉をテーマにしたCDに収録される

ハープの新曲にかかりっきりで

今日ようやくほぼその作業が終了した

 

 

CDには藤原清衡が残した供養願文の朗読が収録される予定で

それに付随する曲をという話になっていて

最初はハンドリオンのCDから 旅想人 を演奏しようと思っていたんだけど

楽曲登録済のこの曲を再録するには少し手続き等面倒な為

新たに曲を作る事になったのである

 

 

し説明すると

平安時代 奥州平泉に栄華を極めた藤原氏の租 清衡は

それまでの東北での戦による犠牲者達が

敵味方分け隔てなく浄土に導かれるようにと中尊寺を建立し

みちのくの地に仏国土をという願いをこめた供養願文を残していて

今回のCDではこれが大きなテーマの1つになっている

 

 

悲哀感がありながらも心に光が差し込んでくる平泉が持つ世界感と

清衡の浄土思想に寄り添う様な曲にしたいと

最初は手さぐり状態でスタートしたが

実は制作途中 とてもいい曲のタイトルが浮かび

(正に上から降りてきた感じだった)

それからは比較的スムーズに

曲完成~レコーディングまで進む事が出来た

 


曲名はまだ発表出来ないけど

タイトルというのは結構重要だなと改めて実感した次第で

本当に導かれるようにして曲が出来上がっていったのである

 

 


これであとは来週のミックスダウンで

笛 織 絵 の曲の最終仕上げと

この新曲と青木さんによる朗読を

どう繋ぐかを決めていく作業のみ

 

 

今からとても楽しみだ

 

 

 

供養願文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

中央線に乗ってフィドルのレコーディングに、 という一日

2012年04月12日 | CD製作日誌

 

 

 

 

 

          

 

 

 

 

エンジニアの迎谷さんの自宅スタジオに出向き

先日のレコーディングで 待ち続けたあげくカレーだけを食べて帰った

中藤さんのフィドルのレコーディングをしてきました


フィドルがほぼメインを担う曲などもあるので

ようやくそれが完成したという感じです

 

とりあえずこれで 笛 織 絵 としての録音はすべて終了

まずは良かった 良かった 一安心 

 

特に有花ちゃん お疲れ様です ^^♪

 

 

あとは来週のミックスに立ち会う予定だけど

ただ自分は青木さんの朗読に合わせるハープの録音がこれからまだあって、、

 

これにはプロデューサーである戸田さんからのリクエストで

平泉のコンサートでラストに演奏したハンドリオンの「旅想人」を

ハープソロでセルフカバーする予定だったんですが

ハンドリオンのCD発売時にこの曲の著作権登録をしていて

今回のCDにまた収録するとこの1曲の為に申請手続きをしなければならず

色々と時間がかかってしまうので 

結局 別の新曲をレコーディングする事にしました

 

と言ってもまだ何の構想も出来てなくて

これからの半月で仕上げなければならない

 

正直どうなるものやら・・  という所も若干あるけど

まずは青木さんの朗読した音源をしばらく聴き続けていれば

きっといいイメージがでてくるはず 

 

 

でもこうして夏のCD発売に向けて

少しずつ色んな事が具体化してきています


きっといいCDになりそう

 

レコーディングした曲は自分で言うのも何だけど

とっておき と言ってもいい3曲だし

早く聴いてもらいたい気持ちでいっぱいですね 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

強風の日 笛 織 絵 レコーディング レポ

2012年04月04日 | CD製作日誌

 

 

 

夏に出るCDに参加するための

笛 織 絵のレコーディングを行った

 

CDにはオリジナルを3曲録音するので

何とかこの日 録音を終わらせられればという計画のもと

笛 織 絵 3人の他にゲストとして参加してもらう

パーカッションの土生君とベースの小谷さん

またCDに朗読を入れる事になったので

先日もご一緒した朗読家の青木さんにも来ていただいた

 

それに今回の企画者であるバスキングジャパンの戸田さん

エンジニアをやってもらう迎谷さん という面々

 

 

録音の順番に従ってゲストの方にはその時間に来てもらう形で

まずは笛 織 絵で全曲に仮のガイドメロディーを録音

 

そしてそれを聞きながらまずは

パーカッションの土生君のレコーディング


土生君は普段はアフリカや東南アジアの伝統音楽を演奏していて

こういうタイプの曲はあまりやった事は無いとは思うんだけど

素晴らしいパフォーマンスを披露してもらいほとんど一発で終了した

 

演奏してもらった楽器は

西アフリカなどで使われている ジャンベ というパーカッション

 

何か演奏スタイルの相性も合ってる感じがして

是非今度はライブにも参加してもらえたら嬉しいな

 

 

 

続いては青木さんの朗読


これは戸田さんの特別なこだわりもあり

予想を超える時間を要した


特に方言を使った詩の朗読を急きょ青木さんに頼んだらしく

戸田さん付きっきりのもと何度もテイクを重ねていく

 

またもう1つの詩は藤原清衡の久遠願文


こちらは平泉の演奏時に読んだ事もあって

比較的スムーズに進行した様だ


~様だ~ と言うのも実はこの録音時だけは

物音をいっさいたてられない為 自分はスタジオをはずしていた


唾も呑み込めない雰囲気で・・・

 


予想を1時間位超えた朗読の収録が終わり

今度はウッドベースの小谷さんにスタジオに入ってもらう


小谷さんには3曲とも全部に参加してもらうので

この日1番時間もかかりそうかもと思っていて

まずは中でも最も難曲っぽかった 蒼色のしじま からスタート

 

ただ事前に土生君のパーカッションが加わった事により

随分とリズムのノリも分かりやすくはなった様で

アレコレ相談しながら少しずつフレーズを決めていく


でもそこはやはりプロのベース奏者


1度曲のノリがつかめた後は

比較的スムーズにレコーディングは進む


また残りの2曲は弓を使う奏法で演奏もよりシンプルなので

さほど時間もかからずに終了した

 

とても美しい仕上がりに 頼んで良かったとつくづく思えた瞬間 

 

 

休憩を挟んだあと まずは庄司さんのホイッスルから録り始める


まぁいつもライブで演り馴れている曲ではあるので

細かい部分の修正などをしながらもスムーズに進行したと思うが

その後のフィドルの中藤さんはもう時間が残り少なくて録れても1曲

 

迎谷さんからもそうするよりは改めて別の日に という意見も出て

相談の末 また後日レコーディングしようという事になった

 

中藤さんには長い時間待機してもらったのに申し訳なかったけど

短時間で慌ててやるよりは結局はいい結果になるとの判断

 


でも待ってる間に戸田さんが用意してくれた

美味しいカレー屋さんに食事に行ったりして実はちょっと羨ましい

 

自分とエンジニアの迎谷さんは

ずっとスタジオにつきっきりなので勿論食べられなかった

 

 


終了後外に出た時には まだ風は結構あったけど雨も小降りで 

爆弾低気圧 (中々凄い呼び名だ、、) の影響も収束しかけていたが

電車もまだ不安定なので皆で近くのレストランに行ってお疲れ様の乾杯 

 

何故か立ち食いソバの話で盛り上がったりしつつ この日は終了

 

 


ただまだフィドルの録音もあるし

別にハープソロでもう1曲収録をという事になったので

これから4月中盤~後半にかけて作業は続いていく

 


まずはとりあえずは皆さん お疲れ様でした


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

途中経過の報告

2012年04月02日 | CD製作日誌

 

 

 

 

レコーディング継続中

 

明日がピーク

 

 

もう一息 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

不思議なテンペラ画の世界

2010年08月06日 | CD製作日誌

 

 

 

先日CDのジャケットをお願いした

テンペラ画家のメリノさんとの打ち合わせで銀座に行ってきた

 

 

場所は今個展を開いている画廊で

焼け付くような日中の銀座を通り抜けて地下に入っていくと

ひんやりとした空気感が漂う  

 

壁には何枚ものテンペラ画が飾られていて

見ていると別世界へ引き込まれていく様だ

 

 

とりあえずさっそくいくつかの案を見せてもらい

アレコレと話を進める

 

事前にハンドリオンの音を聴いてもらうため

音源をお渡ししていたのだが

とてもその音楽を気に入ってもらい

ギャラリーでもよく流しているとの事

 

 

またここでは先日

コントラバスの演奏を企画したそうで

とても多くのお客さんが集まったらしく

確かに音の響きはとても良さそうである

 

そう言えば自分も10年位前に

近くのギャラリーで演奏した事などを思い出した

 

 

結局は複数の案を1度持ち帰って

再考してみてという話になり詳細はまたそれからという事に

 

 

でも具体的にジャケットやデザインなどが決まってくると

いよいよ完成に向かって近づくなぁ 

なんていう思いがする

 

 

今度のCDのジャケットは写真ではなく

絶対に絵にしたいというのは

自分の中で決めていたのでね

 

 

それにハンドリオンの独特の音楽と

メリノさんの不思議な絵の世界は何かとても合う気がするのだ

 

是非完成をお楽しみに!

 

 

 

このアート&クラフト展は8月8日までやっているそうです

 

不思議な体験をされたい方はまだ間に合うので

銀座まで観に行ってみてはどうでしょうか

 

 

ート&クラフト展    ~ Fiesta de SUMMER  ~   

ギャラリー 悠玄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

終了 & お知らせ

2010年08月01日 | CD製作日誌

 

 

 

     

 

報告少し遅れましたが

真夏のレコーディングは終了です    

 

 

ただ何せ色んな事を後回しにしていたので

終了翌日からそのしわ寄せが ド~っと という感じ  ^_^;

 

 

 

まぁ 終わってみれば

すべて構想通り完璧に という訳にはいかなかったけど

でもいい結果になると確信しています

 

 

 

しかし録音作業が終わっただけで

まだまだやる事は続きますが 

とりあえず大きな山は1つ乗り越えたという所かな

 

 

早く皆さんの所にもこの音を届けられたらと思っているので

是非 楽しみにしていて下さい      

 

 

 

 

 

 

         

                   

 

 

レコーディング終了御報告を兼ねたライブを

8月29日に 音や金時でやります

 

 

夏の終わりで疲れてる人も多いと思いますが

良かったらハンドリオンの音楽に癒されに来て下さい

 

お待ちしています 

 

 

 

8月29日(日)

西荻窪 「音や金時」
18:30 Open   19:30  Start
チャージ 2600

杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
TEL: 03-5382-2020
JR西荻窪駅北口 徒歩2分
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

なお特に予約等は受け付けていませんので
当日はそのままいらして下さい

 

お問い合わせはお店の方までどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

レコーディングスタジオの外観

2010年06月03日 | CD製作日誌

 

 

             

 

今日は1日ハンドリオンのCDを録音する候補スタジオの下見  

 

アコの藤野さんとエンジニアをお願いする人と3人で

まず上野近くのスタジオを見て

あの後はちょっと距離の離れている入間へ向かう

 

 

 

    

 

 

 

ここは以前アメリカ兵が滞在していた俗に言うハウスを改造したスタジオで

他とはちょっと変わった雰囲気がある

 

何よりも普通のスタジオにある

独特の威圧感みたいなのが感じられずリラックス出来そうだったので

そこが気に入り結局ここで録音をする事に決定した

 

 

実際のレコーディング作業は夏頃になると思うけど

すでにもう着々と準備は進んでいます

 

 

CDの収録曲もほぼ決定し

さてこのハウススタジオでどんなCDが出来上がるのか

今から自分でも本当に楽しみ 

 

是非期待していて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント