レイニ-サイド ハ-パ-ズパブ

ケルティックハ-プ(アイリッシュハ-プ)奏者坂上真清に関する情報や日々感じた事などのコラム このサイトはリンクフリ-です

チーフテンズとの想い出

2012年12月03日 | チーフテンズとの想い出

 

 

 

 

チーフテンズ (チーフタンズ) が来日中という事で

各地で行われているコンサートも盛況の様です

 

もう何回目の来日になるのか正確には分からないけど

かなりの回数になる事は確かで

ここ最近ではいつも もうこれで最後か、、なんていう話も出たりします

 

 

 

正直に言うと ハープのデレクベルが亡くなった時点で

自分にとってのチーフテンズは終わってしまいました

 

当時の彼らを知っている人にとってデレクベルは

チーフテンズ のアイコン的存在だったのではないでしょうか?

 

見かけによらずステージでは1番笑いをとるパフォーマンスをして

実際に会った時も 何人もの女性に

アイルランドに一緒にいかないか   なんて

勿論冗談めかしてだけど言ったりしてたチャーミングな人

 

そして何より自分にオキャロランの音楽の存在を教えてくれたのも

デレクベルでした


多分オキャロラン曲集のレコードを最初に作った人ではないかなぁ

 

 

チーフテンズが初来日したのは1991年

細野晴臣が企画したワールドミュージックシリーズで

たしかアフリカのバンドとの対バンとして

テントみたいな所で演奏していたと思います

 

勿論聴きに行ったんですが それまでプログレ時代を引きずって

ハープに色んなエフェクターをかけて不思議な音にして演奏していたのを

生で聴いた演奏に衝撃を受けて 以後一切そういう事は止めて

ハープの音のみでの演奏スタイルに切り替えたという

そういう意味での恩人でもあるんです

 

 

2回目は今も続いているアイリッシュキャンプで有名な高島町が招聘して

それに付随して東京などでも演奏してました

 

 

そして自分が1番チーフテンズの来日に深く関わったのは3回目の来日の時で

当時のアイルランド大使シャーキーさん公邸によく演奏に行ってた関係もあって 

レセプションパーティーに行ったり

記念イベントで渋谷のお店でライブをしたり

渋谷パルコでの彼らのコンサートではアンコールで一緒に演奏したりしました

 

 

デレクベルもマーティンフェイもまだ現役で演奏していた

黄金期チーフテンズの最後の時期になる彼らを間近で聴けて

しかも一緒のステージに立てたのは

今思うと本当にラッキーだったなと感じます

 


その数年後にデレクベル そしてマーティンフェイの訃報を受けた時は

本当に残念でした

 

 

 

 

ここからは今回紹介する写真に関しての少し説明を 

 

まずは大使公邸でのレセプションパーティーの様子


写真下が日付91年となっていますがこれは何かの間違えで

1994年だったと記憶しています


でも皆 若い!


写真にもある様に高石友也さんも来ていました

 

 


そして途中に暗めの写真が2枚ありますが

これは一緒に演奏したパルコでのコンサート前の楽屋で

何と置いてあった自分のイブを

デレクベルやマーティンフェイ、ケヴィンコネフ が触り始めて

急いでシャッターを切ったんだけど慌てすぎて

フラッシュが出なかったという・・・  

 

さすがに撮り直したいからもう1回弾いて なんて言える訳もなく

こんな写真になりました ハイ

 


そして後半は前に こちら で紹介した

この前年にアイルランドに行った時

ウェストポートのマットモロイのお店で演奏させてもらった時の写真

 

残念ながら本人は居なかったんですが

風邪ぎみだった自分に奥さんのジェラルディンさんが

ウィスキーにオレンジを入れた飲み物 (日本の卵酒、笑) を作ってくれました

 

そしてこのジェラルディンさんとの2ショット写真を

レセプションの時マットモロイに見せたらとても喜んで

「自分も風邪ひいた時はアレを飲むんだ」 て言ってましたね

 

その後ジェラルディンさんも亡くなってしまいました

 

写真に写ってる何人もの人がすでに他界してしまっているという事実に

年月を感じてしまいますが そんな事も心にとめてご覧下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント