肩のちからを抜きましょう

ついつい体にちからが入ってしまう性格
大きく深呼吸してみましょう

大根葉

2020年05月29日 | 日記


公園の緑がきれいでした
大量の大根葉を頂きました
ビタミンが豊富なので何かにして食べないともったいないですよね
そこで今回は富山に住むともだちに教えてもらった「よごし」を作ることにしました
郷土食だそうです
大根葉を茹でて、細かく刻んでごま油で炒めます。味噌、砂糖、酒、みりんで味付けして出来上がり。おろし生姜とゴマも入れてみました
たくさんあってどうしようって思った葉も驚くほど量が少なくなりました。
これだけでもご飯がすすみそうですがもう一品、挽肉入りのラタトゥイユを作りました。たくさん作って明日のお昼にもたべます

コメント

階段をのぼる

2020年05月28日 | 日記

シャクヤクの花が咲きました。場所を移して2年ほどはつぼみはつけても開花せずに枯れていました。今年は5つのつぼみがあるので全て咲いてくれたらうれしいです。
午前中は銀行、市役所、ついでに公民館にも行ってきました。
途中信号のある横断歩道を渡るのですが、あえて近くにある歩道橋を使いました。外出自粛のこともあり足が更に弱っているので少しでも鍛えるために階段を使うようにしています。やっぱり昇りはしんどいです。
先日の最後のリハビリの時に、足の様子も診てもらいましたら、太ももの外側の筋力が弱っているとか。どうりで長く歩くと夜に痛みが出るわけです。
この筋肉がもっと弱ってくると「変形性股関節症」になりやすくもなるようです。2種類のストレッチも教わってきました。年齢があがるに従って現状を維持するためにはやらなければいけないことがたくさん出てきますね。

目薬は今日から一日4回になりました。3時間おきの点眼からはやっと解放されました。
コメント

今何時かな

2020年05月27日 | 日記
日中のこの時間がとても眠くなります。でもここで昼寝をてしまうと夜に困ります。熟睡できないんです。ですから最近はがんばって起きています。睡魔が襲わないように身体を動かしたり、コーヒーを飲んだりしています。この一時間を乗りきれば大丈夫です。
昨日お願いした目薬が朝には届きました。電話して直ぐに処方箋を薬局に回し、薬局もすぐに配送してくれたようです。迅速な対応に感謝です。

「人生時計」というものを知りました。現在の年齢が24時間に当てはめると何時にあたるかというものです。計算式もあるようですが、生まれた年、月を入力すると簡単にわかるものもあります。早速やってみましたら、これから夕飯食べて、お風呂に入って、テレビを見て寝る・・・そんな時間でした。偶然か必然かわからないけれど今のわたしにとっては一番落ち着けて好きな時間なんですよ。
コメント (2)

柿の花の季節

2020年05月26日 | 日記
柿の木の下に黄色い小さな花がたくさん落ちるようになりました。こどもの頃はこの花を繋げて首飾りを作るのがこの季節の楽しみでした。今のこどもさんはそんなことするのかしら?花はきれいですが、人が通る道路に落ちるので一日に何回も掃いても次から次と落ちてきます。
土井善晴さんの著書「一汁一菜でよいという提案」の中に
秋に落ち葉を掃く描写が次のように書かれています
掃除を終えて、またすぐに木の葉が落ちることがあります。まるで何かの風漫画のようですが、掃除をする前の庭に戻ってしまったのではなく、掃き清めた新しい庭に、新しい木の葉が落ちたのです。そこにまた、新しい庭が現れているです。
わたしはまだこのような境地には達していませんが、何かと不安な今の状況下でも柿の花がいつもと同じに落ちてきてくれる自然界の変わらない営みにホッとさせられたように思います。

「緊急事態」が全国的に解除されましたので、眼科の検査の予約を入れようかと思い医師に相談しましたら「今週の東京都の患者数をみてからにしたら」と言われました。焦るなってことですね。
コメント (2)

肩のリハビリ終了、だけど今度は眼

2020年05月22日 | 日記
昨日は一ヶ月ぶりの肩のリハビリの日でした。コロナの影響で外来リハビリは休止していました。そして可動域の検査で上部に150度、真横はほぼ水平まで、後ろは真ん中辺りまで腕が動くことが確認されました。よってリハビリは終了となりました。
約1年7ヶ月、まさかこんなに長く通うとは思ってもいませんでした。根気よく診てくださった先生のおかげです。
最初は痛みが強く夜も眠れず状態。平均数ヶ月で炎症は治まるらしいのですがそれが8ヶ月も続いてそれから本格的なリハビリが始まりました。ほんとうに治るのか?と不安になったときもありましたが先生の「絶対大丈夫です」ということばを信じて通いました。良いかわるいかわかりませんが、他の病気に関しても医師のことばを信じることにしているんです。「信じるものは救われる」的でしょうかね。
「また痛くなったらいつでも電話してください」とのこと。このことばも安心材料になりました。
と、肩が一段落したと思ったら今度は眼です。恐れていた充血がはじまりました。
早速、先生に今朝の眼の写真をメールで送信。まもなく「気温差の影響かと思ったけれど、これはちょっと怪しい感じがするね」と電話がありました。よって抗生物質再開です。常時5種類の抗生物質をもっているので今回のように病院に行けないときも医師の指示で何とかなります。しばらくは3時間ごとの点眼です。疲れやひとごみNGなのでまだまだ自己自粛生活がつづきます
コメント (2)