肩のちからを抜きましょう

ついつい体にちからが入ってしまう性格
大きく深呼吸してみましょう

ちょっと先のことを

2021年01月13日 | 日記


このかたが窓辺でくつろいでいる今日は


とてもあたたかいです

なっちゃんの寝ている場所でその日の気温がわかります

今日は緊急事態宣言が他の地域にも発令されるようですね
不安のきもちが常につきまとい、落ち着かない毎日ですが
こんな時だからこそ「頭のなかはゆるーく過ごしたい」という投稿がラジオから流れてきました
「梅はいつ咲くかな?」とか「○○咲いたら見たいな」とかちょっと先のたのしい事を想像するんですね

ちなみにわたしは、杏の花が咲いたら両親のお墓参りに行きたいな
お墓のあるお寺は山の上にあって、春になると杏の花が満開なんです
桜より少し濃いピンク色の花がそれはそれはきれいなんですよ
昨年は見れなかったから、今年こそはね
ひともほとんどいないから大丈夫だと思いますしね

「ちょっと先のこと」に関連してですが
「天気予報」を知るって「未来のこと」を考えることだからとても良いんですって
今のこの状況下では先に光を見出すことができませんよね
だからせめて明日のことだけでも気に留めることもいいんじゃないかしら

余談ですが
実はわたしは天気予報が大好きなんです
「気象予報士」の資格にチャレンジしようと思ったときもあったんですが
合格率が5%以下だと聞いて気持ちが一気にしぼみました
試験を受け続ける気力も根性もありませんからね

明日も晴れるとよいな😉 
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 食べたくなった | トップ | それぞれの思い »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キャサリン)
2021-01-14 08:27:45
なっちゃん、今朝の【羽鳥慎一モーニングショウ】で
お腹に矢を乗せたねこちゃんに似てる~

花さん天気が好きなんですね・・
いやぁ~私は生活する上で必要としか
天気を考えたことが有馬温泉でしたねぇ~
なるほど・・・花さんのような人が【予報士】に
なりたいと思うんですね、なるほどなるほど
キャサリンさん (花)
2021-01-14 15:27:50
お腹に矢をのせたねこ、
どんなだったんでしょう?
見たかったわ

こどもの頃は毎日雲を眺めていました
いろんな形があって、それで自分だけの物語を頭のなかで想像して楽しんでいましたよ(今思えば暗いこどもですね)

その後は天文クラブに入って星に興味をもったりしていたこともあり
天気予報だ大好きです
今も他のテレビは見なくても、天気予報を見ない日はありません
どの局もさほど変わらないはずなのに
いろんな局の、気象予報士さん話を聞くのが日々のたのしみです

コメントを投稿