肩のちからを抜きましょう

ついつい体にちからが入ってしまう性格
大きく深呼吸してみましょう

立春

2021年02月03日 | 日記
「春」という文字を見るとうれしくなります
夕方も明るい時間が随分長くなりましたね

緊急事態宣言の地域に住む友人も月に半分は在宅ワークだとか
出勤する日もできるだけ電車を避けて歩くようにしているようです
片道45分、周りの景色を見ながらゆっくり歩いて
これから桜が咲いたらお花見にもなるしと
今行ける範囲の場所で今できることを楽しみたいと話していました

目の具合は点眼を始めたばかりですが
だいぶ楽になりました
目が楽になると、頭痛も軽くなり、体の怠さも少なくなります
こんなちっちゃな目なんですが、体に与える影響は結構大きくて驚きます

左目の見える範囲はかなり狭くなっていますが
見える期間をできるだけ長くするためにも
負担をかけないように大切にしていきたいと思います
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« あたらしい月 | トップ | 目の痛みはまだまだ »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キャサリン)
2021-02-04 09:26:13
いえいえ、どこかに痛みがあると、体全体に
色んな絵今日を与えますよ
特に目は酷くなると頭痛はセットですね
すっかり私の持病となった【強膜炎】も
目の痛みと共に強膜炎にかかった側が
片頭痛ですから・・・
頭の中の神経ですから影響すると思います
反対に肩こりなどでの頭痛が酷いと、目の
奥の方が痛くなります
仕事をしていた32年間頭痛に悩まされた
私の実体験です
兎に角、御大事にしてくださいね
訂正 (キャサリン)
2021-02-04 09:27:43
***色んな絵今日を与えますよ***

訂正「色んな影響を与えますよ」です

すみませんm(__)m
キャサリンさん (花)
2021-02-05 14:21:34
お気遣いありがとうございます

肩、首、目、頭はみんな近くですものね
一箇所にい痛みがあると連動してあちらこちらに支障がでます

こどもの頃から目が悪く、肩こり、頭痛が起きていたので、この痛みがなかったら、スカッとするだろうなっていつも思っています

コメントを投稿