肩のちからを抜きましょう

ついつい体にちからが入ってしまう性格
大きく深呼吸してみましょう

閑散とした駅

2021年01月18日 | 日記
所要があり駅前まででかけました
駅のコンコースを通っていてもいつもの賑わいがありません
一部の地域で緊急事態宣言が発令された影響でしょうか

新幹線の券売機もガランとしています
いつもは並んで待ち時間が長いみどりの窓口も誰もいず
びゅうプラザも待ち人数ゼロの表示が出ていました
改札を通るひともいなく
新幹線の発車を告げるアナウンスだけが聞こえています

外に出ると
例年ですとスキー場に向かうバスの乗り場に外国人がたくさんいるのに
ここも誰もいません

春に緊急事態宣言が全国的に出たときと同じような光景です

ひとが往来して、にぎやかな声と動きがある駅がこどもの頃から好きでした

わたしのようにほとんど遠くに出かけることのない者にとっても
その動きのある空気、気配に触れるだけで心がときめいて
さながら自分も「どこかに行く気分」にさせてもらえるからです

今はただただ寂しさを感じます

しかし、そうは言っても寂しいとばかり言っていられません
コロナもなかなか退散してくれない今
わたしができることは家の中で元気でいること
自分の元気は自分が作らないとね
そのために毎日ちょこちょこといろいろ考えています

今日はお鍋いっぱい根菜の煮物を作りましたよ
しっかり食べて、よーく寝ること
これが基本でしょうかね😉
コメント