日本は大丈夫!?

・社会 ・内政 ・国際 ・経済 ・スポーツ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

裁判員制度5年、審理日数2・5倍に…増す負担

2014-05-19 17:35:55 | 社会
裁判員制度5年、審理日数2・5倍に…増す負担
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20140518-567-OYT1T50139.html へのリンク
2014年5月19日(月)08:48
(読売新聞)

 裁判員制度の施行から21日で5年となる。

 最高裁によると、今年3月末までに4万9434人が裁判員や補充裁判員を経験し、6396人に判決を言い渡した。一方、今年判決があった事件の審理日数(公判と評議など)は平均9・3日で、制度が始まった2009年の3・7日の約2・5倍に延びるなど、裁判員の負担は増している。

 最高裁は、09年に判決を受けた142人と、今年判決を受けた336人(3月末時点)の公判を比較。それによると、証人の数は09年の平均1・6人から3・4人に増えた。供述調書などの書面より、法廷での発言を重視する審理に変わった結果とみられるが、その分、公判回数も平均3・3回から4・9回に増えた。

 また、殺人などの重大事件が増え、量刑などを裁判員と裁判官で話し合う評議の時間も09年の平均6時間37分から、12時間23分に延びた。死刑が求刑された事件の評議時間は、5年間の平均で30時間45分に及んだ。


小保方氏「私は日本にいていいのか」…理研見限るか訴訟か、先行き混沌

2014-05-19 17:28:46 | 社会
小保方氏「私は日本にいていいのか」…理研見限るか訴訟か、先行き混沌
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140519512.html へのリンク
2014年5月19日(月)12:33
(産経新聞)

 理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)は、その知らせに絶句したという。5月8日、STAP細胞の論文不正問題で、小保方氏からの不服申し立てを審査していた理研の調査委員会は、不正認定を覆す新たな証拠はないとして再調査は不要との結論を理事会に伝え、理研側は小保方氏側に論文の撤回を要請した。「悪意は明らか」とまで断じられた小保方氏側は「結論ありきだ」と激しく反発し、懲戒解雇などの厳しい処分が出れば訴訟も選択肢の一つと徹底抗戦の姿勢をうかがわせる。ただ一方で「海外からのオファーも来ている」と日本以外で研究を続ける可能性も示唆。小保方氏とSTAP細胞をめぐる動きは、混沌としたままだ。

海外からオファー殺到

 「結論ありきで、とうてい承服できない。論文は取り下げない」

 8日午後、理研の決定を受けた小保方氏の代理人、三木秀夫弁護士は集まった50人近くの報道陣を前に、理研側に強い反発を表明した。

 三木弁護士によると、午前10時半ごろ、理研から再調査しないと決定したとの連絡を電話とメールで受けた。すぐさま小保方氏に電話で連絡したところ、小保方氏はショックを受け、絶句していたという。

 小保方氏はその後、「世に出したばかりの研究を引きずり下ろされるようなことがあっていいのか。私は日本にいていいのか」という趣旨の発言をし、悲しんでいる様子だった。

 三木弁護士は「何を言っても通らないのだと、絶望感に打ちひしがれている」と電話での印象を述べ、「昨日までは理研でやりたいといっていたが、今後は分からない」と、理研以外で研究を続ける可能性も示唆した。三木弁護士によると、海外からのオファーも寄せられており、「日本におらんでいいと、たくさん来ています」と話す。

「私たちには時間がなかった」

 また、三木弁護士は論文撤回について、事前にどんな結論が出ようと取り下げはしないと、小保方氏と協議していたことを明らかにし「撤回は実験がゼロになることなので、現時点ではない」と強調した。

 この日は、不服申し立てからちょうど1カ月後。理研の決定報告書には「小保方氏は弁明の機会を自ら放棄した」との記述もあったが、三木弁護士は「入院中の小保方氏の体調をみながらだったので、ほとんど準備ができなかったのが本音だ」と無念の表情を浮かべ、「私たちには時間がなかった」と唇をかんだ。

■理研、歯切れ悪く

 一方、理研は8日午後から調査委と理事らがそれぞれ東京都内で会見した。

 調査委の会見では、渡部委員長が小保方氏から出された不服申し立てに対し、「データの加工で、結果が真正でないものとなった」と説明。「認定を覆す新証拠はない」「悪意は明らかだ」と断じた。

 続けて理研の川合真紀、米倉実の両理事も会見したが、理研幹部の責任について問われると、歯切れの悪さが目立った。

 研究担当理事の川合氏は小保方氏の不正に関して「私自身はどういうふうに責任を取ればいいのか分かっていない。たぶん周りの人が決めることであろう」と回答するにとどまった。

 あわせて3時間を超える会見だったが、中継で半分程度を見たという小保方氏の代理人、三木弁護士は「説明を聞いて愕然(がくぜん)とした。再調査をしない理由を探していたのがありありとわかる会見だった」と吐き捨てた。

訴訟で長期・泥沼化も

 8日には、理研内に懲戒委員会も立ち上げられた。理研側は「研究の監督責任者や管理責任者も処分の対象となり得る」としており、小保方氏に加え、上司で論文の共著者の笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター副センター長(52)らも責任を問われそうだ。結論は約1カ月で出される見通しという。

 理研の内部規定によると懲戒処分としては譴責(けんせき)、減給、出勤停止、諭旨退職、懲戒解雇の5段階がある。研究不正は原則、諭旨退職か懲戒解雇の処分となると定められているが、事情を勘案して、それ以下の処分にとどめられることもあるという。

 ただ、小保方氏が理研を去ることになる厳しい処分が下る可能性は依然として高い。小保方氏側の対抗策としては地位確認などの民事訴訟を起こすという手段がある。

 三木弁護士は「訴訟も選択肢の一つとしてあり得るが、方向性はまだ決めていない」と態度を明確にしていない。小保方氏が研究生活を続けられることが最優先と考えているためで、理研への配慮もうかがわせた。

「今は静かにさせてあげないと」

 そして、STAP細胞があるのか否か、という最も重要な問題の検証も同時に進んでいるのが事態を難しくしている。

 理研は4月1日に野依良治理事長主導で再現実験を行うと発表。実験は、小保方氏が所属する理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)で行われ、相沢慎一特別顧問が総括責任者で、STAP論文の共著者である丹羽仁史氏が実験を担当する。小保方氏は検証チームには入らないが、約1年間かけて検証される。

 再現に成功した場合はノウハウを公開し、第三者による再現実験を求める。しかし仮に、存在が確認されない場合、どの時点で存在しないと判断するかの見極めは困難が予想されている。

 三木弁護士は「理研で検証を続ける一方で、小保方氏を処分をするというなら、どのような事情を酌んで判断するのか非常に気になる」と指摘しており、STAP細胞の有無が分からないままの処分には、強い反発が出るのは間違いない。

 小保方氏について「今は静かにさせてあげないといけない」とおもんぱかり、しばらくは会見などで小保方氏が公の場に姿を現すことはないという。しかし、三木弁護士は理研に対する憤りは隠さず、こう言い切った。

 「彼女一人の研究ではない。彼女を採用して助言し、研究させたのは理研だ。こんな早期に再調査しないという結論が出されるのはありえない」


飛鳥時代創業、日本最古の企業「金剛組」復活 4期ぶり黒字転換

2014-05-19 17:27:26 | 社会
飛鳥時代創業、日本最古の企業「金剛組」復活 4期ぶり黒字転換
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/snk20140519533.html へのリンク
2014年5月19日(月)16:07
(産経新聞)

 日本最古の企業とされる建設業の金剛組(大阪市天王寺区)が、平成26年3月期単体決算で4期ぶりに黒字転換を果たしたことが18日、分かった。親会社で中堅ゼネコンの高松コンストラクショングループによる支援に加え、耐震関連の受注増も追い風となり、超“老舗”企業は経営不振のトンネルを抜け出た格好だ。

 高松グループによると、金剛組の最終損益は1億7700万円の黒字(前期は1800万円の赤字)で、18年1月の高松グループ傘下入り後、1億円以上の最終黒字を計上するのは初めて。22年3月期にも黒字を計上したが、その後は赤字経営が続いていた。

 飛鳥時代の敏達6(西暦578)年に創業した金剛組は、1400年を超える社史をもつ。聖徳太子の指示で四天王寺(大阪市天王寺区)を建立するなど寺社仏閣向けの木造建築・修理に強みをもつが、コンクリート建築など事業の多角化でつまずき、平成18年以降は創業家一族による経営体制を改め、高松グループ傘下で再建を進めていた。

 東日本大震災の後、寺社仏閣向けの建築・改修工事で災害発生に備えた耐震関連の受注が増え、不採算工事を整理するなどのリストラも進めたことで、収益が改善した。27年3月期も前期並みの黒字を見込む。

 高松グループの関係者は「もともと金剛組の宮大工らの技術力は高い。そこに当社が持つ経営ノウハウを導入したことで黒字体質となった。金剛組は本格復活した」と話している。


豚肉値上げ、小売り苦悩 伝染病拡大 「増税直後、据え置くしか…」

2014-05-19 17:25:26 | 社会
豚肉値上げ、小売り苦悩 伝染病拡大 「増税直後、据え置くしか…」
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140519070.html へのリンク
2014年5月19日(月)08:03
(産経新聞)

 ボーナス期以降のタイミング模索

 国内外に広がる豚流行性下痢(PED)が食卓を直撃しそうな勢いだ。ハム・食肉大手は原材料価格の高騰を理由に7月からハムやソーセージなどの値上げに踏み切る方針を表明。スーパーなどの小売りは6月のボーナス支給時期以降の値上げも視野に、慎重に検討している。ただ、4月の消費税増税で値上げしたばかりのため、「消費者心理を考えれば、当面は価格を据え置くしかない」(外食関係者)といった声も少なくない。

 「自社努力だけで吸収するのは困難」。大阪市内で会見した日本ハムの竹添昇社長は、米国で流行しているPEDの影響で原材料価格が高騰している状況などを説明し、ハムやソーセージの値上げに理解を求めた。計284品目の加工食品を対象に7月から平均約10%の値上げに踏み切る。

 業界最大手の動きに足並みをそろえるように、伊藤ハムも7月に平均約10%値上げへ。丸大食品やプリマハムでも値上げする方向で検討を進めている。

 PEDの影響で昨年以降、豚肉の最大の輸入先である米国で豚肉価格が上昇。日本国内でも品薄感から、市場卸価格が前年に比べ2割前後上昇している。店頭価格へのはね返りが懸念されるが、「大手スーパーなどはPED流行前に割安価格で問屋から仕入れる契約を結んでいるため、まだ目立った値上げはない」と市場関係者は分析している。

 ただ、6月には多くの企業でボーナスが支給され、しかも増額される公算が大きい。百貨店の担当者は「消費税増税の負担感が和らぐ雰囲気が出てくれば、値上げに踏み切る店舗も出てくるのではないか」とみている。

 大手とんかつチェーンの担当者は「消費税増税直後の値上げは、お客にそっぽを向かれてしまう」と慎重な姿勢。しかし、利益を削りながら仕入れコストの上昇分を吸収し続けるのも厳しいといい、「次の値上げは消費税が10%になるタイミングかもしれない」と苦しい胸中を明かす。

 PEDによる国産豚の出荷減少は6月ごろから本格化する見通しで、日本食肉流通センターの担当者は「夏場はバーベキューなど焼き肉用の需要が高まる。秋頃までは高値が続くのではないか」との見方を示している。


在来-新幹線直通の車両、北陸に導入へ…JR西

2014-05-19 17:24:15 | 社会
在来-新幹線直通の車両、北陸に導入へ…JR西
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20140518-OYO1T50010.html?from=oycont_top_txt へのリンク
2014年05月18日
読売新聞
         
 JR西日本は今年中に、レール幅が異なる新幹線と在来線を直通できる車両「フリーゲージトレイン(FGT)」の開発に本格着手する方針を固めた。2025年度に北陸新幹線が、同社管内の金沢―敦賀(福井県敦賀市)間で開業するのに合わせ、雪の多い北陸地方と関西を行き来できる車両を開発し、営業運転を目指す考えだ。
 レール幅は新幹線が欧米で一般的な1435ミリ(標準軌)、在来線が1067ミリ(狭軌)を採用している。

 JR西がFGTの投入を計画しているのは大阪―富山間。現在、特急「サンダーバード」で大阪―金沢間が2時間31分、大阪―富山間が3時間12分かかるが、FGTでは東海道線、湖西線を経て北陸線を通るルートを想定、敦賀からは乗り換え不要でそのまま北陸新幹線に入るため、所要時間の短縮が期待される。

 同新幹線は15年春に東京―金沢間が開業、北陸と首都圏の結びつきが強まるため、JR西は「利便性が劣ったままでは、関西圏が置き去りにされかねない」としてFGTの開発に乗り出すことにしたという。

           

コーナンが80品目を自主回収 20日から、安全性に問題

2014-05-19 17:23:21 | 社会
コーナンが80品目を自主回収 20日から、安全性に問題
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140519/biz14051914050006-n1.htm へのリンク
2014.5.19 14:05
(産経新聞)

 ホームセンターのコーナン商事(堺市)は19日、輸入した電気製品の安全検査をせずに検査済みを示す「PSEマーク」を表示、販売した問題で、商品80品目を20日から自主回収すると発表した。

 対象となる商品は2002年4月~14年4月に販売した炊飯器や冷蔵庫、掃除機や照明器具など。同社の疋田直太郎社長が19日夕に大阪市内で記者会見し、詳細を説明する。

 コーナンは自主回収に伴い、14年2月期にさかのぼって74億円の特別損失を計上。この期の決算(単体)の最終利益を、58億円から11億円に訂正していた。

容易でない家探し、離婚へ「共同生活」する母子たち…家賃3~4万円、礼金・保証人「必要なし」

2014-05-19 03:52:16 | 社会
容易でない家探し、離婚へ「共同生活」する母子たち…家賃3~4万円、礼金・保証人「必要なし」
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140518533.html へのリンク
2014年5月18日(日)18:53
産経新聞

 白を基調とした明るいリビング。どっしりとしたソファ。夕食を終え、小林真美さん(29)=仮名=は、ソファに座り、テレビを見ていた。隣の和室では、長男の駿ちゃん(1)=同=が、積み木や車のおもちゃで遊んでいる。

 ほっとくつろぐ、家族の風景。だがこの家に住んでいるのは、小林さん親子だけではない。20代の女性との共同生活だ。

 大阪市港区にあるシェアハウス「モン・プラース」。主にシングルマザーを対象としたシェアハウスとして昨年8月、オープンした。小林さんは、仕事が長続きしない夫(35)に不安を募らせ、「一家の大黒柱としての自覚を持ってもらうために」家を出ようと決意。一旦、実家に戻った後、今年2月、駿ちゃんと入居した。小林さんは「料理をたくさん作った日にはおすそわけしたり、息子と遊んでもらったり。一緒に暮らす人がいるのは本当に心強いです」。暮らしが整い、今月から、パートの仕事も始めた。

 「モン・プラース」は昨年8月、オープンした。マンションを改修し、6室の個室を配置。共有の台所やリビングダイニング、トイレ、風呂なども備える。冷蔵庫やテレビ、ベッドなども用意されている。

 家賃は3万8千円~4万2千円。礼金や仲介手数料、また保証人の必要もない。現在は独身の20代女性と、小林さん母子の計2組が入居しているが、夏ごろにはさらに2組の母子が入居予定だ。

 モン・プラースをはじめ、大阪府や兵庫県内でシェアハウスの管理運営を行っている「アドミリ」の社長、菊竹貴史さん(37)は、「さまざまなものを共有しながら孤立せずに生活できる母子のための住宅が社会にあっていいはず」と語る。

 小林さんがモン・プラースに入居した後、夫は全寮制の会社に契約社員として就職し、生活費を送金してくるようになった。「決して悪い人ではないんです。別居という形で距離を置くことで、今後を考えられるようになりました」。最近は、夫の収入が安定したら、親子3人で住もうかと考えている。

 別居や離婚を決めても、母子が新たな住まいを探すのは容易ではない。民間賃貸住宅の場合は、所得証明を求めたり、保証人が必要なところが多く、敷金や礼金も必要になる。民間よりも家賃が低い公営住宅は、人気のある物件だと抽選になり、入居までに時間がかかる。さらに、ドメスティック・バイオレンス(DV)を受けて身を隠す場合は、友人の名義でアパートを借りるなど、住まいの確保は深刻な問題だ。

 一人親家庭を支援するNPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西」(大阪市浪速区)理事長で神戸学院大学の神原文子教授(家族社会学)は、「離婚後の母子の住まいについて、公の支援は十分とはいえないのが現状」と指摘する。「離婚を決意したら、家探しを考えて資金を確保してほしい。それが難しい場合、しばらくでも身を寄せることのできる場所の確保が必要。住まいは新しい生活の基盤となる、大切なものですから」と話している。

 厚生労働省の平成23年度の全国母子世帯調査によると、母子世帯は約123万8千世帯。このうち約81%が離別、死別が約8%だった。死別を除く、離婚などによる母子世帯の住居の状況を調べたところ、母親名義の持ち家に住んでいるのは8・6%。父子家庭の場合、37・3%が父親名義の持ち家に住んでおり、大きな開きが見られた。母子世帯の住居で最も多いのは、「借家」で33・8%。「公営住宅」が18・6%、「公社・公団住宅」は2・6%だった。


天皇、皇后両陛下が旧正田邸跡の公園を訪問

2014-05-18 17:52:14 | 社会
天皇、皇后両陛下が旧正田邸跡の公園を訪問
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20140518-567-OYT1T50009.html へのリンク
2014年5月18日(日)11:09
読売新聞

 天皇、皇后両陛下は17日、皇后さまの実家だった旧正田邸跡(東京都品川区)につくられた区立公園「ねむの木の庭」を訪問された。

 園内には、皇后さまが高校時代に作詞された「ねむの木の子守歌」にちなんでネムノキが植えられ、皇后さまゆかりのオレンジ色のバラ「プリンセス・ミチコ」も見頃を迎えている。

 両陛下は、近所の親子連れらに、にこやかに声を掛けながら、約20分かけて園内を一周された。案内した品川区の担当者によると、天皇陛下は子供たちに「学校は面白いですか」と尋ねられ、皇后さまは「いつもよく管理をしていただいてありがとう」と公園の管理担当者をねぎらわれた。

 公園は2004年に開園した。

【皇室ウイークリー】10日~16日
2014年5月18日

  陛下の傘寿をお祝いする昼食会 お子さま方が心づくしの3時間

 天皇陛下が80歳の傘寿(さんじゅ)を迎えられたことをお祝いする昼食会が11日、皇太子ご夫妻のお住まいの東宮御所(東京都港区)で開かれた。皇族方や元皇族、親族の総勢40人が集まり、天皇、皇后両陛下と和やかに食事を楽しまれた。

 会は皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻が、両陛下の長女の黒田清子さん(45)夫妻とともに催されたもので、98歳の三笠宮さま、皇太子ご夫妻の長女の敬宮(としのみや)愛子さま、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまと次女の佳子さま、長男の悠仁(ひさひと)さまも出席された。

 食事前には歌舞伎の人間国宝、坂東玉三郎さん(64)らが、東宮御所の一室にしつらえられた特別舞台で日本舞踊の地唄舞(じうたまい)「雪」を披露。傘を使って舞う演目で、傘寿にちなみ、皇太子ご夫妻をはじめ主催のご夫妻方が話し合って決められたという。

 約3時間に及んだ会を終えて東宮御所正門を車で出る際、皇后さまは色とりどりの花束を抱えられていた。両陛下はお子さま方による心づくしの宴を楽しまれたという。

 陛下のお誕生日からは4カ月以上たつが、両陛下は年末年始から春はお忙しいため、この時期に開催された。喜寿のお祝いの昼食会も平成24年4月28日に開かれている。

 皇后さまは15日、日本赤十字社名誉総裁として、明治神宮会館(東京都渋谷区)で開かれた全国赤十字大会に臨席し、赤十字活動への貢献者に贈られる「有功章」受章者代表13人にメダルと章記を授与された。名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さまと高円宮妃久子さまも臨席された。

 活動報告では、昨年11月にフィリピンで6千人超が死亡した台風の直後に現地入りした日赤和歌山医療センターの医師、大津聡子さん(43)らの話に耳を傾けられた。大津さんは、当初ほとんど注目されず「忘れられた被災地」となっていたセブ島北部で巡回診療や子供らの心のケアに尽力したことを報告。大津さんによると、お見送り時に皇后さまは「忘れられた被災地」などの言葉に触れ、一連の活動を「大変大切なことですね」とねぎらわれた。

 両陛下は13日、皇居・宮殿でイスラエルのネタニヤフ首相夫妻と懇談された。宮内庁によると、首相は「日本とイスラエルは共通点がある。苦難をともに乗り越えてきた国です」と述べ、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)と広島、長崎原爆投下を挙げた。陛下は「ホロコーストは大変に痛ましいことだったと思います」と応じられたという。

 陛下は12~16日、宮殿で春の勲章と褒章の受章者、その配偶者から連日、拝謁とお礼を受けられた。この間の拝謁者は計約1万人に上った。

 2月から「日本・スイス国交樹立150周年」の日本側名誉総裁を務める皇太子さまは15日、東宮御所で、森田安一・日本女子大名誉教授(73)=スイス史=の進講を受けられた。日本との交流史などを聞かれたという。

 学習院女子中等科1年生の愛子さまは15日、遠足で茨城県自然博物館(同県坂東市)を訪ねられた。宮内庁東宮職によると、愛子さまは、宇宙の進化や地球の生い立ちなどの展示を見学し、ご友人と楽しく過ごされていたという。

 眞子さまは15日、お住まいの宮邸で、「国際陶磁器フェスティバル美濃’14」(9~10月)の開催地となる岐阜県多治見市の市長や実行委員会関係者からあいさつと説明を受けられた。3年に1度開催の同フェスの名誉総裁は代々、高松宮や高松宮妃、桂宮さまが務められており、今年で10回目。眞子さまは今回、名誉総裁に就任することが決まっており、歴史あるご公務を引き継がれることになる。


 (産経新聞テキスト朝刊)

終戦4日前なお戦争協力報道した朝日…日本の偏り、憲法改正にて正せ

2014-05-18 17:50:35 | 社会
終戦4日前なお戦争協力報道した朝日…日本の偏り、憲法改正にて正せ
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20140518507.html へのリンク
2014年5月18日(日)09:19
(産経新聞)

 3日の憲法記念日の前後、日本の各新聞を注視していた。左傾メディアは憲法改正や集団的自衛権の行使に批判的な企画、一般記事の連続だった。ことにすさまじかったのは3日付朝日新聞朝刊。1面に始まり複数面で展開、特大の意見広告も入れた。昨年の、特定秘密保護法に反対を大合唱したときの紙面とよく似ている。健全な議論、批判は結構だが、全面的・扇情的な世論誘導は、「死中活あるを信ず」(昭和20年8月11日付朝日)などと大展開していた翼賛新聞の裏返しでしかない。

 さまざまな識者が指摘していることだが、憲法改正が必要な理由を2つ、改めて挙げておこう。

 まず、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる中国の横暴は、現行憲法の前文がいう「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」することが不可能であることを示している。軍隊が日本に不可欠であることはいうまでもなく、戦力の保持を認めない9条との矛盾はだれの目にも明らかである。

 次に、現行憲法は出自においてゆがんでいる。戦後、憲法問題調査委員会が作った改正案は連合国軍総司令部(GHQ)に拒否された。戦争放棄などを定めたマッカーサー三原則に基づいてGHQの二十数人が1週間ほどで作成した草稿が、いまの憲法の土台である。作家の永井荷風が日記「断腸亭日乗(だんちょうていにちじょう)」昭和22年5月3日で吐き捨てたように、「米人の作りし日本新憲法今日より実施の由。笑ふべし」なのだが、このような憲法をいまだに押し頂くことは国家の道義にもとる。

 戦後日本の左傾

 法的にも道義的にも矛盾を抱える現行憲法をありがたがる護憲勢力がなぜ大手をふるってきたかというと、戦争への反動で極端に左傾した戦後日本の知的風土が、学者やメディアによって拡大再生産されてきたからである。

 戦後の論壇を席巻したいわゆる進歩的知識人には、戦争への過剰な反動、終戦までの日本への飽くなき批判、などの姿勢が共通する。さらに彼らは概して親共産主義的・容共的である。実際にマルクス主義者もいる。

 占領下、東西冷戦が本格化するなか、独立に向けて日本が選ぶべきは自由主義国との単独講和か、共産主義国も含んだ全面講和かという議論が国内で起こった。知識人らは昭和25年、いわゆる平和問題談話会声明を出して全面講和を主張する。そこで持ち出されたのが戦後憲法だった。単独講和は特定国との軍事協定や基地の提供を伴い憲法の前文および9条に反する、として退けられる。憲法護持、反戦平和など現在に至る政治的な態度が、古い日本を批判する「進歩的」な、かつ容共的な姿勢とともに形成されるのである。

 こうした左傾日本で改憲議論はいつしかタブー視された。閣僚が憲法改正に触れただけでメディアや野党が騒ぎ立てた。例えば昭和43年、「現行憲法は他力本願」などと発言した倉石忠雄農林大臣(当時)は、すぐ辞任に追い込まれる。不用意な発言だが左派からの批判もすさまじかった。そのころの朝日の紙面には「右傾」「憲法軽視」などの文言が躍る。現代の中国や韓国などが日本を非難して使う定番用語「右傾化」は、早い段階で日本の新聞が使っているのである。

 憲法を日本人自身が改正することは、戦後の日本の偏りを正すことだといってよい。だが現在の左傾メディアの論調に見られるように、まだ偏りは根強く残っている。

 国の形としての憲法

 保守の論客らが早くから論じていることだが、憲法を示すコンスティテューションという語は、組織や構造などの意味も持つ。憲法は国の体、あるいは国の形であるとも理解されるべきなのだ。アメリカ人が原型を作った憲法が日本という国の体、形を表すとはいえず、かつ、戦後の日本人自身がこの占領憲法を懸命に護持するさまは、常識に照らせば倒錯的ですらある。

 国の形としての憲法の原型を日本は、西から成ったこの国の成り立ちの早い段階において持っている。驚くべきことだ。戦争の時期をまたいで活動した倫理学者の和辻哲郎は、聖徳太子の十七条憲法は私ではなく公に関心を向け、国家の倫理的意義を説いていると解釈した(「日本倫理思想史」)。ことさらに話をややこしくするのはやめよう。家族や地域の一員であることによって、たとえば親は親らしくといわれるように、人間にはすでに倫理が働いている。それら共同体にそれぞれの場を与えて統一するのが、公そのものである国家ということになる。このような和辻の立場から十七条憲法は、「国家が人倫の道の実現であるという思想」とみなされる。

 こう考えると、すっきり見えてくるものがある。現行憲法は13条に「個人の尊重」を定めても、私に倫理を与えるはずの公は等閑視されている。前文に「その(国政の)権威は国民に由来し」と主権在民をうたうが、太古から連綿と続いてきた日本という国の形が何なのかは書かれない。国家への健全な視線が、現行憲法には欠落しているといわざるをえない。

 偏った戦後を脱し、国の形を素直に見ることから始めたい。(河村直哉)


問題の電気製品、200億円超販売 コーナン 週明けから自主回収、返金へ

2014-05-18 17:42:59 | 社会
問題の電気製品、200億円超販売 コーナン 週明けから自主回収、返金へ
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140517/waf14051708150004-n1.htm へのリンク
2014.5.17 08:15
(産経新聞)

 ホームセンター大手「コーナン商事」(堺市)が、安全検査が不十分な電気製品を輸入・販売していた問題で、同社が自主回収の対象とする商品の販売額が200億円を上回ることが16日、関係者への取材で分かった。週明けに記者会見を開き、疋田直太郎社長が経緯を説明して謝罪する。経済産業省にも報告し、会見翌日から全国の店舗で返金に応じる予定。

 回収の対象となるのは、電気用品安全法が施行された平成13年4月以降、主に中国で生産され、同法に基づく安全検査が不十分なまま輸入・販売された電気製品。色や細かな形状の違いを同一商品とみなした場合、約90品目の約1千万点にのぼり、販売額は200億円以上になる見通し。

 回収商品は、主に電球▽電気スタンド▽トースター▽こたつ▽電動工具-などで、店頭からすでに撤去した。対象商品を店頭まで持参すれば、値引き前の販売価格で払い戻す。使用中の発火など、重大事故につながる不具合は報告されていないが、故障品でも原則回収する方針。

 同社では21年にハロゲンヒーターの自主回収を実施しており、当時の経験から商品回収率を販売額の3割程度と予測。すでに回収費用として74億円を特別損失として計上し、26年2月期決算の最終利益を58億円から11億円に下方修正している。

 同社のIR広報室は「最終的な回収商品の特定などを進め、近く結果を公表する。今後、再発防止に向けた取り組みを徹底する」としている。

日本考古学協会の蔵書、寄贈先は奈良大図書館に

2014-05-18 07:45:30 | 社会
日本考古学協会の蔵書、寄贈先は奈良大図書館に
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/20140517-567-OYT1T50119.html へのリンク
2014年5月17日(土)18:53
読売新聞

 考古学研究者の全国組織・日本考古学協会は17日、公募していた蔵書約6万3000冊の寄贈先を、奈良大学図書館(奈良市)に正式決定したと発表した。

 同協会は会員から寄贈を受けてきた学術書を保管しきれなくなり、2010年、公募に応じた英国の研究機関への寄贈を決めたが、会員が海外流出に反対し、臨時総会で白紙撤回することになった。昨年、改めて行った公募に同図書館が応募した。

奈良大図書館 屈指の文化財情報拠点に
http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20140517-OYTNT50411.html へのリンク
2014年05月18日
読売新聞

考古学協蔵書受け入れ決定

 日本考古学協会が17日に開いた総会で、協会の大量の蔵書を受け入れることが正式に決まった奈良市の奈良大図書館では、担当者らが「非常に貴重な資料。大切に活用したい」と喜びを新たにした。大学側は秋にも受け入れを始め、3年かけて整理・公開していくとしている。

 同大学は寄贈を来年度の学園創立90周年の記念事業に位置づけ、図書館を改修して書棚を増設する。図書館の蔵書システムに登録し、インターネットで検索できるようにするとともに、順次、閲覧できるようにする。特に重要な蔵書は電子化も検討する。

 同大学図書館が所蔵する約45万冊のうち、約8万冊が考古学をはじめとする文化財の関連書籍。今回の6万2531冊の寄贈で、重複はあるものの、約14万冊の専門書がそろうことになる。

 記者会見した市川良哉理事長は「海外の研究者らとの交流にも有益な資料」と述べ、考古学者である千田嘉博学長も「寄贈で、大学は国内屈指の文化財情報の拠点になる。内外の研究者や市民に公開し、利用しやすい環境を整備したい」と話していた。


想像超す3Dプリンター あのアイドルの等身大コピーもこっそりできる!?

2014-05-18 03:37:47 | 社会
3Dプリンター銃、ネットで賛否「新技術つぶすな」「怖い、規制を」
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140516563.html へのリンク
2014年5月17日(土)17:03
産経新聞

 複雑な立体を簡単に作製できる装置「3Dプリンター」で拳銃を製造した男が、銃刀法違反容疑で逮捕されたことが反響を呼んでいる。最近脚光を浴び始めた「未来の技術」がいきなり犯罪と結びついた衝撃は大きく、一部閣僚は法規制の可能性にも言及。安全のため規制すべきか、技術の進歩を優先すべきかでネットの賛否は分かれている。

 3Dプリンターは、コンピューターで作成した3Dデータ(設計図)を基に、樹脂や金属粉などを積み重ねて立体を作り出す機械のこと。型枠が必要でなくなるため、大量生産やコストの大幅削減など見込まれるメリットは大きい。将来的には医療や自動車の部品製造など、さまざまな分野での活用が期待されている。

 ネットでも以前から話題になっており、オリジナルの楽器を作って演奏したり、人気俳優の「ひとりランチ」姿をフィギュア化した写真がネットユーザーの心をわしづかみに。「リアルドラえもんの世界だ」(ツイッター)などと驚嘆が広がったが、一部では「犯罪に使われるのでは」(同)と危惧する声もあった。

 政府発言に「またか」

 そんな中、発生したのが今回の事件。ツイッターでは「こんなことでも逮捕されるのか」「ついに逮捕者が出たか」…。

 前例のなかった逮捕に、政府内にも波紋が広がった。古屋圭司国家公安委員長は9日、閣議後の会見で「新しい形態の犯罪。現行法で十分対応できているかというと、必ずしもそうではない。法制上の問題も含めて対応する必要がある」と法規制の可能性を示唆した。

 この発言にネットは“炎上”。多かったのは「3Dプリンターが悪いんじゃない。悪用しようとする人間が悪い」(ツイッター)とする声だ。また、3Dプリンターの源流の一つである「光造形」技術を開発したのが日本人だったにもかかわらず、現在は日本製が米国製に押されて国内シェアが数%にとどまることにも触れ、「また新技術をつぶすのか」(掲示板)、「新しいものを規制ばかりするから、日本では革新的なものが生まれないんだよ」(同)などと批判する発言も相次いだ。

 「銃刀法の抜け道防いで」

 その一方で、男がネット上に公開されたデータを基に銃を製造していたことから、「規制された方がいい。誰でも銃を作れるとか怖すぎ」(ツイッター)と、「規制」を支持する意見も見られる。

 こうした声を増幅させているのが、男の供述やツイッターでの書き込みだ。男は聴取の際、「実弾を造る技術にも自信があった。造ろうと思えばいつでも造れた」と供述したとされるほか、ツイッターで「銃所持は当然。銃刀法を廃止できなくても誰もがすぐ製造できるように3D印刷けん銃の図面を普及させる」などと書き込んでいた。

 これに対する反応は、「こんな考え方をするやつが銃を作れるなんてこわい」(掲示板)、「3Dプリンター製でも、十分な威力がある。銃刀法の『抜け道』を防ぐための法律改正は必要だ」(同)-など。

 今回の事件をきっかけに、皮肉にも知名度が大幅に向上した3Dプリンター。前出の「リアルドラえもん」とは日本人に実感がある比喩だが、その道具を使うのび太は、最後に失敗してしまうことが多い。試されているのは、やはり使う側の知恵とモラルなのだろう。(本)

【用語解説】3Dプリンター拳銃製造事件

 3Dプリンターで製造した殺傷能力のある銃を所持したとして、神奈川県警は8日、銃刀法違反(所持)容疑で、27歳の大学職員の男を逮捕した。県警が押収した拳銃を鑑定した結果、基準の5倍以上の殺傷能力をもつものもあった。男が拳銃を試射している映像を動画投稿サイトに投稿したことが、逮捕のきっかけとなった。

想像超す3Dプリンター あのアイドルの等身大コピーもこっそりできる!?
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140517537.html へのリンク
2014年5月17日(土)16:03
(産経新聞)

 殺傷能力のある銃が製造された事件で、一躍注目を集めた3D(立体)プリンター。米国のオバマ大統領が2013年の一般教書演説で、製造技術専門の教育機関を設立し、3Dプリント技術の教育を進めていると言及するなど革新技術として期待される半面、想像を超えた犯罪を生む危険性も指摘される。新たな脅威となりそうなのが、“究極の個人情報”である身体の3次元データの悪用だ。

 ネットで手に入る3次元美女データ

 3Dプリンターが安いものでは、1台10万円前後で手に入るようになったことで、ネットではそれに合わせた商売も登場している。

 2月には映画の宣伝に合わせてセクシータレント、壇蜜(だんみつ)さんの「Shade 3Dプリントデータ 壇蜜 ~地球防衛未亡人:ダン隊員~」が4830円(現在は消費税増税により4968円)で発売された。

 イーフロンティア(東京都新宿区)というメーカーの3DCG作成ソフトに対応したデータで、とりあえず手のひらサイズのフィギュアに出力すれば、前だけでなく後ろ姿も、きれいなプロポーションが完全再現される。さらに、画像を拡大していくと髪の毛やまつげの一本一本まで数えることもできるので、実物サイズで出力したらどうなるのか興味のあるところだ。ともかく、“3次元美女”をプリントアウトして、電脳外でも鑑賞したいという市場はすでにある。

 わいせつの度合いを超えず、成人本人が希望してデータを売るのならば健全なビジネスの範囲だが、技術的には犯罪にも応用が可能だ。

 立体盗撮の可能性

 約5年前、レーザー光で頭部の立体データを測定してもらったことがあるが、取得に数十秒かかった記憶がある。今も等身大の人間の高解像度の3Dデータを得ようとすると、それなりの時間がかかり、市販品レベルで歩行中の人物のデータを撮ることは不可能だ。しかし、センサーを複数化することなどで高速化すれば、いずれは写真のように街を歩いている人に気づかれず、3D撮影することが可能になるに違いない。

 好きな人物を勝手に撮影し、等身大の人形を作って楽しんだり、さらにはそれを他人に譲渡したりというのは、デジタルカメラがこの10年で急激に進化したことを考えると、10年もかからない近未来の姿だろう。しかし、悪用される側にとってはたまったものではない。

 ■人体コピーの恐怖

 さらに凶悪な犯罪に発展する危険性もある。2次元のコピー機で鍵の形状を一瞬で写し取れるが、3次元のコピーであれば顔認証などもくぐりぬけることが可能だ。

 磁気データを読み取ってクレジットカードを複製するスキミングという手口がある。最近は、より安全な方法として金融機関が指や手のひらの静脈を使った「生体認証」を使用しているが、資産家を誘拐して指や手のひらを内部の血管構造まで含めて複製するといった犯罪も、決してSFだけの世界ではない。学会でも、静脈認証が万全ではないと指摘する学者もいる。

 ただ、正と負の面を併せ持つのは、新しいテクノロジーの宿命。リケメン(理系男子)としては、2次元コピーに搭載されている紙幣偽造防止機能や、携帯電話のシャッター音のように、対策を施すことで新技術が健全に発展することを期待したい。(原田成樹)


地下鉄の立体交差化、世紀の難工事ようやく完成

2014-05-18 03:37:14 | 社会
地下鉄の立体交差化、世紀の難工事ようやく完成
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20140517-567-OYT1T50103.html へのリンク
2014年5月17日(土)17:37
(読売新聞)

 トンネル内で線路がX字状に平面交差しているため、ダイヤ混乱の原因となっていた東京メトロ副都心線と有楽町線の「難所」を解消する工事が、まもなく最終盤を迎える。

 都心と埼玉方面を結ぶ西武、東武両線に乗り入れる混雑路線。解消を求める声は根強かったが、地中で線路を立体交差化するという難工事だけに工期は約6年、総工費は200億円に達し、来年度中にようやく終了する。

 ラッシュの悪循環

 「朝夕の通勤ラッシュで電車がよく止まる。待ち合わせに遅刻する時の言い訳に使えるぐらいここの『平面交差』は有名ですよ」。通勤で副都心線を利用する東京都練馬区の会社員男性(28)は苦笑いする。

 副都心線と有楽町線の平面交差は、衝突防止のため信号機が備わっており、運行本数が多いラッシュ時には「通過待ち」が多発。後続の電車にも遅れが影響する悪循環となり、利用者の間でも評判が悪かった。

 そこで、東京メトロは既存のトンネルとは別に、上下線にそれぞれ新しいトンネルを掘削。地中で立体交差化する工事を2010年から始めた。上り線側は昨年3月までに開通。現在は下り線側の工事が続いている。


離婚へ「資金確保」の情報に動く妻たち…年間離婚24万組の現実

2014-05-18 03:36:07 | 社会
離婚へ「資金確保」の情報に動く妻たち…年間離婚24万組の現実
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140517543.html へのリンク
2014年5月17日(土)18:03
(産経新聞)

 今年1月、大阪府吹田市のビルの一室。ベビー布団やおもちゃが用意された会場に、子供連れの母親らが集まっていた。子供をあやしながら、女性講師の言葉に熱心に耳を傾ける。

 「私は離婚が頭をよぎったとき、考えれば考えるほどお金のことが心配でした」。ファイナンシャルプランナーの加藤葉子さん(39)が、自身の経験を交えながら語りかける。

 「離婚が頭をよぎったら…子供のために知っておきたいお金の話」と銘打ったセミナー。集まっていたのは、離婚問題に直面している母親7人だった。離婚後の生活費、養育費や財産分与といったお金を巡る説明に真剣に聞き入っていた。

 その1人、パート従業員の女性(44)は、転職を繰り返す夫との離婚を考え、子供2人と家を出る覚悟だ。「養育費は期待できないけど、家や個人年金などの財産分与はきちんとしてもらって、子供と新生活を始めたい」。夫の女性問題に傷ついたという女性(33)は、現在修復に向けて話し合い中だが、「離婚後の子育てにかかる費用をシミュレーションしておきたい」と参加していた。

 加藤さんは離婚の際、お金に関する不安をどこにも相談できなかった経験を持つ。同じような女性たちの力になりたいと、一昨年から自治体の青少年会館などでセミナーを開催している。「離婚でまず悩むのはお金の問題。きちんとした知識を持つことが大切です」という。

     

 法律など知識を学び住居や仕事などを準備し、離婚に備える「離活」を進める女性たちが増えている。 

 一人親家庭のための相談を受けている、大阪府母子家庭等就業・自立支援センター(大阪市中央区)。現在、約4割が離婚前の相談だという。同センターは、「衝動的に離婚しないでほしい。悩んでいるときこそ、住まいや仕事を見つけるなど準備が大切、とアドバイスしています」。

 「30代離婚の教科書」(総合法令出版)の共著があり、離婚に関する相談を多く受ける姉小路法律事務所(京都市中京区)の大川浩介弁護士(45)は、「インターネット、特にスマートフォンの普及で、離婚に関する公的な支援や権利など情報が入りやすくなり、より上手に離婚したいという人が増えています」と話す。

 「離活」は情報を入手するだけではない。例えば、預金通帳や保険、株式など夫婦の共有財産を把握する。不貞行為の証拠として携帯電話の画面などを撮影しておく。ドメスティックバイオレンス(DV)の証拠に録音やメモ、診断書などを取っておく。

 数多くの離婚をみてきた大川弁護士は、「離婚は幸せになるためのステップ」という。「離婚の仕方を誤らないためにも『離活』は必要。幸せな人生を手に入れるための活動といえるのです」と話している。

 厚生労働省の平成24年の人口動態調査によると、全国の婚姻数66万8869組に対し、離婚は23万5406組。うち約58%の13万7334万組が子供のいる夫婦の離婚だ。子供のいる離婚家庭の8割は母子世帯で、その後の収入や住まいなど、女性の立場は男性に比べると厳しい。だが新しい一歩を踏み出すための支援も広がり始めている。離婚を巡る状況を追った。


沖縄左翼が「自爆テロ」 粉砕されたオール沖縄

2014-05-17 18:06:50 | 社会
沖縄左翼が「自爆テロ」 粉砕されたオール沖縄
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20140517533.html へのリンク
2014年5月17日(土)14:39
産経新聞

 沖縄県政界の革新陣営が「自爆テロ」を繰り返している。3月の石垣、4月の沖縄両市長選で支援した候補者がいずれも敗れ、無理やり基地問題を争点にしようとしたことが大きな敗因で、自爆テロと揶揄(やゆ)される理由でもある。米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設に保革糾合で反対する「オール沖縄」という訴えも粉砕され、11月に予定される県知事選に向けた調整で足並みも乱れそうだ。

 ドン引きする市民

 異様な光景だった。

 「辺野古移設は認めない。党派を超えて(移設阻止を)進められるかが争点だ」

 4月27日投開票の沖縄市長選を前に行われた公開討論会。一騎打ちとなった保守系の桑江朝千夫(さちお)氏と革新系の島袋芳敬(よしのり)氏が出席し、島袋氏は何度も辺野古移設反対を訴え、その都度、会場の前方に陣取った女性たちが大きな拍手で応じた。

 ただ、多くの聴衆の表情は冷めていた。

 念のために強調しておくと、普天間飛行場は沖縄市にあるわけではなく、移設先となる辺野古も沖縄市ではない。沖縄市は普天間移設問題とは一切関係ないにもかかわらず、島袋氏は争点化にこだわった。

 なぜか。革新系の東門美津子市長の後継候補として名乗りをあげ、共産党や社民党などの推薦を受けたからだ。

 討論を聞いていた30歳代の男性は「島袋さんは革新政党の反基地闘争に引きずり込まれている。無関係であるはずの辺野古移設反対を繰り返せば市民をうんざりさせ、ドン引きさせることが分かっていない」と話した。

 政党の操り人形

 沖縄市の総務部長や副市長を歴任した島袋氏は手堅い行政マンだった。沖縄市も米軍嘉手納飛行場を抱え、防衛省と調整する機会も多く、島袋氏と接点のあった複数の防衛省幹部は振り返る。

 「基地問題に熱心だという印象はなかった」

 「基地に強いアレルギーがあるわけではなく、まともに話のできる人だった」

 ところが、島袋氏は選挙戦に入ると革新政党の操り人形と化し、市民が論戦を最も期待していた経済振興の主張を二の次にした。

 対照的に相手候補の桑江氏は辺野古移設を争点にしない立場を鮮明にし、経済振興策をアピール。高い失業率と空き店舗率は革新市政の無為無策によるものだと断じ、モータースポーツのサーキット場建設などで雇用創出と観光客増加につなげると訴えた。

 「夢、希望、活力」という桑江氏のスローガンは、地元経済界の若手の結束力と「車の両輪」を成し、若年層や無党派層に浸透。劣勢をひっくり返す逆転劇で当選を果たした。

 ■学習効果なし

 政府高官は「革新陣営は学習効果がない」と指摘する。3月2日に投開票された石垣市長選と同じ戦術ミスを犯したとみているからだ。

 防衛省は石垣島への陸上自衛隊の配備を検討している。それを踏まえ、市長選で革新陣営の支援を受けた候補者は告示後、陸自配備に反対する立場を強調し始めた。沖縄市長選の島袋氏と同じように革新陣営の主張に引っ張られたのだ。

 応援弁士も延々と反基地を唱え、一部は「陸自が配備されれば石垣に米軍のオスプレイも飛んでくる」とも触れ回った。

 政府高官は「自衛隊も米軍もごちゃまぜにして反基地だけを争点にしようとする戦術は市民のアレルギー反応を招き、得票を目減りさせた」と分析し、沖縄市長選でも同じ轍(てつ)を踏んだとみる。

 反基地を掲げる候補者を当選させ、11月の知事選に向けた弾みにし、知事選ではオール沖縄の顔となる候補者を当選させる-。

 革新陣営の目標はその一点に尽きるが、石垣、沖縄両市長選で連敗したショックは尾を引きそうだ。

 同盟のジレンマ

 革新陣営は知事選候補者の人選で那覇市の翁長雄志市長を本命視している。翁長氏は自民党県連幹事長も務めた保守政治家でありながら辺野古移設に反対しており、保革糾合のオール沖縄の象徴として県民に浸透しやすいと判断しているためだ。

 だが、自民党幹部は「翁長氏は負ける選挙は絶対にしない。市長選での革新陣営の連敗を受け、知事選出馬には慎重にならざるを得ないだろう」と語る。革新陣営との共闘による勝算を見極める姿勢にいっそう傾くというわけだ。

 逆に、革新陣営は翁長氏以外の適材を擁立できる見通しはなく、「早く翁長氏から出馬の確約を得ようと焦る」(自民党幹部)との見方がある。

 国同士の安全保障上の同盟関係では、同盟により戦争に「巻き込まれる」可能性がある一方、「見捨てられる」可能性もあるというジレンマを抱える。

 翁長氏は知事選で革新陣営に巻き込まれるのか、それとも革新陣営は翁長氏に見捨てられるのか、行方が注目される。(半沢尚久)