アマ無線への思い

趣味であるアマチュア無線への思いをつづります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カナダへ行ってきました。(その9)「赤毛のアン」の世界

2018-06-29 | 旅行
VY2ZM(K1ZM)Jeffさんと奥様のVY2HH(KK1ZM)Miriamさんとお会いできました。
Miriamさんの運転で、これからドライブです。「赤毛のアン」の世界が広がります。
途中のしゃれたレストランで、昼食をごちそうしてくれました。何が食べたい?Jeffさんに助けてもらいながら、肉や野菜の入った、ヌードルを注文しました。美味しかった。。。でも量が、食べても食べても減りません。オレンジジュースも特大でした。



コメント

カナダへ行ってきました。(その8)トロントからプリンスエドワード島へ

2018-06-29 | 旅行
朝早くから、トロント・ピアソン国際空港は、たくさんの出発する人でにぎわっています。
バスから、下りて入口に進みます。大きなボードで、これから搭乗する、AC1706便を確認します。
ボードの前に、かわいい男性の空港職員がいましたので、PEI行きの受付カウンターの場所を尋ねますと、右側とのことでした。
PCによる、チェックインです。日本語を選択できましたので、大変スムースです。席の変更等聞いてきますが、Noで通して、スーツケースを預ける手続きをして、隣の列に並びました。荷物も簡単に預けることが出来ました。
次は、セーフティチェックです。予想通り、G7と重なっており行列は長そうです。係員の指示に従って、ゆっくり待つことにしました。
係員も空いているところに誘導してくれますが、なかなか前に進みません。やっと私の番です。ベルトを外して、財布もパスポート入れも外して。。。ペットボトルは無いか聞かれました。万歳の格好で、検査機の中を抜けます。OK行ってよし、手荷物も無事通過でクリアー。
エスカレーターを下りたら、飛行機に搭乗のフロワーでした。
時間は、現地時間午前6時過ぎ(日本時間19時過ぎ)、出発までに2時間あります。すぐ左側に、Tim Hortonsがありますが、行列ができています。まずは、搭乗口を確認と、チケットを見ますと。。。。あれ?チケットに印刷されたゲート番号とボードに示された番号が違います。いったい私は、どこへ行くのやら。。。
まだ時間が早いので、ボードに示された搭乗口は、他の便の受付をやっていました。
のども乾いたし、お腹が空いたので朝食を取ることにしました。

A&Wのエッグマフィンです。もぐもぐもぐ、すぐに食べてしまいました。
今日の便は、エアー・カナダ・ルージュです。飛行時間は、約2時間です。エアバスA-319-100で、座席は中央通路で3席でした。
天気は良好で、出発時トロントの中心部も良く見えました。

飛行機は満席ですし、日本語は聞こえません。湖や川が眼下に広がります。遠いところまで来たっという感じです。疲れもあって、うとうとうと。。。

飛行機は、右へ左へと旋回しながら、高度を下げてきました。
天気は、快晴です。眼下には、赤茶色の畑が目立ってきました。

飛行機は、シャーロットタウンに着陸しました。ボーディングブリッジではなくて、タラップで乗り降りです。

こじんまりした、きれいな飛行場でした。
歩いて、建屋まで移動です。
入口に入ったら、出迎えの方で混雑しています。
でっかいJeffさんも、私を見つけてくれて、Welcome Akiと握手をしてくれました。
トイレに行ってくるほうが良いよ!荷物をピックUPしたら、Miriamさんが、車で待っているから。。。
Aki疲れているかい、私も17時間車を運転してきたので、少し疲れていると。。。
私が、「赤毛のアン」のグリーン・ゲーブルズへ行きたいとリクエストしてあったので、これから昼食をレストランで取って、今日はそちらを回ろうということで案内してくれました。

コメント

カナダへ行ってきました。(その7)トロントのホテルで休息?

2018-06-29 | 無線
部屋へ入る前にもう一つ頼んでおくことがありました。
明日の朝、空港へ送ってもらう、シャトルバスの予約です。
朝のトロントの出発は、午前8時10分です。いろいろ迷うだろうし、ちょうどG7サミットがケベック州で開催されているのにぶち当たりましたので、セキュリティのチェックも厳しいことが予想されました。
一覧表の紙があり、送ってほしい時間の欄に、部屋番号を書くように指示されました。
5時20分発のところに、部屋ナンバーが書いてあったので、私もそこへ書いてもらいました。

(コンフォートホテル、今月伊勢市の駅前にも、同名のホテルがオープンしました。偶然です。)
部屋は、ダブルベット。。。広いよ。
荷物を開けて、JeffさんやKojiさん、家に連絡です。
レンタルしていった、WiFiのスイッチを入れました。どうも途中のバンクバーのFree WiFiから送ったメールは届いてなかったようです。
現地時間 6月8日(金)22時過ぎ(日本時間6月9日(土)11時過ぎ)やっとラインで、日本の家族と連絡が取れました。
Jeffさんからの連絡(アメリカへ行っているので、迎えは奥さんだけになるかもしれない。)、Kojiさんにも、トロントに着いたことなど、連絡が取れました。家を出てから、丸一日かかりました。
早くホテルに着いたら、近くのコンビニで食事を購入しようと考えていましたが、時間も遅く。。。でもお腹が空いています。
飛行機の中でもらった、チョコレートクッキーと海老煎のおまけがありました。スーツケースに入れた、お茶のペットボトルを取り出して、腹ごしらえ。。。ホテル備え付けの、Coffeeも入れて飲みました。シャワーを浴びてさっぱりしました。
明日は、4時30分には起きなくては。。。疲れてはいますが、緊張でなかなか眠れません。うとうとしながら、4時には目が覚めました。
睡眠時間は、3~4時間ということでしょうか?
5時過ぎには、ホテルのフロントの前に。。。5分前に集まってくださいとのことでしたので、少し早すぎました。チェックアウトは一瞬で終わりましたので、バスが来るまで少し待てとのことでした。
5時15分くらいに、シャトルバスが来ました。運転手さんに、グッドモーニング。。。エアーカナダで、プリンスエドワード島へ行きたいことを伝えました。もう1組は、黒人のアベックでした。運転手さんは、彼らにも行先を聞いていました。あたりは、まだ薄暗かったですが、日が昇り始めた頃でした。3人を乗せた、バスは結構なスピードで、空港へ向かいます。まずは、ターミナル3へ黒人の2人はここで降りるようです。運転手は、私にはまだだよ。。。次のターミナル1で、おろしてくれました。
(トロントのピアソン国際空港は、大きい空港で、ターミナル1とターミナル3は、無料のリンク・トレーンで結ばれているようです。)



コメント

カナダへ行ってきました。(その6)トロントのホテルへ

2018-06-28 | 旅行
これからいよいよ今回の旅行で一番の問題点になるかなあっと思われる、トロントでの乗り換えです。
めざす、プリンスエドワード島(PEI)へは、ここトロントで乗り換えると、深夜にシャーロットタウンに到着できる便があるようです。
実際日本からのツアーは、翌日からの観光時間を有効に取るため、PEIに向います。私は、Jeffさんに飛行場まで、迎えに来てもらいう必要があるので、トロントに1泊して、翌日の便でPEIに向うことにしました。
飛行機から降りて、荷物のピックUPの場所まで。。。日本のツアーの皆さんの後について、広い空港内を移動します。同じ便で日本の2つの団体が到着したようです。迷わずついていけました。しばらくすると、私の荷物も出てきました。良かったと一安心です。でもこれからのことで、不安がいっぱいです。
ツアーの皆さんと別れて、ロビーに出ました。右も左もわかりません。手には、ホテルの予約書のコピーを持って、最初左の方の出口へ向かいましたが、どうも違う予感。。。また最初の場所に戻って深呼吸、英語の案内板をよく見ると、ホテルへのシャトルバスは、もう1階下から出るようです。そうなんです、ホテルへ行くシャトルバスの発着場を探しているのです。事前のWeb調査で、案内カウンターの横に、ホテルへの専用電話があると書いてありました。エスカレーターで1階下りて、やはり左側へ進みますと、カウンターがありましたので、お嬢さんに、シャトルバスの乗り場を尋ねますと、反対方向です。教えてもらった通り戻りますと、有りました!案内のカウンターが。。。
あたりを見回しますが、電話は???
ホテルのシャトルバスに乗りたいのですがとホテルの予約書を出して、カウンターのお嬢さんに尋ねますと、早口で。。。?予約書を示して、ここへ書いてくれとお願いし、

DoorS-PostS5やっとシャトルバスの乗り場がわかりました。
バス停に出ると、いろんなホテルへ向かうバスが、次から次へと来ますが、私のホテル行は来ません。
再度、建物の中に戻って、電話を探します。。。ありました。突き当りの壁に、たくさんのホテルの名前が書てあるメモがついています。
私の泊まるホテルの番号も書いてありました。
どきどきしながら、ピ・ポ・パ、電話やっとつながりました。シャトルバスで迎えに来てほしいのですが!名前は?っと聞いてきます。
説明しますが、???予約されてないと切られてしまいました。あれ困ったよ。もう一度チャレンジ。。。Booking.comで予約しています。番号は?とか聞かれるのですが、なかなか通じません。また切られてしまいました。電話機を使いたい他の観光客もいるようですので、一度頭を冷やします。今日の泊りは、トロントピアソン飛行場かもと。。。覚悟を決めて。
タクシーで乗り付けようかとも考えましたが、右も左もわからないので、再度電話でお願いすることにしました。
DoorS-PostS5で間違いないか、そこで待っていると話をしたら、OKとの返事。。。本当に来るのかなあ?心配して待つこと、約10分、
ホテルのシャトルバスが、来ました!運転手に、予約書を見せ確認すると乗れとのこと。。。トロントについて、何時間たったのか?外はもう真っ暗でした。
意外と簡単にチェックイン、パスポートと、クレジットカードを見せて、書類にサインしたら、カードキーをくれました。やっと、「Comfort Hotel Airport North」に着きました。

(実は、ホテルを予約する時、口コミサイトで空港から電話したら、予約が無いと言われたとありました。、また他の口コミでは、簡単な英語が使えたら心配なしともありました。。。やはり私の英語はダメだったというところです。)
コメント

カナダへ行ってきました。(その5)トロントへ到着

2018-06-28 | 旅行
バンクーバー12時発エアーカナダAC114便ボーイング737トロント行きの座席に座れました。エコノミークラスですので、通路を挟んで3列シート、私は窓側ですが、内側には、2人のお客さんが座っています。Very Sorry。。。
最新の機材で、モニターは、タッチパネル式、WiFIもつながるとのこと、隣の方は、慣れた手つきで操作しています。
飛行機は、雨空のバンクバーを出発、カナダとアメリカの国境の上をトロントに向けて飛行しました。3Dのモニターもうまく使えて、飛行機の位置と、眼下に広がる風景がマッチします。アメリカ大陸を横断しているんだと新たな気持ちになりました。
約4時間30分の飛行ですが、軽食は、別にお金を出してお願いしなくてはいけないようです。結局、ソフトドリンクしか出ませんでした。
WiFiもつながるとのことですので、試してみましたが、これも別料金がかかるととのことで中止しました。
隣のおじさん、タッチパネルをスムーズに使っています。どうも日本人のようです。どこから来ましたか?どこへ行きますか?いろいろ楽しい話が出来ました。私と同じ三重県で、車で津まで出て、高速船でセントレアに来たそうです。アオサを生産している漁業者さんで、シーズンが終わった、このシーズンに毎年海外旅行を楽しんでいるそうです。どうりで旅慣れた雰囲気。。。昨年は、東欧へ行ってきた、でもカナダは、初めてとのことでした。ナイアガラの滝を訪れて、ロッキー、バンクーバーを回って、帰国の便は、私と同じとのことです。漁業関係者ということもあり、話の共通点も多くて、楽しい時間でした。
いよいよ飛行機は、5大湖の上を通過して、オンタリオ湖の西側にある、トロントも近くなってきたようです。高度も低くなり、機体も大きく右に旋回しながら飛行場への進入ルートを進んでいるようです。

トロントは、私の下の娘が、カナダ留学した時に、3か月住んだところです。私も行ってみたいと思っていましたが、チャンスがありませんでした。当時大リーグのブルージェイズに、川崎選手が所属しており、赤いTシャツをお土産にもらいました。
現地時間19時30分過ぎですが、まだまだ日差しは明るく、飛行機は無事トロントへ到着しました。

コメント

カナダへ行ってきました。(その4)バンクーバーでカナダへ入国

2018-06-27 | 旅行
定刻どおり、17時15分飛行機は、セントレアからバンクーバーに向けて出発です。R18からの離陸ですが、飛行機の便が少ない時間なのか、待ち時間無しで、滑走路へ突入です。一度ブレーキをかけて。。。エンジンの音が大きくなって、ガタガタガタ。。。ふあっと浮き上がって飛行機は、セントレアを後にしました。客室は、7割程度でしょうか、私は個人旅行で、席を取ったので、隣の席は、空席でした。(ラッキー!)
エアーカナダ・ルージュは、最新式のモニターは、設置されていません。機内で、モバイルをレンタルするか、自分のスマホに搭乗前に、ソフトをダウンロードするかしてないと、音楽も聴けませんし、現在位置も確認できません。英語を読むの面倒でしたので、飛行機に乗ってからっと思っていましたら。。。。暇な9時間になりそうです。出発から約2時間。。。やっとお楽しみの食事タイムです。

ビーORチー?ビーフプリーズ。。。おいしそうな食事をゲット。。。アルコール類は有料ですが、ソフトドリンクは無料、オレンジジュースプリーズでOK。少しお腹がすていて、一所懸命いただきました。美味しかった!!日本時間19時過ぎくらい。
飛行機の窓は、閉めてあったのですが、窓側の特権?時々開けてチェック、真っ暗な空に、星がきれいです。何時間かして、開けてみると、
もう明るくなっておりましたが、見えるのは雲だけでした。

数時間後、アラスカの上を飛行しているのでしょうか?雪をかぶった山々が良くわかりました。残り時間2時間程度になったら、ハンバーガーの軽食とチョコレートのクッキーが配られました。(実はこのクッキーで後々助かりました。)
入国カード。。。バンクバーも近くなり、そろそろ配布されるかなあっと思っていましたら、英語とフランス語で何やら説明がありました。
フランス語は、チンプンカンプン。。。英語も怪しいですが、どうも配布は無いようです?やっと日本語のアナウンスがあり、日本人は、入国カードには記載せず、飛行場での手続きに変わったそうです。そういえば、出発前に電子渡航許可(eTA)を申請し、入国OKの許可をもらってました。
飛行機は、雲を突き抜けて、どんどん降下を始めました。見慣れた?風景が眼下に広がってきました。バンクーバーの飛行場は、曇っているようです。定刻時間の10時30分(日本時間午前4時30分)頃、飛行場に到着。前のお客さんに続いて、迷わないように進みます。今回は、トロントまで、1時間30分とトランジットです。ただしカナダへの入国は、バンクーバーで行い、トロントへは、国内線利用ということになります。飛行場は広く、途中で分かれ道となりました。親切そうな叔母さんが、どこへ行くかを聞いてくれました。アメリカへ直接行く飛行機に乗る人は左、カナダに入国する人は右。。。ということでした。(飛行場には、中国語?(漢字)の表記はありますが、日本語は無し)
まずは、入国審査、PCの無人受付がたくさん立っていました。画面を見ると、日本語選択があり、一安心。。。便名や滞在日数、目的等型通りの質問に答えて、パスポートを機械に入れて、スキャーンしてもらってOK。。。写真も撮られました。(1回取り直ししました。)5分くらいで終了。
でもまだ、入国させてもらえません。係のお兄ちゃんの前に並びました。私の番が来て、パスポートを渡しましたが、ちらっと見てOK。。。なんと、入国の印も押してくれません。(5年前の時は、入国の印は押してくれましたが、出国時はありませんでした。)
次は、荷物の回収です。すでにターンテーブルの周りには、人がたくさんいました。結構早めに出てきて。。。一安心。
バンクーバーで、飛行場を出る人は左側へ、国内線に乗り継ぐ人は、右側へ進みます。(ガイドブックで確認済み)入口で、入国時の機械から受け取った書類を渡して、スーツケースを再度預けます。(またトロントで会いましょう。)
エレベーターで上にあがり、連絡通路?をどんどん進みます。また、難敵のセキュリティチックです。いつのまにか、周りに日本人らしい方もちらほら。。。どうもここでも、ベルトのバックルがダメなようでまた引っ掛かりました。OKが出て、荷物を回収。。。でもまだ左側に人が並んでします。どうしたら良いのかわからなかったので、日本語でまっすぐ行っても良いですか?と聞くと、女性の声で、私の荷物が引っ掛かった、わかる人は、飛行機の搭乗口まで行ってください。。。と(ツアーの添乗員さんでした。)
やったー、バンクーバー12時発トロント行きの搭乗口まで、やっと来れました。周りには、日本人のツアー客もたくさんおり、手には、ミネラルウオーターが。。。私は、名古屋からの飛行機でもらった、小さいのが一つ。。。搭乗のアナウンスが始まりましたが、少し遅れているようです。(日本時間午前5時30分頃)
コメント

カナダへ行ってきました。(その3)セントレアから出発

2018-06-23 | 旅行
6月8日予定より1本遅れて、11時過ぎに、近鉄にて宇治山田駅を出ました。無事名古屋で名鉄に乗り換えて、ほぼ順調に14時前には、セントレアに到着しました。
セントレアで初最初の仕事は、WiFIルーターのレンタルです。名鉄の改札を出て左側、慣れない手つきで、携帯の予約画面を見せて、受付終了。カナダまで電源は入れないでくださいという注意事項を聞いて、機器を受け取りました。
次に、スーツケースを、預けたいと受付のカウンターを探しに行きます。ボードでは、出発約2時間前の15時から受付が開始と出ています。
まだ1時間近くあります。大きな荷物を持っての移動はいやなので、近くのベンチに座って、WiFIの説明書を読んで、時間をつぶしました。
スーツケールの受付も始まり、列に並ぶと、まずは搭乗の受け手付けをやってくださいとのこと、係の女性に手伝ってもらってチェックインOK、スーツケースの重量もパスで、リック一つ手軽になりました。早速デッキに出て、飛行機Watching。

少し遅れるようで、私が乗る飛行機はまだ到着していませんでした。

大好物の、海老煎を仕入れていよいよ、出国ゲートへ。。。

セキュリティチックでは、警告出っぱなし。。。ペットボトル持ってませんか?はいありません。。。
やっと、パスポートに出国のスタンプを押してもらって搭乗口まで行けました。

本日の飛行機、Air Canda Rougeのボーイング767-300ERです。

携帯の充電もしたいなあっと、待合場を見てみると、あれ。。。。100Vのコンセントはありません。外国もそうなの?少しパニックになりかけて、近くのお店に駆け込んで、USBケーブルを買いました。(結局カナダでは、110V用のコンセントがあり、使わずじまいでした。)
飛行機の中にも、110Vのコンセントがあったのですが、本当にこれで良いの?って感じで、エイヤーで充電器を差し込みました。



コメント

カナダへ行ってきました。(その2)出発当日

2018-06-22 | 旅行
2018年6月8日、今日は長い長い一日になります。
自宅を出発して、中部セントレア、バンクーバー経由トロントまで一気に飛んでいきます。
セントレア出発は、午後5時15分ですが、慣れない外国旅行ですので、早めに家を出ることにします。
いろいろお土産をスーツケースに入れてほぼ準備が完了。。。午前10時30分出発予定です。

(娘からレンタルしたスーツケース、アメリカ、カナダへは、4回目。。。国内は娘のお供で沖縄はじめいろんなところへ行っています。)
スーツケースの中最後の点検を行い施錠。。。そんな時、お友達から電話がかかってきました。話が終わって、それでは出発、家内に駅まで送ってもらうことになっておりました。あれ鍵がない。出発予定時間は過ぎてしまい。焦れば焦るほど、鍵は出てきません。落ち着いて部屋の中を探したら、ベットの上にありました。結局、電車を一本遅らしての出発となりました。この後どうなるのだろうと心配になってきました。

コメント

カナダへ行ってきました。(その1)出発まで

2018-06-21 | 旅行
3月下旬、新聞の広告のページで、セントレア(名古屋)からバンクーバーへの直行便が、6月に開設されることを知りました。
久しぶりに、バンクーバーへ行ってみるかと、日ごろからお世話になっている、VA7KO(Koji)さんに相談しました。
Kojiさんからは、6月の時期は仕事が忙しいので、いっよに遊びに行ったりできないから、8月に開催されるコンベンションに参加しないかというものでした。
航空運賃をチェックすると、8月は少し割高でした。また、コンベンションは、アメリカやカナダの方がほとんどでしょうから、英語に問題のある私には、少し高いハードルと感じました。
そんな時、頭にひらめいたのが、VY2ZM(Jeff)さんの、プリンスエドワード島(PEI)のことでした。
Jeffさんは、K1ZMとして、160mやコンテストで、マサチューセッツやニューヨークからFBな結果をあげられていましたが、20年くらい前から、PEIに大規模な無線局を作って大活躍されていました。
10年くらい前にも、PEIへ行ってみたいと、Jeffに相談しWellcomと返事をもらいましたが、私の仕事の関係もあり断念したことがありました。
Jeffさんに、6月にPEIへ行きたいけど、島に滞在していますか?とメールすると、遊びにおいで!っと、すぐに返信がありました。
早速、航空券の手配をして、6月8日出発、セントレアからバンクーバー経由トロントへ、そこで1泊し、PEIのシャーロットタウンに6月9日に入ることにしました。6月12日まで3泊4日PEIに滞在し、帰りにバンクーバーで2泊し、6月15日帰国という日程となりました。


コメント

カナダへ行ってきました。

2018-06-21 | 旅行
2018年6月8日から15日の日程で、カナダのプリンスエドワード島(VY2)とバンクーバーへ(VE7)へ行ってきました。
VY2ZM(Jeff)さん& VY2HH(Miriam)さんご夫婦、VA7KO(Koji)さん& VA7BEC(Rebecca)さんご夫婦には、大変お世話になり、楽しい旅行となりました。心から感謝いたします。ありがとうございました。
コメント