シカゴのこぶた

こぶたとの楽しい生活 in シカゴ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Miami Beach IV@Creek 28

2009-03-10 09:28:14 | Miami Beach Mar/09

マイアミ・ビーチ最終日。どこに旅しても最終日は寂しい。たった4泊5日の短い滞在でもその土地への思い入れが出来てしまい、「次にいつ来れるかな」とメランコリックになってしまう。そんなマイアミ滞在4日目はちょっと肌寒かったので、マイアミのダウンタウンにバスで行ってみることにした。

そして着いたマイアミのダウンタウンは思っていたよりもずっと小さかった。海沿いにショッピング・センター、Bayside がある位であとは特に見るところもないみたい。やっぱりマイアミ・ビーチがいいね、ということで海沿いの公園をちょっと散歩してからさっさとマイアミ・ビーチに戻ってしまった。

マイアミ・ビーチでの最後のディナーは中心からちょっと外れた小さいホテルの中にあるレストラン、Creek 28 へ。このレストランも出発前にチェックして予約を入れていた。
 
                          

マイアミ・ビーチの華やかな雰囲気とは打って変わってとても静かなレストラン。私はロゼのスパークリングワイン、こぶたはゴールドのスパークリングワインでマイアミの最後の夜に乾杯。前菜は栗とイチヂクのラヴィオリをシェア。栗とイチヂクのほんのりした甘みにたっぷりかかったバターと黒胡椒がとても美味しい。

メインは私は帆立貝のチョリソ(メキシコのソーセージ)とカレンズ(スグリ?)のソースをチョイス。驚いたことにこのソースはトマトソースベースだった。最初は帆立にトマトソース?とちょっと驚いたけれども、実際味わってみると色々なスパイスが効いた普通のトマトソースとは全く異なる予想を裏切る味。上にのっかったガーリックトーストを浸すと最高!帆立貝もとても新鮮で完ぺきな焼き加減にグリルされていた。

          

こぶたが選んだのはマヒマヒのスウィートポテト・ハッシュ、ヒーカマ(メキシコのお芋の一種?)のレリッシュ添え。この一品は、マヒマヒはとても新鮮で焼き加減も最高だったものの、ソースがちょっとパンチに欠けていたかな。。思わずお醤油をかけたくなってしまった(苦笑)。

          

美味しいディナーを終えて、ぶらぶらとホテルのほうに散歩しながら戻った。マイアミ最後の夜、このまま帰るのも寂しいね、という訳でリンカーン・ロード沿いのカフェ、Van Dyke Cafe に寄ることにした。涼しい夜、トーチの火が暖をくれるアウトサイド・シートでホワイトチョコレート・マティーニと珍しくこぶたがリクエストしたチョコレートケーキをオーダーした。              
                
          

紺碧の空に、青い海、そして輝くような太陽のマイアミ・ビーチ。とても素敵な街だったな。。未だ冬真っ只中のシカゴに戻るのは寂しかったけれど、マイアミに来て1つシカゴの素敵な面を発見!それはシカゴの人たちがとても親切だということ。マイアミの人たちはみんなきれいだけれどなんだかちょっと冷たいな感じがした。シカゴの人はちっともお洒落ではないけれど、みんなとても暖かい。マイアミを楽しみながらシカゴの良い1面も発見できた今回の旅でした。
                     
                        
ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けると励みになります。
               ↓ ↓ ↓
            にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
Comments (6)

Miami Beach III@Tap Tap Haitian Restaurant

2009-03-08 18:41:17 | Miami Beach Mar/09

マイアミ・ビーチ3日目。涼しかったマイアミも少し暑くなったのでさっそくビーチへ繰り出してみた。マイアミのビーチは長い。どこまでもどこまでも青い海、白い砂浜が続いている。まだ涼しかったせいか、広大なビーチのせいか、静かなビーチ。大きな海を2人占め。

こぶたも私も冷たそうな水には入らないでビーチで甲羅干し。SPF50の日焼け止めを塗っている私はどんどん日光を吸収するのに、SPF8の日焼け止めを使っているこぶたはいつまでも白い。色白こぶたに地黒の私、写真を撮るとその差も歴然。ま、仕方ないか(笑)。

                    

ビーチでまったりした後はまた街を散策。マイアミ・ビーチのメイン・ストリート、リンカーン・ロードにはたくさんのカフェ、レストラン、バーがアウトドア・シートを出していてとても楽しい雰囲気。人々が食べている料理は。。ノー・コメントかな(笑)。ここで食事をするのはあまりお勧めできなそうだけれど、人が食べているものをのぞいたりしながらそぞろ歩きするのはとても楽しい。

そんな第3日目のディナーはハイチ料理のお店、Tap Tap Haitian Restaurant へ。このレストランは出発前にインターネットで調べて気になっていたお店。ハイチ料理って、どんなもの!?わくわくしながら着いたレストランは壁中に描かれた鮮やかな壁絵が印象的なポップな感じのレストラン。ちょうど夕暮れ時で窓から夕日が差し込んでちょっと不思議な雰囲気。

          

こぶたはハイチのビール、Prestige、私は大好きなモヒートを飲みながらメニューをチョイス。モヒートはラムにフレッシュ・ミント、お砂糖で作るシンプルなさっぱりしたカクテル。前菜にプランテーン、スウィート・ポテト、そしてオクラのフライをオーダーした。クレソンの酸っぱいソースがちょっと重いフライをさっぱりさせて後をひく。

          

「全部食べるなんて無理だよね」なんて言っていたフライをきれいに平らげ、前菜だけでお腹いっぱいになってしまった。メインは海老のココナッツソースを2人でシェアすることにして、それにサイド・ディッシュのほうれん草のココナッツソースとコーンミールのブラックビーンソースを添えた。

          

初めて食べたハイチ料理、どれも美味しかったものの、ボリュームたっぷりで食べ終わったときには2人共お腹がはちきれそう。レストランがある 5th Street からホテルがある 17th Street まで重いお腹を抱えてぶらぶら歩きながら帰った。こんな食後の散歩、大好き!冬のシカゴでは厳寒の中ぶらぶら歩くなんてとても出来ないなあ(笑)。

ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けると励みになります。
               ↓ ↓ ↓
            にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
Comments (2)

Miami Beach II@Oliver's Bistro

2009-03-08 08:03:21 | Miami Beach Mar/09

普段シカゴで生活をしているときは私はとても眠りが浅い。夜中に何度も目が覚めて、朝起きたときに疲労を感じたりする。でもバケーションの間はなんとぐっすり眠れること!ぐっすり眠ってマイアミのまぶしい朝日で目が覚める、最高!

そんなマイアミ第2日目。ホテルにプールはないし、マイアミにしては気温が低く海で泳げそうにもなかったので街を散歩してみる。こぶたと私はどこを旅行してもひたすら歩き回る。歩いて歩いてその街の雰囲気を感じ取る。

マイアミ・ビーチでも一番華やかな海沿いの通り、Ocean Drive を歩いてみた。シカゴではあり得ないような色鮮やかなホテル、レストランが立ち並び、どこのレストランの店先でも強烈な客引きが行われている。「今なら全品50%オフよ!」え、ほんと?でも良く見るとすべてのメニューの価格がもともと異様に高い。。意味ないじゃん(笑)。

そして聞こえる言葉はスペイン語!英語が聞こえても強いスペイン語訛り。なんだか本当にアメリカにいるのか混乱してしまう。アメリカにいながら海外旅行をしているみたい。

数ある Ocean Drive 沿いのレストランの中で唯一「全品50%オフ!」の怪しい客引きをしていなかった News Cafe でランチにした。木が気持ちの良い木陰を作っているアウトサイド・シート。こぶたはダック・ケサディアにロゼのスパークリング・ワイン。私は朝食を食べ過ぎてお腹が減っていなかったのでピスコ・サワーのリキッド・ランチ(笑)。

          

マイアミの日光を浴びながら行き交うお洒落な人たちをウォッチング。あぁ、幸せ。。でもペルーの強いお酒、ピスコのサワーにノックアウトされた私、その後気怠い午後を過ごすことになった。でもそんな午後の過ごし方もマイアミ・ビーチ的かも?

気怠い午後を過ごした後、マイアミ・ビーチの喧噪から離れたレストラン、Oliver's Bistro へディナーに出掛けた。ここは街を散歩している間に見つけて即ディナーの予約を入れた店。こじんまりとした可愛らしい店内。まだ昼間のピスコ・サワーが残っていたので前菜はパスしてメインを2種類オーダー。

私はどこにいってもついついオーダーしてしまうシアド・ツナ(軽く焼いたマグロ)をチョイス。たっぷりのお野菜の上にたっぷりのツナ!そしてアイオリ・ソースにシアントローのソース。プレゼンテーションも美しく、まぐろも新鮮で大当たりの1品。

          

そして最近プランテーンにはまっているこぶたは「プランテーン添え」に惹かれて海老のマンゴーカレー、2種類のプランテーン添え。海老がぷりぷりしていてマンゴーの仄かな甘みがトロピカルで美味しい。旅行中は野菜不足になるのでサイド・ディッシュで季節のお野菜の炒め物もオーダーした。

          

どの料理も新鮮で美味しく、美しい盛り付け。雰囲気もとても気持ちよく、お値段もとてもリーズナブル!あぁ、こんなレストランがシカゴにあったら毎日でも通っちゃうのに。。本当にシカゴに持って帰りたいようなレストランでした(笑)。

ディナーの後は夜の Ocean Drive をまたぶらぶら歩きながらホテルに戻った。

          

昼間のまったりした Ocean Drive と打って変わってどこもかしこも華やかにイルミネーションで彩られ、ディナーやお酒を楽しむ人々ですごい賑わい。でも「今だけ全品50%オフ!」の客引きは夜も相変わらずでしたよ(笑)。

ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けると励みになります。
               ↓ ↓ ↓
            にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
Comments (6)

Miami Beach I@Tapas y Tinto

2009-03-06 19:39:17 | Miami Beach Mar/09

昨日の夜、4泊5日のマイアミ・ビーチへの「避寒」旅行から帰ってきました。出発当日はシカゴは雪。雪の中スーツケースを引きずって辿り着いたマイアミ・ビーチは真っ白い砂浜が美しい、青い空に青い海、椰子の木が茂る常夏の都市。雪に埋もれたシカゴと好対照。私にとって今回が初めてのマイアミ・ビーチ。

今回マイアミ・ビーチに行くことにしたのは、長い長いシカゴの冬、私が鬱気味になっていたから(笑)。トロピカルな気性の私、太陽、海、そして美味しいお魚がないと鬱状態になる。そしてもっと大切なことに、アメリカン航空のマイレッジの使用期限が近づいていたから。

そんな訳でこぶたと2人、ただでマイアミ・ビーチにひとっ飛び。選んだホテルはマイアミ・ビーチのメイン・ストリート、そしてビーチからもともに1ブロックという好立地の Cadet Hotel. 

 

マイアミ・ビーチのホテルはどこも驚くほど高い!航空券が無料とはいえ。。そんな余裕はありません。そんな中でこの Cadet Hotel は好立地にも関わらずまあまあのお値段。そして部屋は小さいものの、インテリアはナチュラル・シンプルでアメニティーも充実。とても素敵なパティオもあって大満足の滞在になった。

マイアミ・ビーチ初日は到着が遅くなったので、ホテルのそばのタパス・レストラン、Tapas y Tintos へ。フライトの後はいつもちょっと胃が重く感じるので、軽くつまめるタパスはこんなときに最適。

ピッチャーのサングリアでマイアミ・ビーチの初日に乾杯!オーダーしたものは、大きい海老にセラーノ・ハム、ゴートチーズを詰めて揚げたものにアボカド・ソース、ワカモレを添えたもの。海老が大きく、これだけでお腹がいっぱいになりそう。

          

そしてこの夜一番美味しかったのが、シーフードを詰めたイカ。イカの中にたっぷりのホタテや海老が詰まっていて、さらにたっぷりのシーフードソースで、まさに海の幸の結集。海の幸が口の中で大爆発(笑)。あまりに美味しかったこの一品、ソースも勿論パンに浸して全部頂いてしまいました。

          

感激屋のこぶたと私、このイカを食べれただけでもマイアミ・ビーチに来て良かったね、と大感激。それ以外に数品お野菜のお料理を頼んで、マイアミ・ビーチの第一夜も過ぎていった。初日から美味しいマイアミ・ビーチになりました。

ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けると励みになります。
               ↓ ↓ ↓
            にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
Comments (4)