覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

東海 武豊原点

2018年01月22日 08時58分38秒 | Weblog

 裏目を採ってしまった先週、昨日だった。

    AJC杯  過去29年で28回の連動    枠連 1-3  1番3番  10頭  

 もうこれで 1枠1番 レジェンドセラー または 3枠3番 ミッキースワロー どちらか発射で、先ず、人気薄の前者に惹かれ、これを採ってしまった。申し上げた通り、この昨日重賞の裏のテーマ人物とは

    8回目の冬季五輪出場決定  葛西紀明   男子スキージャンプ    

 この人物であり、この通称 レジェンド なのか、そのまま競馬界のノリちゃん、横山典弘 なのか。
 
 わたくしの読みは前者だった。その上、昨日情報メールのタイトルにも記した

      TTGの時代  (歴史的3強 トウショウボーイ テンポイント グリーングラス

 この上でわたくしは先週の該当、1月号35ページの 1977年 有馬記念 ここにも写っている 3着 6枠6番 グリーングラス これが大きなポイントだと見抜きながら、これを AJC杯 6枠 でも、人気薄目 6枠6番 ディサイファ の方ではと疑い、実際は、東海ステークス 6番 コスモカナディアン と云う 13番人気 の大穴へのサインであり、やはり人気通り、AJC杯 6枠 でも 7番 ダンビュライト と云う素直なサインだった。

 申し上げた通り、過去1年の代表的な アメリカの馬 が強烈なサインで

     2017年 第57回 きさらぎ賞   優勝  7枠7番 アメリカズカップ  

 これを申し上げ、このレース自体の 枠連 1-7 まで疑ったが 7番 ダンビュライト 優勝で、これまたストレートなサイン。

 強力な連動を把握しながら、非常に大きな誤算。愚挙とは、連動初め、ほぼ重要な材料を大方捕捉しながら、その解釈で、裏目を読んでしまったことだ。

 殊に 第35回 東海ステークス 3枠 か、5枠 か。ここを出馬表前、読み切って居ながら、まさかの人気薄同居の3枠炸裂。波乱を期待する週だとこの場でも記しながら、その波乱の手掛かりを察知、皆様方にも申し上げつつ、5枠の人気に飛びつき、仰天の 6番 また 枠連 3-4 で「レジェンド」の読みも、裏。

 まあ、先週 日経新春杯 に続き、2週続けて、古馬重賞で 1着 デムーロ 2着 横山 を続け、しかも2週続けて 6枠7番 デムーロ 優勝 と云う原則破りでもあったので、致し方無しではあるが、濃い連動が存在し、圧勝の週だと見ていたが、土曜の若駒を含めた4連勝に対し、本線空振りの2重賞だった。

 1月号『優駿』の巻末編集後記。ここに 2007年 有馬記念 マツリダゴッホ に触れ、その折りの勝利ジョッキー・蛯名のインタビューで出たその年の流行語 KY(空気読めない) に言及していたが、このマツリダゴッホの有馬 馬連 3番7番 これが

    1月 8日   シンザン記念    馬連 3番 7番  

    1月21日   AJC杯        馬番 3番 7番   

 これで1月号の締めとなり、今日、どう雪が降ろうが、『優駿』2月号をゲットし、これの解読の上、明後日の 水曜 週中情報 をお送りすることとなる。

  1月号の付録でもある 2018カレンダー 武豊と優駿たち からも、今年、今回の 東海ステークス 絶対に、武豊の記念すべき生涯初重賞勝利 1988年 第22回 京都大賞典 4枠4番 トウカイローマン 武豊 この反映だとも読んでいたが、ただ素直に 4枠 テイエムジンソク の勝利と、このレースで取消した 6番 ランドヒリュウ この取消ゼッケン 6番 コスモカナディアン と云う、ファンがあっと唸る炸裂。

 材料をほぼ全部取り揃えながら、解釈の取り違え。特に レジェント と セントライト記念 の 枠連 3-4 ズバリの誤爆。かなり悔しい1月第3週となった。


 今週は 根岸ステークス シルクロードステークス だが、わたくしが事前に把握している濃い連動は


    第23回 シルクロードステークス      過去16年で15回、13年連続  及び  過去13年で12回

                               及び 過去20年で18回   

    第32回 根岸ステークス           ここ13年連続 及び ここ12年連続 


 これらの合致位置からまず探ることになるが、2月号が何を訴え掛けるか。
 

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。

 東海ステークス  2枠3番 モルトベーネ 6番人気 の3着まで見ていたわたくしに取り、連動取りこぼしの 8番→6番→3番 3連単 49170円 は悔しい限り。そして、この 東海の正解と見た、35ページからの 1977年 宝塚記念 春の盾を制しGⅠホースとなった テンポイント を トウショウボーイ が一蹴したレースの 枠連 2-3 2番3番 6頭立て これが京都 石清水ステークス 枠連 5890円 の正解まんま。

 戸崎シルク3連勝で始まり、6枠7番 デムーロ が連続した1月。これが今年全体へのメッセージの筈だが。

 やはり、申し上げた通り トランプ大統領を安部首相が金座うかい亭に招待した当日の みやこステークス 勝ち馬 テイエムジンソク でまんま良かった訳だ。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 唖然たる連動貫徹! | トップ | 大波乱の真実 東海のラブレター »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事