覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

ドバイ開催 ジャパンC・春

2023年03月22日 03時18分08秒 | サイン競馬

 世界の野球の祭典 WBC 決勝前だが、我われ的には近いもう1つの世界の競馬の祭典への直結、演出にも気配りせねばならない。この週末 ドバイワールドカップ である。

 だが、メイン ドバイワールドカップ 15頭立て は日本馬が半数以上を占め、これではまるで ジャパンカップ のドバイ開催である。結果もそうなるかも知れない期待は当然、この 侍ジャパン優勝、世界一 が実現すれば、十分考えられる。

 各レースに強力メンバーが日本から送り込まれているが、主要な日本馬

   ドバイゴールデンシャヒーン     ダート 1200m

     レモンポップ        坂井瑠星

     レッドルゼル        川田将雅 

   ドバイターフ      芝 1800m 

     ドウデュース        武豊 

     セリフォス         レーン 

     ダノンベルーガ       モレイラ 

   ドバイシーマクラシック    芝 2410m

     シャフリヤール       デムーロ弟

     イクイノックス       ルメール  

     ウインマリリン       レーン 

   ドバイワールドカップ    ダート 2000m

     ヴェラアズール       デムーロ弟      

     パンサラッサ        吉田豊 

     ジオグリフ         ルメール 

     ジュンライトボルト     ムーア

     クラウンプライド      レーン 

     テーオーケインズ      マーフィー  

     カフェファラオ       モレイラ  

     ウシュバテソ―ロ      川田将雅   

 最大メインの相手は、デットーリ騎乗 カントリーグラマー が サウジカップ での パンサラッサ への雪辱戦だが、上記 ダービー馬2頭 年度代表馬 ジャパンC馬 JRAのダービーGⅠウィナー マイルCS優勝馬 ら。日本ダービー馬が2勝する可能性のある、別のレース選択。

 まあ WBC 日本決勝進出で、もう シーマクラシック には日本馬の優勝でも自然だが、競馬が野球と異なり、脚本が出来上がらないと上演できないので、今朝の結果次第でもあるが、どう腐心され、造型されるか。日本では、短距離GⅠも行われ、随分と多彩、忙しい週末となる。もう春休みで、の下には子供連れが溢れ、見頃満開の場所も多い。


 午前 8:00~ 開始。

 どんな激戦になるか。ここまでのジャパンの勝ち上がり。もう歴史的大会であり、間違い無く、プロ野球史に刻まれる、記憶のよすが。


 御登録は 

    sir_delacroix@yahoo.co.jp   まで

 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名明記にて、空メールを下さいます様。

 わたくしもここに載せる桜は自分で撮った桜である。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 物凄いゲーム | トップ | 太陽と星々 »
最新の画像もっと見る

サイン競馬」カテゴリの最新記事