The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はるでらにて

2012-04-30 16:17:55 | ライヴ

前日までたっぷり降った雨のおかげで、
町田簗田寺(りょうでんじ)の境内の緑が、濃くて、鮮やかで、きれいなこと。
みんなが集まる今日のために、木々もうつくしく水をふくんで、
天気まで完璧な初夏のいちにち。

待ちに待った「はるでら」だ。
ここ3年くらい、この季節になると毎年このお寺に来て、
生の音楽を堪能している。
おととしと去年はタラ・ジェーン・オニールとにかちゃんこと二階堂和美を観に、
今年は時間も早いし、バンドも4つなので、まるでフェス、寺フェスだ。
レイチェル・ダッドとICHIは、去年鎌倉のCafe Goateeに観に行って2回目。
yumboとgofishは申し訳ないながら、何の知識もあたまに入れないでいった。

音のマジシャンICHIは、いつもの竹馬をお寺の入り口から乗ってきて登場。
まだ明るい境内で、そのふしぎな楽器たちを操る。
こどもたちも興味津々で観ているのは、音のなる風船、タイプライター、お手製弦楽器。
お寺の犬までも演奏に巻き込み、最後にはホールインワンも決めた。
(弦楽器のネックと鉄筋のうえを、ゴルフボールが転がっていく仕組み)
やはり天才的だった。ICHI最高!

お寺に行く前に寄ったユニオンで見かけたのが、gofishだった(驚)
一見サーファー風の外見からは想像させない、
アコースティック・ギター一本とやさしいうたの、シンプルなステージだった。
みんな、うっとり目をつむって聴いている。
お寺の中を通り過ぎていくすずしい風のような歌。



そして、yumbo。
この日に名前をつけるなら「yumboショック」(ダンナ命名)。
それくらいの衝撃だった。
管楽器のバンドだったなー、くらいしかわたしは知らなかった。
「ベルセバ?」「や、モグワイだな」「やあ、シーアンドケイク」
ぶつぶつふたりでそのおとを言葉に表そうとしたけど、難しい。
ホルンのうつくしい旋律に、つたないメロディと歌声。
つくりあげられた、完璧なズレと、こわれていくギター・リフ、はげしいドラム。
せつなくなって、からだを動かさないといられなかった。
うーむ。「yumboショック」としかいいようがない。



最後はレイチェル・ダッド。
あいかわらずレイチェルはかわいらしくて、それでいてかっこいいのだ。
前回はウクレレをずっと弾いていたけど、きょうはバンジョー。
わたしはバンジョーやマンドリンを弾く女のひとに目がない。アコガレである。
(それに彼女は手芸女子としても、わたしにとって目が離せない存在である)
となりのICHIのスチール・パンとの息があった演奏、
yumboのドラムの山路さんと、アルバムにも参加していたアキツユコさんも途中参加。
「ヨニンデ タノシイデース」
レイチェルのうたのリズムにも、わたしはからだを動かさないといられなくなる。
そのうつくしいウィスパー・ボイスに、足首につけた鈴のおとが重なる。
日本のいろいろな要素が、彼女のからだのなかには流れていて、
音といっしょにそれがあふれだし、お寺の隅々までしみわたっていった。
まるでいつかお寺で演奏するために、つくった音楽みたいになじんでいるのだ。

わたしたちの「寺フェス」は最高な雰囲気のなか締めくくられた。
ぜひぜひ、来年、再来年も、ぜひぜひこのお寺に帰ってきたいとおもう。
福田さん、お願いしますね!(R)
Comments (2)

つづいてけ音楽週間

2012-04-29 21:30:09 | ライヴ
「ま、こんなもんか。」
オイラの口癖?性格を表す一言。
情報の少ない音源を買う時。世の中ではレア盤とされていて
結構な金額を叩いた結果。つまんなそうな飲み会が終わった夜・・・・・。
それらを総称するのが、先の一言。

しかし、世の中捨てたものではなく
「こんなもん」じゃない事があったりする
今日はそんな話。



はっきりいって仕事上がりに朝までなんて
あ・り・え・な・い!
まぁでもこの企画ならしかたないでしょう!
episode soundsのBlack&White,LOUDERのレコ発です。
迎え打つはGimmies,Dials。



はっきりさせときますと
Gimmiesは外人です。
たまげました。わりと最近観ているのですが
「ガチでいくからね~」soraさんをはじめメンバーの
気合いに深夜12時の下北が揺れましたよ。




Dialsをはさんで
Black&White!



実はこの日に会わせて
あのFanzine『OUR PLACE』1.5号を創りました。
1号が2010年発行なので・・・・・・・・
今回は特別に「Black&White」issueとして
発行させて頂きました。

だからってワケではないけど、やっぱり最高。
70's punkをベースにしつつも、ヘンにかぶれる事無く
今の空気感を内包しているそのサウンドそしてルックスは
唯一無二の存在。

ありがたいことに
その存在を覚えていてくれた方々がいてくれて
間に合わせた甲斐がありました。
あらためて
Black&Whiteのメンバーにはお礼を言わせて頂きます!

そしてトリはLouder!



笑いがとまらない深夜3時。
終演後のDJタイム
そして禁断の「ぷあかう」へ・・・

とにかく
最高な夜でした。(H)


Comment

あたらしいこころみ その2

2012-04-17 14:33:37 | classics records
さて。
Classics Records開店半年が過ぎまして、
あたらしいこころみをまたひとつ、することになりました。

な、なんと!!でかーい!

大好きな大好きな、マーマー・マガジンのお取り扱い開始です!
ひえー(みれい風)

以前からこのブログでも紹介したこともありますが、
もはや、マーマー・マガジンとの出逢いなくして、当店オープンできたであろうか?
震災後のふらふらした気持ちのわたしを、そっとやさしく
ぐっと力強く、うしろから押してくれたのがこの雑誌でした。
今回はじめて、読者カードにつらつらと、
感想やら、いままでのことやらをちっさい字で書きつつ、
「お店をはじめたんですが、お取り引きできますか」と
これまたちっさく書いたのが、つい先日のこと。
それさえも忘れていた晩ご飯の支度中のとつぜんの電話でした。

それはそれは、びっくり!です。
でも、なんかこう、「愛」が、伝わったのでしょうか。
夢実現です。
さて、全国のマーマー・ガール、そしてマーマー・ボーイ、
まだ読んだことがない、レコード・ピープルとミュージック・ピープル、
ブックワームのみなさん!
ぜひこの機会に、レコードとともにマーマー・マガジンもよろしくお願いします!

Classics Records murmur magazineコーナー
murmur magazine WEB
Comment