The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10年のあとの、はつか

2011-10-30 10:25:33 | classics records
さて。
10月10日の夕方にお店をオープンして、20日が過ぎました。
うーん、最近は、大人の時間の流れは、とても早いので、
あっという間の気もしますが、
それまでの10年と比べると、や、やっぱりあっという間でしたね。

いろいろ感想がありまして、でも、とにかく嬉しいという一言につきるんです。

まずうれしいこと、レコードがいちばん売れていて、見にきてくれている方が多いこと。
世の中は、ダウンロードの時代ですが、やっぱり昔からレコードを聴いている人はいて、
わたしたちもそうですが、一所懸命探していて、欲しがっていること。
「音楽も好き」なひとと、「音楽がいちばん好き」なひとがいて、
今の時代になっても、それぞれ楽しみ方を選んでいるんだなあと思いました。
お店を開けるにあたって、いろいろなウェブのショップも覗いてみたんですが、
お店の数も、予想以上にいっぱいあるしね!ああ、まだまだやれることがあるんだなあと。
他のお店を見るのもとっても楽しいことのひとつです。

本は、本は難しいかもしれないです。
今は、どんなまちにもBOがありますし、手軽に買える状況がある。
でも、最近言われている「本屋はなくなるんではないか」という心配はしてない。
わたしの交通手段は電車が主でよく思うのですが、
座ってすぐ携帯、と同じ数くらい、座ってすぐ文庫、のひとがいること!
お店のカヴァーがついてる本のひともいれば、図書館のシールがついてるひとも。
みんな、本を読んでますよ。わあ、まけていられないと思ってしまうほど。
確かに本屋さん自体は、減ってきたり売り上げが少なくなったりしてるかもしれないけれど、
これも音楽と一緒で、昔から本が好きな人は、今も変わらず好きなのです。
だから「ホントに本が好き」なひとを惹き付けるような、
レベルの高い品揃えだったり、わっと思わすなにかが必要なんだろうと思う。

とりあえず、なんだかんだいって、毎日いろいろ考えること自体がうれしいということです。
開けるのに10年かかったから、10年かけて、みなさんに知っていただければいいかな。
細くても、ながくて、ブレない。

さて、きのう新着アイテムをアップしました!
レコードは、*James Iha!(これはレアではなかろうか)
      *Downliners Sect(チャイルディッシュ!)
      *Joni MItchell/Hejira(手放すのがツライ!名盤)
      *Screamin' Jay Hawkins(ハロウィンにどうぞ。再発盤)など。
7inchは、 * Candyskins(ワナダイズ好き必聴)
CDは、 *Al Green、そうそうソウルも増やしていかなきゃ。などなど。
「秋の夜長のうたとほん」のほうに入っていますので、どうぞチェックを~。
あと、お問い合わせのみの対応にしていた雑誌「装苑」ですが、
毎週すこしずつピックアップして、新着コーナーにあげていくことにしました。
もちろん引き続き、お問い合わせも受けておりますので、お気軽にどうぞ!
ご来店、こころよりお待ちしております。classics records

James Iha - Be Strong Now

Joni Mitchell-Blue Motel Room

Five Thirty 5:30 - cuddly drug
Comment

新着商品入荷~

2011-10-24 16:57:40 | classics records


きのう、新着商品をお店にアップしました!
特別に、「秋の夜長の「うた」と「ほん」」というくくりで、
企画もやってみることに。
いつもいつもはムリでしょうが、
これからも、なにか思いついたら、こんなふうにテーマを決めて、
それに合った音楽と本をご紹介していきたいと思います。
お楽しみに!(R)

Red House Painters - Song For A Blue Guitar
Comment

週末の夜は

2011-10-24 00:08:29 | ライヴ
一週間のイライラやなんかすべてを吐き出すのに
パンク・ロックは必要不可欠でしょ?
『~Groaning groove present~WALLBREAKER vol.4』!!


町田Nutty'sへ
定期券で行けて帰ってこれるライブなんて
多分生まれて初めて。
しかも3MMとBTBが観れるなんて。

とにかくどちらのバンドも
今まで観た中で一番のライブだった。


「Fuck You! Power Pop!」シンタロウが放った!
会場に一瞬緊張が走った。
まねごとの様な連中(オレもその中の1人かもしれないが・・)に、辛辣な一撃を。
真のパワー・ポップは真のパンク・ロックでもある。
そんなホンモノにしか放てない一撃
Louderのトーマをヘルプに
Back To Basics史上最強布陣でのライブ
最高。

意識した上だったのか、もっとヘヴィーな雰囲気のライブも過去にあったが
個人的には、しなやかな(したたかな?)今回に軍配をあげたい。
シンタロウの満足げな顔も忘れられない。

3MMも良かった。
曲の良さ、演奏の良さが際立ったと思う。 

単純にcool(あまり好きな表現ではないけれど、しかたない。)だなと思った。
バックを守る二人とnabeのバランスも良かった。



他のバンドも
良かった
町田という場所で観る事の出来る最高のパンク・ロック・イベントだったと思う。

(本文中敬称略しております)

(H)
Comment

oct.16(sun)みなさまへ

2011-10-16 12:14:16 | 
きのう、急にダンナが休みになったので、お店のもろもろをして、
夕方から備品の買い物にでて、いつもの飲み屋で祝杯をあげました。
はあ、とうとう、開いたんだあー、と、胸が熱くなってきて、
いままでのことなど、いろいろ思い出しました。

二十歳くらいから、なんとなく自分のお店を開きたいなあ、と思っていて、
その時は、古着にとても興味があったので、古着屋をやろう、と、
バイトで稼いで、一所懸命に貯金をしたものです。
その頃は、一度静岡の実家に戻り、神奈川にあったHMVまで、
電車2時間毎日通って、休みの日にもコンビ二でバイトもしたり。
わたしの家が遠いのと、電車の本数が少ないことから、
CD店でのシフトを、みんな気遣って早番だけのシフトにしてくれた、
今は無き、お店のスタッフのみなさんに感謝の気持ちを送りたいです。
本当に、ありがとう。
みんなと出会って働く経験がなかったら、自分にとって一番大切なものが音楽であると、
気づかなかったかもしれない。今は天職だと思えるほどです。

結婚してから1年経って、ダンナの仕事の転勤により、
一度も行ったことのない九州、熊本へ。
生活が変わり職も変わり、うまくいかなくなって、
えいやっと飛び込んだ元競合店のわたしを、
こころよく迎えてくれた、タワーレコードのみなさん。
どう思われるのか不安でたまらなかったのに、
まるで前から一緒に働いてるかのように、自然に受け入れてくれ、
本当の友達として、仕事し、遊び、接してくれました。
本当に、ありがとう!
ちゃんと辞めるあいさつもできなかった方もいました。すいません。
熊本時代はわたしの青春であり、第二のふるさとです!(断言)

あの夏バイクで事故をして、今までに味わったことのない頭痛に悩み、
「ああ。わたし、お店をやるっていう夢に、少しも近づけることなく、
 死んでしまうのかもしれない!」
って、絶望したこともあったし、
その後、福岡に引っ越して、からだの調子も崩してしまい、
何にもできなくなった時期も、横浜にきてからも長く続いて、
正直、もう夢は夢で終わるのかもしれないと諦めかけていました。
小さいながらも自分の夢を、からだを張って続けている、
福岡のマスター夫婦、レミ夫婦、赤木さん夫婦!
そんな時、あなた方を思い出すたびに、勇気が湧いてきました。
本当に、ありがとう!
福岡も第二のふるさとです!(断言)

いつも気分よく、おいしいビールを飲ませてくださる、
横浜鶴屋町の某バーのスタッフのみなさん!
京都にいってしまったTくん、バシさん(ビールごちそうさまでした!)
本当に、ありがとう!

グズグズだったわたしを、ぐいっとここまで持ち上げて、
手助けてくださった福岡の、横浜の先生方。
本当に、ありがとう!

あと、本当にいちばん感謝しなければならない人がひとりいるのですが、
恥ずかしいので、きょう家に帰ってきたらありがとうを言おうと思います。

長くなってしまいましたが、夢は始まったばかりです。
みなさんに少しでも喜んでいただける音楽を、文学を、雑学を、遊びを、
提供していきたいなあ、と思っています。
みなさん、これからもどうぞよろしくお願いします!

CLASSICS RECORDS

池田(旧姓 勝又) リサ (R)
Comments (3)

ほんのりと、夢が叶った夜

2011-10-12 10:20:26 | 
いつ位からか店を、レコード店を出したいなんて思ってました。
なぜかお店の名前も漠然とそのころから決めてました。
出会った頃から意気投合していた相方のRに、普段なにかとダメだしをされていましたが
お店の名前は「classics」にすると告げた時
「ああ、いいんじゃないの」って言われたのは個人的にはかなりの自信になってました。

ほんとは30歳で店をだすつもりでした。
でもお金もなければ知識も何より度胸がありませんでした。
35には37には・・・じりじり先延ばししてみたり。

ぼくらが努力したと言うより、今回は時代に助けられた感じが強いです(笑)
あ!Rは相当がんばりました。感謝してます。
半泣きでパソコンと格闘してくれました。(当店の店長はR彼女です)
ぼくはその間洗い物したり
インスタントのラーメン作ったり・・

そして先日2011年10月10日その日がやってきました。
Rとボクの店「CLASSICS RECORDS」のwebショップがオープンいたしました。

まだまだ至らない所ばかりです
アイテムも少ないですが、すこしづつそれらしい感じに
していきます。
この場をおかりいたしまして、いろいろご指導いただいた方々に
お礼を申し上げさせていただきます。

『ありがとうございました。』

よかったら覗いてみてくださいませ!

『CLASSICS RECORDS』です!

(本当の目標は実店舗!R,H)
Comments (3)

晩ご飯の支度 with oct.4

2011-10-04 19:50:16 | 音楽
Tom Waits (PBS Soundstage 1975) [01]. Eggs and Sausage


レコードの音とびチェックをしながら。
恐ろしいほどにかっこいいなあ。
そして、わたしが生まれた年であった。
今じゃお酒も煙草もやらない(確かそうだった気が)健康じいさん。
もうすぐ新譜も出るとのこと。
かっこよさは、まったく変わりないのね。(R)
Comment

ご心配は、ご無用です。

2011-10-01 12:02:01 | 音楽
Whole Love
クリエーター情報なし
Anti

前作からどのくらい?その間に初(単独)来日やフジロックへの参加もあり
インターバルを感じさせないうちにリリース。
こんなにも短い期間でのリリースだとかえって心配になるものですが
その心配は無用のようでした。
まだぜんぜん聴き込んでいません。それに店頭には
ブックレット付きのデラックスエディションとか国内盤とか
並んでいてその全貌すら掴めていないのですが
自身で立ち上げたレーベルからの第一弾という事もあるのでしょう
リラックスした演奏、秀逸な収録曲、アートワーク・・・
どれをとってもワクワクいたします。
以前から言われている事ですが、今のメンバーでの充実感が伺えます。
時々ギターのニルスの個性が出ていないとか
意見を耳にしますが、
それらも雑音でしかないのでしょう、今の彼らには。

正直「A.M.」の様なロックアルバムや「ヤンキー」を越えるようなアルバムは
時代とのリンクもありなかなか難しいのだろうな・・なんて思っていたのですが
最新作はそのどれとも違いつつ
しかしそのどちらもを(やさしく!)包み込んだ感じで
且つ、まったく違うポイント。
前作をしのぐとか延長線にあたるとか、とはちょっと違う
音が、曲が、詰まった
アルバムだと思います。

(H)
Comment