The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瓶詰め

2011-01-27 19:43:15 | まいにち
結局ひとは、ひとの考え方を変えることなんて出きないんだと思う。


たとえそれが、家族であったり恋人であったり、
先生であったり、友人であろうとも。
そのひとがそれまで生きてきた間、積み重ねてきた経験や、
悩みや、生活や、それに対する感じ方。
誰かにアドバイスを受けて、いろいろ考え直してみたりするけれど、
でも、根本的なにんげんのところは、変わらないんだと思う。

ただ、そのひとがそういう時、こういう考え方をする人だな、とか、
それが自分の考えと違ったとしても、
どれだけ自分のことを考えてくれているのだろう、
だからこそ、必死になって声をかけてくれるのだ、そう気づく。
考え方が違っても、いや違うからこそ、一緒にいるのかもしれない。

「こころの平安がほしい」なんてことを、わたしはのたまった。
いったいどれだけ傲慢なんだろうと思う。
いまのこのご時世、こころの平安など持っているひとがどれだけいるか!
たくさんの人びとが、将来のことなど心配の種をいっぱい抱えているというのに。

わたしは感謝しなければいけない。
こうやって、毎日、健康に生活できているのだから。
わたしのまわりで、わたしのことを思ってくれて、
声をかけてくれたり、くだらない話につきあってくれたひとたち。
ほんとうにありがとう。

先週はヒドかったのだ。
で、そんな中、土日で読み切ったのでドツボにはまった。
ベル・ジャー (Modern&Classic)
シルヴィア・プラス
河出書房新社


「女の子版ライ麦」とかなんとか、でも文庫になってないので、
古本で前から探していて、とうとうポチッとなショッピングしてしまった。
ドツボにはまったのは、わたしの体調のせいで、本のせいではない。
ただし、題材は暗いので、元気なときに読むのをおすすめ。
わたしは先生に、話していないことがいっぱいあるなあと気づいた。

「ダメなときには、音楽があるじゃない!」と、
以前ここに書いた、アメリカ人の女の子にメールを送ったのだが、
まったく、自分のことは棚上げだ。
ダメなときには、音楽!(R)
Comment

良い事ではあると思うが。

2011-01-24 13:36:37 | 音楽
最近、探していたり前から気になっていたCDやらレコードを
みつけた時思うのが。
「以前から比べ(相場が)安くなっているな~」と
100円でも安い方がホント良いに決まっているのですが・・
自分の興味のあるジャンルがブームでは無くなって来ているのだなぁ・・なんて
思ってしまったり。
我がままな話でございます。
いやでも高いのは困るので今ぐらいでお願いいたします!
前向きに(?)とるとすれば
自分の目が(耳が)以前より肥えて来ているのかな~とか。
いや、それでも以前血眼になって探していたアルバムに
少ないながら出くわす機会があると
「聴かなくなったヒトが手放したんだろうか」なんていらん憶測(推測?)
しているオイラがいるわけで。
まぁ元々そうやってヒトからヒトへ流れて行くものですしね。

さてそんなこんなで最近手に入れた
CDやレコード。
Diy: Mass Ave Boston Scene
クリエーター情報なし
Rhino / Wea

ずーっと欲しかった1枚。
リアル・キッズがらみで知って探していた
ヒトによっては、こんなのいくらでもあるじゃんとか思われそうですが
新宿や渋谷と違い不毛都市横浜。
なかなか無いんですよ。
しかし(当然と言えば当然ですが)CARSがはいっているのには、びっくりした。
Pezband
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

CDではなくレコードで購入。
以前CD再発された時まぁ買えるでしょうと軽く判断ミスを
おかして以来はや数年。超後回しになっていた1枚!
嬉しくてまだ聴いてません。

まぁでも安いにこした事は無いです。はい。
(反省・・次はちゃんと感想書きます。)

(H)




Comment

読みメモ

2011-01-17 22:31:53 | 
壁 (新潮文庫)
安部 公房
新潮社



アヲサン曰く「安部公房はハードコアパンク」(ダンナ談)
まんざらウソではないなあ、と思った。
「砂の女」くらい、読んでいる気でいたら初めてだった!
少し前のわたしだったら、読めなかっただろう。
今、読んでもぜんぜん古さを感じさせない。


アメリカインディアンの教え (扶桑社文庫)
加藤 諦三
ニッポン放送出版



とてもよい子育て書だなあ、と思ったので、
こんど実家に帰ったときに、妹にあげようと思う。
甥っ子が、素直な男の子に育つように。(R)
Comments (2)

RADIOFUN!zine!!!

2011-01-17 11:02:17 | zine
最近手に入れる事ができたzine。
金沢にお住まいのシノブさんという方が創られた
「RADIOFUN!」zine

元々「RADIOFUN!」なるブログを書かれていて
今回zineを発行された様です。

内容は
(敢えてまどろっこしく書きますが、アメリカン・オブスキュア・パワーポップ)The Action
のインタビュー
「アイルランド・パンク」シーン'77-'82 コラム
などなど。
そこに!The Actionのただでさえレアなシングルに
諸事情によりリリースされなかったシングルを収録したCD-Rが
付録でついています!

詳しくは(CD-Rの経緯など)読んで頂ければわかるのでここには書きませんが
ソレにしても!!

インタビューにしてもアイルランド・パンクの記事にしても
コラムにしても
創られた方の独自な切り口で読み応えがある・・
誰も知らない事だからすごいとかではなく。
今、ボクが知りたい事しか載っていない!って事の方がすごい!

尊敬します。

パソコンはひとつのツールであって
最終的にはアツいヒトの手によってこういうたぐいの情報は発信されるワケで
もちろんそれをキャッチするのにもセンス(勘)が必要なワケで
創れないから(創っていないから)ってのはあんまり
気にしないで
アンテナを磨き続けるってのが大切かと思います。

まだまだ日本いや世界中に
こんな胸おどらされるzineや音楽が
ボクらが気がつくのを待っているのかと思うと・・・・

(H)

Comment

オクラホマの変なおじさんより

2011-01-14 10:14:39 | 音楽
4枚同時に再生しなければ完成しないアルバム、「Zaireeka」
いつか、プレイヤーを集めてやってみたいと思っていたのだが。
Flaming Lips本人たちが、i-phoneでやってくれたので!
しかも、バスタブを使っての音響効果を考えた再生方法、さすがですねー。

Wayne and Steven Demo for Zaireeka Phone


今年も、遊び放題でうらやましいかぎり!
あと10年たっても、こういう大人でありたい(R)
Comment

今年はgooですと。

2011-01-11 16:20:17 | まいにち
きのう、鎌倉へ初詣にいってきた。
三が日も過ぎたし、そんなに人はいないだろう、と思ってたのに、
鎌倉駅は、ひとでごったがえしていた。
そうか、成人式だし、祝日だ。
去年は元旦に来て、八幡宮でだいぶ待たされて、
凍ってしまうほど冷えて帰ってきたので、
今年は、編物の生徒仲間さんおすすめの鎌倉宮にいくことに。

人がぐいぐい吸い込まれていく八幡宮をそれて、どんどん歩く。
この距離が、とてもいい具合にからだをあっためてくれた。
途中には、がらくた屋やら、カフェやら。
30分ぐらい歩いて着いてみると、ほっとするくらいまばらな参拝客。
ほう、いいじゃないか。
さっそくお参りして、お守りなどを買う。
ここでは「身代わりお守り」が有名で、
その生徒さん曰く、「納めにいく時、札にキズが入っていたり」して、
自分の身代わりになってくれるらしい。
なんだか良さそうなので、ふたりとも購入。
でも、けっこう意外な感じ。

ポップだね。
かえるさん、今年は本厄なんでよろしくね。
そのあと引いたおみくじは、ダンナが中吉、 わたしはなんと、大吉。
先週飲み屋で引いたくじも大吉、30%off券だったのに。
幸先いいなあ、でも、本厄だからとりあえず、
今年はふつうに元気で過ごせればいいなあ、と思ったのであった。

そうそう、ベルセバは諦めて、初スーパーチャンクのライヴにいくことに。
去年、行かなかったのをすごく後悔したので。(R)
Comment

アヲサン

2011-01-09 20:20:07 | zine
はじめてあったのは、福岡ボクの部下だったはずが・・・・
次あった時はボクの上司になっていた。
今は香港で仕事してるよ!
随分お世話になった。
少し位お世話した(様な・・・)。

ここだけ(何処だけ)の話
TumblrもTwitterも8tracksもLast FMも
アブラハム・クロスもバットヘッド・サングラスも
なんでもかんでもこの人からこっそり教えてもらった。

細かい事言うと色々違うのですが
"zine"を創りたい!自分発信のメディアを持ちたいって
言うところは一緒で
仕事中は半分くらいが
「コイツらヤバいですよ!」とか「あの店もう行った?」とか
だった気がする。

そんな彼からzineが届いたときの興奮は2010忘れられない出来事のひとつ。

イメージを重ね
世界中からアートや写真を
彼のフィルターを通して
ひとつのzineにまとめやがった!

VAGABOOKS

今彼が何に夢中なのかは「彼のみぞ知る」だけれど
ここから
ぐりぐり進むと彼の
考え方や興味の断片がすこしは判るかも!

次号が出るとかでないとか?
オレもやるよ!

(H)


Comments (2)

あけまして!

2011-01-08 02:32:28 | 音楽
連名で何か新年のご挨拶を
よろしく的な。方向でお願いしていたのですが・・
昨年(旧年)中は
大変お世話になりました!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Comments (2)