The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

りすうあたま

2010-07-29 17:42:01 | 
エレンの宇宙
羽馬 有紗
技術評論社

このアイテムの詳細を見る



宇宙について書かれた、やさしい本を探していて、
本屋(某Y駅の上にあって、大きくてよく行っていたのに、閉店。涙)で見つけて、
これだったら、簡単に読めそうだし、と思い、
ガラガラで当てた100円商品券をつかって、購入。
しかし、やっぱり宇宙のはなし。
元素記号やら、計算やら、時間の観念やら満載で、
ゆっくり読んで、噛み砕いて、あたまのなかでまわしてみて、
でもまだ、すっきりしないので、また再読する予定。
わたしには、数学はおろか、算数も、
バケガクなんてものは、まったく入る隙がないので、
ムリもないのだけれど。

なぜかというに、
よく、センセとの話で宇宙と人間のつながりの話やら、
たとえば、ヨガの呼吸法であるとか、
割とそういう話が、わたしのまわりをちらほらしているので、
ちっとは知ってみようか、と思った訳だった。
そういうとダンナは、
「昔、ムーに載ってたぞ。オレの方が詳しい」などと言って、
真面目に聞いてくれない。

しかも宇宙だけでなく、編物までも!!理数系なんである。
編物は、あたまのなかで出来上がりの形を想像できたり、
立体図形や、編み目を増やしたり減らしたりの計算能力が必要で、
わたしにとって、まったくのアウェイであった。
うーむ。
何歳になっても勉学は続くんですのう。(R)
Comment

Rock Action!

2010-07-28 01:20:00 | 音楽
久しぶりに
ウォークマン風プレーヤーにテープをぶち込み出勤。
遅番出勤だと外は熱気と熱波がさすがにすごい。
おかげで電車に乗るまでプレーヤーのスイッチをONにするのを忘れていた位だ。

Rock Action

Matador Records

このアイテムの詳細を見る


今日はコレ。

家でも結構な音量で聴いてはいたが
ヘッドホンで聴くとすごい!
今までに聴いた事の無いノイズやギターが・・・
たまらない。

まだ読みやすかった頃(いや、まだボクが着いて行けていた頃)の「After Hours」
#8での特集で興味をもったんだと思う。
音響系といいつつ12'のインナーのオバカな感じや
唯一手元にあったUFOのジャケのepがすごい良くて繰り返し聴いていた頃


(その時のフライヤー)

いつかも書いたかも知れないが
これが又けっこう自慢話で(笑)
奥さんと二人なんだかかっこよさそうだし
ライブあるみたいだから行ってみよう。
なんて渋谷クアトロへ
今でこそヴォーカル曲があるが
そこではすべてインストゥルメンタルだった気がする
鳴っているのか鳴っていないのかなベースのリフレイン
かと、思えばフルヴォリュームでのバンドアンサンブル。
こんな音楽があるのだなあーって
驚いたし感動した
そんな当日券で観た初来日のステージは
ボクの中では今まで観たライブで10本の指に入ると思う
衝撃的かつ感動的なライブだった。

ちょっと長いけどそのUFOのジャケの曲です。
Mogwai - Helicon 1


**************************************

最近では
mogwaiはFujiで観たいよね!
みたいなのが気に食わなかったりして
なんだか遠ざけていた感があったが
当分の間はこのテープで間に合いそうだと思った

(H)





Comment

vinyl sunday-7月18日

2010-07-21 16:56:02 | 音楽
外は熱波!ですが、お元気ですか。
毎年毎年、
「こんなに暑いもんだっけ?」と思うのですが、
やっぱりそんなもんです。
で、
あっという間に8月9月、残暑も通り越し、
今年も終わってゆく‥ あ、行きすぎた。
毎日、なんとなく、過ぎていきます。

さて、先週の一枚から大きく急カーブをして、
熱波をさらに吹かせる、今週の一枚はこれ。
Leon and Mary Lussell/ Wedding Album



ね、アツいでしょう。
文字通りのウェディング・アルバムなわけで、
どの曲も、愛としあわせがあふれているのです。
わたしは昔から、少し暗いLeon Russellの曲がとても好きだったのですが、
(たぶん深夜ラジオで聴いた、「song for you」か何かで、虜になってしまった)
さすがに新婚の夫婦の生み出すハーモニーは、
ハートだらけで、聴いてるこっちまでほわほわしてきて、いいなあという感じ。
1曲目「Rainbow in your eyes」が、また、名曲ですが、
今回は、他の曲でふたりのコンサート映像があったので、それをどうぞ。


最近、あんまり見かけない気もする、仙人と化したLeon(生きてるよね?)
ライヴを観てみたいアーティストのひとりです。(R)
Comment

7.20=39

2010-07-21 15:29:25 | ロモ写真


「さて。
 オイラも今年が30代最後の一年。
 そろそろからだに気をつけて、
 酒の量を減らしたり、ラーメンのスープ残したりしなきゃな。
 嫁の小遣いも、すこし上げたりな」



 なんてことは、言わないだろうな、たぶん。(R)
Comment

夜に聴く音楽 3

2010-07-17 00:27:54 | 音楽
Bcc Session

Matador Records

このアイテムの詳細を見る


疲れている。
それも
もーれつに。

何聴くか選ぶのもおっくうな夜もある。
そんな時聴く事が多いこのアルバム
しかもギターが弾きたくなる。
それもアコギ。

ぼくは演奏するのは大好きだが
決して上手くはない。
でも弾きたくなる。
やっかいなアルバムだしやっかいな男だ。

何を隠そう
テレキャスターを買うのを決めたのは
彼らのライブを観たその夜だ。
まあ隠す事でもないが。

今日はめずらしくボーナスCDとしてついていた
2001年のライブを聴いているよ。
ビートルズのカバーではじまるごきげんなアルバム。
明日もがんばろう
おやすみなさい。

(H)


Comment

vinyl Sunday-7月11日

2010-07-14 18:07:12 | 音楽
わたしのまわりには、7月生まれが多いのですが、
みんな、点々バラバラなところに住んでいるので、
合同誕生会、なんてやつがやれないのが、ちと悔しいです。
きょうは、あのコの誕生日。
あのコって年じゃないけれどもね!おめでとさん!

さて、今週は、ギターポップの名盤、
The Wannadies- Bagsy Meです。




ベルセバもそうだけど、このバンドも毎度毎度、ジャケットがかわいすぎ。
シングル盤も含めて、かわいい女の子ジャケはお部屋のワンポイントにも良し!
いわゆる「スウェーディッシュ・ポップ」の流行った時期よりも、
もっと前から活動していて、
ギターがギュインギュインのバースト・ナンバーが多し。
最近は、あんまりポップすぎてもあれだなあ、なんて
年寄りじみてきたわたしでも、これかかったら踊る(かもしれない)
後に映画「ロミオ+ジュリエット」に曲が使われてから、
この曲がとても流行りました、そうそう。

でも、わたしはこっちの曲のほうが、好みだったりする。

貼付けできないから、YouTubeでご覧下さい
調べてみたら、どうやら解散してたみたいで‥。
そうなると、踊ってしまいたい気分にかられるのでした。残念なー。(R)
Bagsy Me With Extra Track

Sony/Bmg Int'l

このアイテムの詳細を見る
Comments (2)

ヤンソンさん

2010-07-13 09:57:21 | 
ムーミン谷の彗星 (講談社文庫 や 16-2)
トーベ・ヤンソン
講談社

このアイテムの詳細を見る


古本屋で買ってあったのを、さいきんやっと読んだら、
これがムーミンシリーズの第一作目だとわかってびっくり。
スナフキンやスノークのお嬢さんことノンノンとも
このはなしで初めて出会ったりする。
「彗星が来る」ってことで大騒ぎのはずなんだけど、
なんだかみんな、おっとりしてるんだな。さすが。
で、どうやら今度、3Dで映画化されるのは、このはなしみたい。

「ムーミン」が北欧初の3D映画に!主題歌は歌姫ビョーク! - シネマトゥデイ

吹き替え版があるなら、やっぱり岸田今日子にやってもらいたい気がする。(R)

Comments (4)

vinyl Sunday-7月4日

2010-07-08 17:46:59 | 音楽
7月ですね、今年もあと、半分。
なんだか、有意義に過ごせてるのか、ないのか、
毎日なんの自覚もないまま過ぎていきます。
おとなの時間は短いのだ。
興味のあることには、手を出し足を出していかねば。

今週のビニサン(サンダルじゃないよ)は、The Flaming lips/The Soft bulletin




これまた、先週と同じく、人生の一枚でもあります。
ただの田舎の、ちょっと変なサイケデリック・バンドだったこの人たちが、
4枚同時再生でしか聴けない「Zaireeka」に続いて出したこのアルバムで、
もしかしたら、いや、ぜったいにただの変なバンドではなくなったアルバムです。
フィル・スペクターが生み出した、「ウォール・オブ・サウンド」を再現したような、
見事な音のズレ具合は、音なのに?3Dをも感じさせ、
ドラマティックな曲の運びは、まるで映画を観ているような錯覚に陥ってしまう。
その後の彼らの人気は、言うまでもありません。
もう、神がかってさえもいる。(オーバーじゃないよ)

でもやっぱ、ちょっとクレイジーだよね、おじさんたちは!

去年を思い出しちゃって、そしたら来日するっていうんで、
行くことにしました(フフフ)。足をださないとね!
何回観ても、何回も観たくなってしまうんだよなあ!!(R)
詳しくはクリエイティヴマンのページへ
Soft Bulletin

Warner Bros / Wea

このアイテムの詳細を見る
Comments (3)

夜に聴く音楽 2

2010-07-08 00:25:06 | 音楽
気がついた人いますかね?
さっき編集して「1」つけた事。
当初「(出来るだけ)1日1回更新」を目標としていた
このブログも1週間に1度位の更新があたりまえになってしまっているなぁと
やはりちょこちょこ更新した方がよいなと。
ボクが見るブログも更新がマメにされている方が楽しいし
期待しちゃうし。
まあここが期待されているかは、置いといて。

Pearly Gate Musicどうですかね?
アニキのバンドの中心人物が参加している
これも良いです。
Be Yourself: Tribute to Graham Nash's Songs for

Grass Roots Record

このアイテムの詳細を見る


でも今日紹介したいのはこっち
1999年リリースって言うからちょっと昔だね。
当時車に乗っていた僕はテープにおとしたこのアルバム
かけながら
「しゃいにー・しゃいにー・ぴぽもーびーる
らにん・するー・ざ・すかーい」なんてでたらめ英語でうたいながら
一人ドライブしたものです。

Gasoline Age

Merge Records

このアイテムの詳細を見る


幻想なんだけれど、なにかこう人があまり知らない様な音楽を
探すのが好きだった(今も好きだけど)
そんなボクの気分というかいたらん知識にピッタリだったなあ・・。
今聴いても良いアルバム
たくさんのミュージシャンにリスペクトされている
F.M. Cornogのソロプロジェクト
EAST RIVER PIPEの4作目。
じゃこの曲を。

East River Pipe - Shiny, Shiny Pimpmobile


(H)

Comment

夜に聴く音楽 1

2010-07-07 10:55:02 | 音楽
Pearly Gate Music
Fleet Foxesのドラムの弟さん(とからしい)
かっこいい
ボクが急に細身のブラックジーンズ履いたり
Vネックのカットソー着たりしだしても
笑わないでくれるかい?
ボクは影響されやすいんだ。

Pearly Gate Music

Bella Union

このアイテムの詳細を見る


ライブではPAVEMENTのカバーとかやってるみたい。
疲れた夜繰り返し聴いているよ。

(H)
Comment