The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日のできごと

2009-11-23 13:38:42 | 音楽
パソコンで知った
何となく気になっていたアーティストの横浜での、初ワンマン・ライヴ。
インターネットって便利だなって思った。

なので、昨日は仕事も早々に
黄金町の
試聴室その2
前野健太のライヴを観に。





一言で言うと
「良かった」それも凄く!!

さよなら(オレを含めた)たくさんの、誰かの様になりたい連中
本当のオンリーワンとは彼の様なひとを、言うのだろう。

もちろんディランや(個人的には、特に)友部正人などの
先陣達への愛情やオマージュ。も見へ隠れするが。

それでも特筆するべきは、メロディーと彼が選ぶ言葉が本当に良い事。
それらが、たとえひんのない言葉でも、内輪ウケや楽屋オチ、
ポーズのたぐいでない事が、演奏からひしひし伝わって来た。

曲と同時に耳に(頭に)飛び込んでくる歌詞を追う

「ハイヒールの音が この街の夜に歌を唄う
 ぼくはやっぱり
 ひとりでは生きていきたくはないよ

 春がふくらんで 少し笑う」(『三月のブルース』より抜粋)

と唄う。
普通というかボク的には、そうして春になって行くのを、受け入れていくのだろうと
思っていると

「私はまだ それを見てみぬふり」と(受け入れられない自分を)唄う。

そこに、自分の予測していないポイントに着地された事に
正直すごい衝撃と感動を受けた。
してやられたり。
という感じでしょうか。

ライヴ・テープ

年末には、こんな映画も公開されます。
このHPで先の歌詞の曲『三月のブルース』も聴けます。
ぜひ聴いてみてください。

『鴨川』のPVの女の子も最高です。(もちろん曲も)20年前なら恋してました。(笑)

(H)

さみしいだけ

ディウレコード

このアイテムの詳細を見る








Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 観メモ読みメモ | TOP | Vinyl Sunday-11月22日(R) »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (てぃぐはぐ)
2009-11-24 11:16:36
あー僕も行きたかったです。残念。
ライブ良かったんですね。残念。
前野さんの歌って肌触りが優しいから好きです。それと中身の裏腹なところも。
Unknown (H)
2009-11-24 11:47:01
てぃぐはぐさん

そうそう。
なんだか優しいんだよね。
ライヴはアコギ一本のソロでした
良かったよ。

post a comment

Recent Entries | 音楽