The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読みメモ

2010-09-28 15:55:40 | 
家守綺譚 (新潮文庫)
梨木 香歩
新潮社

このアイテムの詳細を見る

図書館で単行本を借りて読んで、
「これは、ぜったい、手元において何度も読みたいなあ」
と思ってから、やっと古本屋で見つけて買ってきた。
解説に書いてある、
「ああ、(手にとって)間違いなかった」という感想と、まさに同感。
ことばの運びといい、物語の流れといい絶妙なここちよさ。
2回目もやはり、満足感幸福感いっぱいである。

悪人正機 (新潮文庫)
吉本 隆明,糸井 重里
新潮社

このアイテムの詳細を見る

最近、すっかり「ほぼ日」を読まなくなってしまった。
PCで文章を読む、という行為が、あんまり合ってないのかもしれない。
いままであった固定概念を、真っ向から否定することができるのは、
戦争中の生活と、それ以後の日本の変わっていく様を、
まじまじと観て、体験してきたひとだからできるのかもしれない。
こういう話をしてくれる、おじいさんがひとりでも近くにいると、
なんだか安心できるのになあ、と思う。(R)


Comment   この記事についてブログを書く
« 目の奥が | TOP | きょうのおしごと »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries |