The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SEAMENS BAR

2012-08-05 00:46:53 | 思い出


実は、生まれてはじめての野球観戦。
テレビで観るより、全てが近く、何事も現場はアツいなあと
改めて思わされた次第。

今日は仕事場の後輩を従え
思いのほか速く終わったこともあり
個人的にいきつけの(と、思っていた)バーに
足を運んだ。



しかし

そこには
なんだか近代的なビルが

「あれ?もう1ブロック先だったかな?」

いや、しかし、自分に狂いはなかった。

そう

なくなっていたのである。

閉店ならまだしも

建物まるごと代わっていたのである

********************************

男には人生で
何回かはじめての体験をする
時があり
細かくは言わないが少なくとも
その
1回がBarという空間なわけで
おませな女ともだちに連れていかれた
雑居ビルの3階にその店はあった。
「SEAMENS BAR」
その名の通り
港町横浜に集うシーメンズ(船乗りさん達)が、寄港した際
息抜きに立ち寄るという店。
そのスタジアムの真横というロケーションのわりに
1歩店に足を踏み入れれば
そこは
異国の地
だった。

その空間に足を踏み入れるだけで
海外の呑み屋に
来たような
あわい
錯覚をおぼえたりする訳で

それ以降
なにかと女の子を口説き落とす際の重要な店になっていた。

****************************

あれから何年たったろう
ひさしぶりに
立ち寄ろうと
思った
その時に
その店は
それこそ
跡形も無くなくなっていた。

さようなら。

ありがとう。

たくさんの思い出とともに。

***************************

と、ここまで書いたものの
実はもう1ブロック先だった様な・・・
また近く確かめに行きたいと思います。

(H)
Comment

夏休み 2日目

2010-08-17 20:08:55 | 思い出
本当は昨日ここまで行くつもりでしたが
たどり着けませんでした。

嬉しい悲鳴
夏休み 2日目です。

前々から江ノ島に行こうってことは決まっていた
ボクはとにかく予定を立てるのが苦手で
その日に思いついた事をその日にこなしたい。
そう思っている男。
しかし今回は話しが違う
あるていど自分の中でも予定を立てつつ
Rにも少し位はちゃんと考えているぜって所を見せないといけない。
おいらが休みの日に適当にぷらぷらする訳ではないからね。

といいつつ
いつもと同じ11時位に起床。

「行くよね?」「行きますとも!」さっさと着替えていざ江ノ島へ!

相鉄線で湘南台駅へ
んで小田急線に乗り換え
スムースに急行が来たりして
夏のマジック!?
周りにはこれから江ノ島に行くであろう女の子達が・・・
いかんいかん!
おいら達はこれから泳ぎに行く訳ではない
夏を満喫しに行くのだ。
でもRに「ビキニとか着けないのか」と投げかけてみたり。





そうこうしてるうちに
目的地「江ノ島」へ。

なんとうちから30分位で着いてしまった!

日差しは強いが風が心地よい
ボクらが目指すは江ノ島!
ビーチからそう遠くない駅前のコンビニには
電車のなかですれ違ったであろう女の子たちが
ビキニスタイルでうろうろ・・・

いかんいかん。
以前一度だけ訪れた事のある「江ノ島」
島を越えて海まで行くべきか?
とりあえず
何か食べようと
ならば(昨日PCでチェックした)「生しらす丼」しかないだろう
どこも軒先には『「しらす丼」あります』の文字が踊る。

山を少し登った所にある小料理屋を選んだ
「しらす丼」と「あじのたたき」を注文
いやいや
旨かった。

新鮮でないと食べられないものが
食べられるっていう事が嬉しい。

食べ終わったあとはがんばって「江島神社」へ



(江島神社からの江ノ島一帯の眺め)

階段をとことこ上がったその先には
こんな素敵な景色が待っていてくれました。

正直出不精なおいらですが
今回はがんばって良かったなあ
そう思います。
こんな夏休みらしい夏休みはホント久しぶりです。

もしみなさんの家の近くにまだ
訪れた事の無い名所があるのなら
ぜひ一度行ってみる事をお勧めいたします。

(H)




Comments (4)

夏休み 1日目

2010-08-16 19:55:01 | 思い出
今日コレを書いている(8/16は)夏休み中日。
まあ取れない訳ではないが、三連休を久しぶりにとった
ただの三連休ではない。
数年かよっていた横浜の支店から異動になった
まああたりまえの話しだけれど
もうあそこには行かなくて良い
そう思うと(あそこで今日も戦っている仲間達には悪いが)とてものんびりした
連休だ。

ちょこちょこここでも話題にしている
横浜駅西口古本市が始まった。
正直開催日程は知らないが
検索ワードの古本市ってのが表示されはじめると
ああ始まったのねって思う
実際そのキーワードで検索すると
このブログがわりと上の方に出てくる
もっとみんな話題にすれば良いのに。
楽しみにしてる人達多いはずです。まあ良い。



(これは以前の会場)

そこは神奈川県下(?)の古本屋さんが集い
平台単位で軒をつらねるシステムで
そのお店まで足を運べなくても
そのお店で買い物が出来るって感じの企画。

平台によってなんとなく個性がある
山登りや富士山についての本を多く扱う店
写真集や美術館のパンフを多く扱う店
それぞれ傾向がある。

なかに音楽系が好きなんだろうなあと思わせる平台があり
今回はそこで「宝島」のバックナンバーが10冊位あった。
実は以前からそれを集めていたのだけれど
最近急に見なくなった。
「スペクテイター」やなんかの影響もあるのかな・・・
おかしいな・・
と、思っていた、今までなら必ず2.3冊はあったから
それが最近はまったく見ない事が数回続いた。

そして今回。
一足さきに会場に行った相方から『「宝島」たくさんあるよ』のメール。
背表紙は焼けてしまっているがあるあるある!
そのうち2冊を購入



これがその中の1冊『フィンガー・ポッピン』の元ネタ。丸ごと1冊ラジオ番組の本
(君にこのセンスが伝わるか心配!)

どうせこんなの買うのはオレだけだから
焦らないよ。
もしもかわれていても逆に嬉しいな。
とても良い本だからさ。

明日もあしを運ぼうと思っているよ。

(H)
Comment

どうもありがとう

2009-07-21 23:59:47 | 思い出
Scrapbook: Uncollected Work: 1990-2004

Drawn & Quarterly Pubns

このアイテムの詳細を見る


たくさんのメッセージありがとうございました。
こんなにたくさんの言葉をいただいたのは、
はじめてかもしれません。

気分いいな。

毎度記事と関係ないんだけど
好きなイラストレーター。

この本はもってる。(H)
Comment

豚カツ屋の社長

2009-06-28 23:16:21 | 思い出
最近、夜中に腹痛で目覚めたりしてます。

もともと身体は頑丈な方でもないせいもあり
今の年齢でこの身体のダルさは適正なのか、
こんなに辛いのは俺だけじゃないのか症候群に冒されております。

親父さんがいたら聞いてみたいところですが
親父さんは、とっくに十数年前、あっちへ逝ってしまっているので
そんなことも聞けず。

それに親父さんは、左官さんで
「若い頃は、モルタル300Kg持ち上げた!」とか
嘘かホントかわからないような自慢話を、よく聞かせられていた。
だから聞けたとしても「甘えるな!」とか「野菜食え」とか
いわれそうだから、聞かなかったろう。

左官といえば、十代のころバイトしていた豚カツ屋の社長さんが
「いまでは左官なんていうとあまり良くは使われないけれど
昔は大工が右官で、壁塗りは左官と言われていたんだよ」
なんて教えてくれた。

オイラはその一言にどれだけ救われたか・・・。

申し訳ない話だが子供にはやはりその大変さやプロフェッショナルな技術が
必要なんてのは、わかりづらく
正直胸を張って親父さんの仕事を口には出来なかったよね。

なんだかしょっぱい三日月の夜になってきた。

豚カツ社長が何か考えてそんな事を行ったとは思えないが
オイラはあんな風になりたいななんて
思いちんたらやっとります。
友部正人 DON\'T THINK TWICE, IT\'S ALRIGHT

(H)
Comments (3)