The Normal Years

普通。普通がいちばん。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

We've Just Moved!

2013-01-22 10:30:37 | classics records
ブログを引っ越ししました。
あたらしいアドレス→The Normal Years
Comment

1/17(木)新着アイテムアップしました

2013-01-18 19:33:48 | classics records
寒い夜、いかがおすごしですか?
昨日、アップした新着アイテムをご紹介!


我らがティーンエイジ・ファンクラブの7インチは、アレックス・チルトン先生の名カヴァー!
Teenage Fanclub-Free Again





当店の看板バンド、ビルト・トゥ・スピルの7インチ。これまた名曲~
Built To Spill - Distopian Dream Girl





もうすぐウィルコのジェフのプロデュースで新作リリースが楽しみな、ロウのLP!
Low - When I Go Deaf





名盤探検隊でおなじみのエリック・ジャスティン・カズのソロ・デビューアルバムもLPで!
Eric Justin Kaz - Tonight The Sky Is About To Cry (1972)



さて。
ここでのブログももう5年?6年?続いているのですが、
もっと音楽のパーツをはりつけることの出来る場所へ、
引っ越しを考えています。
はっきり決まったら、またお知らせしますね!
ここに書いたものも、いろいろ思い入れ多く大切なので、
このままにして、新しい場所へ移ってからも、読めるようにしようと思います。

お店はこちら→Classics Recordsまで
Comment

かいじゅうたちのいるところ

2013-01-16 23:30:15 | 
かれこれ5,6年お世話になっている版元さん
有限会社冨山房さんにお邪魔して来た。
ぼくは何もしらない青二才だったもんで
絵本を専門的に扱っていらっしゃる版元さんなのかな
程度の認識でしかありませんでした。

ところが
以前より熱心にお話させていただいていた
営業の方から
すこしでも
冨山房の事を理解してもらえたら。と
筑摩書房が発行している冊子「ちくま」の2011 No.486を
いただく。
そのP,40からの鹿島茂氏のペンによるコラムで
その印象から何から吹き飛んだのでした。

創業は、なんと明治19年!
その歴史には
日本史に疎い者でも
少しは触れた事があるであろう
武市半平太、岩崎弥太郎、小野義真、大隈重信などが
大なり小なり関わっていることや
「冨山房百科文庫」「フォークナー全集」
そしてセンダックの「かいじゅうたちのいるところ」など
あたりまえながら
ぼくの安易な想像を遥かに越えた
出版社さん。

元々は
恩人への恩返しを兼ね
軍人となり国の将来のために働こうと
故郷をとびだした
後の創業者となる坂本嘉治馬が
その恩師酒井融に
「国のためになりたければ・・・」と命じられたのが
冨山房の前身でもある東洋館という書店で働く事であった。
ここで東洋館創業者小野梓のもと書店員として働き出したのが
そもそものはじまり、との事で
この続きはぜひ先の「ちくま」などで
目を通していただきたい。

それらをこの若造に
にこにこ大切な資料を交えながら、ひもといていただけ
若造なりに
書店にたずさわれて良かったと
この出版社さんにたずさわれて良かったと
改めて、おもえる経験をする、ことが出来ました。

そんな機会をくれた
坂本社長並びに坂本様
ありがとうございました。

又、御伺いさせていただきます!

(H)
Comment

よかんのじかん @下北沢 富士見丘教会

2013-01-15 10:11:52 | ライヴ


まったく、昨日という日は「いちにちまるごと夢」のような日だったので、
雪といっしょにとけてしまわないうちに、文にしよう。


降り積もった雪をかきわけ、かきわけ、
止まったりうごいたりの電車を乗り継いでついた教会は、
ここが下北沢、だなんていわれても信じられないくらいに白く埋もれていた。
じぶんも、集まっているひとたちも、みんな物好きばかりで、
思っていることは、みんなおなじなのを感じながら、ライヴを待っているのだ。


テニスコーツのさやさん率いるうんどら合唱隊は、
つたないながらも、こちらがはにかんでしまうかわいい合唱隊で、
教会の長椅子にすわるわたしたちのまわりを、くるくるとまわりながら、
声のつぶをぽんぽんと、風船みたいにとばしながら歌った。
まさに、この会場でしか聴けない、特別な合唱隊だった。


asunaさんのライヴもはじめてだ。
たったひとり、オルガンのまえにぽつんとすわって、
とんでもない音を出した。
(きょうは教会用のスペシャル・メニューだったのかな?)
いやいや、教会でこんな音、絶対に聴くことができないだろう。
うつくしくて、張り裂けていて、宇宙に届きそうな、壮大なドローン・サウンド。
すわっているのに、わたしは一回、卒倒したきがする。
他の場所ではどんな音を出してくれるのか、ぜひ観にいきたいと思った。


そしてGofishトリオだ。
1曲目からもう、1回目のクライマックスがきた。
おおおおー!おおおおー!3人の音と、声のうず。
圧倒されて、そしてテライさんのはかないうたが始まった。
YouTubeでは観ていたけど、生でトリオを観るのははじめてで、
アコースティックな音なのに、こんなにも静かではげしいとは思わなかった。
テライさんの、言葉と、
稲田さんのコントラバスと、
黒田さんのチェロのハーモニーが、
教会の三角形の天井に、すいこまれていって、
もういちどあたまのうえから、降ってくるよう。
ときにはどしゃぶり、ときにはきょうの雪のように。
asunaさんが加わった「ふたつの月」で、またクライマックスがきて、
雪がぜんぶ、とけちゃうんじゃないかと思った!
(教会の屋根が、ふっとんじゃうんじゃないかとも思った!)


帰りに、初めて入った地元のラーメン屋さんのラーメンがおいしかったこと、
空を見上げたら、もう晴れわたっていて星が満天だったことも、
こんな日に観に行ったわたしたちの気持ちが、特別だったからなのか、
メンバーもやっぱり、こんな日で特別な気持ちだったのか、
それはわからないけど、
きょうという一日が、まるごと忘れられない日になったのだった。
また、観に行ける日がくるといいなあ、と思う。(R)


Comment

新春!割引セール実施中ですよ!

2013-01-03 17:43:15 | classics records
Untitled

あけましておめでとうございます!
本年度も、わたしたち、お店共々よろしくお願いいたします。


さて、本日1月3日(木)から1月6日(日)まで、

中古商品全品10%OFFセール実施中です。

いつも10%で申し訳ないなあと思うんですが、
「みなさんに聴いてもらいたい」思いがありまして、
もともとの値段を、割とおさえて出しています。
(そうでもない?それは大変なんだけど!)
今日「お年玉アイテム」として出した商品ももちろん、含みますよ!
ずうっと下の方まで見てみると、意外とレアなものもあったりするので、
お餅にあきたら、テレビにあきたら、ぜひご覧下さい。


それでは今日アップしたものからいくつかご紹介。

初期のトラッシュ・キャン・シナトラズの名曲!このギターね。
The Trash Can Sinatras - Only Tongue Can Tell





去年の来日(行けずじまい涙)も記憶に新しい彼らのこれまた初期作!
The Frank & Walters - Indian Ocean





現Liquid Screen、めちゃかっこいいバンドでしたですねー。
Radio Shanghai- 2-Dimentional Girl



そしてこれも目玉かな?我らがワナダイズの名盤アナログで!
The Wannadies - Might Be Stars 1st



他にも、ファイヤーキングのマグカップや雑誌本ももちろん割引中!
ぜひのぞきにきてね。お店はこちら→Classics Records
Comment