土花吉&与太吉

「土」に咲く「花」は「吉」を呼び寄せます。/DUCATI&ヨタ8&SR&TW&リトルカブ・・・そしてチンク

ドカ日和

2014-10-31 | 【DUCATI】

この季節、平日の夕方に少しの時間、ドカに跨るのは昔からの癖。

丁度、日中の温もりから段々と気温が下がって行くのがバイクジャケットを突き抜け肌で感じることが出来る。 

この日も夕刻の小一時間ほど、燃料補給の序でと称して半島を走る。

市街内から、あっと言う間に到着は「常宮神社」拝殿舞台前。 

ここの石積は綺麗で、昔の写真を観るとバイクが停めてあるところまで砂浜であったところ。

「当時はさぞ綺麗だったんだろうなぁ~」っと、湾の方を観るとテトラの遥か向こうには色んな

構築物が見え、現実に引き戻される・・・。

この場を離れ、もう少し半島を進み日が落ちかけて来たので、ここでUターン。

「水島」。。。

もう何年も渡ってない・・・。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

 

鐡道写真展/14歳「少年PENの蒸気の風景」

開催日時:2014・11・16日(日)10:00~21:00
場所:敦賀駅交流施設「オルパーク」 2F

コメント

挽回

2014-10-30 | 【昭和】

前回の「やる気ダメ出し」で一旦「やる気スイッチ」をオフるも、このままじゃ~土花吉の名が廃るってもんで。。。

「やる気スイッチ」を再び、今度は力強くオ~ン!ですよ。

先ずは「ウェービングテープ」の見直し。今度はアイロンで三つ折りにして使用。

なるほど、織の方向性。よ~く観察すると縦方向(引っ張り力が掛かる方向)は麻紐2本で

横紐は1本で編んであることが分る。

一旦、失敗作の「ウェービングテープ」を外し再度、張り直す。

手で押さえても以前とは全然違う。そして、この先も一気に進める。

麻を1枚その上へ載せて張り込んでゆく。ここで拘るは今時のタッカーなどでは留めず以前、

解体の折にとって置いた広頭の鉄釘を再利用する。

張り終わったら今度は「土手」造り。

これも、とって置いた藁を再利用し成形してゆくことに。

丁度、巻き寿司のように先ほど張った麻を折り返し巻いて、釘で留めてゆく。

そして、4辺の土手が完成。

大分、椅子らしくなって来ましたねぃ♪

この日はここまで。。。

後は藁(これも、とってあるヤツ)を載せてウレタンスポンジで成形し表皮を張る段取り。

表皮は何にしょうか・・・。(ここはクラシカルな「モケツト」が第一候補ですかねぃ・・・)

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

 

鐡道写真展/14歳「少年PENの蒸気の風景」

開催日時:2014・11・16日(日)10:00~21:00
場所:敦賀駅交流施設「オルパーク」 2F

コメント (2)

一段落

2014-10-29 | 【土花亭】

この場では何やら遊んでばかりいるような印象を与えておりますが、これでも本業の方も

ちゃ~んと熟しております。

9月一日から始まった工期も制限があった「海辺の宿」の改装現場。

クライアントのご協力を初め施工者の的確な現場の進行の元、何とか検査日に間に合い竣工。

未だ備品類は運び込まれていませんが、クライアントの拘りと一貫したコンセプトの成果のご紹介です。

画面左手には「海辺の宿」の名の通り海が一望できる、「海辺の船小屋」がコンセプトの空間。

そして、こちらは「欧亜国際列車」が走っていた頃、「東洋の波止場」といわれた地元TRG。

「レトロな鉄道寝台客車」がコンセプトの空間。

海の幸も賑わう11月一日よりリニューアルオープンとなります。 

お問い合わせは「海辺の宿 長兵衛」:http://choubei.jp/

 

鐡道写真展/14歳「少年PENの蒸気の風景」

開催日時:2014・11・16日(日)10:00~21:00
場所:敦賀駅交流施設「オルパーク」 2F

コメント (2)

やる気ダメ出し

2014-10-28 | 【昭和】

いつのことか、大分前に「とりあえず裸」で書いた「可哀想な椅子」。

そのままガレージの2階へ放置の状態が続いてのですが、何とか修復に必要な材料が揃う。

案外、麻紐はホームセンターで揃えることが出来たのですが、やはり難しかったのは「麻の帯(ウェービングテープ)」。

伝統的な家具の修理を行うようなお店であれば持っているのでしょうけど、そんな家具修理屋も知らず

この際、代替品で修復することに・・・。要は麻袋。

よく海外から珈琲豆などを輸入したりする時の麻袋。しかし、それにはスタンプ等も押してあり

最近のモノは昔より薄くなったような印象だったので保留状態。

そんな時、とある所でほぼ新品の麻袋を見付ける。

痛みもなく厚さも申し分ない厚さで強度もありそう。オマケにスタンプの跡もない無地。

これを帯状に切り、ウェービングテープとしてスプリングを受けることに。

さぁ~、とりあえず椅子修理の第一段階の材料が揃ったところで後は?・・・。

「やる気」。。。そろそろ「やる気スイッチ」を入れますか。。。

 

ってことで数日後、「スイッチオン」でやる気稼働。

ウェービングテープを張り、その上へスプリングを載せ麻紐で修正を掛けながら結っていく。

「ん・・・」中々の手間の掛かる作業ではあるものの、それらしくなって来て嬉しい♪

この段階で、この上に麻袋を被せ試しに座ってみることに。 

土花吉よりは当然、体重が軽い土花吉の妻を呼び付け座らせる。

 

土花吉の妻:「んっ?・・・」「沈み過ぎるような・・・」

土花吉:「えっ?」ど~れぃっで、土花吉も座ってみる・・・。「あれっ?便座に尻が落ちてるやん」

 

ここで、土花吉の妻のチェックが入り「あっ!これはアカンわ。麻布の使い方が逆やもん」

土花吉:「えぇ----!」

土花吉の妻:「織物には方向性があるんよ」「こっちに引っ張ると弱いけど、こっちに引っ張ると強いやろ」

「こっち方向に力が掛かるようにせな麻布は伸びてしまうんよ」

 

「ダメ出し」です・・・。久しぶりのダメ出しで、敢無く撃沈の土花吉。

 

これで、「やる気スイッチ」もオフへ・・・。


ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

 

鐡道写真展/14歳「少年PENの蒸気の風景」

開催日時:2014・11・16日(日)10:00~21:00
場所:敦賀駅交流施設「オルパーク」 2F

コメント

気薄な地元敦賀市

2014-10-27 | 【土花亭】

先日、地元市役所へ仕事で訪れた折、莫大な税を投入し、価値があるのかどうかも疑問な

建物を改修し、その中に大そうな鉄道ジオラマを大金叩いて作るそのジオラマの

リサイズ版(実際にはHOゲージらしい)がロビーに展示してあり、それを観た土花吉は愕然・・・。

時代錯誤も甚だしいレイアウト、再現出来ていない県内初のRC造の扇形機関庫

(実物は既に解体)等全く、理解に苦しみ観る者が観れば間違いだらけの、いずれ

全国に恥をさらすことになるであろうジオラマに気を落とす。

丁度、「ご意見箱」のようなものが設置してあったため、土花吉なりに意見を書き

当然、匿名や空欄などではなく実名、連絡先も記載して投函。(多分、返事はないであろう・・・)

 

そして一旦、仕事の用を済まし、序に庁舎1階ロビーのサービスカウンターへ。

市民に掲示されているパンフレットの片隅にでも「鉄道写真展」の案内ポストカードを置かせて

欲しい旨願い出る。

すると、契約管理課と話をして許可をとって欲しいとのことで、4階の契約管理課へ。

カウンター越しに身分を明かすため仕事用の名刺と共に、置かせて欲しい「案内ポストカード」を

1枚手渡し、写真展の主旨説明と営利目的ではないこと、地元鉄道文化への寄与が目的で

あること等を言い伝える。

すると奥から多分、課長補佐クラスの人間が出て来て「個人的なモノはお断りしております」との返事。

「あっ、そうですか。分りました」と素直に?引き下がる土花吉。

 

(へぇ~、いつもの土花吉じゃないやん?いつもだと、とことん行くのに・・・)

 

いえいえ、呆れているのです・・・。

先ほどの「ご意見箱」に投函した所定の用紙。

ご意見欄の次に匿名空欄でも可の名前連絡先欄、そしてその下にはご協力のお願いと称し

「古い鉄道写真等がもしございましたらご提供お願いします」みたいなコメント。

 

これっておかしいですよねっ・・・。

市民(個人)にはお願いしておきながら、その市民が古い「鉄道写真展」の案内すら出来ない。

ただの「写真展」ではなく「鉄道」写真展なのです。

何故か今頃になって、あなた方が「鉄道!鉄道」と急に言い出したその「鉄道写真展」なのです。

兎に角、何をやってもダメな地元敦賀市。

自ら歴史や文化を放りだし、原発ひとつで生きて来たここ半世紀。

一旦、育てることを放棄したものを、自身の勝手でまた育てようとすることは至難の業。

放り去られた歴史や文化は着いて来てはくれません。

今ここにあるのは、先人が育ててくれた歴史や文化のお蔭なのです。

「鉄道!鉄道」と言うならば、もっと鉄道の勉強をして下さい。

明治後期~昭和初期の鉄道ジオラマに何故「鳩原ループ線」が存在するのですか?・・・。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

 

鐡道写真展/14歳「少年PENの蒸気の風景」

開催日時:2014・11・16日(日)10:00~21:00
場所:敦賀駅交流施設「オルパーク」 2F

コメント (10)

motoGP第17戦マレーシアGP・決勝結果

2014-10-26 | 【motoGP】

気温、路面温度共にぐんぐん上昇。決勝レースは予想通りのタイヤとの戦いに転ずる。

珍しくロケットスタートを決めたペドロサ。しかし、どうも最近は変な癖がついたようで敢無く転倒。

再スタートを切るも又もやの転倒でレースから去る。

暫くロレンソ、ロッシ、マルケスと隊列を組んだトップ集団もやがてロレンソが脱落。

代ったロッシもやがて脱落し、いつものこの後姿を追う展開へ。

残り数ラップで必ずロッシが仕掛けるものと期待を抱き観戦するも、やがて離されてゆく。

ここで今日のレースは終了。

やはりBSはヤマハには厳しいんですかねぃ・・・。

ところで、FPから予選と散々だったロッシ。しかし、決勝となるとちゃんとまとめて来るのは流石なのかも。

では決勝結果。。。

1. Marc Marquez ESP Repsol Honda Team (RC213V) 40m 45.523s
2. Valentino Rossi ITA Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 40m 47.968s
3. Jorge Lorenzo ESP Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 40m 49.031s
4. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 41m 6.757s
5. Bradley Smith GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 41m 7.806s
6. Pol Espargaro ESP Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1)* 41m 20.191s
7. Yonny Hernandez COL Pramac Racing (Desmosedici) 41m 23.958s
8. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (Desmosedici) 41m 34.362s
9. Hector Barbera ESP Avintia Racing (Desmosedici) 41m 36.315s
10. Scott Redding GBR Go&Fun Honda Gresini (RCV1000R)* 41m 44.611s
11. Hiroshi Aoyama JPN Drive M7 Aspar (RCV1000R) 42m 1.472s
12. Michael Laverty GBR Paul Bird Motorsport (PBM-ART) 42m 3.489s
13. Mike Di Meglio FRA Avintia Racing (Avintia)* 42m 13.296s
14. Broc Parkes AUS Paul Bird Motorsport (PBM-ART)* 42m 29.767s
Alex De Angelis RSM NGM Forward Racing (Forward Yamaha) DNF
Danilo Petrucci ITA IodaRacing Project (ART) DNF
Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team (RC213V) DNF
Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (RCV1000R) DNF
Nicky Hayden USA Drive M7 Aspar (RCV1000R) DNF
Cal Crutchlow GBR Ducati Team (Desmosedici) DNF
Aleix Espargaro ESP NGM Forward Racing (Forward Yamaha) DNF
Alvaro Bautista ESP Go&Fun Honda Gresini (RC213V) DNF

 

尚、次戦最終戦バレンシアGPは11月9日(日)が決勝です。 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント

motoGP第17戦マレーシアGP・予選結果

2014-10-25 | 【motoGP】

前戦オーストラリアGPというかメルボルンに着いた時点でイベントを始めレースでも散々だったダニ。

しかし、ここマレーシアに来てFPでは何とか名誉挽回の総合1番時計。

一方、そのオーストラリアでダニに追突してペナルティを課せられたイアンノーネ。

マレーシアに来て今度はマルケスを転倒させ自らも怪我を負い欠場・・・。

そして、転倒させられたマルケス。予選では2分を切るレコードタイムを出し、尚且つ新記録となるシーズン13回目のPP。

では予選結果。。。

Q2:
1. Marc Marquez ESP Repsol Honda Team (RC213V) 1m 59.791s [Lap 5/6] 327km/h (Top Speed)
2. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team (RC213V) 1m 59.973s +0.182s [7/7] 329km/h
3. Jorge Lorenzo ESP Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 2m 0.203s +0.412s [6/6] 325km/h
4. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 2m 0.472s +0.681s [5/6] 328km/h
5. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (Desmosedici) 2m 0.703s +0.912s [6/6] 327km/h
6. Valentino Rossi ITA Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 2m 0.740s +0.949s [6/7] 322km/h
7. Aleix Espargaro ESP NGM Forward Racing (Forward Yamaha) 2m 0.801s +1.010s [6/6] 315km/h
8. Cal Crutchlow GBR Ducati Team (Desmosedici) 2m 1.119s +1.328s [6/7] 326km/h
9. Bradley Smith GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 2m 1.263s +1.472s [3/8] 325km/h
10. Alvaro Bautista ESP Go&Fun Honda Gresini (RC213V) 2m 2.294s +2.503s [2/6] 323km/h
11. Hiroshi Aoyama JPN Drive M7 Aspar (RCV1000R) 2m 10.568s +10.777s [3/4] 313km/h
Pol Espargaro ESP Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1)* No Time

Q1:
13. Yonny Hernandez COL Pramac Racing (Desmosedici) 2m 2.184s
14. Nicky Hayden USA Drive M7 Aspar (RCV1000R) 2m 2.330s
15. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (RCV1000R) 2m 2.548s
16. Hector Barbera ESP Avintia Racing (Desmosedici) 2m 2.682s
17. Scott Redding GBR Go&Fun Honda Gresini (RCV1000R)* 2m 2.874s
18. Alex De Angelis RSM NGM Forward Racing (Forward Yamaha) 2m 3.165s
19. Danilo Petrucci ITA IodaRacing Project (ART) 2m 3.874s
20. Michael Laverty GBR Paul Bird Motorsport (PBM-ART) 2m 4.539s
21. Mike Di Meglio FRA Avintia Racing (Avintia)* 2m 4.784s
22. Broc Parkes AUS Paul Bird Motorsport (PBM-ART)* 2m 5.208s
Andrea Iannone ITA Pramac Racing (Desmosedici) No Time

 

尚、決勝の模様はG+で明日26日(日)13:45~18:30生放送予定です。

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント (2)

今年の柿は

2014-10-24 | 【土花亭】

どうも不作なようで毎年、恵み頂く渋柿の木の実の数が少ない。

オマケに未だ青い段階で落ちてしまうようで、何やら自然がオカシイ・・・。

最近、ちょくちょく土花亭のあるこの辺りにも猿が出没するようにもなって来たし・・・。

まぁ~多分、原因は人間以外は考えられなく、私たちが悪いんでしょう。

そして、何とか10ケぐらいの渋柿を収穫し毎年恒例、吊るし柿作業。 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

 

鐡道写真展/14歳「少年PENの蒸気の風景」

開催日時:2014・11・16日(日)10:00~21:00
場所:敦賀駅交流施設「オルパーク」 2F

コメント

40年前の自分へのご褒美

2014-10-23 | 【土花吉】

先日、この場の「個展準備」でも書きましたが、この度、私が今から40年ほど前に

オリペン片手に鉄道写真を撮っていた頃の写真の「写真展」を開催することに。

 

実は地元は「鉄道のまち」という割には鉄道文化の浸透は薄く、鉄道関連の遺構遺産も

どんどん失われ既に手遅れの感も・・・。

そんな、地元鉄道文化に微力ながらも寄与出来ればと、40年ほど前の私「少年PEN」に

登場してもらうことに。。。

 

な~んて言いつつも、実際は「40年前の自分へのご褒美」のつもりだったり・・・。 

以後、開催日までの暫くは、記事の末尾に告知させて頂くこと御見苦しいかとは存じますが

ご了承ください。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント (4)

冷蔵庫のない生活

2014-10-22 | 【土花亭】

先日まで「冷蔵庫のない生活」をしてまして。。。

タイミング悪く、食材を買い込んだ明くる日の夜に突然コンプレーッサーが止まる。

慌てて通風孔や気になるところを掃除し、外せるものは外してチェック。

電源の抜き差しで一旦、息を吹き返すも直ぐに沈黙・・・。

「こりゃダメだわ・・・」 傍らで嘆く土花吉の妻「食材が・・・」

代りの冷蔵庫なんて持ってないし・・・。以前、一時期あった木製の「氷冷蔵庫」も譲ってしまったし・・・。

また、タイミングが悪く壊れた夜の次の日は一日行商のため、家電屋へ注文をしたのが

行商から帰還後の閉店間際の夜。

そのため、発注は明くる日となり配達設置はその次の日・・・。

全滅した冷凍モノを尻目に、仕方なくも物置からクーラーボックスを捜し出し、中に氷を入れて

冷蔵モノのみ凌ぐことに。

しかし、冷蔵庫がないとこうも不便とは・・・。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント (6)

夕暮れ秋桜と黄色い例の?

2014-10-21 | 【土花亭】

先日の裏稼業(行商)で訪れた近江八幡からの帰路の途中、八日市ICまでの道のりで

幸運にも広大なコスモス畑を見付ける。

行商で疲れた体にも少し癒される空間・・・。

夕暮れ時、少し強めの風に揺られ夕焼けに照らされる花弁はまるで蝶が舞う姿のようで綺麗。

このコスモス畑の向こうには東海道新幹線。

コスモス畑の上を走る新幹線を一度、試撮してみるも手持ちのレンズでは構図が上手くゆかないことが分り

諦めかけてたその時っ!。。。妻が叫ぶ「イエロー!イエロー!」

まさか、「秘密戦隊ゴレンジャー」や「ももクロ」のことではないことは、カメラを構えていた土花吉は即座に理解

そして瞬時に反応。

そんな、構図も何も関係なし、55mmレンズで1ショット撮った写真がコチラ ↓ 

東海道新幹線開業50周年。今まで一度もお目にかかったことが無かった「ドクター・イエロー」。

「ドクターイエローを見たら何だっけ?・・・」

 

「九蓮宝燈を上がると確か死ぬだし・・・」

 

「あっ!ドクターイエローを見ると幸せになるとか願いが叶うとか・・・」

 

確かそんな感じだったような。。。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント (4)

投げやりな竹やり

2014-10-20 | 【FIAT500】

最近でもたまに見かけますか「竹やり」みたいなもの突き出して、オマケに「出っ歯」で

あ~たのカーライフ、「投げやりね」なシト。(あっ!バイクでも見かけますか・・・)

そんな、決して同類とは見ないでくださいのチンク。

仕事でお付き合いのある建築板金屋さんのところに雨樋を取に行く。

「30センチほどの余り物で良いので、この辺りでは入手出来ないタキ〇ン製の雨樋ある?」

「あるある♪ 余り物だけど倉庫の前に出して置くので勝手に引き上げて行って♪」の返事。

「有って良かったタキ〇ン♪」(ホームセンターはもちろんのこと地元の問屋にもなくて困っていた・・・)

早速、指定の倉庫の前に行くと2メートル近くの「竹やり」・・・いやっ?雨樋。

その場で切ることも出来ず、仕方なく「有って良かったサンルーフ」を開け、そこから突き出して積み込む。

恥ずかしいので早く帰還したいところ、こういう時に限って尿意・・・。

オマケに駐車場で何処かのおっチャンに車のことで長々と話し掛けられるっし・・・。

昔、雑誌か何かでチンクの助手席にプレゼント用の観葉植物(ベンジャミンだったか)にリボンを付けて

駐車場に停めてある可愛いい画を見た記憶があるけど、それとは全く違う「竹やり」・・・いやっ?雨樋。

そそくさと長話にピリオドを打ち、ダッシュで帰還。

そして、雨樋の補修作業。。。

この程度の長さで十分足りたのに・・・。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント (6)

motoGP第16戦オーストラリアGP・決勝結果

2014-10-19 | 【motoGP】

それぞれがタイヤに疑念を持ちつつもフィリップアイランドのスタートは切られる。

スタートで縺れ、ホルヘとマルケスのバトルがいきなり始まるも、隊列が出来てしまえば

相変わらず先頭はマルケス。

それより2番手争いは見もの。久々にチームメイト同士のバトルを楽しませてもらう。

そうこうしている内にマルケスは独走態勢。2位と4秒以上も差をつけ今日も?

っと、思った瞬間、いきなりフロントが切れ込み転倒。

その後、同じような転倒の仕方を上位を走るエスパルガロと最終ラップ2位で走るクラッチローにも起きる。

そんな、サバイバルレースを制したのはGP250戦目のロッシ。

スペイン国歌を聞き飽きた感の表彰台に流れるイタリア国歌は心が弾む。

では決勝結果。。。

1. Valentino Rossi ITA Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 40m 46.405s
2. Jorge Lorenzo ESP Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 40m 57.241s
3. Bradley Smith GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 40m 58.699s
4. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (Desmosedici) 41m 1.298s
5. Hector Barbera ESP Avintia Racing (Desmosedici) 41m 16.494s
6. Alvaro Bautista ESP Go&Fun Honda Gresini (RC213V) 41m 16.559s
7. Scott Redding GBR Go&Fun Honda Gresini (RCV1000R)* 41m 16.563s
8. Hiroshi Aoyama JPN Drive M7 Aspar (RCV1000R) 41m 19.571s
9. Alex De Angelis RSM NGM Forward Racing (Forward Yamaha) 41m 19.982s
10. Nicky Hayden USA Drive M7 Aspar (RCV1000R) 41m 20.549s
11. Yonny Hernandez COL Pramac Racing (Desmosedici) 41m 25.873s
12. Danilo Petrucci ITA IodaRacing Project (ART) 41m 43.089s
13. Michael Laverty GBR Paul Bird Motorsport (PBM-ART) 41m 59.218s
14. Mike Di Meglio FRA Avintia Racing (Avintia)* 42m 14.455s
Cal Crutchlow GBR Ducati Team (Desmosedici) DNF
Pol Espargaro ESP Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1)* DNF
Aleix Espargaro ESP NGM Forward Racing (Forward Yamaha) DNF
Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) DNF
Marc Marquez ESP Repsol Honda Team (RC213V) DNF
Broc Parkes AUS Paul Bird Motorsport (PBM-ART)* DNF
Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team (RC213V) DNF
Andrea Iannone ITA Pramac Racing (Desmosedici) DNF
Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (RCV1000R) DNF

 

尚、次戦マレーシアGPは10月26日(日)が決勝です。 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント

motoGP第16戦オーストラリアGP・予選結果

2014-10-18 | 【motoGP】

チャンピオンシップも決まり、後はランキング2位争いが熾烈ですが実は残りの使用エンジン数も熾烈。

ホンダやヤマハは年間5基までの使用制限でほぼ使い果たしている模様。

一方のドゥカティは何ちゃらルールで年間12基。それに改良開発もOK。

ドビは残り3基。

イアンノーネは結構使いまくって残り1基。

そんなエンジンを酷使し尚且つ残り数も気になりながらオマケにタイヤについて色々悩む

予選結果。。。

Q2:
1. Marc Marquez ESP Repsol Honda Team (RC213V) 1m 28.408s [Lap 6/8] 346km/h (Top Speed)
2. Cal Crutchlow GBR Ducati Team (Desmosedici) 1m 28.642s +0.234s [6/8] 346km/h
3. Jorge Lorenzo ESP Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 1m 28.650s +0.242s [6/8] 342km/h
4. Bradley Smith GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 28.656s +0.248s [8/9] 341km/h
5. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team (RC213V) 1m 28.675s +0.267s [3/8] 335km/h
6. Aleix Espargaro ESP NGM Forward Racing (Forward Yamaha) 1m 28.866s +0.458s [6/9] 338km/h
7. Andrea Iannone ITA Pramac Racing (Desmosedici) 1m 28.887s +0.479s [2/6] 343km/h
8. Valentino Rossi ITA Movistar Yamaha MotoGP (YZR-M1) 1m 28.956s +0.548s [3/8] 344km/h
9. Pol Espargaro ESP Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1)* 1m 28.968s +0.560s [6/8] 340km/h
10. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (Desmosedici) 1m 29.088s +0.680s [5/6] 344km/h
11. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 1m 29.155s +0.747s [6/8] 341km/h
12. Hiroshi Aoyama JPN Drive M7 Aspar (RCV1000R) 1m 29.955s +1.547s [3/3] 333km/h

Q1:
13. Scott Redding GBR Go&Fun Honda Gresini (RCV1000R)* 1m 30.280s
14. Hector Barbera ESP Avintia Racing (Desmosedici) 1m 30.348s
15. Nicky Hayden USA Drive M7 Aspar (RCV1000R) 1m 30.542s
16. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (RCV1000R) 1m 30.569s
17. Alvaro Bautista ESP Go&Fun Honda Gresini (RC213V) 1m 30.635s
18. Yonny Hernandez COL Pramac Racing (Desmosedici) 1m 30.729s
19. Danilo Petrucci ITA IodaRacing Project (ART) 1m 30.812s
20. Mike Di Meglio FRA Avintia Racing (Avintia)* 1m 31.431s
21. Michael Laverty GBR Paul Bird Motorsport (PBM-ART) 1m 31.492s
22. Broc Parkes AUS Paul Bird Motorsport (PBM-ART)* 1m 31.730s
23. Alex De Angelis RSM NGM Forward Racing (Forward Yamaha) 1m 32.595s

 

尚、決勝の模様はG+で明日19日(日)10:45~15:30生放送予定です。

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

古本屋?

2014-10-17 | 【土花亭】

知り合いの4輪&2輪の元エンスーさんから古本の処分依頼。

以前はコスモスポーツにドカ、その後体を壊しドカを降り今度は何故かホンダ党になり

仕事の軽トラはもちろんのことカブも持ち、NSXにS2000とホンダ党まっしぐらの生活も

全て車は処分し、車庫代わりの倉庫兼作業所も近々に解体とのこと。

「まぁ~、ほとんどがゴミだし欲しい本以外は処分してくれ」とのこと。。。

抜け殻の車庫に取り残された古いダンボール箱7箱をサンバーに積み込み、ガレージ前で

夕暮れ時の選別作業。

正直、9割方はゴミ・・・。廃品回収用は紐で括り積み上げる。

今では貴重な本のみを保管する。

そして、たまにこんな本が出てきたりすると何故か保管対象へ。(笑)

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント (2)