土花吉&与太吉

「土」に咲く「花」は「吉」を呼び寄せます。/DUCATI&ヨタ8&SR&TW&リトルカブ・・・そしてチンク

村国のCOLOでおひるごはん

2013-07-31 | 【土花亭】

越前市の日野川沿い、村国山のふもとに位置する村国地区。

細い路地を入り、キウイの実が成る駐車場に停め、訪れるは「COLO」。

ここは以前、土花吉の妻がバイクでひとりぷらぁ~っと訪れたことがあるcafeらしく、

以前から「土花吉も」ということで今回は「おひるごはん」に訪れる。

右手の数奇屋造りの草庵と左手の土蔵の間が入り口の情緒がある建物。

駐車場から一旦、道へ出てアプローチ。

ここは土蔵部分のスペースで中々の雰囲気。

でも、右手の草庵が気になったため、お店の人に聞いてみると、そこでも頂けるということで

一旦、外に出て別の入り口から庵へ入る。

中は四畳半の茶室。各所に数奇屋建築の独特な技法がうかがえ、観てるだけで楽しい。

そして注文するは「今日のおひるごはん:¥880-」

豆腐のステーキに野菜のあんかけ、そしてささげのしょうがじょうゆ和えに雑穀ごはんに一口西瓜。

それに、おばんざいとお味噌汁。

面白いのが初めて食す「食用ホウズキ」と「食用のオクラの花弁」

オクラの花弁はサラダ感覚で普通なのですが、ホウズキの実のフル~ティ♪さにはビックリ。

(後で土花吉の妻はこの食用ホウズキをお土産に頂いたようで後日、土花亭の食卓にも並ぶかも?笑)

そして、おばんざいの切干大根が久しぶりで美味しく感じる。

大満足の「おひるごはん」。是非々、お勧めですよ♪。

そんな「COLO」がある、ここ村国地区には情緒がある建物が残っている地区で、何故か
庵(茶室)が点在している。(私が知ってるだけでも4棟)

食後の散歩で、少し歩いただけでも古い日本建築様式の建物を観ることが出来る。

また、その全てが手入れが行き届いているこが驚きでもある。

あまり公開はしたくなかったのですが以前、晩秋の頃に訪れた「路地裏色」も、実はこの辺りなのです。

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

水中モバイルフォン

2013-07-29 | 【土花亭】

夜中から降り続く雨で今日は一日中雨ですかねぃ・・・。

 

ところで、三日連続の「花」記事ですが。。。

先日の醒ヶ井の夜の梅花藻に飽き足らず、県内の水中多年草を観に、昨年の夏にも訪れた

治左川の梅花藻へ。。。

繁殖率は例の「おいチャン」の努力のせいか正直、今年の醒ヶ井よりも勝っている。

そして、綺麗さに見とれ思わず接写しようと屈んだ丁度、この写真を撮った瞬間・・・。

胸ポケットから清水に引きずり込まれるように、チャポンと音をたて沈んでゆく「水中モバイルフォン」・・・。

冷たくて気持ち良い清水に腕を沈ませすくい上げ、ハンカチで拭き水切りの後、帰りの車のダッシュボード上で
自然乾燥中の今時の「二宮尊徳像」にはならない4年落ちの水没携帯電話。

とうとう、あまり必要でもない白金カイロ型携帯端末にいよいよ切り替えかっ?

(二宮尊徳像にはなりたくもないし、ならないけど・・・)

っと思っていたところ、家に着く頃には奇跡的に元気に復活!

お守りのコムサ福助のお陰ですかねぃ。。。(笑)

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

夜間飛行で花火見物

2013-07-28 | 【TW200(2JL)初期型】

日中の暑さも夜になれば幾分和らぐということで、早目の夕ご飯を済ませた後の午後7時過ぎ離陸。

青Tでのタンデム夜間飛行の着地点は30キロ先の南越前町は甲楽城海水浴場の「河野夏まつり」会場。

河野しおかぜラインから越前海岸道路を走り、着陸。

こういう海辺の花火会場は二輪タンデムに限る。駐車場に入れることもなく適当な所に駐輪。
(当然、ヒトの迷惑になる所や私有地は厳禁ですが)

着陸後、直ぐさま始まる海上花火。

ここの花火はとにかく近い。。。(って、これは望遠レンズのせいでもありますが・・・)

そして、静まり返った夏の海を彩る。(標準レンズに切り替え)

左の影は土花吉の妻。。。近さが分かりますかねぃ。

見上げる花火が終わりを告げる前に、渋滞を避け早めに帰路へ。。。

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

Lotus

2013-07-27 | 【土花亭】

この暑さに負け、タイヤが二つの方に中々乗れない年寄り二人して、四つもタイヤがある車で
いつもの「花はす公園」へ。

今年は暑さが早かったせいか、全ての蓮の生育が良く大輪の花を咲かす。

花托(かたく)も日差しがきついせいか隠れてますねぃ。。。

Lotus=蓮

おしべを目指しホバーリングの「ハナバチ」。

上手に花粉を体に着け飛び立つ。。。 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

ドリル

2013-07-26 | 【土花亭】

生徒諸君!夏休みの「ドリル」の進み具合はどうですか?。。。計算ドリルに漢字ドリル・・・。

ところで最近、「トリンドル」お見かけしません。。。きっと学業に専念されているのでしょうか・・・。

 

そんな、折った「ドリル」ビット数知れず。。。(って、計算ドリルより簡単に数えられるか・・・)

只今、土花亭のバルコニーをリフォーム中なのですが、奇を衒うかのごとく「えっ?こんなところにこんなものを?」的

邪道とも言える工法で悪戦苦闘中。

まっ、近いうちにお披露目できれば幸いです。。。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

醒ヶ井の夜の梅花藻

2013-07-25 | 【土花亭】

日の暮れが未だの「地蔵川の梅花藻」。

以前、訪れた頃より繁殖が衰えてるように思える・・・。

旧・中山道の西の空が紅く染まる頃、通りに灯りがともり出す。

東の空には月が見え隠れ、古い小学校(寺小屋)の門にも灯りが。

いつもの古い八百屋は夜でも商い。。。

そして、近所の子供たちが地蔵川で遊ぶ中、夜のライトアップが所々で始まる。

清流でしか生きられない、水中多年草の小さな白い花。

ライトアップの規模は小さいものの、夏の夕涼みには良いところです。

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント (4)

HRC ストーナーをテストライダーとして召集

2013-07-24 | 【motoGP】

HRCは今年4回予定されている茂木での開発テストにストーナーを採用することを発表。

先ずはサマーブレーク中の来月8月6日~8日、2014年型RC213V Factory をテストする模様。

ペドロサの怪我がテストのスケジュールに影響を及ぼしたのが原因かは定かではないが

ストーナー本人がRC213Vに久しぶりに乗りたがっていたことは事実のようで。。。

 

では懐かしい、「ストーナーvsペドロサ」の若かりし時の映像でも。(って、今でも十分若いですが)

→ http://youtu.be/u5tlCBvQV5k

因みにチュッパチャップスホルヘもチラ映りしてます。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント

木と森/長浜

2013-07-23 | 【土花亭】

先日、「森」と「林」の違いを始めて知ったわけですが・・・。

 

長浜、八幡宮参道沿いにある「木と森」。(前回も鳥居を入れた同じアングルの参道の写真・・・)

「ギャラリーカフェ」ではあるものの、座席はひとつのみ。。。

その唯一の席で、珈琲とカフェオレで暫しマッタリ・・・。

暫し、休憩の後、「旧・中山道・醒ヶ井宿」へ。。。

「木と森」:http://gp53.net/kitomori.html

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

motoGP第9戦U・.S GP・決勝結果

2013-07-22 | 【motoGP】

先に行われた、SBKモスクワ戦第2レースにおいてA・アントネッリ選手が事故により死去したため

決勝レース前に黙祷が行われる。

レーススタートでマルケスが完全に失敗。ブラドル、ロッシ、マルケスの順で周回を重ねる。

そして2008年、その後因縁となる例のコークスクリューにおいて、ロッシがストーナーを抜き去った

全く同じ方法で今度はマルケスがロッシを抜き去る。

ペドロサとホルヘが怪我で苦戦する中、マルケスの敵はもはや誰も居ない。

トップのブラドルも難なく抜き去り、初コース初優勝を飾る。

一方のドゥカティというと、いつものチームメート同士でのちょっとしたバトルを展開し、中位に沈む。

では決勝結果。。。

1. Marc Marquez ESP Repsol Honda Team (RC213V) 44m 0.695s
2. Stefan Bradl GER LCR Honda  (RC213V) 44m 2.993s
3. Valentino Rossi ITA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 44m 5.193s
4. Alvaro Bautista ESP Go&Fun Honda Gresini (RC213V) 44m 5.252s
5. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team (RC213V) 44m 9.952s
6. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 44m 13.665s
7. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 44m 15.999s
8. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP13) 44m 34.658s
9. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (GP13) 44m 34.824s
10. Hector Barbera ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT)* 45m 3.064s
11. Alex De Angelis RSM Ignite Pramac Racing (GP13) 45m 3.299s
12. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (FTR-Kawasaki CRT)* 45m 4.288s
13. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing Project (Suter-BMW CRT)* 45m 21.145s
14. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (ART CRT) +1 lap
15. Yonny Hernandez COL Paul Bird Motorsport (ART CRT) +1 lap
16. Hiroshi Aoyama JPN Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT)* +1 lap
17. Bryan Staring AUS Go&Fun Honda Gresini (FTR-Honda CRT) +l lap
18. Lukas Pesek CZE Came IodaRacing Project (Suter-BMW CRT)* +1 lap
Bradley Smith GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) DNF
Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) DNF
Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) DNF
Claudio Corti ITA NGM Forward Racing (FTR-Kawasaki CRT)* DNF
Michael Laverty GBR Paul Bird Motorsport (PBM-ART CRT)* DNF

尚、表彰台でのシャンパンファイトも弔意を表しなし。。。

これでサマーブレーク突入で次戦、インディアナポリスGPは8月18日(日)が決勝です。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

社に繋がる古い造り酒屋

2013-07-22 | 【土花亭】

昨日は暑かったですねっ。。。

突然ですが、越前町に杜に繋がる古い造り酒屋がある。。。

参道は蝉が鳴き、真夏の様相の八坂神社の杜へと繋がる。

そして、何故かボルガライス。。。(可もなく不可もなく・・・)

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント (2)

motoGP第9戦U・.S GP・予選結果

2013-07-21 | 【motoGP】

既報の通り、ヘンデンがドゥカティを去ると決まると何だか寂しくも感じますが、FP1からFP3まで

やはり、いつもの通りさえないDUCATI。

ホルヘとペドロサも何とか怪我から復帰するも痛々しくも感じ、その分マルケスやロッシに頑張って

貰わなくてはいけないところ、予選に異変が。。。

予選結果

Q2:
1. Stefan Bradl GER LCR Honda  (RC213V) 1m 21.176s
2. Marc Marquez ESP Repsol Honda Team (RC213V) 1m 21.193s
3. Alvaro Bautista ESP Go&Fun Honda Gresini (RC213V) 1m 21.373s
4. Valentino Rossi ITA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.418s
5. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 21.420s
6. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.453s
7. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team (RC213V) 1m 21.728s
8. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (GP13) 1m 22.026s
9. Bradley Smith GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 22.075s
10. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP13) 1m 22.090s
11. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 22.099s
12. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) No Time

Q1:
13. Hector Barbera ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT)* 1m 22.808s
14. Alex De Angelis RSM Ignite Pramac Racing (GP13) 1m 23.253s
15. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (FTR-Kawasaki CRT)* 1m 23.272s
16. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing Project (Suter-BMW CRT)* 1m 23.323s
17. Claudio Corti ITA NGM Forward Racing (FTR-Kawasaki CRT)* 1m 23.616s
18. Yonny Hernandez COL Paul Bird Motorsport (ART CRT) 1m 23.875s
19. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (ART CRT) 1m 23.919s
20. Michael Laverty GBR Paul Bird Motorsport (PBM-ART CRT)* 1m 23.987s
21. Hiroshi Aoyama JPN Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT)* 1m 24.235s
22. Bryan Staring AUS Go&Fun Honda Gresini (FTR-Honda CRT) 1m 24.756s
23. Lukas Pesek CZE Came IodaRacing Project (Suter-BMW CRT)* 1m 24.809s

土曜から恒例、スペシャルヘルメットを被るヘイデン。
しかし、ワークス勢でドゥカティだけが22秒を切れない・・・。

尚、決勝の模様はG+で22日(月)5:30~7:30生放送予定です。

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ

コメント

ヘイデン DUCATI離脱

2013-07-20 | 【motoGP】

1981年生まれの32歳、2009年よりDUCATIワークスに所属。

今季をもってDUCATIを離れることに。

アメリカ人にしては?明るい性格の反面、真面目人間。

好きなライダーの一人で、いつかは赤いレーシングスーツで表彰台の真ん中と期待しつつも

その望みも多分、敵わないであろう。

去就は未だ未定のようで、SBKにDUCATIでとの噂もチラホラ。確かにmotoGPとSBKと

両方でチャンピオンを獲ったライダーは未だ存在しないけど、個人的にはmotoGPでの#69を

継続して観ていたい。。。

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント

赤斑病

2013-07-19 | 【土花亭】

暫くお休みしました・・・。

 

この時期になると土花吉の背中や腰あたりは「あせも」に襲われやすくなるため

少しでも痒くなると、赤くなる前に入浴後にゃ~軟膏のお世話に。

(本当は天花粉パタパタが好きなのですが・・・)

 

ところで、土花亭の金魚たち。

一匹だけが以前からデコチンあたりに、うっ血が。。。

四匹の内の一番小さな金魚で、普段から他の金魚たちに追い回されてる時もあり
(多分、この一匹だけが♀だと思われ)

何処かに頭でもぶつけたのであろうと思っていたところ、調べてみると病気であることが判明。

「赤斑病」とかいう病気で感染もするらしく只今、隔離中。

丁度、水面から出ているデコチン部分の赤い斑。

大分、小さくなって来た。。。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント

肝試し

2013-07-16 | 【土花亭】

仕事柄、高い所はあまり苦手でもなくて、世に言う「高所恐怖症」ではないようで
今までも30メートルぐらいの高さの足場であれば平気なのは実証済み。

他にもエレベーターの箱の上に載り、暗くて狭いエレベーターシャフトの上り下りも検査等で経験済みで
オマケに「閉所恐怖症」でもないようです。。。

そんな季節がら、ちょとした「肝試し」も良いかもで、世は登山ブームでもあるし・・・。

ってことで、とある現場へ。。。先ずは初めて観る300トンクレーンの凄さに驚きながら?

見上げるは、これから登る地上50メートル越えの足場の頂上。

 ん・・・高ひ。

頂上に到達するまで、業界人なら分かる例の足場用の狭くて急な階段を登る。

途中まで段数を数えてはいたけど、仕舞には分からなくなるくらいの段数を上り登頂。

下を覗き込むとこんな感じの、地上50メートルの足元。

こ~やって眺めると綺麗なんですがねぃ・・・。。。。いかんせん・・・。

そして、只今工事中の若狭舞鶴自動車道・敦賀JCT手前の橋脚から少しづつ両腕を均等に伸ばしつつある橋桁。
(左右均等に伸ばして行くことによって、モーメント荷重を相殺し転倒しない工法)


因みに、あの橋桁で地上74メートルだった筈。


そんな、肝試しにはならなかった、ちょっとした登山。。。(笑)

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント (2)

motoGP第8戦ドイツGP・決勝結果

2013-07-15 | 【motoGP】

ホルヘの欠場に続き、ペドロザでもが欠場。(あっ、イアンノーネも)

総勢21台のGPマシンによる左コーナーが連続するザウセンリンクのスタートが切られる。

かつては「コーナーリングマシン」だの「最高速は負けない」ワークスマシンも既に奈落の底。

たまに映しだされても、CRT機との必死のバトル風景。

そろそろ、ヘイデンの去就も発表されようとしてます・・・。

そんな決勝結果。。。ここザクセンリンク4連勝を達成し、ポイントリーダーに立つマルケス。

1. Marc Marquez ESP Repsol Honda Team (RC213V) 41m 14.653s
2. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 41m 16.212s
3. Valentino Rossi ITA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 41m 24.273s
4. Stefan Bradl GER LCR Honda  (RC213V) 41m 28.645s
5. Alvaro Bautista ESP Go&Fun Honda Gresini (RC213V) 41m 36.428s
6. Bradley Smith GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 41m 39.733s
7. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (GP13) 41m 44.680s
8. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 41m 44.977s
9. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP13) 42m 0.008s
10. Michele Pirro ITA Ignite Pramac Racing (GP13) 42m 1.795s
11. Hector Barbera ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT)* 42m 2.477s
12. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) 42m 3.176s
13. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (FTR-Kawasaki CRT)* 42m 9.081s
14. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing Project (Suter-BMW CRT)* 42m 14.976s
15. Claudio Corti ITA NGM Forward Racing (FTR-Kawasaki CRT)* 42m 20.183s
16. Michael Laverty GBR Paul Bird Motorsport (PBM-ART CRT)* 42m 23.806s
17. Hiroshi Aoyama JPN Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT)* 42m 30.254s
18. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (ART CRT) 42m 34.336s
19. Lukas Pesek CZE Came IodaRacing Project (Suter-BMW CRT)* +1 lap

DNF:
Bryan Staring AUS Go&Fun Honda Gresini (FTR-Honda CRT)
Yonny Hernandez COL Paul Bird Motorsport (ART CRT)  

 

尚、次戦US GPは7月21日(日)が決勝です。

 

ランキングへGO♪ducati・blog→にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
もっひとつGO♪bike・blog→ 人気ブログランキングへ 

コメント