どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

flowers

2018-05-16 12:03:50 | Botanica


いつの間にやら、またまた庭に敷き詰められたドクダミの花。

負けられない戦いがはじまる!!

でも、それは今日じゃない!!!

天気が良すぎる、暑すぎる!!!!


ふふっ!!

2018-05-10 17:24:15 | 映画・テレビ


観ました「サンダ対ガイラ」HDリマスター版。

そんな都合よくはいかないでしょ(苦笑)的ラストにはびっくりでしたが、
メーサー銃がこんなに活躍したのはこの映画だけかもしれない。
でも、登場時、あんなに送電鉄塔からケーブルを引いたり、なんだかんだセットした末に
やっとビ〜ム発射!!だったのに
次の登場場面ではガンガン移動した末にいきなりバンバン撃ってなかったか?

結局、これは何が言いたい映画だったんだろうか?
いや、怪獣映画に何かにつけ理由を求めるのは、思い込みが強すぎるのかもしれない。

単に兄弟喧嘩を映画にしただけかも。。

なにより、そのネーミングが山に生息しているからサンダで
海から出現したからガイラだったとは。おいおい....

ようするに

「山だ!!海ら!!」だったのか。

flowers

2018-05-10 16:36:23 | Weblog


知人が制作、撮影。

なんとなく挑戦されたような気がしたので(笑)


定着

2018-05-09 07:17:17 | Weblog


このサイトでたまにアップしていた「flowers」
ポストカードにしてみました。

使う用があったのと、たまたま用紙が残っていたのもあって。

あと、なんでしょう、衝動かな。

画面上で行なわれることってその段階では「画像」で
紙に定着させる事で「写真」になるというか、完結するというか。
もっとも、「画像」という言葉自体は銀塩時代から使ってはいたのですが、
「写真」という意味ではなかったと思うんですよね。

言葉あそびのように思う人もいるかもしれないですが、
その画面の設定、観ている環境で色々に見えてしまうあやふやなものなのです。
いまさらな話ですが、ついその環境に浸っているとそれが絶対だと思い込んじゃったりしてしまう。

それを紙に定着させる事で、それが絶対的な形、意志になる。
これはこういう画なんだと。

そんな主張をしてみたくなるわけですよ。