どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

意外とすぐれもの。

2017-05-07 20:22:58 | モノたち


かつて拓郎は鈴木茂を引き合いに

「彫りの深い人間はいい。実際はそんなことなくても、ちっともそんなことないんだけれど
それだけで思慮深く見えるし、それだけでオンナにモテるだろう。」とこぼしていた。

かくいう拙者もいわゆる老眼というやつで
メガネのお世話になっているこの数年、この辺りの問題にほとほと悩まされ。。

といっても知的云々の問題でなく、(その辺のことは言わずもがな、なので....)
何度もフィッティングしてもダメなんだよね。
結局ずれてきちゃう。ほんとイライラする。

で、ネットで見つけて気になっていた、
500円もしないんだけれど、それゆえ送料だなんだを考えると
つい買いそびれてしまっていたこいつを購入。

いや、これまでのことが嘘のよう。
こんなアホみたいに単純なものなのにね。きっちりと止まっておりますよメガネは。

それにしても抱き合わせで買ったものが
腕の筋肉痛に対処するためのショルダーサポーターとは
やはり歳ととるというのは....ねえ.....




消えてゆくもの

2017-05-02 10:41:22 | Weblog


そのお店に行く時に参考にさせてもらったjoin townのひろみさんのHPから

シャポールージュ(旧バンビ)が5/21で閉店という記事が。

あんなに繁盛している(少なくともそう見えた)老舗のお店だったのに。

お店の都合ならともかく、それでも生き残れないのが街の都合だとしたら。

それはそれで問題なんじゃないかな、

出店閉店が短いサイクルでくり返されるこのところの吉祥寺は。

あんまり出歩く方ではないけれど

奇麗に装ってはいるけれど、その街の顔が

どこも似たり寄ったりになってきた様な気がするのは気のせいなんだろうかね?