どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

奔るキャリーバッグ

2016-10-31 23:11:57 | Weblog



帰省の新幹線は車両の後方に近い通路側の席。

朝イチで出かけて来たため睡魔が。

かの高倉健は人前ではけっして寝ることが無かったと訊いたことがあり

ごもっともと思って過ごしてきたのだが、

最近は度々寝落ちする気概の無さで。

しかし、前半は家族連れの歓声に、後半は関西のおば樣方の四方山話に

寝るに寝られず。

と、その瞬間、背後から通路を駆け抜ける気配が。

言葉を発する間の無いままに

車両の前方へキャリーバッグはかなりのスピードで奔っていく。

もちろんバッグだけが。

おば樣方はけらけら嗤いながらその鞄が前方の扉にぶつかるまで眺めていたらしい。

しかし、いつまでたっても肝心のオーナーは現れない。

持ち主不明のキャリーバッグはその近くの席に座る人の手によって

横にころがされたらしい。

にしても、あのスピード、突進力、ああなるとほとんど凶器だね。

こんなガキンチョなんて弾き飛ばされちゃうね、きっと。



いずれにしても、

2016-10-29 17:28:09 | Weblog


急遽、帰省しなくてはいけなくなり、仕事をキャンセル。

まあ、なんといいますか、すごかったですね。

広島テレビだったかな?とにかく夕方あたりから

ひたすら番組表に並ぶ「CARP」の文字。

そんなの関係ないじゃんと思う事柄までカープ絡み。おいおい.....

さて、その日本シリーズですが

私感としては内容の割に試合時間が長過ぎるな....と。

2〜2.5時間といったところじゃないですか、本来なら。

結果がなんとなくドラマチックだからすごいシリーズという言われ方もしているようですが。。

なんにしてもマツダスタジアムに戻ってさて今日はどうでしょう?

このまま日本ハムがいっちゃえば、

あの大谷の敬遠がすべてを変えたともいえるんだろうし、

広島が勝てば第7戦、黒田が登場で.......?


ま、時間を忘れるほどの試合を期待したいですね、外野としては。。



つんつん

2016-10-20 01:24:17 | Weblog


きょうは仕事場で定期診断のため、早めに出社。

このところ、夜の炭水化物断ちもそこそこにしていたことも影響してか

以前ほど劇的な体重減も感じられず、現状維持が続きベルトの穴半個がなかなかつまらない。

こりゃあ、さすがに増加に転じているかな?と思っていたのですが

結果、昨年より4kg減。

これで医療的減量目標は一応達成。

個人的には前にも書いたんだけど、ここから5kgは落としたいところ。

希望的目標としては9kg落としたいんだけれど。。さすがにこれは.....

まあ、リバウンドすること無く、ここまできているからそれは良しとしましょうか。


舞い落ちる桜の葉の音が意外と大きくて吃驚もする。

2016-10-16 23:15:30 | Weblog



窓から見える木の枝からぶら下がった物体が風に吹かれている。

蓑虫の時期にしては早いよな....と思いつつ、

興味津々、カメラにクローズアップレンズをくっつけて部屋をでる。

やはり蜘蛛の巣に絡まったただの木っ端だったんだけど、

なんだか、ね。


思い入れもなにもない。

2016-10-09 01:27:56 | 無駄な日々


なんとなくはっきりしない天気。

思いついて以前勤めていた会社を検索してみる。

この辺りに住み着くきっかけとなった会社だ。

都内は競争相手が多いと他の近県に取引先が多く、
ほぼ毎日、早朝、午後イチの撮影で飛び回る。
しかもデジタルじゃなかったからね。
ロケが終われば現像所に走り、それから、帰社もしくは当時住んでいた千川まで直帰の日々。
タイムカードを押す間がありゃしない。
時間外手当が付いていたらお大臣だったな。
それにつきあってくれた営業さんも大変でした。

さすがに身が持たないなあと引っ越し。

さてその会社も何年か気づくごとに検索をかけてみると
その規模がどんどん小さくなっていて、
今回とうとう推定1億8000万の負債で破産という記事にいきあたることに。

まあ、退社してから16年、たまに近くまで行くこともあったけれど、
よくここまで持ったなあというのが率直な感想かな。

にしても、だ。おいらが在籍していた当時が一番売り上げていてピーク8億8000万だと。

それでもただの一度もなかった賞与。
売り上げがでてないって言われてたもんなあ。
人以外にはバンバン投資していたけど。あ、だからか。に、しても....

まあ破産決定後もすぐに看板だけ架け替えて
そのまま経営を続けているあたりは、ある意味、流石といいますか。。

当時は20〜30人もいた社員も、いまや2人。

家族の最小単位だなあ。ど〜でもいいけど。



写真:あんまりそこに意味はないんだけれど、あんな青空の日々もあったんだなあと。



そりゃあ、いきたいですとも、さ。

2016-10-03 00:30:38 | 音楽


携帯が鳴る。

今回も拓郎のコンサートに誘ってくれる人がいて

ありがたいことだなと思いつつも、

さすがにいきなり来週のソニックシティーとなると

この一週間休みを取っていた身としても、

スケジュール的にも休みが取れそうも無い感じなので、

残念ながらホント残念ながら、お断りすることに....

あ、そこここから「もったいない!!」の声が聞こえる....



※画像は「夏二人で」みたいな感じで撮ってました。