どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

神無月なんてきれいな言葉があるのに、ね。

2015-10-31 19:05:29 | 無駄な日々


それはそこそこ大きな平屋建ての日本家屋。

家主と思われる婦人が謝っておられる。

入り口には子供がふたり。

ひとりの手には透明のビニール袋。

画的にはある意味渋谷のばか騒ぎより、正統派なのかもしれないが

顔見知りとも思われない普段着の子供がたったふたり、わけのわかんない呪文を唱えて立っている風景は

質の悪いぼったくりの様。

その後、「トリック・オア・トリート! 」と叫びながら東八を駆け抜けていった彼ら。

どこもここもなんだか疲れる風景だな。

おなかぐるぐるだし、おとなしく過ごすよ。

2015-10-24 12:23:24 | Weblog


「べっかんこ」に登場したこのガキンチョ。

あの写真の後ろの扉はじつはトイレなんだけれど、あの時間帯は西日が入ってくる。

で、その光を取り込んで撮ろうと扉を開けて戻ると

こやつがとっとこ歩いていき、その扉を閉める。

「なんで開けるの?」と訊くので、

「じゃあ、なんで閉めるの?いいんだよ、いまは開けといて。」と答えると

「じぃじに叱られる....」

刷り込まれておりますな、じつに。



2015-10-22 12:39:26 | 無駄な日々


天気いいです。
寝坊しました。
寝坊すると仕事へ行くのが嫌になります。
でも行きます。................は、

今朝出会ったFBのお友達の放った前向きなお言葉。

それにしても、浅い眠りに見る夢は
なんであんなに悪夢が多いんだろう。。

このところ目覚めが悪いな。



なんとなく。

2015-10-19 23:50:47 | ことば


落ち葉溜まりに花束を。どこかの子供の戯れか。


がきネタ。

2015-10-17 20:27:53 | Weblog


ふふ、そろそろ飽きたでしょ。

ファーストカットでこれを撮ったんだけど、最近ずっとトライしている露出オートで撮ってみるというやつの
結果がイマイチ気に入らなかったのであらためて撮ろうかなと、

めずらしく「ほれ、ちょっとこっちをお向き!!」などとやってたんですが、それで撮れたのがこれ。




で、「なんでい、いつもはやるなって言っても、あれこれやるくせに固まってんじゃねえよ(笑)」といじる。
すると彼女が創造したのがこれという...



さあ、どこまで引っ張るこのネタ!!

べっかんこ。

2015-10-16 20:40:19 | Weblog


いきなりなにかやりだすもんな、ガキンチョは。

この娘はなにをやっておるのだ?!

出だしは宇宙の共通言語なので理解が及ぶのだが!!

「アンパンマン◎×△□#%&¥........♪」

そのあとが、ね。タガログ語なんだかパンジャブ語なんだかM星団言語なんだか、さっぱりで。

そしてこの儀式はそれ以後毎日続くのであった。。




ま、こんなカットもね。

どんどん逃げてけって。

2015-10-15 21:09:31 | Weblog


そういえば去年の今頃は、まだこの自転車も補助輪つきだったっけ。

いまはそれもとれて....しかし相当危なっかしいんだが実際。

ま、今でこそトイレくらいゆっくりさせろと言いたくなるような状況だけれど
来年は小学生でとなれば、それこそ世界も広がり
あっという間に逃げていくんだろうね。

その辺りはまったくこっちも頓着はないのだが
昔読んだ椎名誠の「岳物語」に娘に見捨てられた親のみすぼらしくなった姿について書いた一節が
あったのを思い出した。

おいらの持論としては
大概オイタをしてきた男親には子供が娘ばかりということが多いんじゃないかというのがあって。
つまり後々それまでのオイタの仕返しをね、繰り返しされるという....フッフッフッ。


ずいぶんと空けましたが。

2015-10-14 22:46:34 | Weblog


ちょっとした野暮用と遅い夏休みをかねて帰省していました。

姪っ子に会うのも一年ぶりですか。

コントラストの不足はデジカメの宿命みたいな感じですが、
夕景の中撮ったこのカットはあえてコントラストは上げずに
夕暮れの雰囲気ままアンニュイな感じにしてみました。



で、こちらの方も手法としては同じなんですが
夕陽のトーンをあえて柔らかいまま残してみましたよ。

いづれもちょっと大人な感じに。