どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

冬は厳しく。

2013-02-25 15:26:17 | 無駄な日々

寒い、あまりに寒すぎる。

去年の夏はまるで逆のことをいっていた気がする。というかいっていた。

極端すぎる。

なぜ酷暑と極寒というフリ幅なのだ!!
温帯の国なんだから
生温い春と秋の国でいいではないか?

さて聞いた話なので定かではないが「はりはり鍋」というらしい。
白菜を一個、芯を抜いてざっくり切って鍋を埋める。
そのうえに鯖の水煮の缶詰を投入。
少々の砂糖を落とし、蓋をして火にかけるだけ。

これを料理というべきか悩むところだ。

おおよそ火が通ったところで食する。

そのまま食べるという方もいらっしゃるようだが
おいらはやはり小分けにしたところでゆずポン酢を投入したい。
それにタケノコの炊き込みご飯を合わせるという、
これまたおよそ季節感を無視した組み合わせで今回はいただいた。


さてこの鍋、食べきってしまえば問題はないのだが
残ってしまうといささか厄介。
具に火が通る前に白菜から出たスープがなくなってしまう。

さて....

あくる日の昼食。

別の鍋でお湯を沸かし、鰹の荒節を投入、出汁をとる。
今回は鯖が投入してあるので鰹節はどうしようかと思ったのだが
いつもより少なめの薄い出汁を作った。

それに味噌を溶いて、先の具を投入、火を通して完成。

適当な思いつきの割にはいい感じ。

残っていたタケノコの炊き込みご飯とともにいただいた。


オールナイトニッポン45時間スペシャル

2013-02-23 17:54:41 | 音楽



45時間もやられてしまうと、逆にタイムテーブルが曖昧になってしまうな。

坂崎幸之助(ゲスト:吉田拓郎)が今日の11時からだったとは!!
昨日からチェックしていたのだが、まんまと聴き逃してしまった。。

高校生の頃、田舎で聴く放送は

まさに「波」で

聴こえなくなったと思ったら、いきなり
がび~んと音量が上がりびっくりしたり
雑音の海に沈んでしまったり....

必死でエアチェックしたテープは
ハードがなくなった今でもどこかに。。


東京に出てきて最初に驚いたのは
レベルメーターの針は高値安定
ラジオが実に鮮明に入ることだったなあ。


OSが対応しない家のパソコンでは考えもしなかったけれど

パソコンで鮮明にラジオが聴ける現在
エアチェックってどうやるんでしょう....


あえて無題

2013-02-23 09:51:24 | 映画・テレビ



番組表をザッピングしていたら。

CSのザ・シネマに見つけました。

本日、放送。

「メテオ」

う~ん、ちゃれんじゃぁ~!!






但し、おいらはこの手の映画が好きだったので
公開当時、観たいと思っただけで
実際、観てはいないので、結末まではわかりません。

あしからず。

整備すれども....

2013-02-22 10:18:37 | 無駄な日々




仕事も終わり、バイクで走り出す。
暖気をする時間がなかったのでチョークをひいたまま走行。

5分くらい走ったところでエンジンがぐずりだす。

「ん?かぶったかな??」

交差点で停止した際にチョークを戻す。

走り出したところでエンジンがストップ。ガス欠か?
メーター読みで168km。ギリギリもう少し走れるはずだ。
ちょっと戻ればスタンドがある。でも、セルフじゃないんだよなあ。。
タンクが小さいから大した差額にはならないんだけれど。

チョックをひいてセルを廻すと始動。

いこかもどろか…

日頃鍛えし野生の勘に従い
ここは男らしく「GO!」である。

300mくらい走ったところでふたたびストップ。
こんどはうんともすんともいいやしない。。

「のんびりいこうよ~おれたちは♪」とヒロミツは歌った。

いや、私は急いでいるんですが。。

「急いでみたっておなじこと~♪」とヒロミツは歌った。

だから…寒いんだってば!!

これだけ主張は違うのに

誰かがいった「クルマはガソリンで走るのです」の言葉と
その画面に映し出されていた光景、そう、動かぬ車体は押さねばならぬという事態だけは同じだ。
ここが寒風吹きすさぶ街中だということをのぞけば、だが。

さきのスタンドまで20分。押しましたよ、あたしゃ。。



教訓、野生の勘…それはたいていの場合大きな勘違いである。







バイクのメンテ (4)

2013-02-21 12:41:44 | モノたち

裏のゴムパーツを移植した新たなシートをセット。

タンデムベルトはないほうがスマートな感じがしたので
今回は装着しないことにする。

そのため、シートとボディーをとめるボルトに隙ができてしまった。
手持ちの材料からサイズのあうワッシャーを複数個かまして固定。

ドレンのパッキンを新しいものに交換。
新しいエンジンオイルをオイルキャッチタンクへ。

今回予定していた作業は終了。

バイクのメンテ (3)

2013-02-21 11:03:11 | モノたち

はてさてこのところの最大の問題はシート。

表皮がすっかり劣化してさけまくり。(ここでさけまくりんこであるとカナモリコウスケさま調に書きそうになって....おそるべき北の大将閣下!!である。)

なかのウレタンまで雨水が入り込むため
雨が上がろうと座れば水がしみ出てくるわけで。。

表皮を外して裏から補修しようかとも思ったのだが
まず劣化硬化がひどすぎて無理。

たとえ直せたとしてもそのあとの「染めQ」の購入代金等を考えると決して安くはすまない。

ここ数ヶ月は裂け目からコンビニ袋を入れて
100均で売っていた赤のガムテープでごまかしていたのだが。。

あんまりみすぼらしいので
ヤフオクで中古パーツをさらう。
不動車からたちあげた車体なので新品を買うというのも考えものだったのだ。

そして見つけたのが左のシート
結局叩き合いになって価格が上がってしまったが
商品の程度からみてもかなり安く手に入れることができた。

ただ裏側のゴムパーツに欠品があるので
古いシートから移植しなくては。。

バイクのメンテ (2)

2013-02-21 10:54:28 | モノたち

すっかり錆がまわっていたホーン。

取り外してサンドペーパーで削り落とす。
頼りのルーターはいつのまにか動かなくなっていたのだ。

400番からスタートして今回は1000番でストップ。
いつもはここから2000番までいくのだが。

磨くということは結局、傷を付けているわけで
なんにしてもまた錆びてくるもんだということで。

ここからコンパウンドでひたすら磨き艶を出す。

今回はこのくらいで許してやろう。。

バイクのメンテ (1)

2013-02-21 10:30:52 | モノたち


いつもは3000kmで交換していたオイルだったが
今回は5000kmまで引っ張ってしまった。

交換のための一式は、春先3000kmを超えた段階で買いそろえてあったのだが。
シングルエンジンであのとてつもない酷暑を乗り越えてしまった。

というわけで、早速オイル交換。

エンジンをかけてオイルを暖める。

ドレンから廃油入れまでのガイドに適当なものはないだろうか。

「!」

トイレットペーパーの芯に切れ目を入れてガイド完成。

フィルムの整理をしていた。

2013-02-20 08:31:35 | 無駄な日々


東長崎はバイトで通ったこともあって
意外と思い入れが残っている町。

住んでいたところが有楽町線の千川駅ができるまで
東長崎と江古田の中間くらいのところだったので利用駅でもあった。

線路沿いにあった広さだけは立派なゲームセンターでアルバイト。
かつて池袋のロサ会館脇の店につとめていたときのことを思うと
楽勝の仕事場だった。

雪が降れば、有線に電話して
拓郎の「外は白い雪の夜」ツアー1979ライヴバージョンをリクエストして
外のスピーカーをフルボリュームにして聴いていたり
基本ひとりだったから結構自由だった。

南口を出たくらいのところにあったアルミの皿といういかにも
というスタイルのスタンドのカレー屋さん。

北口を出ると向かって右には格安の定食屋さんがあり
正面角には焙煎珈琲豆の店。

「キリマンジャロ2、モカ1、ブルーマウンテン3」

「探偵物語」の「工藤ちゃんブレンド」をミクスしてもらったり(笑)
いまもポスター入れとして使っている珈琲樽を買ったのもこの店だった。

珈琲屋さんの左手に「福しん」ラーメン

その2店の間の商店街を千川通り方面に歩いていくと
左手に2間引き戸が入り口の中華屋さん。
ちょっと塩味のきいた中華丼が絶品だったっけ。

そのまま、千川通りまで抜けたところにあった
いまでいうリサイクルショップでWalkmanの1型を買ったなあ。。

昨年だったか、戯れに訪れてみたその町は
すっかりその姿を変えていて。。

だから、どうこういうわけではないけれど
こういう訪問は案外、その思いと裏腹にずっこけることが多いもんですね。

とはいえ、現在住む場所で
取り壊しがあれば
数ヶ月まえまでなにがそこに建っていたのかもあやふやなんだから
いいかげんなもんです。




「吉田拓郎の千夜一夜~41年目の対談~」

2013-02-16 00:47:39 | 映画・テレビ



BSで放送された吉田拓郎の番組。ゲストは沢田研二。

内容はラジオで小出しに拓郎が話していたものを
越えるものはそんなにはなかったと思う。
まあ、昔からそんなところがあったし、サービス精神がなせる業ともいえる。

ただ.....

放送が始まって数分後、
流れたサブタイトル.....

「今夜は語り明かそうぜ」

う~ん、未だにこのイメージかい!
ダサい!!はっきりいって、やっぱ、ダサい!!

「ぜ」はないだろう「ぜ」は!!

なんだか彼を取り巻く人々の彼に対するイメージとか
長年にわたって背負わされてきた安易なイメージがこの「ぜ」に集約されているような気がする。

BSプレミアム「吉田拓郎の千夜一夜」

「千夜一夜」ということは、あと「九百九十九夜」残っているということか。

そちらは楽しみ。