どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

9.6.「良縁」さかうえけんいち、瀬戸口修、鎌倉研(御茶ノ水 Wood Stock Café)

2012-09-28 08:22:56 | 音楽




先週末、まるちゃんからメールが届く。

「9/6のライヴレポ、書いてくれないの...」

で、返信

「んだね、おらも研さんのHPチェックしているけれど、全然、更新されないねえ。」

そして帰ってきたメールには

「あんただよ、あんた!!」

「..................」



この日は東大和でロケの撮影があったのだが、なんとか早めに片付いたので
直帰ということにしてお茶の水へ向かう。

この夏のまだら雨はこの日も健在で
止まった電車もあるらしい。
来てくれる人の帰宅の足が気にかかる。

企画者のまるちゃんから
ほんの一週間ほど前には予約が全然で泣きが入ってきていたのだが
ここへきてすっかり満員御礼、それでも予約の電話が鳴り、泣く泣くお断りするといった状態だった。

店の作りと集客の状況から
今日は撮影はできないなとふんでカメラもしまったままで
席のセッティング、雑談などしていた。

ところがここで朗報。
マスターがカウンターの中に入ることを許可してくれたのだ。
しかも拓友のなぴには椅子も出してくれるということに。。

ここで悪いどぅかさんがいうことには
「ふふ、その椅子を略奪しまえば、満員の人の頭越しの高いアングルから撮影ができるではないか!!」

さてO.A.の小山トシヒロさんからはじまり
鎌倉研、瀬戸口修、さかうえけんいちさんの順で進行。

研さん演奏中にギターの音を拾っていたマイクがギターにヒットして
ノイズを出すトラブルはあったものの、順調にアンコールへと。

ここにきてついに待望のカウンター内に椅子が(笑)
なぜかこの段階までなかったのだ。

しかも空いてる。
遠慮なく使わせていただくことにする。

ライヴはちょっと淡々と進みすぎたんじゃないかなという感じもした。

まあミュージシャンの数がこの人数で進行がスムーズなのは喜ばしいことなのだが。

なんだかんだ7月から準備を始めたライヴも
始まってみれば、あっという間の出来事で................

終わってみてもあっという間....................

週が明ければ10月だね。











そんなこともある.....か......

2012-09-26 03:33:32 | Weblog


仕事帰りに寄ったスーパーを出て、バイクへ。

メットをかぶって走り出すと

髪を巻き込んだのか。メットの中が落ち着かない。

ま、家まで2分だ。

部屋に戻り、メットをとると

落ち着かないはずである。

中からカナブンが一匹..................

そんなこともある。

2012-09-20 17:16:00 | Weblog


朝のコンビニ。

必要なものをもろもろ買い込み、レジへ。

支払い金額と手持ちの小銭がピタリ賞!!

ポケットの中がからっぽになりました。




秋刀魚、甘いかしょっぱいか.....

2012-09-17 15:05:28 | 食事



昨日は外出から帰ってから、切れていた食材の買い出し。
米を買った。

やっぱりこの時期の飯の種となると「さんま」かな。
そこで、ちょっと小振りだったけれど、これも買ってきた。

というわけで、夕べは豪快に煙を上げたわけでして
今日も日がな一日、台所は魚の匂い......





基本引きこもりなんですけれど.....

2012-09-16 22:54:17 | Weblog



朝イチで髪を切りにいく。

予約時間まで少し時間があったので、朝マック。
オーダーした珈琲がそこまでしなくてもいいじゃないかと思うほど熱くて、
いつもより時間を取られる。

髪を切りにいっていつも思うことなんだけれど
髪を切らなくてもいいけど、肩だけ時間いっぱい揉んでいてくれないかな。。と
いたって自分勝手なことを考える。

それにしても猫の眼のような天気。雨を気にしつつ、
かつて井の頭公園で知り合って以来、お付き合いのある深津(蒼猫)あさみ嬢が
東京都美術館での東京展に作品を出展してるというので
上野まで出かける。

駅を出ると想像以上の人混みに驚く。

会場となる東京都美術館にはフェルメールの少女に逢うために70分待ちの列が
できていた。

そのわきをすり抜け、目的の展覧会場に向かう。
と、外の喧噪が嘘のように静かな空間。
彼女が出展している絵本展が一番人を集めていた。

一時間くらいをかけて会場をまわり、帰途につく。

中央線は雨雲に向かってつっぱしていくように見える。

新宿で雨、中野で晴れ、吉祥寺に着くと時間のわりにホームが混んでいる。
雨のせいで帰りを急いでいるんだなとふむ。
雨はあがっていた。

ヨドバシで買い物をして
店を出る頃にはまた夏の陽射しが射していた。

遠いねえ、代々木、有楽町が(笑)

2012-09-15 00:54:00 | 無駄な日々


まあ、想像していたとおりの結果としても
この秋の拓のコンサートチケットは国際フォーラム、NHKホール共にハズレ。

それにしてもこの先行予約って一体何枚のチケットを取り合っているんだろうと
思ってしまう。

それというのも、そこここで先行予約がスタートするのだ。
前回もその度にやれなんの会員になれだのと果てしないので
途中で止めてしまった。

それでもチケットを譲ってくれる拓友がいたりと本当にありがたい限りなのだが
とにかくこのところ連敗続きなのだ。

なんだか最初は便利に利用していたこの電話予約というヤツも
最近はますます得体が知れなくなっているような気がする。

徹夜で並んでチケットを取っていた頃の方が
わかりやすかったし、買えないにしてもすっきりしていたと今にしてみればそう思う。
もっともその頃は学生だったから時間の都合もついたけれど
仕事をしていたとしたらそう思ったかは?だけれど
少なくともスッキリとはしていただろうなあ。

いつまでたってもつながらない電話に数時間向かい
やっとつながったと思ったら
無機質なテープの声で売り切れを伝えられる.....

で、翌日あたりに伝聞等でチケットは開始数分で売り切れていたなんて
事を知らされるとホントあの時間はいったい何だったんだと言いたくもなるわけで。。

さて今回ももはやなんの会員になるつもりもなく
ただただそれでもわずかな隙間を狙うのだよ。

ジャケ買いしてくれるとうれしい。。

2012-09-14 14:17:31 | 音楽

プライベートな音楽関係のこととはいえ、ちゃんとお仕事として
お受けしたものだったので、Facebookはともかく
ここには書き込まないでいましたが、
すべてが校了となり、茶木さんからも了解を頂きましたので書いてみようかなと。

10/13に発売が決定致しました茶木みやこさんのアルバムのジャケット写真を担当させていただきました。
撮影場所はあの石川鷹彦さんのプライベートスタジオ。

歌入れの隙をついての撮影でしたが
生のレコーディング風景にふれることができ、なかなか刺激的な時間でした。

当然、ボーカルを採っているときはじっとしているしかないわけでして
そんななか、85年のつま恋での「ガラスの言葉」などトノバンとのツインギターでの
演奏風景なんかを思い出したりしていました。

さてジャケットの写真のことについては
後々、書くとして、

このCDについて………………………………

「Two Doors Away / 茶木みやこ」石川鷹彦プロデュース&アレンジ

01.紅・くれない       
02.愛されるより愛したい
03.あなたにいてほしい
04.60だけれど
05.揺れる思い
06.風よ まわれ
07.乾杯の後で
08.ねぇ woo
09.透き通った夜
10.蛍橋
11.いい日となりますように
12.一人の道

発売元 トランジスターレコード TRCM-005 税込定価 3000円

現在、茶木みやこオフィシャルホームページ、Amazonにて
予約受付中であります。

完パケになってからはまだ聴いていないのですが
レコーディング中に聴いた感じではかなりいい感じでしたよ。


2012.8.31.「女3人集まれば.....あんな唄こんな唄どんな唄 VOL.2」(大森 風に吹かれて)

2012-09-09 22:49:33 | 音楽



以前より茶木さん、岡さんから声をかけていただいていたライヴに
行ってきました。

予定していたロケが夕方からのスタートに変更になり、ほとんどあきらめていたのですが
早い時間に終わったのでロケ現場が京王線沿線だったので直帰なら楽勝とよんだのですが
あまりに早かったが為に一旦スタジオまで帰ることに。。

嗚呼、ふたたび遠のく大森が.....

結果として間に合い、帰りは友人宅にお泊まりの茶木さんと共に帰り着き、
終バスに潜り込む。

ロケ終わりの参加だったので
ファインダーをのぞくのも、なんとなく苦痛だったのだが、
ライヴ前に胃袋に香辛料の効いた食事をほおりこんだのがきいたのか
どこかでスイッチが入ったみたいで
170枚くらい撮影をしていた。


川端深雪、amiIrie(アミアイリ)、茶木みやこ