どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

休日だし、ね。

2011-11-24 17:36:36 | 無駄な日々


だいこん….

前回、きっちりとったカツオだしで油揚げ、木綿豆腐と炊き上げ

ゆず醤油で食してみた。

なかなか上品な味でして、そんなに食べられないだろうだいこんも

数がすすんだ。

それではいま一度、というわけで

だしをとり準備万端、1/3くらい残っていただいこんを切ってみると

鬆が入ってる。。

で、どんどん切っているうちにこんなサイズになってしまった。。


う~ん、だしもとっちまったことだし、豚汁さんでもつくりますか.....




朝からねじれてます。

2011-11-24 17:22:57 | 映画・テレビ




いつかの朝の情報番組。

明るく女の子が語る!

「今度のダイソンのファンヒーターはリモコンが磁石でボディについて
なくすことがありません!!」




ボディにつけるんならリモコンなんていらんやん….




11/1.須藤もん40歳記念ライブ(三鷹バイユーゲイト)

2011-11-23 22:20:32 | 音楽


ウィークディではあるが、バースディライヴということであれば
なんとか行かねばということで。

入り口でふたりをモチーフにした4コマ漫画を
パッケージにした板チョコがサービスされた。

このところめおとデュオ「MOTEL」として活動している彼女。
前半はそれこそひさしぶりのソロステージ。
後半は照さんが加わり最近のスタイルに。
新たな曲が数曲がレパートリーに加わっていた。

それにしても何度かバースディライヴというものに参加してきたけれど、
ケーキが登場しなかったのは初めてだったのではないか。
そのことをもんちゃんに告げると
「ソロパートのこととチョコレートのことで考えつかなかった」とか。

もっとも自分たちで企画したバースディライヴで
ホールケーキをサーブするというのもなんだか変か。

実はこっそりとケーキを作る作業もしていたのだが
ライヴに行ける可能性も未知だったし、
平日火曜日のライヴということでできあがったケーキを
取りに行くことがむつかしいので今回は無しにしたのだ。

こうなるとなんとかしてあげたかったなあとも思うのだ。



いつ気がつくのかながめていた。

2011-11-08 00:23:31 | 無駄な日々



そういえば、前の鎌倉研&村上律ライヴの帰り道のこと。

山手線の故障で巣鴨駅に一時間近く足止めをくった。
やっと動き出した電車に乗り込み、一息ついた頃、
音漏れというにはあまりに大きな音を鳴らしながら
その女は入ってきた。
当然周りは奇異の目を向ける。
うっせーなあ....と思いつつ目をやると
なんだか納得がいかない様子のその女。
本人にはあまり音が聴こえていないようだ。

そりゃあそうだよなあ。。と思う。

だって音楽プレーヤーからイヤホーンジャックが抜けているんだから。
外に漏れ出た音を耳をふさぐイヤホーンプラグ越しに聴いているのだ。

従ってどんどん上げられるボリューム.....

やがて空席を見つけて座ったその女は
靴になにか気になることがあったのか屈み込む。

やった!

その足元にははずれたジャックがぶらさがっている。

やっとこれで気がつくだろうと息をつくのもつかの間、
なにに気づくこともなく姿勢を戻す馬鹿.....

モノは使うものであって使われるモノではないのだよと
つくづく思ったのでございますよ。

鎌倉研、村上律ライヴ(下北沢ロフト)

2011-11-05 10:31:54 | 音楽



客席に降り椅子の上で川端深雪、演奏中。

その足元にはきっちり脱ぎそろえられた彼女のスニーカーが。。

大胆なステージングとのギャップが可笑しい。

思わず隣のまるちゃんに

「う~~ん、ちゃんと靴を脱いでなんてミュージシャンとしてあるまじき行為だよなぁ.....(笑)」

鎌倉研、村上律ライヴ(下北沢ロフト)

2011-11-04 00:47:03 | 音楽


駅を降りると凄い人混み....

駅前のエリアが狭いこの町はいつも混んでいるイメージがあるが
今日はいつにも増しての感が。

合流したまるちゃんと話しているうちに
ハロウィンの週末ということに気づく。

鎌倉研&村上律
この組み合わせのライヴに行くのは今年手風琴で行われた
研さんの2nd.CD発売記念ライヴ以来二度目となる。
ただ今回は律さんが風邪で声が出なかったのが残念だった。

そしてオープニングアクトをつとめた川端深雪。
彼女の歌を聴くのも二度目だった。
このところたてつづけにずっと聴いてきた若手が活動停止、解散と
残念な話題が多かったなかひょんなことから見つけた彼女は
トランジスターレコードの所属。

このところ、ちょっと考えるところがあって
あんまり写真を撮らないでいたのだが、
ひとつまえのライヴで茶木さん、研さんにまた撮ってと
ありがたいお言葉をいただいていたので
今回は気を入れました。

同時にずっと想定していた問題点もあらためて
確認することになったのだが。。