どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

いきものがかり(その2)

2009-05-29 00:56:47 | 音楽


いきものがかりである。

存在は知ってたんだ。

でも“いきものがかり”だからね、なんといっても。

なまじ知性がある(笑)もんだから、
ずっと“生き物憑り”だとばかり思っていた。

だからそんなおどろおどろしい名前のバンドには
近づくもんか!と心から誓ったもんである。

まさか“生き物係”だとはね。。

いまとなっては....という話。。

役者にはなれない。

2009-05-27 22:41:39 | 音楽

いきなり話は4月に戻る(笑)

昨日の高田渡生誕会60の会場で
のろのマスター加藤さんとまるちゃんに声をかけてもらったので
今日はのろにいます。

加川良ライヴです。

いつか生で聴いてみようと思っていた人なので
ちょうどよかったかも。。

さて、開演まで少し時間があったので
外で一息つこうかと出口にむかうと、階段を下りてくる人影。

荻窪にあるライヴハウス「落陽」のマスターのケンさんでした。
挨拶するかしないかのうちにケンさんが「しってる?」と
一緒に来た方を紹介しようとした瞬間、
「あれぇ!?」
「ひさしぶりですねえ!!」とわたしたち。

川村ゆうこ姐さんでした。

ゆうこさんとは彼女があらためてインディーズで活動をはじめる直前から
の知り合いで、何度か須藤もんさんのライヴでお話をさせていただいていました。
というか、じつはこのふたり、当時、仕事場が同じで
ゆうこ姐さんが活動をはじめる為のバンドメンバー探しをしているとき、
同じ仕事場で見かけるどう見ても堅気でないいでたち(笑)の須藤もんに同じにおいを感じて
声をかけたときからの知り合いというべきなのかな?

なにしろその夜には
「一緒にバンドやらない?」と声をかけられ
その人物がかつてフォーライフレコードの第一回新人オーディションでデビューしたといっているんだけど
知ってる?と電話が入っていたから。
「え~、それって川村ゆうこじゃないの?」と私。
「やっぱり....」
そこでうちにある彼女のレコードジャケット(!しかも「風になりたい」でなく「孤独なランナー」だったりする。)をいくつか選び、スキャニングして送ってみると

「若干、歳はとっているが本人らしい....」とずいぶんな(ごもっともな!?)お返事。

そんなこんなで音を聴きたいというもんさんに提供した音源から
「雨は降っているけれど」がコピー、アレンジされ須藤もんのライヴで演られたり、
川村ゆうこ復活インディーズバンド「オバンギャルド」にギターとして
須藤もんさんが参加したりとそのときどきに接してきていたから。

うん、ただね、ホント、いまにして思えばなんだけれど
せっかくわたしめが拓郎ファンだと知っているケンさんが紹介してくれたんだから
もうちょっと驚いてあげたほうがよかったかなぁ~と(笑)


※そんな川村ゆうこさんの荻窪・落陽でのライヴにこの週末30日に出かけてきます。


5月25日

2009-05-26 08:07:22 | Weblog


「それでも親かよ!」といわれ、
「そうなんだよなあ、親にされちゃうんだよなあ。。」といったのは陽水だったか?

だとしたら、いわゆる“おじさん”もそうなのかもしれない。

昨日、弟夫婦に子供が生まれた。

名実ともに“おじさん”にされてしまったわけである。

我が家改造計画(その1)

2009-05-15 01:49:02 | 無駄な日々


引っ越してから5ヶ月になろうというのに
いっこうに片付く気配も見えない。

パソコン廻りとベッドができちゃうと
一気にペースが落ちる。
意味はちがうが「座って半畳、寝て一畳」というのは
つくづくホントだと思う。

併せてずいぶんと築年数のたった建物だけに不具合も次々発生してくる。
ま、自己流ながら多少の心得はあるので
修理を試みてまた片付けが遅れちゃったりするわけで。

GWにはかねてから懸案の庭の柵のペンキ塗り。
popな感じにしてみました。

もちろんそれなりに考えがあっての色なんだけどね。


気分は鉄板麺!

2009-05-05 00:31:41 | 無駄な日々


大阪から帰って一週間めの日曜日。

きょうは江古田にいる。
マーキーで行われるライヴに来たのだ。
撮影を頼まれているので気分は半分くらいは仕事モードなのだ。

が、このライヴに行こうと決めた瞬間から頭の中は「鉄板麺」なのだ。
卒業後、数年おきくらいに江古田に来ることはあった。
しかしいつもタイミングが合わず、結局一度も食べることはなかった。
だから今回こそ!

16時の待ち合わせだというのに12時過ぎには江古田行きのバスに乗っていた。
その中から興奮気味にその数時間後に合う江古田在住の知人に打ったメールは
「おら、鉄板麺喰うだ!」とやや逆上気味な文字が。

そうこうするうちに江古田に到着。
西武池袋線に向かって進む。踏切を渡ればそこにあるのが......

しかぁ~し、あるはずの店がない!

正確には建物はあるけれど、看板はなく、別の店が入ってる。。
いやホントに目を疑うってことはあるんだとその時思いましたよ。
店前を通り過ぎて確認。やっぱちがう。

それでは移転したのかとそれこそかつて行動していた範囲で
江古田を散策(いや探索というべきか?)

やっぱりない!

あきらめきれず、派出所へ。
(そもそもその派出所はお店のあった踏切の反対側なのだ、さっさと行けよ、自分!)
「あのぅ、たしかあそこ「大盛軒」だったと思うんですけど。。」
「ん、去年だったかな、店閉めたよ」
「どっかに移転したとか.....」
「いや、聞かないなあ」

うちひしがれて派出所を出る。
この日のために夕べから食事をしていない。空腹が追い打ちをかける。。
う~ん....それからまたまた一時間ほどさまよい(だって、完全に鉄板麺だったんだから)
結局、何度かいったことのあるお店で過度な食事を.....

いささかもたれ気味の胃をかかえ、コーヒーショップへ。
なんといっても、まだ待ち合わせまでには時間がたっぷり....なのだ。
先週の弾丸ツアーのブログ用の文を書いて時間をつぶす。
かれこれ一時間、待ち合わせまであと30分といったところで
さきの知人からメールが......

「ね~江古田の大盛軒ならつぶれたよ~」

「.......................」


その後あきらめきれない私めはなぜなくなっちゃたのかを知りたくてネット検索。
理由はわからなかったけれど、東中野にもう一店舗あることが判明!

ふっふっふっ、そうかい、そうかい,,,,,,,