どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

MOTEL(須藤もん&対馬照)西日本弾丸ツアー二夜(Chatting Bar Kamakura)

2009-04-30 01:41:22 | 音楽

そもそも今回の企画のはじめの一歩はここへ来ることだった。

「Chatting Bar Kamakura」

ミュージシャン鎌倉研さんのお店である。

一年前に開店、しかし時間がとれなくて行きそびれていた。
が、その間に企画した鎌倉研、須藤もん&対馬照ジョイントライヴで
どちらもそれぞれが気に入ってくれた。
その日を境に「Chatting Bar Kamakura」に行くのは須藤もん&対馬照のライヴを
演るとき三月がメドと二人と決めた。
そして10月、福山、尾道でのライヴを聴きにいった際に、先の「オエコモバ」のことを
知ったのだ。

これをつなげてしまおう.....

ただ大阪にはいわゆる“つて”が皆無だった。
拓郎のFCで知り合いまだまだパソコン初心者だった自分に
ネット、チャットのことをいろいろ教えてくれた女性が
決算、満載の仕事、かきわけ行きますといってくれた。

この“沼(ライヴハウス)”にわたしめを引きずり込んだ☆さんも手助けをしてくれた。
またお世話になっているその他の拓郎関係のHP,掲示板を今回は活用させていただいた。

が、開催、二週間くらい前だったか☆さんから「動員怖いことになってるで。。」の書き込み。
詳細は訊かなかったけど、(怖くて訊けませんって!)3だの5だのという数字がちらつく。
背に腹で名古屋にいる大学の頃の同窓生に連絡をしてみたけれど、
さすがに家族もある彼らに「来てくれい!」とは言い出しにくくて
世間話をして電話を切った。

この頃、☆さんの掲示板に書いたライヴ告知に「仕事があるけれど知人を連れて....」と
JUDYさんが反応してくれた。もう、これに賭けてに出かけよう。。
....................................................................................................................................................................
そして当日。
10時に尾道を出て山陽道をのぼっていく。
岡山国際サーキットでのGT選手権の影響が気になったけれど難なくすぎてしまった。
「春一番」コンサートが開かれる服部緑地公園で昼食。
ここまでけっこう余裕があったのだがホテルまでの道でけっこう時間を使ってしまった。
チェックインしてすぐでかける。この時点で考えていた入り時間を過ぎている。急ごう。
それにしても趣のある部屋だったなぁ(笑)
地下鉄にのって心斎橋筋へ。

17時前、お店に到着。
まさにBARの佇まい。おしゃれです。
一息ついたところでリハーサル開始。
ギターはいい感じ。ただここでトラブル。
照さん側のギターの音が小さくてツインギターのバランスが悪い。
研さんも気がついて調整するが、いまひとつ。。
このあたりのことに詳しい方に連絡を取ってくれたのだが、つかまらなかったらしい。
あれこれトライするが、MAXまでもっていってもあと一息足りない感じ。
その後、原因がわかり落ち着く。
つぎにボンゴが絡む曲のリハヘ。
ギターのいい感じのボリュームにあわせるとボンゴの音は今以上大きくすると
バランスが悪くなる気がする。
ここを上限にして欲しいということを伝えてリハーサルは終了。

セットリストは基本的に前日通り。
ちょっと長いかな?とふたりは検討に。
聴いている限り、そんなに長くは感じなかったけど。
「カバーをはずそうか」と
「はずすとすると「伽草子」.....」
「拓コンつながりのお客さんも来るからそれはぢょっと....」
結局、そのままということに落ち着く。
ゲストで歌ってもらう研さんに
昨年の東京ツアーでジョイントライヴの時だけはずれ聴けなかった一曲をリクエストしてみる。

ふたりの天国つながりのお客さんを皮切りに
席が埋まっていく。
研さんも声をかけてくださっていた様で
お店の馴染みのお客様も。
そしてJUDYさんもお友達と到着。
一番最初に予約を入れてくれた女性を待って10分スタートを遅らせることにする。
(体調不良で参加出来なくなったというメールを東京を出る日に送ってもらっていたのだが、
自分が仕事場から直行したため、チェックできなかった。)

10分経過したところでスタート。

セットリスト

CARAVAN
MOTEL(須藤もん&対馬照)西日本弾丸ツアー “二夜”

M01.東京セレナーデ
M02.冬は厳しく
M03.レモンムーン
M04.シルバーウインド
M05.向日君再来
M06.隧道(ずいどう)

鎌倉研~
01.今夜を君と
02.濡れ色の思い出
03.満鉄小唄
04.夜のかげろう(どぅか'sリクエスト)

M07.セシリア
M08.手のひら
M09.キャラバン
M10.~逃げる
M11.伽草子
M12.めし

アンコール
M13.港が見える丘

まあ、驚いたのは「伽草子」
前日の尾道では「逃げる」で手拍子が入ったのにも驚いたんだけど、
この日セットリストからはずれかけたこの一曲がほとんど歌声喫茶状態に。
正直に言おう、自分から外さないように頼んだものの
大阪という場所柄、店柄から集まるであろうお客さんの感じを想像したとき
明らかにメジャーラインの“拓”の、しかもかなり甘めのこの一曲が受け入れられるか
少々(かなりかな?)疑問で恐い部分でもあったのだ。
それは大阪ではこの曲を演っていなかったふたりにとっても同じだったらしい。

アンチジャイアンツといいながら、アンチ長嶋といいながらも
なんか無視出来ないような、どこか好きかも?的なそんなもんなのかねえと....
やっぱりホントにメジャーなんだよね、拓郎は....と
その後ふたりとそんな話をしたのだ。

そして「濡れ色の思い出」
恵美ちゃんが娘さんに生まれた赤ちゃん(お孫さんですな)に会いに横浜に
出かけていたこの日に歌われたこの曲。なんとなく“くる”ものがあったなあ。。
研さんは他のお客さんからのリクエストだよと微笑っていたんだけど。。

ライヴは大阪的といいますか、コール&レスポンスありありの
リラックスした感じで流れ、終了。打ち上げへ。

ホテルに門限がある我々はそれでも時間いっぱいまでお店でねばり、
シンデレラよろしくたまたま都合良く目の前を通りがかった
カボチャの馬車ならぬタクシーに乗り込みホテルへ急ぐ。

「忘れ物しないように!」などと告いていた私めが
まんまとお店に置き去りにしてしまったGジャンは
また訪れるための口実にとっておこう。









MOTEL(須藤もん&対馬照)西日本弾丸ツアー 序夜(オエコモバ・尾道)

2009-04-17 22:27:59 | 音楽


ほぼひと月前の日記をいま書いている。
小学生以下ですな、こりゃ。。
もっとも日記として始めたことではないのでいいことにしよう。

さて、中央高速を11時間走り抜け、6時過ぎに尾道着。
MOTEL(須藤もん&対馬照)西日本弾丸ツアー1日目のスタートである。
スタートといいつつ、真っ先にしたことといえば“寝る”ことだった。

9時半にアラームをセットするが、8時には目が覚めてしまい、寝られない。
しょうがないな....もう起きてしまおう。
昼前に二人を起こし、15:30会場へ向かう。

信号の停車で降車したため、一瞬、道を見失う。
が、入り時間前には会場に到着。

「オエコモバ」

確かにまだ新しいお店なんだけれど、きっちりとライヴハウスである。
こういう場所がここにもできたんだなあとうれしくなる。

在住の同級生たちはまだその存在を知らなかったらしかったけど。
まあ、普通に暮らしていけば、歳とともに音楽との距離が開いていくということか、
普通は....ね。

それにしてもこのお店のライヴカレンダーの顔ぶれを見るとすごい。
これから尾道でのライヴの拠点になるんだろうなと思う。
がんばってほしいなあ。

「冬は厳しく」でリハーサルスタート。

最初の印象をひとことでいうと音のつぶだちがとにかくクリアー。
テレキャスターでも持ち出してガンガン鳴らすと
すごく気持ちいいだろうなといった感じ。
ただいまのままだとふたりには音が立ちすぎている様に感じた。
照さんのギターの高音弦のナットの部分の残響音まで
拾っていてけっこう挑戦的に聴こえる。

ホントにガチガチの厳しい冬。
確かにそういった内容でまちがいないんだけれど、
イメージとしてはそんな厳しさのなか垣間見える暖かさ。
初春を感じさせる風が一瞬みせる冷たさ。そんな感じが全体に欲しい。

全体の音を下げてもらい、もうちょっと柔らかい感じで弾いたほうが....とオーダー
落ち着く。

ライヴのほうは予約をいただいていた方がそろったほぼ定時にスタート。

「盛り上がりにくいライヴにようこそ....」

ここからのセットリストはアンコールの一曲以外二人に任せていたので聴く人になる。
いろいろライヴの模様をメモってもいたんだけれど、
いまさら採録してもしょうがないかな、その場所で聴いたことがすべてなんだから。
聴いてくれた人は楽しんでくれただろうか?

セットリスト

MOTEL(須藤もん&対馬照)西日本弾丸ツアー “序夜”

01.東京セレナーデ
02.冬は厳しく
03.レモンムーン
04.シルバーウインド
05.向日君再来
06.隧道(ずいどう)

07.セシリア
08.手のひら
09.キャラバン
10.~逃げる
11.伽草子
12.めし

アンコール
13.港が見える丘

今回は同窓会名簿を管理する杉原君にはホントお世話になりました。
そして連休初日をおして来てくれた同級生の面々にも感謝を。

またミクの書き込みを見てきてくれた唯一知り得ないあなたにありがとう!

HP、WEB、ライヴを通して知り合うことのできたカーノさんは
別会場のライヴとのブッキングをおして参加してくれたんですよね。

その他、声をかけさせていただき、参加してくださったすべての方に
ありがとうございましたを。


それにしても、食べ物がおいしいお店なんだよって教えてもらっていたのに
すっかり食べるのを忘れていた!
教えてくれた子もそのことを言う度にそのメニューが違ったから
きっとホントに美味しいんだろうなあと、思っていたにもかかわらず。

そういえばカーノさん美味しそうにハンバーガーを食べてたなあ。。(笑)

ええい、この悔い(喰い!?)を糧に次をめざすのだよ!