どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

2019.7.25. トランジスターレコード祭 (大田区民ホール・小ホール)茶木みやこ・鎌倉研・斉藤哲夫(ゲスト)

2019-07-31 02:53:45 | 音楽



今月は結構ライヴ三昧でした。そのトリとなるのがこのライヴ。

このライヴのお手伝いとして参加のまるちゃんは
「私が14時に来るんだから、その時間に来なさい!!」と言っておいて
当日、言われたままというほどではないものの
早めに着いて手持ち無沙汰のおいらの真横を素通りする素敵な人なのです。

さて今回はライヴ会場でちょくちょくお見かけしていた
ミーサさんとご一緒させていただきました。
いろいろツッコミながらのライヴ鑑賞....おいら的にはすっごく楽しかったですねえ。




 









そして今回のゲストの斉藤哲夫さん。
最初にそのお名前を耳にしたのはやはり拓郎の歌う「されど我が人生」
そこから衝撃的だったミノルタX-7のCMの「いまのキミはピカピカに光って」のキャプションでびっくりして。

その後はふと参加したライヴのゲストが哲夫さんだったということが続いて
そんなある日、ライヴフライヤーの制作を頼まれる。
結構タイトな作業だったと記憶するが、(あ、これもまるちゃんからだった)
メインとなる斉藤哲夫さんが病気を克服されて直後のライヴということで
なんとなく人工的なものを使いたくなくて
いろいろな思いを込めてそのフライヤーの背景には2006年のつま恋の青空を使った。



そしてライブ当日。
ステージに上がった哲夫さんが最初に話したのがこの背景の青についてだった。


この記事についてブログを書く
« 2019.7.20.タケQ、MOTEL 東西... | トップ | いま。 »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事