どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

やっぱ、ページを捲る感覚はいいな。

2019-02-08 10:23:38 | Weblog


久しぶりに本屋に寄った。

昔は毎日のように立ち寄り、毎日のように本を買っていた。
電車で通勤していたので、車内吊りとかが目に入るのも一因だったか。
面白そうなもの、お気に入りの作家の新刊など気になるものは読み倒していたと思う。
またふらっと立ち寄るのが普通なくらい本屋もあちこちにあった....


読みたいと思っていた本が文庫化されたので探していた。
もちろんネットで手に入れるのは簡単だったのだが、送料まで考えると....だった。

ハルキ文庫を探すがない。
そういうからには角川だろうなと思い角川文庫の欄を探すが見当たらない。
次の予定までの時間が迫る。
在庫端末で探ると棚が表示された。よかったあるぞ。
さっき探した棚に他の書物に挟まれ一冊だけ鎮座してた。



本としての文章、構成がこれでよかったのかな?
もっと本として面白く成立させることができたようのな気がする読後だった。
でも、そんなことをすっ飛ばしても
このことが書きたかったんだという作者の熱意がそうさせたんだろうなと推察される本だった。



この記事についてブログを書く
« お迎えしました。 | トップ | ご勘弁。 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事