どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

2019.7.3.吉田拓郎コンサート2019 〜Live 73 years〜(パシフィコ横浜)

2019-07-04 13:49:50 | 音楽


今回も全くの惨敗だったチケット争奪戦。

拓友さんが最終日に誘ってくださいまして、
パシフィコ横浜に行ってきました。

ちょっと待ち合わせ時間より早く着いたので
会場までふわふわ歩いてみる。
クイーンズスクエアを出ると
蒸暑い空気と泣き出しそうな空だけど、かすかに潮の香りが。
海までいったん出て戻る。
知人の拓友さんに出会い、生存確認。
さあ、今回の同行の方々に連絡を入れよう。

それにしてもここまで気負いもなにもなくコンサートに臨むことはなかったなあ。

そのためなのか、コンサートとしてはこの数年の中で一番良かったと思う。
無駄が削ぎ落とされてシンプルなんだけれど、おしゃれ。
それがライティング、演出、すべてゆき届いていて心地よい。
二階席だったけれど、それが全て見渡せるという意味では、
かなり“あり”だった。

エンディングからアンコールまでの流れはけっこう意味深だったなあと
思ったのだが、はたしてそこまでの意識があったか、演出だったのかはわからないことだなあ。

そしてこんなに真摯なファンもいるの?と
おもわず恐縮してしまうシーンにも出会ったのだが....そうかあ.....すごいなあ。。


そして....

いまやコンサートはそのチケット代だけで開催することはほぼ無理で
その費用はグッズの売り上げ等で賄われる。
そうなれば多少なり貢献したいものだと思うのだ。
そして悩む....ひたすら.....

絶対欲しい!!と思うものが....

ない!!

いやこういってはなんだけれど、ほんと毎回....センスが......
前にも言ったけれどファンならなんでも買うだろうと
安易に考えすぎだって!!

ネット上の公式グッズサイトからず〜っっと悩み続け
購入したのがこれ。

パンフも中が見られないから、博打だし。
ほんと購入した後で愕然とするパンフ、あるもんなあ。
今回はそのサイズに驚いたけれど、まあよかった。
インサートされた文章は、変えられない過去は....という割に
過去の話に終始しているなあとは思ったけれど(笑)

で、もうひとつは会場限定キーホルダー。
各会場で色が変わる。ほかに共通カラー、ネット限定カラーがあります。
こうしてみると、チケットのフォントと色が同じだね。
これが各会場、フォントの色がそれぞれでチャームの色がそれに同じとなると
「おぉっ!!」と思うのだが、チケットのトータルデザイン、印刷費用を考えるとまあないよな。。

にしても、
大阪からのチャット黎明期に色々教えてくれた拓友
現在、一番刺激を与えてくれるアマチュア・フォトグラファーの拓友
そしてマハロつながりの拓友たちと過ごした1日はなかなかでしたぞ。










この記事についてブログを書く
« 2019.6.21.カマケンFolk Homi... | トップ | 2019.7.3.吉田拓郎コンサート... »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事