どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

色って色々。

2021-04-25 00:08:22 | Weblog


そしてマスキングを逆にして、ブルーの部分を塗装。

本来の塗装色であるパールへロンブルーが絶版になっていたため
イメージの近い色を考える。
ま、真っ先に浮かんだのはインプレッサのおなじみWRブルーマイカ。
もうちょっと紫味が欲しい感じだったので
デイズのアトランテックブルーパールメタリック(ながっ!!)
でもこいつはカラースプレーが販売されていない。
で、あれこれ街を流しながら目についたブルー系の車を覚えておいて
検索する日々。
最後はホンダ車にはホンダでということで
ブリリアントスポーティブルーメタリックというカラーを選択。





マスキングを剥がしてみると
テープののりみたいなものが跡を残していた。
結構乾燥させたのだがなあ。

その部分に再びサンドペーパーをかけて
ピカールで仕上げる。

さていよいよクリアーがけです。




いよいよ本塗装。

2021-04-21 09:02:10 | Weblog

下地となるシルバーサーフェイサーを吹いた部分を
2000番のサンドペーパーで磨き、ブルーの部分をマスキング。

いよいよ本塗装です。

シャスタホワイトを吹いていきます。
数回に分けて吹いていくのはいつものことですが、
ここから塗装方法を変えます。
あるところまできたら、濡れた感じになるまで液垂れするギリギリまで
一気にスプレーを厚吹きして見た目研ぎ出しが必要ないくらい艶々にします。

そして数日おいて乾燥後、研ぎ出しをしました。
必要がないようにみえても
研ぎ出してみると塗料のデコボコはあるものです。
下地が出てはそれまでなので、800番くらいからはじめて2000番で仕上げます。
そしてピカールで磨きを入れて。。




さて、と、

2021-04-19 23:21:07 | Weblog


ブログの更新はご無沙汰ですが、作業は続いていました。
とはいえ、かわり映えのする画像が並ぶわけではないのですが。

まず、かの気になっていた部分のパテ埋め作業です。
後悔しないために手を尽くします。
パテ埋めの基本。盛っては削り、削っては盛るの繰り返し。
こういう曲面は手の感触が頼りです。モーターツールはしばらくお休み。





そして、サーフェーサーを吹きます。スプレーは使用前にファンヒーターの前で温めます。
いつもは熱湯につけて気化させるのですが、季節柄ちょうどいいやということで。
まあうっかりやりすぎると危険と思われますので、お勧めはしませんよ。

このバイクに使われているホワイトはシャスタホワイトというちょっとクール目の色目でして
その為(だと思う)サーフェーサーにはシルバーサーフェーサーが指定されています。
シルバー系の塗料は梨地になりやすいのが問題なのですが、
このサーフェーサーはその点、かなり優秀でした。




それでも、微妙な段差の手触りを頼りに、今度は吹いては削り、削っては吹くを繰り返し....
そしてピンホール、微妙な薄い傷の部分に模型用の溶パテを流し込み、
仕上げのサーフェーサーを吹いて2000番のサンドペーパーで仕上げます。



それにしても、このタンク、ブルーの上にホワイトを重ねているんだよなあ。
普通は薄い色の上に濃い色を重ねるはずなんだけれど。
謎だ。




牛歩のあゆみ。

2021-03-30 23:44:04 | Weblog


少しずつタンクの塗装、修理用のパーツを集めております。
そんな中でもできることはやろうと細かい作業は続いております。

かつてタンクマークが貼られていた場所、経年でクリアーが剥がれていた場所に
できていた段差を削り、フラットにしてあります。
ブルーの部分はメタリック系の塗装になるはずなので
こうした作業は必須なのです。
まあさすがにブルーの部分とホワイトの部分の段差はどうにもなりませんが。


問題はヒョリっと飛び出たかつての文字の部分。
今回のデカールはこの部分がないのでこの段差はちょっと問題。
デカールの下に隠れるはずなのですが、表面に跡として浮き出る可能性もなくはない....
ここはパテで埋めるか....


一応、希望どうりのラインデカールと最終型用のイエローのウイングマーク は純正部品で手に入れました。
しかし本命のホワイトのウイングマーク が手に入らない。
グロム用のウイングマーク も手に入れてみたのですが、やはり小さいな。

そんなことに思い悩んでいた先々日の夜。
ふと隣に止まったバイク。ブルーのタンクにホワイトのウイングマーク 。
しかも結構でかい。
ちょっとブルーが明るいけれど、これならいけるかもと
再び、ホンダに問い合わせ。
少ないながらもまだパーツの在庫が残っている。
これで決まるかな、Ape50のリバーサイドブルー用のウイングマーク で。
ただ撮影に関係で白に見えているが、実はシルバーかもねとも考えている。

それにしても在庫有りだったのに、いまだに連絡が来ないAmazonさん
なんとかしてよ。
それがないと始まらないのだよ。。




レンズ交換

2021-03-22 23:34:54 | Weblog


シートとリアライトの関係がいまひとつな感じを持っていた。
で、今回ちょっといじってみることに。
ナット二枚をかまして、少し押し出す感じにしてみた。
ざっと1cmくらいか。
もっと押し出してもいい感じなのだが、とりあえず。

すっかりダメになっていたレンズを
新しいものに交換。
汎用部品を購入したので
若干、擦り合わせにコツが必要だったが、なんとかおさまった。





うちに来た頃の画像を見ていて
チェーンカバーがついていたことを発見。
外したことをすっかり忘れていました。
あちこち探して見つけ出しました。
ついでにこいつも再塗装。


時間経過の中、取り付け用のネジ一箇所分、どこかになくしてしまった。




無駄に一日....

2021-03-05 23:59:42 | 無駄な日々
再配を頼んでいたいた荷物が時間になっても届かない。
昨日頼んでもいないのに、不在届が入っていたので嫌な予感はしていたのだが。
今回の業者は再配時間の区切りの幅が広くて
ほぼ半日無駄にした。
電話でそれでは今日の一番遅い時間帯の一番遅い時間でとあらためて頼んだのだが
来たのはその時間帯の一番早い時間。
一応、電話はあったから、まあそれはそれと思っていたのだが
今度は代引きのお釣りがないと....

昨日は昨日でその時間には持っていけませんとかつて言われた時間より
さらに早い時間に配達されてあせった。
なにしろ、受け取り時間を考えて早めに風呂に入っていたところだったのだ。
どうにもしょうがなくて、ジーパンとウインドブレーカーのみを
身につけて応対する羽目になった。

こうして少しずつパーツが集まりつつある。

そんななか、とりあえずできることをということで
フレームをピカールで磨き艶が復活しました。
ただしもはやクリア層は無いようで、フレームカラーが落ちています。
リアのホイールを塗装しました。細部も筆塗りしました。
スタンド、リアブレーキペダル等にもカラーを入れております。
リアブレーキ、ハブ等をシルバーで残すとなると
なかなかめんどくさいことになるのです。

でも後半に発売されたこのバイクはその部分もブラックで塗装されているというのが
判明しまして、さてどうしようかと。
塗ってしまえば、スプレーで一気なので仕上がりは綺麗になるはずなのですが、
足回りのイメージが重くなりすぎる気もするのです。



タンクの凹み

2021-03-01 09:42:31 | Weblog

いまのバイクについているタンクには凹みがある。
もう随分前だが、いきなり反対車線の車が右折してきて
急制動をかけて回避した時、怒りでバイクのタンクを
ニーグリップする内膝でタンクを叩いたのだ。

そして翌日、膝の大きさで残る凹みにヘコんだ....

いまから数ヶ月前、半分戯れでタンクの凹み修理で検索してみると
あら、ま、修理キットがあるじゃないの。

デントリペアキットという。

理屈は凹みにひっぱり棒をくっつけて、
それを万力の要領でひっぱって直すと。
そしてキット自体そんなに高くはない。

理屈はわかったと。

今回手に入れたタンクの凹みはそれほど大きくはない。
手元にはキットに付属しているものよりしっかりとした
グルーガンがある。
んじゃ、やってみましょうということで、
グルーガンと適当な大きさのドライバーの背数本用意して、と。

これが以前。

ひっぱってみた。


まだ若干凹みが残っていますが、パテ埋めするにしてもなんにしても
作業は楽になるかな。





暖かなある日。

2021-02-26 11:06:49 | Weblog


ずっと気になっていたホイール。
スポークの錆浮きといい、なんとなくみすぼらしい感じ。
錆はたまに落としてはいたのだが、ここは思い切って。

ペイントしました。

このバイク、年式によってホイルとスポークのカラーに違いがあって
オリジナルはどれって感じなのですが、今回は褪色ではっきりしないが
おそらくオリジナルカラーであろうマットブラックで塗装。
細かいところは筆塗りで対処しなければだが
とりあえずざっと塗る。

塗装済みのフロントホイルとまだ未塗装のリアホイル。




リアの方がドラムブレーキの関係でめんどくさそうだな。


一難去ってまたですか?

2021-02-15 14:36:28 | Weblog


落札したタンクをどうするか?決めかねていると。

検索をかけても、うちの年式用の純正のタンクステッカー がヒットしない。
05年型のタンクステッカー でも、いやむしろこっちのほうがいいかなと
思うのだがそれすらヒットなし。。
色々手を尽くしたのだが、どうにもならないので
ホンダのお客様センターにメールする。

結果、05年型の左のホンダマークのみ僅かに在庫があるのみ
あとはすべて販売終了、欠品状態ということに。
そこでこんどは近くのホンダウイング店にメールして店舗在庫がないかと問い合わせるも
どこも在庫なし。
そういえば06年型のラインマークの部品番号情報が来ていなかったので
ネットで探していると海外のサイトに行き着いた。
で、部品番号は分かったのだが、そのサイトですら在庫がない状態。

ところが、だ!!

その部品番号で検索を入れると、なんと某大型通販サイトに在庫があることがわかる。
そこには05年型のシルバーのウイングマークは欠品しているものの
最終型のイエローのウイングマークは左右で在庫があることがわかる。
う〜ん、イエロー...かぁ.....
とりあえず買い物カゴに入れておこう。

裏付けはとれたので作業を開始する。
専用のヒーターもあるのだが、そこに費用をかけても、ね。と
手隙の時間で暖房用のファンヒーターの前にタンクを置き
熱くなったところでボンドについていた樹脂製のヘラでマークをこそぎ落とす。
ただただそれを繰り返すこと数日、
ここまできた。


う〜ん、先は長いなあ....というか長すぎるだろ、これ。

そこで今度はAmazonで手に入れたギアを投入。


モーターツールに取り付け、ものすごい、カスにまみれながら作業すること数十分。

今までの努力はなに?といいたくなるほどあっけなく作業は終了。

これで物事が順調にいくのなら、どうということがないのだ。
先のサイトで買い物をするには、ま、いわゆるユーザー登録というものが必要になる。
それが問題なのではない。
そのユーザー登録を済ませて、購入サイトの買い物カゴに戻ると
入れておいたステッカーすべてに個人販売、個人宅配送禁止マークが........

へっ?これって情報もっていかれただけですか......

さてどうしましょ?

なかなかどうして....たいへんです。

2021-02-11 10:16:37 | Weblog


狙っていたタンクを逃したのち、すぐ、次のタンクの落札の走ったのですが
同じことを考えていた人がいたらしく、即決で落札されてTHE END。

その後、叩き合った末、降りたりで。

ここまでで考えていたのが
塗装を剥がして地金を出して、クリア塗装するアルミタンク風パターン。
だとすれば、凹みのないタンクであれば、いいということ。

ただその後、わかったのが塗装割れと思っていたのが、
実はデカール割れだったこと。
ブルーと赤ラインの間の白までがデカールだったとは。

ということはデカールを張り替えて
ウレタンクリアを吹いてやれば結構簡単にうまくいくのではないかと。

で、こいつを落札しました。



ただ、やはりありました凹みが。


アルミ風だと、こいつをどうにかしないと。
塗装ならパテ埋めだななんだのと手があるのですが....


しゃりしゃりと

2021-02-10 10:46:11 | Weblog


イヤな音が車輪周りから。

ブレーキパッドが限界なんだろうなと、物色を始める。
いままではデイトナさんの赤パッドを使っていたのだが、
ま、もうちょっと安くてもと考え、(ネット上ではそれが二枚の価格なのか一枚の価格なのか判断しかねたのもある)
二枚でそこそこの評価のこいつにした。

パッドの交換なんてSRX以来だなと考えながら作業開始。
その頃と違うのは
以前はメーカーが出すサービスマニュアルを買ってきて、それとにらめっこであれこれやっていたのだが
いまはネット上に作業過程が記事に、動画にとあふれている。
はずしたキャリパーをクリーナーとブラシで清掃。

キモはピストンの戻しだなと思っていたのだが、
案の定、ピストン周りの清掃をグリスアップしても押し込めない。
外したブレーキパッドとプライヤーで押し込むかと考え、念のためネットでさぐってみると
同じ作業をしている記事を見つけた。
キャリパー側に軍手をかまして押し込んでみる。
想像より過多気味に力を入れるとピストンが下がり始める。
何度か繰り返してピストンがおさまった。
ブレーキパッドの角をグラインダーで削り、ピストンとパッドの当たる面にグリスを塗り
元に戻す。

試走を。
効きは前よりちょっと甘いかな。まあ、あたりが出てくれば
もう少しはガッチリとくるでしょう。

2021のいろいろ。

2021-02-08 22:24:18 | Weblog


いろいろなことをすっ飛ばしてのスタートとなりました。

年末年始は仕事に忙殺され、その合間を縫って部屋の更新だのなんだのと。
年賀状をいただいた方、申し訳ありません。
今年は失礼させていただきました。

バイクを一台落札しようと狙っていたのですが、
オークション終了時間に帰宅できず、バイク用のタンクも同様の理由で逃しました。
どちらもえっ?という程度の価格で落札されたいたのでもったいなかった。。
ま、叩き合いになれば価格は上がるんでしょうけど。

とはいえ、手持ちのバイクもいろいろ問題が出てきているのは
以前に書いた通りなのです。

で、ちょこちょこと手を入れ始めていて....

とりあえず、チェーンを張り直し、鏡面が剥がれ始めていたミラーを交換しました。
画像は使わなかった左側のミラーです。左右二本で落札しました(送料の方が高かった)
バイクにつけた右側にだけは先端にゴムカバーが残っていて都合が良かったのですが、
なんとなくすぐ外れてなくなりそうだなと思ったのも束の間、
気がついたらなくなっていたという....

今年もよろしくお願いいたします。




ライヴハウスで聞いた話。

2020-12-23 22:58:29 | Weblog


府中三億円事件の話がテレビから流れている。

そういえば甲斐よしひろのアルバム「翼あるもの」に
ムッシュの「喫茶店で聞いた会話」をコピーしたものがあった。
この「喫茶店で聞いた会話」はこの事件をネタに会話している風景が歌われているのだが。

そういえば、FOLK HOMIEの会場で開始を待つ間、
聞こえてきた会話の中に
このところ鎌倉組の活動が各所で活発になる中、
「東京にはないよね。〇〇さんがやればいいのに....」とかいう内容だった。
でもね、じつは、さ。あるんだよね、これが。

その名も「カマケン被害者同盟」
設立は2005年。

人々の記憶の片隅に残るかどうかのmixiの中に存在しました。

そんなことを思い出しながら、「ライヴハウスで聞いた話」だなと
いつか書こうと思っていたのも、ずいぶん前のことになってしまった。










2020.12.19.鎌倉研ライヴ・Guest: 稲野真人 (お茶の水・Woodstock Cafe)

2020-12-21 00:06:36 | 音楽

以前、来た時はもっと明るかったからか、コロナ禍しまっているお店が多いからか
通常、ほぼ、ありえないことなんだが、道に迷う。

お店の扉を開けようとするともう演奏が始まっている。
えっ?そんなに迷っていたっけ??
時計を見ると30分を5分ほど過ぎていた。
演奏がひと段落するまで外で待とうとすると扉が開いた。
あらためて時間を確認すると18:35を指していた。
ふう、1時間、時間を見誤っていた。

この日のゲストミュージシャンは稲野真人さん。
かつて研さんとずっとライヴを共に演っていた方だ。

で、ま、いっちゃうとさ、
研さんの音頭のもと、ご来場いただいた13010人(笑)のお客様に
誕生日を祝っていただきました。ありがとうございました。


<鎌倉研>

この日のみの登場となるヤイリのギターでの演奏

<稲野真人>



ライヴ後、なんとなくその場をさり難く、長居となってしまいました。
それでもそこそこの時間に出たはずだったのだが、結果、終バスになってしまった。
久しぶりにいい夜だったなあ。

みなさんに感謝。





2020.10.31.萌コンサート 鎌倉研・松田幸一(Guest)・茶木みやこ(大田区民プラザ小ホール)

2020-11-04 10:32:04 | 音楽
なかなか公表されなかったこのイベント。
どのみち中止だろうなと仕事を入れていたのだが、
岡さんはじめ、スタッフの努力で開催が決定。
あれこれ理由をつけてシフトを調整、行くことができた。
こうして出かけるのは渋谷にギターを買いにきた時以来だなと
思いつつ、電車に乗る。
ライヴはそれよりもっとご無沙汰だ。
今回はホールで50人限定ということで出かけるのに勢いがついた。
立場上、感染するわけにはいかないのだ。
仕事場が丸一日完全にストップしてしまう。

参加を伝えた時、撮影は頼まれていたのだが、会場に入るとスタッフ証を渡される。
え、そんな本格的な話なの?いつもの調子でふわふわ出かけてきたんですけど....
今回はスタッフだから入場料はいいですよと言われたのだが
それはさすがに辞退をさせていただく。
スタッフ証があるのである程度動けるのはありがたいのだが、
今回は席の間が広い分、動ける幅が狭い。
しかもほぼ満席なのとムービーも3台控えている。
いやこれは動けないぞということで
いつものスタイルで撮影することにする。
せっかくの待遇だったのだが....まあ撮れるものを撮ろう。

はじまりを飾るのは茶木さんだった。






そして松田ari幸一さんと一曲


休憩後はariさんのステージからスタート。




「東京ブギウギ」「プカプカ」等、馴染みの曲を織り込みつつ進む
演奏を聴き入っている会場の雰囲気が新鮮でした。


研さんと一曲




ここで再び休憩。
そして鎌倉研さんのステージがスタート。






茶木さんが呼び込まれて「生活の柄」


ariさんが加わりアンコールに代わりに3人で





最後に岡さんからご挨拶


研さんからお誘いをいただいたのだが、
この後の作業、渋谷で起こるであろう混乱混雑を考えて
今回は帰宅を急ぐことにする。

なにしろこの日は....


ハロウィン!!