重慶大爆撃
重慶大爆撃被害者の謝罪と賠償を求める闘い
 

はじめに 〜「重慶大爆撃とは?」  

 重慶大爆撃は、1938年から1943年までの5年半に及んでいる。日本軍が重慶の一般住民の殺戮を意図的に狙った残虐な無差別爆撃である。日本は、1937年7月の廬溝橋事件で中国への全面的な侵略戦争を開始したが、これ以降日本軍機は上海、南京をはじめとする中国のほとんどの主要都市を爆撃した。
 重慶大爆撃が最も激しかったのは1939年から41年までの3年間であった。1939年の「五・三、五・四」、1940年の「101号作戦」、1941年の「102号作戦」・「六・五大隧道惨案」とそれぞれ呼ばれている爆撃では、重慶は甚大な被害を出した。最近の資料では、この5年半の爆撃による死傷者は6万1300人、うち死者2万3600人、負傷者3万7700人とされる。重慶大爆撃は、日本の侵略戦争に徹底抗戦する中国の政府・民衆の戦意喪失と侵略への屈服を狙った最大規模の無差別・戦略爆撃であり明白な戦争犯罪であった。





中国・重慶爆撃「悲劇、二度と」 東区で生存者の証言聞く集い

 日中戦争当時、旧日本軍の中国・重慶市への無差別爆撃で、親族を失うなどの被害を受けた同市在住の中国人男性2人を招き、東区光町2の広島ロードビルで7日、「重慶大爆撃幸存者(生存者)の証言を聞く集い」があった=写真
 県日中友好協会青年委員会の主催で、元新聞記者の高原さん(75)と元技術労働者の程銘さん(68)が証言。旧日本軍の爆撃で祖父や父を失った程さんは「日本の無差別な爆撃で、私の人生は変わってしまった。日中両国はこの悲劇を繰り返さないよう、友好関係を築かねばならない」と訴えた。
 日中戦争で、旧日本軍は1938年2月~43年8月の5年半の間、国民党政府の首都だった重慶を重点的に爆撃。市民も巻き込む無差別爆撃で、中国側統計によると、死者は計9218人に上ったという。
【遠藤孝康】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私たちは日本の皆様に訴えます
戦争反対!世界の民衆と連帯し、開始された日本の戦争をとめよう!

 私たち中国重慶訪問団は、三千万の重慶市民の衆望を一身に担い、第二次世界大戦中、無差別爆撃を受けて死傷した三万人近くの被害者とその親族を代表し、戦争に反対し、平和を希求する本集会に参加しました。
 私たちは、広島、長崎での原爆で被害に遭われた罪のない日本の市民に哀悼の意を表します。
 私たちは、日本政府がドイツ政府に学び、正しい態度を取り、残された戦後の歴史的な問題を処理し、重慶大爆撃の被害者などの戦争被害者への謝罪と民間賠償を行うことを強く求めます。
 私たちは中日両国の民衆にひどい災難をもたらした戦前の日本軍国主義を厳しく非難し、日本の皆様に次のことを呼びかけます。「歴史に鑑み、中日両国の民衆が手をつなぎ、共同行動を取ろう。戦争がなく、永遠に平和で、繁栄するアジア太平洋の新世紀を作ろう。」
 近代の百年あまりの間に、多くの日本民衆が平和を追求し、その目標を達成するために身を捧げました。しかし、戦前の民主運動が失敗し、日本軍国主義の勢力は国家の政権を取り、日本を支配しました。歴史に教えられたことは、原爆という悲劇が起こされた原因は、戦前の日本軍国主義が全面的に発動した対外の侵略戦争にあるということです。軍国主義勢力は自身の利益のため、「おのれの欲せざるところを人に施すなかれ」(「論語・顔淵」)という道義に反し、無差別爆撃等の戦争被害を中国人民に押しつけ、罪のない日本民衆にも災厄をもたらしました。
 正義に希望を寄せ、正義を追及するすべての人々は、広島、長崎の痛ましい歴史に促され、原爆の体験に根ざした記念活動を通じ、戦争を廃絶して平和を維持するという課題に注目し、それを支持しています。
 指摘しなければならないのは、多難の歴史の影がまだ残っているということです。中日関係からいえば、一部の日本の政治家は誤った歴史観に固執し、せっせと政治の私益を求め、ひいては隣国と世界の平和を損なうような企みを抱いています。今日彼らは、いわゆる「有事法制」を作りだし、海外に派兵して、攻撃性のある武器を増やし、戦後の平和と民主主義の原則から外れました。
 私たちは歴史の教訓を銘記し、現在にある逆の流れを取り除かなければなりません。私たちの目標は、中国と日本の間に再び戦争を起こさないことだけではなく、地球が一つの村になる、全世界の平和を建設していくことでもあります。私たち中国重慶訪問団は、心から連帯の挨拶を申し上げます。

重慶訪問団スケジュール

 ◆2004年8月6日(金)正午から
広島県立総合体育館(小アリーナ)
 「被爆59周年戦争をとめよう!8・6ヒロシマ大行動」
 主催:戦争をとめよう!8・6ヒロシマ大行動実行委員会

 ◆8月7日(土)13時から
 ヒロシマロードビル(国労会館)3階大会議室
 「侵略日本軍重慶大爆撃幸存者の証言を聞く集い」
  講演:徐勇(北京大学教授)
  証言:高原(重慶大爆撃幸存者)・程銘(重慶大爆撃幸存者)
 主催:広島県日本中国友好協会青年委員会

 ◆8月9日(月)18時30分から
 くまもと県民交流館パレア9階会議室2
 「中国重慶爆撃被害者の証言を聞く会」
 主催:特定非営利活動法人平和と人権フォーラム


新聞記事

 重慶空爆の被害者・遺族が、日本政府に対する訴訟を起こすために、2004年4月7日、「重慶大爆撃被害者民間賠償請求原告団設立大会」を開催したことを報道する「重慶経済報」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )