ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『マチェーテ』(肉食系女たちがカッコいい!)

2010-10-26 23:28:14 | 新作映画
※ちょっとネタバレ部分も。
あっと驚きたい人は、
本篇をご覧になってからお読みになることを、
おススメいたします。


(原題:Machete)

----おおっ。
これって確か『プラネット・テラーinグラインドハウス』のとき話題になった
フェイクの予告編『マチェーテ』から生まれた作品だよね?
「そう。そうなんだ。
で、結論から言うと、
これが予告編なんかはるかにしのぐオモシロさ。
個人的には、いま大ヒットしているあの映画なんか目じゃない。
ぼくの求めるアクション映画は、まさにこれだね」

----へぇ~っ。そこまで誉めるなんて信じられニャい。
どこがそんなにハマったの?
「一つひとつのカットに魂がこもっている。
なんて、いきなりスピリチュアルな言い方をしてしまったけど、
分かりやすく言えば、画つくりが丁寧なんだ。
でも、それは何も、はっきりくっきり見せているということじゃない。
たとえば、この映画ではナイフで切られて首がすぱすぱ飛ぶし、
体に釘だか杭だかを打ちつけるような、
本来なら目を開けていられないような残酷なシーンが次々と登場。
でも、それが“映画の中の嘘=約束事”として節度を持った描き方がなされている。
だから、純粋にアクションとして楽しめちゃうんだ」

----丁寧でいて節度あり?
それは難しそう。
だけど、お話自体は荒唐無稽ニャんでしょ?。
「そう。しかも
複雑なようで単純。
フライヤーの裏に書いてある文言を引用すると
こうなる。
『罠にはめられ失職した一匹狼の元メキシコ連邦捜査官、マチェーテ(ダニー・トレホ)。
国境を越え、アメリカに渡った彼は
不法移民嫌いの米政治家の暗殺を依頼されるが、
それもまた新たな罠だった…』。
で、そのマチェーテの前に現れる女たちがみんなエロカッコいい。
移民関税執行局(ICE)職員にジェシカ・アルバ
母親と裸で戯れるマフィアの娘にリンジー・ローハン
そして筋肉隆々、表向きはタコス売りの女戦士にミシェル・ロドリゲス
ここまで肉食系の戦う女が出てきたのは、
もしかして『アマゾネス』以来かも。
一方でまた、悪役が魅力的。
いつもは、なぜか風貌とは似合わない正義の観方に扮しているスティーブン・セガールがメキシコの非情な麻薬王。
一説では、『エクスペンダブルズ』への出演を断ったとも言われているけど、
こっちに出るためだったらそれは大正解。
刀を振り回し、最後は切腹まで見せてくれる。
で、移民を嫌う人種差別の米上院議員にロバート・デ・ニーロ
彼がまたおかしい。
命ほしさに、さっさと自分の立場を変えちゃう。
他にも、チーチ・マリンがマチェーテの兄貴で牧師の役。
ドン・ジョンソンが自警軍の兵士。
と、俳優だけでも見ごたえ十分。
しかも監督ロバート・ロドリゲスが目指したのが、
ラテン・フレーバーを持ったアクション映画。
彼はジョン・ウー監督の
『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』『狼/男たちの挽歌・最終章』に刺戟を受けたというんだ」

----ニャるほど。納得。
えいは、ああいうの好きだもんね。
「そういうこと。
一見、派手にドンパチやっているように見えても、
そこには様式的な美学がある。
あと、忘れてはならないのがユーモア。
『マチェーテ、メールしない』を始めとする
マチェーテのセリフのいくつかは、
それこそ名セリフとして、この後、長く語り継がれるだろうね。
そうそう、『腸の長さは身長の10倍』らしいよ」

----ニャんだ、それ。


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「興奮して帰ってきたのニャ」おっ、これは


ジョン・ウー+サム・ペキンパーだ度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 『信さん 炭鉱町のセレナーデ』 | トップ | 『エクスペリメント』(『es ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (にゃむばなな)
2010-11-14 16:27:02
そうそう、このB級映画には美学があるんですよね。
ですから面白いんですよ。

本当に連休でヒマな時にUHF局で放送されていたら思わず見てしまうようなあの魅力が満載でしたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2010-11-17 09:16:32
こんにちは。

この映画、いま思い出しても楽しかったです。
なるほどUHF局か…。
最近、そのノリの映画が減っている気がします。
こういう徹底してムチャをやる映画は大好きです。
作家の節度 (ノラネコ)
2010-11-17 23:28:12
節度があるっていうの、凄くわかります。
これは「デスレース」のリメイクを観た時に感じたのですが、デジタル時代になって低予算でもとにかく描けるだけリアルに、というような作品が増えましたよね。
でも結果的に痛々しさ前に来て、オリジナルが持っていた絵空事の楽しさみたいなものは失われてしまっている。
ウソをウソとして楽しむ事の重要さを、ロドリゲスはよく知っていると思います。
何より作り手がウソを凄く楽しんでる!
■ノラネコさん (えい)
2010-11-21 23:30:24
こんばんは。

アクションと言うと、
最近は、シャープであることが要求されているような気がします。
でも、ぼくなんかのアクションのイメージはパワフル、
どっこいしょって感じ。
この映画は、
そんな古き良き時代のアクションを思い起こさせる
荒唐無稽さが嬉しかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

ダニー・トレホはクラスにいない。『マチェーテ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れていますタランティーノとロドリゲスによる『グラインドハウス』内で流したフェイク予告編を基にロバート・ロドリゲスが長編映画として製作・監督した『マチェーテ』。まさかホントに作るとは思わなか
マチェーテ (Machete) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 イーサン・マニキス/ロバート・ロドリゲス 主演 ダニー・トレホ 2010年 アメリカ映画 105分 アクション 採点★★★★ まいったなぁ…。面白過ぎて、書き出しから何を書いたらいいのかさっぱり浮かばない。いつもなら、何かしら観賞しながら心のメモ帳に気に...
「マチェーテ」俺が主役だ!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マチェーテ] ブログ村キーワード  スティーブン・セガール、ミシェル・ロドリゲス、リンジー・ローハン、ジェシカ・アルバにロバート・デ・ニーロ!はい、みんな主役が張れるスター俳優ばかりですが、今回はみ~んな脇役です。そう、今回の主役はこの人ダニー・トレホ...
マチェーテ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2007年にクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが監督した、70年代のB級映画を色濃く反映した二本立て映画『グラインドハウス』。その中に実際には存在しない映画の予告編がいくつかあったが、中でもとりわけぶっ飛んでいた事で話題をさらったのはロドリゲ...
『マチェーテ』 正義はどこだ? (映画のブログ)
 これがアメリカ映画であることが驚きである。  『マチェーテ』の背景にあるのは移民問題だ。  メキシコから米国に大量の不法移民が流れ込んでいる。彼らはあくまで不法な滞在者なのだから、取り締まる必...
『マチェーテ』 (こねたみっくす)
スプラッタ、エログロ、銃の乱射、爆破、麻薬、実娘性愛、切り飛ばされる生首、突っ込むだけのカーアクション、母娘どんぶり、存在意味が曖昧な水着美女、お色気ナースの生足、切腹、製作予定は未定なのに流す続編のタイトル。 これぞセックス&ヴァイオレンスが売りの、...
マチェーテ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
まさかのダニー・トレホ主演、まさかの映画化! 「マチェーテ」は、あの「グラインドハウス」で流れたうそ予告編を、本当に映画化してしまった、素晴らしきB級魂が迸る怪作である。 アバタ顔のヒスパニック...
マチェーテ/Machete (我想一個人映画美的女人blog)
ヤツの名は、マチェーテ泣く子も黙るその形相、メールはしない!でもやれば出来る子!! タランティーノと組んだロバート・ロドリゲスのB級映画へのオマージュ映画「グライ...
マチェーテ (単館系)
マチェーテ 何も知らず、R18+というだけでセレクトした作品。(ぉい 結論。楽しめた。 R18+というとエロが大半ですがそうではなく方向性はP2と同じような感じ? とにかく銃で撃ちまくり、ナタで切り...
「マチェーテ」 エグい!でも爽快! (はらやんの映画徒然草)
「グラインドハウス」でかかっていた偽予告編(「グラインドハウス」を観ていないので
マチェーテ (メルブロ)
マチェーテ(原題: MACHETE) 335本目 2010-39 上映時間 1時間45分 監督 イーサン・マニキス 出演 ダニー・トレホ(マチェーテ) 、 ジェシカ・アルバ(サルタナ)     ロバー ...
『マチェーテ』 豪華B級映画 (Days of Books, Films )
『マチェーテ(原題:Machete)』(ロバート・ロドリゲス監督)は、2007年
マチェーテ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マチェーテ』を渋谷東急で見てきました。  評判が高いにもかかわらず、ごく僅かの映画館でしか公開されなかったので見逃してしまったところ、11月下旬からこの劇場で1日1回だけ上映される...
「マチェーテ」 MACHETE (俺の明日はどっちだ)
・ 先日書いた「キック・アス」とともに立て続けに観た「マチェーテ」、これが「キック・アス」に負けずとも劣らないなんとも“ 素晴らしい ”作品だったのであります。 今から3年前、ロバート・ロドリゲス監督が盟友クエンティン・タランティーノと組んで、か...
マチェーテ (銀幕大帝α)
MACHETE/10年/米/105分/エロティック・アクション/R18+/劇場公開 監督:イーサン・マニキス、ロバート・ロドリゲス 製作:ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ 脚本:ロバート・ロドリゲス 出演:ダニー・トレホ、ジェシカ・アルバ、ロバー....
マチェーテ (だらだら無気力ブログ)
ロバート・ロドリゲス監督が盟友クエンティン・タランティーノと組み、B級 映画へのオマージュとして撮り上げた二本立て映画「グラインドハウス」。 本作は、その中で上映するためだけに製作された架空の映画の予告編 「マチェーテ」を、ロドリゲス監督自ら豪華キャス...
マチェーテ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MACHETE】 2010/11/06公開 アメリカ 105分監督:イーサン・マニキス、ロバート・ロドリゲス出演:ダニー・トレホ、ジェシカ・アルバ、ロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・セガール、ミシェル・ロドリゲス、ジェフ・フェイヒー、ドン・ジョンソン、シェー・ウィガム....