ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『メアリーの総て』

2018-11-12 11:58:53 | 新作映画


Twitterが息苦しくなって
懐かしのブログに。
でもフォーンとの会話はできないし、
かと言ってパンセにお相手は厳しい。
しばらくは画像のみ。

さて、なにから始めるか。
最近観た中からまずはこれ。
と言ってもTwitterのコピペ。

メアリーの総て

「フランケンシュタイン」の作者メアリー・シェリーがこのSF的名著を生み出すまでがドラマチックに展開。
監督がサウジアラビア生まれの女性ということも手伝い、「自由恋愛」という男の都合のいい概念の前に苦悩し、自身の主義と葛藤するさまが、70年代後期の女性映画にも被った。

映画のクライマックスは「ディオダディ荘の怪奇談義」。
ケン・ラッセル監督『ゴシック』とはまた異なるアプローチに目を細めるのもまた一興。

※70年代女性映画
『ミスター・グッドバーを探して』『結婚しない女』『ジュリア』『愛と喝采の日々』『グッバイガール』など。


さて、実はこれ2度目のライティング。最初はPCの管理画面をiPhoneでやったところ、途中で消えてしまった。
仕方なく新たに投稿しようとしたらスマホ用管理画面が…。
そうそう、ブログは下書きが必要だった。
慣れるまで時間がかかりそうですが、よろしくお願いします。

(byえい)

「パンセがなぜここに?」
実は、えいが書いているあいだ、
ずっとお膝で寝てたから。
いや、話は聞いてたのたけど…。(byパンセ)
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『聖の青春』 | トップ | 『ジョニー・イングリッシュ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝再開 (ノラネコ)
2018-12-22 23:59:24
ブログ再開したんですね。
これは地味ながらとてもいい作品。
同じ監督の「少女は自転車にのって」と同じベクトルを違うアプローチでやった作品ですね。
この人、結構器用な作家かもしれません。
Re:祝再開 (えい)
2018-12-23 10:39:57
ありがとうございます。
おかげで1ヶ月開いていたことに気づき、
またひとつアップしました。
フォーンから離れて試行錯誤。
ツイッターに連投したのをまとめるところから始めてます。
iPhoneで書く簡易版です

『メアリーの総て』。
これ、メアリー・シェリーとした方が分かりやすかったのでは、
と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事