ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ハウス・オブ・ザ・デッド』

2005-02-18 00:07:06 | 新作映画
------『ハウス・オブ・ザ・デッド』って、
ゲームの映画化なんだって?
「うん。しかも『バイオハザード』などと同じ
ゾンビ・シューティング・ゲームらしい。
らしい、というのは、やったことないからなんだけど(笑)」

------それにしてもゾンビ映画が最近増えてきたね。
『28日後…』、それに『ドーン・オブ・ザ・デッド』。
「そうなんだ。しかも若者の一人が彼らのおかれた状況を
ロメロのゾンビ映画にたとえるシーンまである。
いまさらゾンビ映画をやってもオリジナル性を出すのは難しい。
そこで、すでにロメロ映画などでゾンビを知っている世代の体験とすることで
少しでも新しさを出そうとしたんじゃないかな。
物語からして、島で行われるパーティに参加した若者一行が
ゾンビたちに襲われると言う、なんの変哲もないものだからね。
でも、お約束の女の子のヌードはたくさん出てくるから大丈夫(笑)。
あと、キャスティングでオモシロいのは彼らを島に連れていく船長。
演じているのはなんとユルゲン・プロホノフ!」

------もしかして『U・ボート』の艦長やった人?
「そうなんだ。若者の一人が彼を観て
『U・ボート』を思い出すという楽屋オチもある。
しかもその名前がカーク。
『あんたがカークでオレがスポック』なんて
『スタートレック』を引き合いに出して、
その艦長を怒らせるシーンなんかもあるんだ」

------ゾンビそのものの違いとかはあるの?
「う~ん、これは言っていいんだろうな。
この映画がつまんないのは、彼らゾンビに意思らしきものがあること。
本能ではなく考えながら襲ってくる。
その分、得体の知れない恐怖はないね」

------なぜそんなことに?
「というのも、このゾンビは、ある人物が作り出したと言う設定」
------ひや~っ、それはなんとも大胆。
「その作り主が誰かは言えないけど、
この映画のラストはゲームの前日譚となってるらしいよ。
ま、ありふれたオチと言えばそれまでだけど」


(byえいwithフォーン)

※怖くない度~
人気blogランキングへ}


☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (3)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 『バンジージャンプする』 | トップ | 『コックリさん』 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (asa)
2005-02-18 00:53:43
怖くなかったです…。そうそう、あの艦長さん、ディティールに拘ったキャラでした。彼だけでしたね、カッコいいの。

フランケンシュタインとゾンビが混ざった映画でした(笑)。
静かに不気味に近寄られる恐怖 (にゃんこ)
2005-05-17 00:19:45
いままでのゾンビとはほんっと違うなぁって感じでしたねぇ

突っ込みまくれて キライじゃないけど^^;;;

でもやっぱり、ゾンビはあの、静かに不気味に近寄られるのが怖さ倍増させるんだけどなぁ(笑)

と、オリジナルゾンビ好きな猫は思うのでした。

Unknown (えい)
2005-05-17 18:11:43
>にゃんこさん



ゾンビは、ジョージ・A・ロメロの

『ゾンビ』が一番怖かったです。

ショッピングモールの中、

外から押し寄せるゾンビ軍団。

一緒に戦っていた仲間も

噛まれた次の瞬間はゾンビとなって

自分を襲ってくる。



まさに逃げ場なしでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

1月21日(木) 『ハウス・オブ・ザ・デッド』 (映画の胃袋 Живот киноего)
★ 今再びブームのゾンビ映画。これは、ドイツ出身の新鋭ウーヴェ・ボル監督が人気ゲームを映画化したもの。しかし…恐くなかった…ゾンビの顔も暗くてよくわかんないし。ある島でパーティがあると聞いて出かけた若者たちが出くわす恐怖という、お決まりのストーリー。大体、
試写会「ハウス・オブ・ザ・デッド」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「ハウス・オブ・ザ・デッド」開映19:00@九段会館 「ハウス・オブ・ザ・デッド」HOUSE OF THE DEAD 2003年 ドイツ・アメリカ・カナダ  配給=日活 監督:ウーヴェ・ボル 製作:ウーヴェ・ボル、ウルフギャング・ヘロルト、ショーン・ウィリアムソン、  
ハウス・オブ・ザ・デッド (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★デザートイーグル:アメリカ開発、イスラエル生産の大口径自動拳銃。本来は熊などの狩猟用で射撃時の反動は凄まじく、女子供が撃つと肩の骨が外れるほどの威力。 「トゥームレイダー」「バイオハザード」等、同名TVゲームの映画化作品の成功に気を良くして
ハウス・オブ・ザ・デッド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
何を思ったのか・・・というよりも、やっぱりホラーはチェック?という義務感からか(ぉ 『ハウス・オブ・ザ・デッド』に金曜のお仕事帰りに勢いつけて行って来ました(ぉ なんか、一応前日までに・・・ホラー系など好きな友人に観た?って聞いてみたけど スルーって...
ハウス・オブ・ザ・デッド どーせ、また……。。 (Blog・キネマ文化論)
●ハウス・オブ・ザ・デッドをDVDにて鑑賞。 地元民から
ハウス・オブ・ザ・デッド / HOUSE OF THE DEAD (魔王の館 -旧雑貨屋-)
ハウス・オブ・ザ・デッド [ストーリー] 同名ゲームを元に実写映画化、リゾート地で賑わう若者たちに無数のゾンビが襲い掛かるアクションホラー。パーティー会場であるとある孤島を訪れたサイモンと仲間たち。しかし、会場には誰ひとりとしていなかった。彼らはそんな光景を
ハウス・オブ・ザ・デッド 今年の226本目 (猫姫じゃ)
ハウス・オブ・ザ・デッド ゲームが映画になったのね。 サバイバルストーリーが、あるにはあるんだケド、そんなの関係ないわね。ゾンビ、と言えばいいのかしら? ちょっと作りが悪いんだケド、 とにかく、殺しまくる!  これでしょ!! 地元の漁師も近づきたがらない.
ハウス・オブ・ザ・デッド (ベルの映画レビューの部屋)
日活 ハウス・オブ・ザ・デッド ?(2003)       出演 ジョナサン・チェリー (ルディー)      タイロン・レイツォ (サイモン)      クリント・ハワード (サリッシュ)      オナ・グローアー (アリシア)     エリー
ハウス・オブ・ザ・デッド (大発狂!外国映画DEナンボ?)
人気ゲームを映画化したもの。タイトルとゲームの実写化と聞くだけでジョージ・A・ロ