ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ダウトーあるカトリック学校でー』

2009-01-03 14:11:34 | 新作映画
(原題:Doubt)

※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。



-----えっ。ニャに。
今日はトランプやるの?
やはりお正月はそうこなくっちゃ。
「いやいや、そうじゃないよ。
ほら、副題までよく見てごらん。
これはメリル・ストリープ
フィリップ・シーモア・ホフマンの二大演技派、
それに新鋭エイミー・アダムスが加わって描かれる、
あるカトリック系教会学校のお話」

----あっ、ほんとだ。
でも、それってどんなお話?
「舞台は1964年のブロンクス。
とある教会学校の校長シスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、
フリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)に対して、ある“疑惑”を抱く。
それは進歩的で生徒にも人気のある彼が、
この学校で唯一の黒人生徒と“不適切な関係”を持っているのでは?というもの。
ことの起こりは、
純真な新米教師シスター・ジェイムス(エイミー・アダムス)の目撃談。
やがてその疑惑はシスター・アロイシスの魂を支配し、
フリン神父のいかなる弁明も、彼女の心には届かなくなる」

----へぇ~っ。それはオモシロそうだ。
そのことに対してシスター・ジェイムスは
どう考えているの?
「彼女は、始終揺れ続けるんだ。
自分がちょっとアロイシスに喋ったことが
とんでもない事態に発展。
しかもフリン神父にそのことが伝わり、
よけいなことをしたという自責の念に捕われてしまう。
その居心地の悪さから、
とにかく早くこの場を収めたいと思っている。
しかし、彼女自身、
アロイシスに話していないもう一つのフリン神父の秘密を知っており、
そのため自分も神父に対して疑惑を抱いているんだ」

----ニャンだか舞台劇を観ているみたいだね。
「おっ。鋭いね。
これはトニー賞とピューリッツァー賞をW受賞したヒット舞台劇の映画化なんだ。
だからだろうけど、このシーンに代表されるように、
言葉と言葉の応酬で緊張感を盛り上げていく、
最近の映画ではあまり類を見ないタイプの作品だね。
このアロイシアスの心の中で、
疑惑は疑惑を越えて
ついには、自分がそうしなければならないという信念に姿を変える。
なにせ『悪を追放するためには、神に背くのはやむを得ない』
とまで言い放つんだから…」

----mmmmm。
「その結果、
彼女はなんと、
相手のフリン神父を屈服させるために、
ある“でっちあげ”までしてしまう」

----そ、それはヒドいニャあ。
「でも、ここが世の中の不思議さ。
なんと、そのアロイシアスさえも驚くような
とんでもない“事実”が思わぬところから持ち上がってくるんだ。
彼女はフリン神父追い出しのため、
黒人生徒の母親ミラー夫人に
“神父がやったと思われる行為”について密告に行く。
しかし、彼女がそこで知ったのは?-----
ここは、この映画最大のサプライズ。
ミラー夫人を演じるヴィオラ・デイヴィスの演技がとにかく圧巻。
彼女は各賞レースにおける助演女優賞の大穴的存在かも。
あっ、メリル・ストリープは主演女優賞の本命。
この会話の中でアロイシアスは攻勢から
いつしか受けに転じてしまうわけだけど、
『思わぬ収穫に喜びを隠せない』その表情は
もう身震いするほど。
完全にその人物になり切っている」

----ふうん。でも結局はアロイシアスの妄想ニャんでしょ?
「さあ、どうだろう。
これがどうとでも取れるんだ。
観客にとっても
真実がどうなのかは最後まで分からない。
アロイシアス同様、
“疑惑”が心に引っかかったまま映画は終わる。
そういう意味では、
これは観客参加型の映画とも言えるね」


           (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「関西では『ダウト』は『ざぶとん』と言うらしいニャあ」身を乗り出す


※それはトランプのこと。
これはお屠蘇気分では見られない映画だ度


コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 決定!2008ベストテン!! | トップ | 『フォーンが寝てる間に…』(... »
最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (say*3)
2009-01-03 20:04:38
謹賀新年。
いつもどおり淡々と映画のレビューをされているので素晴しい!と思ったワタクシ。
今年もよろしくお願いします。
■say*3さん (えい)
2009-01-04 13:15:18
あけましておめでとうございます。

淡々とですか(笑)。
いやあ、単にお正月ボケで、
力が抜けているだけです(汗)。
今年はどの作品から始めようかと思ったのですが、
あまり新年にふさわしくないタイトルの映画でのスタートとなりました。
こちらこそ、
今年もよろしくお願いいたします。
さすがはアカデミー賞主要4部門ノミネート (ともや)
2009-02-28 22:08:38
こんばんは、えいさん♪
>“疑惑”が心に引っかかったまま映画は終わる。
この疑惑を最期まで明かさずに終わるっていうのが、なかなか良かったですね~。
この映画を観る前までは、痛快な告発劇を予想していたんですが、これはこれで♪

「マンマ・ミーア!」でもそうでしたが、舞台を手掛けた人がそのまま監督をするっていうのもブームなんですかねぇ~?
■ともやさん (えい)
2009-03-01 22:50:56
こんにちは。

見ごたえある映画でしたね。
とにかく役者がそろっていた。
しかも告発劇にしないところで、
ひとひねり。

舞台→映画、
これはうまくはまればはまる。
その好例でした。
アカデミー賞 (zukka)
2009-03-08 07:53:51
こんにちは。
観終わった後に、観た人と話たい作品ですね。
舞台を観たいなーと思いました。魅力的でしょう。
ヴィオラ・デイヴィスの演技は短い出演にもかかわらず、見事でしたね。
でも・・「ヒースのジョカー」は相手が悪すぎ。
メリル・ストリープに完璧にやられたー!(笑)というのが私の印象です
■zukkaさん (えい)
2009-03-08 12:40:31
こんにちは。

そう、あのラストがとても意味深。
気になる映画であります。

zukkaさんのコメントで一つ分からないのですが、
ヴィオラ・デイヴィスは助演女優賞候補なので、
ヒース・レジャーとは別フィールドでの戦いになるような?

でも、ぼくの受け止め方が違っているのかも…。
おバカで (zukka)
2009-03-08 14:00:24
こんにちは。
すみません・・おバカで。
「ヒースのジョカー」は1人勝ちで納得。

ヴィオラ・デイヴィスは助演女優賞候補です。
ベネロペが受賞したのでした。
もともと戦えません・・・ヒースとは。
何を思って書いたのか(?)
自分ながらおバカでお恥ずかしいです。
訂正します。
■zukkaさん (えい)
2009-03-09 15:02:23
こんにちは。

納得です。
いやあ、ぼくもよくやること。
気にしないで。
これからもよろしくお願いいたします。
立証 (にゃむばなな)
2009-03-12 15:38:21
立証が最後までないゆえに、神父への疑惑自体も本当に存在したのか、逆に校長に対して疑惑を持ってしまうようなあの終わり方は結構好きです。

安易な展開にせず、観客をもこの疑惑騒動に巻き込んだような面白さがありましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2009-03-13 14:52:36
こんにちは。

あのメリル・ストリープの
ラストのセリフ「疑惑が、疑惑が…」というのは、
ぼくには「自分がやったこと、
それは本当に正しかったのかという疑惑が…」という具合に聞こえました。これはどちらが正しいのかというよりも、
疑惑という「魔物」を描いた映画だったという気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事