ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

2009-02-26 22:09:44 | 新作映画
----大ヒットした 『チーム・バチスタの栄光』
の続編。
田口公子(竹内結子)
白鳥圭輔(阿部寛)コンビの復活か。
ニャんだか、それだけで観たくなるね。
「フォーンがそう言うくらいだから、
この映画のヒットも間違いないんだろうな」

----こんどもニャにか事件が起こるの?
「うん。舞台は同じ。
東城大学医学部付属病院。『救命救急の速水センター長は
医療メーカーと癒着している』という
差出人不明の二種類の内部告発文書が届くんだ。
一通は田口、一通は白鳥。
ところが、その二通。
片方はワープロで、片方は手書き。
しかも手書きのほうには、共犯者の名前が書き添えられている。
かくして、ふたりの凸凹コンビによる捜査が始まる…」

----ふうん。するとその速水というのを演じるのが堺雅人ってわけ?
「そうだね。
この映画は、その筋書きや、謎解きよりも、
昨年の顔とも言うべき、
今が旬のこの堺雅人の演技を観る映画。
主人公であるはずの田口や白鳥が
前回以上に後ろに回っている。
まあ、阿部寛はあのギョロ目。
目力と目力の勝負って感じもあったけど、
やはりこれは堺雅人。
いい役をもらったものだ。
中村義洋監督の演出は前回よりも平板に見えたけど、
クライマックスの『倫理委員会』のシーンからは、
この堺雅人の演技でぐいぐい牽引してゆく。
しかし、この原作者はうまいなあ。
怪文書が二通ある意味、二通がなぜか違う意味も
見事にオチがある。
『ジェネラル』→『凱旋』と、
順番にタイトルの意味がわかってゆき、
最後に『ルージュ』の意味がわかった時には、
目に熱いものがこみ上げてくる」

----えっ、泣ける映画ニャの?
「そう。いわゆる感動作だね。
テーマとしては救急医療、
それも最近社会問題化している『患者のタライ回し』や
あるいは『医師不足』『医師の倫理観』、
さらには『誰も守ってくれない』
にも出てきた『トリアージ』を扱いながら、
原作者・海堂尊は医師へのやさしいまなざしを忘れない。
前作でもそうだったけど、
決定的に悪い奴は個人の資質としている」

----俳優はどうニャの?
「個人的には大林信彦映画の顔だった
尾美としのり林泰文の2ショットが楽しかった。
あとは、そうだね。
前作と同じ病院ということで佐野史郎&玉山鉄二の再登板。
なかでも堺雅人が佐野史郎に対して見せる
微妙な反応の演技。
これは意味が深い。
ここは見逃しちゃダメだよ」


(byえいwithフォーン
フォーンの一言「でも、犯人は誰ニャのかニャ」="小首ニャ">


※泣ける映画とは思わなかった度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー 


コメント (10)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« 『カフーを待ちわびて』(@... | トップ | 『鴨川ホルモー』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (keyakiya)
2009-02-28 09:53:40
もう観られたのですね、うらやましい。
3月の愉しみにしている作品の一つです。
原作を読みながら、たぶん、「バチスタ」より、感動的で鮮やかな作品になってるだろうなと想像しています。堺雅人さんのイメージで本を読み進めていくと、堺サンこれでもう一ランクステージをあげさせてもらったなと思いました。役得ですね。

原作でも「ルージュ」の意味づけが感動的です。映像ではどう描かれているのでしょうか。今回はキャストのイメージが既にできあがっているので、物語展開そのものを愉しむ事が出来そうです。

■keyakiyaさん (えい)
2009-03-01 22:32:47
こんばんは。

この映画、白鳥のオモシロさが
前作に比べてまったくでていなかったです。
原作もそうなのかなあ。
あの人を食った感じがあまりなく、
とにかく堺雅人ばかりが目立つ。
いままで脇役が多かっただけに
これは彼の転機となる作品かもしれません。
堺雅人ファンは大満足でしょうね。

やはりルージュの意味づけは
原作でも感動的なのですね。
でも、この映画を見ないで読んでいたら
本のほうは、
おそらく、もっとケバく
あるいは、ちょっとおどろおどろしく感じていたかも。
泣けますか! (たいむ)
2009-03-07 17:44:18
えいさん、こんにちは!
この映画での「ジェネラル・ルージュの伝説」に涙したわけではないけれど、原作を思い出し、「救急医療」の現場とスタッフを見て涙をポロポロと溢しちゃった私でした(TT)しかし、そんなの私くらいなものかと思ってましたが、そうですか、目に熱いものを感じられましたが(^^)

>堺雅人が佐野史郎に対して見せる微妙な反応の演技。
ここも良かったですね!
全然イメージじゃなかったのに、堺@速水も大好きになりました。
■たいむさん (えい)
2009-03-08 12:27:49
こんにちは。

原作はそんなにすばらしいんですか?

まあ、ぼくは割と涙もろいほうなので
(年のせいもあるのかと言うと、
そうでもなくて昔からですが…)
一般化はできないと思いますが、
この映画、けっこう泣かせてくれました。

でも原作の速水はどんな感じなんだろう?
佐野史郎とのすれ違うシーンはあるのかな?


う~ぬ (れぎおん)
2009-03-09 14:55:47
私も見てきました。
ネタばれは無粋なのでここでは割愛しますが、原作ファンとしては同時進行の「ナイチンゲールの沈黙」をどういう扱いにするか気になりますね…テレビシリーズにするとキャストに矛盾が出そうですし…。
■れぎおんさん (えい)
2009-03-09 15:17:32
こんにちは。

「ナイチンゲールの沈黙」、タイトルからして惹かれますね。
ところで、れぎおんさんのハンドルネームは、
あの新生(平成)怪獣映画第2作からですか?
答えはノンです (れぎおん)
2009-03-09 17:30:47
話の腰を折るようですいません。
どちらかといえば「マルコの福音書」です。
かつては某巨大掲示板で人の心を踏みにじるハイエナのような外道を続けてましたので…自らを悪しき者として死霊の群れから取りました。>ハンドルネーム
■れぎおんさん (えい)
2009-03-10 01:05:50
こんばんは。

なるほど、そうでしたか。
どうも映画中心で考える癖があって…。
しかし、すごいハンドルネームの
生い立ち(?)ですね。
ししゃも(ネタばれ で すいません) (村石太マン&検索レディ&元J)
2013-12-28 22:17:36
バチスタ 凱旋 堺正人で 検索中です
こないだ テレビで チームバスタ 見て 面白かったです。
ジェネラル・ルージュ ある意味で カッコよかったです。
緊急は 戦場というか 修羅場というか スゴイなぁ
大変な仕事だなぁ。
くすり依存に されたくないなぁ
未来の病院 医者 患者は どうなるのかなぁ
この映画 現代社会において 最高ですね。
血まみれ将軍の正体は~
なぜか 踊る大走査線を 思い出しました。(あまり関係ないかなぁ)
映画同好会(名前検討中
■ししゃも(ネタばれ で すいません) (村石太マン&検索レディ&元J)さん (えい)
2014-01-03 22:25:18
こんばんは。
コメントありがとうございます。

“戦場”の言葉はピッタリでしたね。
これからの
日本の医療について考えさせられる映画でした。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

40 トラックバック

本「ジェネラル・ルージュの凱旋」著者:海堂 尊 (Art- Mill  )
ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)の凱旋。これまた、センセーショナルなタイトルである。非常に戦略的に描かれた読み物である。シリーズ最高傑作というキャッチコピーもあ
genral「ジェネラル・ルージュの凱旋」みた。 (たいむのひとりごと)
原作読者にはあまり評判が良くなかった『チーム・バチスタの栄光』。私は映画→原作だったことからも、こだわりなく映画を楽しんだが、今度の『ジェネラル・ルージュの凱旋』はそうも行かない為、ちょっとばかり心配
[映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆今、映画に限らず、書かなくてはならないことが多過ぎるので、足早に記させて頂く。  短く記すわけだが、いや、この作品は面白いよ、私は大好きだ。  シリーズ前作の『チーム・バチスタの栄光』(クリック!)も、私はとても面白かったのだが、ネット映評では評判が...
劇場鑑賞「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (日々“是”精進!)
 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を鑑賞してきました現役医師の作家・海堂尊によるベストセラー小説を基に、窓際女性医師・田口とキレモノ役人・白鳥の活躍を描いた「チーム・バチスタの栄光」の続編。原作シリーズ第3作目を映画化。再びコンビを組むハメになった田口と...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/03/07製作国・年度:日本、2009年上映時間:123分鑑賞日:2009/03/07監督:中村義洋出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平泉成、國村隼シロか、クロか。+あらすじ+...
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 エンターテイメントを通じての問題提起 (はらやんの映画徒然草)
「チーム・バチスタの栄光」の続編「ジェネラル・ルージュの凱旋」、前作と同じく中村
ジェネラル・ルージュの凱旋 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:中村義洋 ドラマ的
ジェネラル・ルージュの凱旋 (LOVE Cinemas 調布)
『チーム・バチスタの栄光』に続く田口センセと白鳥調査官シリーズ第2弾。主演は前作と変わらず竹内結子と阿部寛。今回はメインの登場人物、タイトルにもなっている“ジェネラル・ルージュ”を堺雅人が演じます。監督はこれまた前作と変わらず中村義洋。原作小説がベスト...
「ジェネラル・ルージュの凱旋」利権と金に目が眩んだ者たちを暴いた命の大切さを知るルージュの告発 (オールマイティにコメンテート)
「ジェネラル・ルージュの凱旋」は「チームバチスタの栄光」の続編となる映画で、心療内科医の田口公子が事件後倫理委員長に就任し、田口の元に告発状が手元に届き厚生省秘書の白鳥と共に事件を追っていくストーリーである。救命救急現場において命に大切な事とお金がなけ...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (だらだら無気力ブログ)
現役医師・海堂尊のベストセラー小説を竹内結子と阿部寛のコンビで 映画化した『チーム・バチスタの栄光』の続編。 ジェネラル・ルージュの異名でと呼ばれる救命救急センター長・速水に かけられた疑惑をめぐり、窓際医師・田口と厚生労働省の切れ者役人・ 白鳥のコンビ...
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (俺の明日はどっちだ)
ミステリーとしてみると、先の展開が早いうちから読めてしまいシリーズ前作である「チームバチスタの栄光」に比べドラマとしての面白味には欠けていたけれど、医療現場の現実という社会性をもったテーマをエンタテイメントと両立させて描いていたという点では評価されるべ...
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                         「ジェネラル・ルージュの凱旋」 あの珍コンビが帰ってきました!窓際医師・田口(竹内結子)×厚生労働省のキレ者キャリア・白鳥(阿部寛)の二人です(^^♪。 田口のもとに差出人不明の院内便が届きます。 開けてみ...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (Diarydiary!)
《ジェネラル・ルージュの凱旋》 2009年 日本映画 東城大学付属病院、不定愁訴
【ジェネラル・ルージュの凱旋】医療現場は崩壊するのか (映画@見取り八段)
ジェネラル・ルージュの凱旋 監督: 中村義洋 出演:  竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子 公開: 2009年3月 昨年公開された「チー...
【ジェネラル・ルージュの凱旋】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:阿部寛、竹内結子、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、貫地谷しほり、高嶋政伸、國村隼、野際陽子、玉山鉄二、佐野史郎   シロか、クロか。 「東城大学付属病院の心療内科医田口は、バチスタ事件後倫理委員会の会長にされていた。その彼女
命と向き合う現場にあるべき姿。『ジェネラル・ルージュの凱旋』 (水曜日のシネマ日記)
2008年2月に劇場公開された映画『チーム・バチスタの栄光』の続編。救命救急センター長にかけられた疑惑を巡り、病院内の問題を暴く物語です。
『ジェネラル・ルージュの凱旋』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジェネラル・ルージュの凱旋」□監督・脚本 中村義洋□脚本 斉藤ひろし □原作 海堂尊 □キャスト 竹内結子、阿部 寛、堺 雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、野際陽子、平泉成、國村 隼、林 泰文、佐野...
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (FREE TIME)
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を鑑賞しました。
ジェネラル・ルージュの凱旋(映画館) (ひるめし。)
シロか、クロか。
ジェネラル・ルージュの凱旋 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
シロか、クロか?__バチスタの謎の先にある救命救急医療の深い闇。 物語:「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
原作の海堂尊著『ジェネラル・ルージュの凱旋』は大好きー前作の映画(『チーム・バチスタの栄光』)は、原作の良さが出ていないし、ユルユルで苦手だったのだが(汗)、、、今回はどうかな?【story】チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (勝手に映画評)
『チーム・バチスタの栄光』に続く、海堂尊の小説の第二段。今回は、東城大学付属病院を救命救急センターを舞台にスキャンダル引き起こされます。 当然ですが、田口が原作とは異なり女性となった設定は前回のままです。で、今回、田口(竹内結子)・白鳥(阿部寛)の凸凹...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (Thanksgiving Day)
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観てきました!! 前作の「チーム・バチスタの栄光」がなかなか見ごたえのある、いい作品でしたからね。 海堂尊原作の“田口・白鳥シリーズ”映画化第2弾ということで、公開前からずっと楽しみにしてたんですよ。 「ジェネラル...
わがままチュッパチャプス。~「ジェネラルルージュの凱旋」~ (ペパーミントの魔術師)
速水の願いを叶えてあげたのがガリバーとはね~。(爆) 子供に囲まれても悪態をつくガリバー。もとい、白鳥。(笑) でもなんかホノボノ。
ジェネラル・ルージュの凱旋 (充実した毎日を送るための独り言)
・ジェネラル・ルージュの凱旋(3月9日公開) 昨年公開された「チーム・バチスタの栄光」の続編もの。前作に比べるとサスペンス的なものはそれほどなく(殺人事件は起きるのだが、その殺された内容や犯人の行動や態度がちょっといい加減に描かれている)、むしろ、今の...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『シロか、 クロか。 バチスタの謎の先にある、救命救急医療の深い闇』  コチラの「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、現役医師の大人気小説家の海堂尊の同名ベストセラー小説を映画化した3/7公開の医療ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪実は昨日のT...
『ジェネラル・ルージュの凱旋』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:海堂尊出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、中林大樹、林泰文、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平泉成、國村隼公式サイトはこちら。<Story>東城大学付属病院の窓際医師・田口(竹内...
【映画】ジェネラル・ルージュの凱旋 (新!やさぐれ日記)
▼動機 前作以下って事はないだろう・・・ ▼感想 前作以下ってどういうことよ? ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ▼あらすじ チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター...
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年・東宝/監督:中村 義洋) 昨年の「チーム・バチスタの栄光」に続く、海堂尊原作の医療ミステリーの映画化。 前作は、私にはイマイチだった。原作はなかなか面白かったが、映画
『ジェネラル・ルージュの凱旋』 を観て (『映画な日々』 cinema-days)
前記事 で とけい様より「盗聴器」の件でご質問 を頂きました。 原作を読んでいないこともあり、よくわからないところがあったのですが・・・...
ジェネラル・ルージュの凱旋☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作読んでからの鑑賞・・・ちょっと躊躇は公式サイトで、登場するキャラクターに原作でお気に入りだった人物が登場しないってことがわかったから^^;なんだけどやっぱり堺雅人の速水先生が気になってしょうがない。だって、チュッパチャップス似合いそうなんだもん(爆...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (ダイターンクラッシュ!!)
3月27日(金) 18:50~ キネカ大森2 料金:1000円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ジェネラル・ルージュの凱旋』公式サイト 本当は、「テクテク」とかいう絶対ヒットしていないだろう、無名アイドルたちのホラー映画を見るつもりだっ...
ジェネラル・ルージュの凱旋 (堺雅人さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、現在公開中の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』に速水晃一 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
ジェネラル・ルージュの凱旋 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 エビマヨが勝手につけたサブタイトル ~チュッパチャプスの罠~ほん最近、あんな殺人事件が起きた病院で またもや 姉さん、事件ですっ田口先生と白鳥のコンビ復活であ~る白鳥は登場の仕方からして笑える 救急で運ばれてくるとは しかも 全く似つかわしくない 小...
No.038 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (2009年 123分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 中村義洋 出演 竹内結子    阿部寛    堺雅人 最初このタイトルを聞いた時はあのチームバチスタの栄光の続編とは知りませんでした。 やたらとラジオスポットでコマーシャルが流れてた(浜村淳氏の名調子で「堺雅人は白か?黒か?」て言うてたがあまりそ...
「ジェネラル・ルージュの凱旋」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
救命救急センターを巡る怪文書と 名指しされた医療メーカーの支店長の死。
ジェネラル・ルージュの凱旋 (単館系)
チームバチスタの栄光の続編。 小説では第三弾に当たるらしい。 田口の元には、救命救急のエース・速水晃一が医療業者「メディカル・アソシ...
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
堺雅人が素晴らしかった、思いがけずの社会派でした
ジェネラル・ルージュの凱旋 (A Day In The Life)
海堂尊原作の白鳥&田口ペアシリーズである。 監督は中村義洋 「アヒルと鴨のコインロッカー」「チーム・バチスタの栄光」 を撮った監督。 解説 現役医師・海堂尊の大ベストセラーを竹内結子と阿部寛の主演で 映画化した、医療ミステリー『チーム・バチ...
映画評「ジェネラル・ルージュの凱旋」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり