ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『プロミスト・ランド』

2014-06-23 18:28:17 | 新作映画
(原題:PROMISED LAND)


----『プロミスト・ランド』
えっ、浜田省吾?
「なに、とぼけてんだよフォーン。
これは、あのガス・ヴァン・サント監督の作品。
しかも脚本をマット・デイモンが担当しているんだ」

----えっ、それって
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のコンビ。
確か、あのときは共演のベン・アフレックが共同脚本…。
「おっ、さすが。
実は今度も共演のジョン・クラシンスキーが共同脚本としてクレジットされているんだ」

----『グッド・ウィル・ハンティング』はそうでもなかったけど、
ガス・ヴァン・サントの映画って
ちょっと、とっつきにくいイメージがあるよね。
「う~ん。
ミニマムというかインディーズというか…。
スタジオが大ヒットを狙って作る大作とは対極の個人映画の匂いがするのは確か。
それでも『ミルク』などのように
名のあるスターが顔を揃えた作品もあるし…。
それだけ、多くの信奉者を持っているんだろうね」

----そういえば『パラノイドパーク』なんてのもあったよね?
「ぼくもタイトルから
そっち系を連想していたんだけど、
これはそんなひとりの内面を追う話ではなく、
ある対立する事象を
それぞれの立場に立つ人間と共に描いた
極めて明快な作品。
ということで、
ストーリーを簡単に説明すると…。
大手エネルギーの幹部候補スティーヴ(マット・デイモン)は、
農場以外は何もないという田舎町マッキンリーに、
ビジネスパートナーのスー(フランシス・マクドマンド)と共にやってくる。
マッキンリーには良質のシェールガスが埋蔵されており、
近年の不況に大きな影響を受けた農場主たちから
相場より安い金額で採掘権を買い占めるというのがその目的だった…」

----ニャんだか、
日本でもありそうな話だニャ。
これがシェールガスでなく原子力だったら…。
「そうなんだ。
ぼくもこの映画、公開されたらけっこう波紋を呼ぶのではと、
ドキドキしながら観ていた」

----でも、これって先が読めてしまわニャい?
この手の映画の場合、一般に大手企業=悪だし…。
しかもマット・デイモンが主人公ニャんでしょ。
だったら後は、
彼がいかにして
それまでの自分の行動に疑問を抱くようになるか、
そしていつ、その考えを変えるかを見守る…って感じかニャ。
「さすが鋭いね。
さらに言えば、そこに土地の女性とのロマンスが絡んで…。
と、確かにそれが一般的な構造。
この映画では、彼の行く手を阻む要因として
元科学者で現在は高校教師という町の名士フランク(ハル・ホルブルック)、
さらには、よそからやってきた環境活動家ダスティン(ジョン・クラシンスキー)が配置される。
彼らは、シェールガス採掘が
いかに町の環境に悪影響を及ぼすかを町民たちに力説。
スティーヴは早くも苦境にさらされる…。
と、ここまではやはりパターンどおり。
ところがこれが一筋縄では行かなく、
二転三転してゆくんだ。
ほんとうはそこを一気にしゃべりたいところだけど、
やはりこれは言っちゃいけないだろうな」

----つまり、
そこにマット・デイモンの脚本の妙があるということだニャ。
「そういうことだね。
ここに加えられたスパイスが生む思わぬ結末は、
やはり、映画を物語として見せようという意志の表れ。
スティーヴとスーが町に溶け込むため
スーツを脱ぎフランネルのシャツを買ったり、
あるいはスーが
いかにもイメージの中の田舎としてのウィリー・ネルソンをカラオケで歌うなど、
ディテール的にもよく練ってある。
某テレビ局のプロデューサーは、
『マット・デイモンが最初から、そんなに悪者には見えない』とぼやいていたけど、
それでもぼくはこれは
よく出来た映画だと思ったな」



フォーンの一言「マッキンリーの人たちは、どんな歌を歌うのかニャ」身を乗り出す

※なんと、ブルース・スプリングスティーンだ度
コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 『ケープタウン』 | トップ | 『るろうに剣心 京都大火編』 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cochi)
2014-08-26 16:21:24
>映画を物語として見せようという意志の表れ。
環境問題を題材にしているので、
ついそちらに視点がいってしまうでしょうが、
やはり映画は映画として愉しもうと。
監督(好きなんです!)の憎い仕掛けが心地よく、
物語の転がりもそう来たかーとゆらりと揺さぶられました。
ラストの自信に満ちた女の子の笑顔に、
生きるプライドを感じました。
全てがそこに集約されたようなシーンでした。
良作に出会えたというある種の満足感を与えてくれます。
こんばんは (ノラネコ)
2014-08-30 00:11:30
社会派の題材なのに非常に観やすく、受け入れやすいのはマット・デイモンのライターとしての非凡な能力という気がしますね。
間口はワンイッシューだけど、入ってみたらとても広く普遍性のある物語。
やはり日本で観るとシェールガスよりも原子力の問題に見えてきました。
失われたプロミスト・ランドは世界中に沢山あるはずで、それぞれの国、それぞれの土地の抱える問題に置き換えて観られるんでしょうね。
■cochiさん (えい)
2014-09-25 21:51:39
こんにちは。
お返事遅くなってすみません。
この映画、ある意味、王道の流れなのですが、
ラストで明らかになる“あの人”の正体、
これにはビックリしました、
いまの時代を象徴しているかのような…。
生きにくい世の中ですね。
■ノラネコさん (えい)
2014-09-25 21:53:55
こんばんは。
そう、とても観やすかったです。
ガス・ヴァン・サントというと、
ときどきインディーズのような匂いの作品を放つだけに、
これはどっちに転ぶかと思ったのですが、
やはり、マット・デイモンの才能は侮れないですね。、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

「プロミスト・ランド」☆すべては誠意 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今アメリカでも大きな物議をかもしているタイムリーな「話題」であり、しかも「問題」のシェールガスについて、真剣に真っ向から取り組んだ社会派ドラマ。 かなり興味を持って見始めたのだけど・・・・
プロミスト・ランド (GARA・・・移動祝祭日)
監督ガス・バン・サント の繊細な作品を観たかった事、マット・デイモンの茫洋としたな役どころを観たかった事、しかも彼が脚本づくりに参加しているということで、興味が増幅。 京都みなみ会館で観る。 スタッフ、キャストの顔ぶれからすると、これはシネコン系か...
プロミスト・ランド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何を、約束されたのか? 監督ガス・ヴァン・サント、主演・共同脚本マット・デイモンという、名作「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のコンビが再びタッグを組んだヒューマンドラマ。 シェールガス革命に沸くアメリカの片田舎を舞台に、町を丸ごと買収するため...
映画:プロミスド・ランド Promised Land アメリカの田舎町に迫る21世紀 = シェールガス開発 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
実は鑑賞したのは遥か昔。 ガス・バン・サントの新作にもかかわらず、日本では公開されないのでは? とビビってた(笑) ヨカッタヨカッタ! さてこの映画のテーマは、なかなかに旬なネタ。 中東への依存度を減らし、アメリカを大資源国に押し上げるだろうと言われて...
プロミスト・ランド (映画的・絵画的・音楽的)
 『プロミスト・ランド』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作(注1)は、マット・デイモン(注2)が主演の作品だというので映画館に行ってみました。  本作の舞台は、アメリカの小さな田舎町のマッキンリー(注3)。  その町で、マット・デイモンが、大手エネルギー....
『プロミスト・ランド』 アクチュアルな映画 (Days of Books, Films )
Promised Land(viewing film) 『プロミスト・ランド(原
プロミスト・ランド (風に吹かれて)
簡単には決められない問題 公式サイト http://www.promised-land.jp 原案: デイヴ・エッガース監督: ガス・ヴァン・サント脚本: マット・デイモン、ジョン・クラシンスキー 大
プロミスト・ランド (映画好きパパの鑑賞日記)
 基本的に自分の好まないプロットですが、ガス・ヴァン・サント監督なら何とか面白いものにしてくれるかも、と期待していきました。実際、終盤までは巧いと思わせる場面があったものの、ラストでがっかりした作品になっており、残念でした。  作品情報 2012年アメリ...
プロミスト・ランド (ダイターンクラッシュ!!)
2014年9月2日(火) 19:40~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:1400円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 社畜のお猿さん、仕事を放棄。 『プロミスト・ランド 』公式サイト 田舎に出向いては、農場主から土地を買い取る、天然ガス屋のマット・デイモン。 ...
「プロミスト・ランド」 (ここなつ映画レビュー)
心から素晴らしい作品だったと思える。生い立ち、思い出、プライド、仕事に対する姿勢、積み重ねた生き方…そんなものをまとめた自分自身という名の胸倉を掴まれ上に持ち上げられ、ぐらぐらと揺らされた挙句にパッと手を放されたような感じ。パッと突き放された割には余韻...
土地と人間~『プロミスト・ランド』 (真紅のthinkingdays)
 PROMISED LAND  エネルギー会社に勤めるスティーヴ(マット・デイモン)は、シェールガスの 採掘権を買い占めるため、ある田舎町にやってくる。同僚のスー(フランシス ・マクドーマンド)とともに農家を回り、契約を交わし始めたスティーブの前に、 ...
プロミスト・ランド ★★★ (パピとママ映画のblog)
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとガス・ヴァン・サント監督が再び手を組んだ社会派ドラマ。新たなエネルギー源として注目を浴びるシェールガス革命を背景に、脚本と製作もこなすマット演じる大手エネルギー会社の社員が、ガス採掘権を買収す....
映画『プロミスト・ランド』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-71.プロミスド・ランド■原題:Promised Land■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:106分■料金:1,100円、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■鑑賞日:9月1日 □監督:ガス・ヴァン・サント□脚本・製作:マット・デイモン、ジョン・クラシンスキ...
プロミスト・ランド / Promised Land (勝手に映画評)
世は、“シェールガス革命”と言われていますが、その【革命】の負の部分を描いた社会派作品。マット・デイモンが、主演のほか、制作にも関わっています。 マット・デイモンが、良いですねぇ。オーシャンズシリーズでは若手で皆にからかわれ、ボーンシリーズでは超人的な...
エネルギー以上の問題 (笑う社会人の生活)
22日のことですが、映画館「プロミスト・ランド」を鑑賞しました。 良質のシェールガスが埋蔵されている寂れた田舎町のマッキンリーを訪れた大手エネルギー会社の幹部候補スティーヴ 不況に苦しむ農場主たちから安値で採掘権を買収する交渉も住民を簡単に説得できるとも....
映画評「プロミスト・ランド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ガス・ヴァン・サント ネタバレあり