ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『バッテリー』

2007-01-27 17:57:08 | 新作映画
「いやあ、これは折り目正しいというか
実に端正な映画だったね」

----ん、どういうこと?
「どのショットも、まったく浮つくことなく
その構図に落ち着き、安定感があるんだ。
スクリーン・サイズはスコープ。
本来ならば、このサイズは風景の広がりを見せたり、
人物と人物の関係を描くのに向いているんだけど、
なぜかアップ、もしくはバストショットが多い。
まるでスターで客を呼んでいた60年代の日活映画のようだった。
しかも登場人物のポジションは
決まってスクリーンのセンター。
青春映画と言うと、その悩みや焦燥を描くことが多いせいか、
不安定な構図が多いけど、
これはどっしりとしている」

---ふうん。それってストーリーだけ追っていたら気づかないかも。
だけど、なぜそんなことをするんだろう?
「それはこの映画が扱っているモチーフやテーマと
深く関わっているんじゃないかと思うんだ。
ストーリーはあえて言うほどのこともない青春ものの王道。
天才ピッチャー、原田巧。
過去に自らの豪速球ゆえにキャッチャーが捕球できず
サヨナラ負けを喫した痛みを持つ彼は、
父親(岸谷五朗)の転勤先で永倉豪という男と出会い、
バッテリーを組むことになる。
巧には病弱な弟・青波がいて、
母(天海祐希)は彼ばかりを気にかけている。
巧の祖父(菅原文太)は、
多くの選手を甲子園に送り出した
かつての名将。
その最後の教え子でもある戸村真(萩原聖人)は、
中学の野球部の顧問として、いま巧と向き合う…というお話だ。
この物語は大ベストセラーの原作を持つらしいんだけど、
映画を観て分かったのは、
中学生の描き方が子供目線と言うこと。
友情だの挫折だのと言う、ありきたりの青春ものでなく、
そのベースに、反抗期特有の強烈な自我が横たわっている。
先生や親に対する巧の物怖じしない態度、
巧と豪の関係も、それぞれのプライドがぶつかり合って見応え十分だ。
よくキャッチャーはピッチャーの女房役と言うけど、
自信家で嫌われやすい巧を
豪はどんなときも、その明るい笑顔で気持ちを楽にさせる。
だが、そんな豪も、
巧が過去の痛みから
豪速球を投げてこなかったことをきっかけにガタガタに。
やがてそれはバッテリー間の乱れとなっていく」

---あれれ。ストーリーを語っていない?
「もう少し待ってね。
そんな豪が巧にかける言葉、
その中でももっとも印象に残るのが『ど真ん中じゃ!』。
つまり、映画は真っ向から直球勝負する青春を描く。
そしてそれを象徴するのが
スクリーンの真ん中に構えられたキャッチャーのミットというわけだ。
だからこそ青春の主人公である彼ら少年たちも、
そのミットめがけて自分を、そして青春を投げ込んでゆく。
野球を初めて体験した巧の父親が言う。
『野球は気持ちを伝えるスポーツだ』と…。
この映画は映像でそれを語ることに成功した希有な例。
バッテリーの乱れが野球の大敗に繋がるという
野球の根本を見事に見せてくれる。
エンドクレジット前のラストショットも
これしかありえないスクエアな映像。
ほんとうに気持ちのいい映画だったね」


 (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これは本格野球映画でもあるニャ」身を乗り出す
※このロケ地に行ってみたい度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (10)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
« 『ロッキー・ザ・ファイナル』 | トップ | 『ネバー・サレンダー 肉弾... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画好きです (ミッシー)
2007-01-27 23:04:42
私もちょうど先日、この映画観てきました。
巧役の林遣都くんの声が印象的でした。
私の勝手な妄想で声は少年っぽく高いと思ってたもので…。
スクリーンに登場してからなかなか言葉を発しないのも、巧の性格を演出する上でも効果的だし、最初の一言がとても印象に残りました。
個人的に声が好みで、一言で恋に落ちました。。。
映画初めてなのに存在感もあり、林くんの今後の活躍が楽しみです。

えいさんがおっしゃる通り、映画はまっすぐで気持ちのいい映画でした。
■ミッシーさん (えい)
2007-01-28 23:36:02
こんばんは。

林遣都くんは存在感ありましたね。
プレスを後で読んだのですが、
そこで初めて彼がオーディションで選ばれた
映画初主演の少年と知り、
ほんとうに驚きました。

周りの少年たちも含めて
最近の子役(?)は巧い人が多いですよね。
でも手垢がついていなくて、
それも、気持ちのよさの一因でしょうか?
はじめまして (かっぱ)
2007-03-14 22:11:31
はじめまして。

コメント、tbありがとうございました。

>気持ちのいい映画だった
本当にそんな感じでした。清清しく爽やかな気分になれる作品でした。
それに、決して熱くない。そこも又、良かったです。

これからも宜しくお願いします。

■かっぱさん (えい)
2007-03-15 10:14:45
こんにちは。

そうですね。
この映画は、いわゆるスポ根ではないところがよかったです。
初夏公開のちばあきお『キャプテン』にも
監督が室賀厚だけに大いに期待したいです。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
ラストショット☆ (パフィン)
2007-03-17 00:57:51
えいさま、こんばんは。
えいさんの感想を読んで興味が湧き、鑑賞しました。
すごく良く出来た映画で感動しました。
ラストショット、本当に見事でしたね
Unknown (あん)
2007-03-17 13:44:31
気持ちのよい映画でしたね。
ロケ地に行ってみたい度80%くらいです。

『キャプテン』お知らせくださって、ありがとうございました。
わくわく楽しみです...でも、重箱の隅をつつくかも...(笑)
■パフィンさん (えい)
2007-03-17 21:55:15
こんばんは。

この映画、ご覧になった方の間でとても評判いいようですね。
自分が推薦した映画が受け入れられているのを見ると、
とても嬉しくなります。

あのラストショットはまさに唯一無二だと思います。
■あんさん (えい)
2007-03-17 22:01:59
こんばんは。

『キャプテン』はご贔屓の室賀厚監督作品。
いつも低予算でありながらも
映画的記憶に満ちた映画作りをしてくれるだけに、
とても期待しています。
Unknown (ケント)
2007-03-29 21:39:30
こんにちはケントです、TBお邪魔します
なかなか爽やかで瑞々しい青春映画でしたね。
友情・家族愛・野球の素晴らしさを改めて教えてもらった感じがしました。
確かに、野球は気持ちを伝えるスポーツかも・・・
■ケントさん (えい)
2007-03-29 23:53:34
こんばんは。

まさに青春映画の王道ですよね。
周囲との調和をまだ見いだせずに、
自我が前面に出ている-----
こういう映画って、
久しぶりに観た気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

49 トラックバック

映画「バッテリー」 (いもロックフェスティバル)
映画『バッテリー』の試写会に行った。
試写会「バッテリー」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「バッテリー」の試写会に行ってきましたあさのあつこの同名ベストセラー小説を「陰陽師」の滝田洋二郎監督が映画化。他人を寄せ付けない中学生ピッチャーが、仲間との出会いや家族とのかかわりを通して成長する姿を描く。ストー...
映画:バッテリー 試写会 (駒吉の日記)
バッテリー 試写会(東商ホール) 「どまんなかに、こい」 映画化ということで、原作も急遽読破しました。(レビューは近日アップ) 内容としてはほぼ全巻、家族と中学での部活、横手との2試合が巧(林遣都)・豪(山田健太)視点で描かれています。 身体の弱...
「バッテリー」試写会レビュー 野球、、、。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
いや~良かった。花粉症で目カピカピのはずやのに泣いてしまいました。野球をほんといろんな面から丁寧にとらえていて、、、まさに名作じゃないでしょうか。
『バッテリー』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
中学入学を控えた春休み、原田巧は岡山県に家族で引越してくる。巧は、ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、同時に他人を寄せ付けない孤独な面を持っている。家族には病弱な弟・青波、青波をいたわるあまり巧に冷たくなってしまう母・真紀子。野球にあまり関心のな...
バッテリー (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=あさのあつこ。脚本=森下直。撮影=北信康。音楽=吉俣良。監督=滝田洋二郎。 中学校入学を控えた春休みに、病弱な弟の転地療養も兼ねて、母親の実家がある岡山の田舎へ引っ越して来た原田巧は、そこで最良のキャッチャー永倉豪に出会い、バッテリーを組むことに...
バッテリー (Kinetic Vision)
妥協せずに自分自身を表現すること。それは時に周囲から誤解され、ワガママ、身勝手と非難される。母親、教師、上級生から非難される原田巧は、しかし幼稚な反抗ごっこをしているわけではない。冒頭、病弱な弟青波の体を心配
「バッテリー」野球はみんなのもの!心の絆が確り描かれた友情ストーリー (オールマイティにコメンテート)
「バッテリー」はあさのあつこさん原作の映画で1人の天才投手が野球を通じて友情と絆を深めていくストーリーである。日本では国民的スポーツである野球を通じて色々なドラマを1つ1つ丁寧に描いたストーリーは観終わった後に感動を残してくれるだろう。
「バッテリー」:白金台駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この堂々たる建物は何だ? {/hiyo_en2/}東大医科学研究所。 {/kaeru_en4/}東大って、あの六大学野球の万年弱小チーム、東大か? {/hiyo_en2/}そう、あの東大。 {/kaeru_en4/}東大の野球部にも「バッテリー」の主役みたいなピッチャーが入れば、いいとこ行く...
映画「バッテリー」を観ました!!(2007-06) (馬球1964)
映画「バッテリー」を観ました!!2007年の第6作目です。
バッテリー (ネタバレ映画館)
風呂焚きをしている菅原文太を見ると釜爺を思い出して・・・手が何本もあったらノックもしやすかっただろうと・・・
バッテリー~ぴゅあぴゅあ美少年♪ (シネマでキッチュ)
予告編を観たときから主役の男の子の顔が気になってました。 少女漫画から抜け出てきたようなルックスなのよね。 そのせいかしら、一人で見に来たオバサン多かったのは。自分も そうだったし。 ったく漫画系美少年だったわよお~☆ 細長ーい姿、華奢そのもの。大きな瞳、...
【劇場映画】 バッテリー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 中学入学直前の春休みに、岡山県に越してきた原田巧。少年野球のスター選手だった彼は、ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持っているが、母親が病弱で弟・青波にかかりきりだったためか、他人を寄せ付けない孤独さを漂わせていた。そんな彼が、同級生...
バッテリー (skywave blog)
あの少年の頃の純粋な気持ち、忘れかけた感情を取り戻してみませんか。「国民的スポーツ’野球’ここにあり」といった映画です。 白球の受け渡しは、気持ちの受け渡し。主人公ピ
戦 ~「バッテリー」~ (サナダ虫 ~解体中~)
滝田洋二郎監督作品、林遣都主演の、 試写会 「バッテリー」を観た。 中学入学を控え、地方都市に引っ越してきた天才ピッチャーの巧(林遣都)。 そこで同級生キャッチャーの豪(山田健太)と出会い、最強のバッテリーを組む! (原作「バッテリー」「Ⅱ」「Ⅲ」「...
バッテリー (2006) 118分 (極私的映画論+α)
 まさに「恋仲」の二人です(笑)
『バッテリー』思春期ど真ん中! (描きたいアレコレ・やや甘口)
バッター席には、母。その時、巧が投げる球は...最恐の魔球”思春期ボール”だー!! 『バッテリー』は最後の巻が出るまで、すごく待ち遠しかった本です。 当時、私なりの”脳内妄想キャスティング”をして遊びました
バッテリー (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【公開日】2007年3月10日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督】滝田洋二郎 【出演】林遣都/山田健太/蓮佛美沙子/萩原聖人/天海祐希/岸谷五郎/菅原文太/岸部一徳 【原作】あさのあつこ「バッテリー」 病弱な弟・青波、青波をいたわるあま....
バッテリー (頑張る!独身女!!)
信じてますか?あなたの友達を。信じていますか?あなたの家族を。信じていますか?自分自身を。
「バッテリー」試写会レビュー 野球、、、。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
いや~良かった。花粉症で目カピカピのはずやのに泣いてしまいました。野球をほんといろんな面から丁寧にとらえていて、、、まさに名作じゃないでしょうか。
「バッテリー」みた。 (たいむのひとりごと)
”ライ8”くんは、勘はニブイし弱腰のへっぴり腰だったけれど、最後の最後に「Good Job!」相変も変わらずこの手の原作は未読。予告編を見る限り、病弱な弟が死んじゃうような”可愛そう系”かと思ったら、タイトルどおり”野球”と”友情”の物語
映画「バッテリー」 (FREE TIME)
先日、映画「バッテリー」を鑑賞!
『バッテリー』 (京の昼寝~♪)
いまだからこそ、できることがある。 ■監督 滝田洋二郎■原作 あさのあつこ(「バッテリー」角川文庫刊)■脚本 森下 直■キャスト 林 遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、天海祐希、岸谷五朗、菅原文太、萩原聖人 □オフィシャルサイト  『バッテリー』 ...
バッテリー(映画館) (ひるめし。)
いまだからこそ、できることがある。
バッテリー (パフィンの生態)
2007年、滝田洋二郎監督が、あさのあつこのベストセラーを見事に映画化。 孤独な中学生ピッチャー巧が自分の速球を受ける能力のあるキャッチャー豪と 出逢い、成長する過程を爽やかに描く。野球好きには映像も魅力だった☆ 生まれつき病弱な弟のために母の実家、岡山...
バッテリー (俺の明日はどっちだ)
なんだろう、久しぶりにきっちりとした日本映画らしい日本映画を見た気分。 当たり前だろうけれど、新東宝や獅子プロ時代の破天荒な演出は影を潜め、真っ向勝負の青春映画として滝田洋二郎が奇をてらうことなく手堅く撮りあげたベストセラー小説の映画化作品。 あさのあ...
『バッテリー』孤独だけど1人じゃない (再出発日記)
監督:滝田洋二郎脚本:森下直原作:あさのあつこ出演:林遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、菅原文太、岸谷五朗、天海祐希惜しい!後もう一歩。でもいい映画だと思う。予告にも出てきているが、天才ピッチャー原田巧が野球をする理由を父親は「病弱の弟の代わりにし...
「バッテリー」ストレートに感動 (ももたろうサブライ)
監督 滝田洋二郎 去年夏の甲子園は作り話のようにドラマチックだった。そんなこともあって少年野球の映画というのは作りにくいだろうなと思い、あまり期待もせずに観た。期待せずに観ると採点が甘くなるものだが、それを割り引いても良い出来だと思う。 たいへんな才能...
バッテリー (八ちゃんの日常空間)
BATTERY [TOHOシネマズ流山おおたかの森/SC6/シネマイレージデー料金] 公式サイト 『いまだからこそ、できることがある。』 ついにオープンしましたTOHOシネマズ流山おおたかの森。初観賞です。いやぁ、今まで行った事のあるTOHOシネマズに比べてロビーの広い事、広...
バッテリー (いろいろと)
久々にみた映画です。 あさのあつこ の原作、累計380万部を超える売上を記録 文
映画 バッテリー 感想 (Ondul Blog ver.2.07)
原作ファンなのですごく心配だったのですが(児童書で出版されたときからよんでました)、下馬評どおりというか、安心しました。とりあえずあの頃の自分に「巧と豪マジにいたよ!会ってきたよ!」って自慢したくなったww正直、期待以上でした(偉そうですいませんいや、...
【2007-35】バッテリー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
いまだからこそ、できることがある。
映画「バッテリー」 (日々のつぶやき)
監督:滝田洋二郎 出演:林遣都、山田健太、菅原文太、天海祐希、岸谷五朗 透明感のある繊細なあの原作の世界映像で表現できるのかしら?と恐る恐る観ました。 なんせ原作が同名のあの、あさのあつこさんの大ベストセラーですから~。そして文庫ではまだまだ物語途
本来のあるべき野球の姿。『バッテリー』 (水曜日のシネマ日記)
天才的なピッチャーの才能を持つ少年の物語です。
『バッテリー』 (映像と音は言葉にできないけれど)
舞台は岡山。瀬戸内で幼少を過ごした僕には大林監督の尾道シリーズ以来の感触でした。
バッテリー (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
    いまだからこそ、 できることがある。         評価:★9点(満点10点) 2006年 118min 監督:滝田洋二郎 出演:林遣都 山田健太 鎗田晟裕 蓮佛美沙子 岸谷五朗 天海祐希 最強のバッテリー完成! ...
バッテリー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  子供が主演の映画には、いつでも泣かされてしまう。やはり子供たちの心が真直で、透明だからなのだろうか。 野球は個人競技ではない。どんなに優れた選手がいても、チーム全員の心が一つにならねば勝てるはずがない。当たり前の事だが、伝統ある某プロ球団で...
『バッテリー』 (アンディの日記シネマ版(TB用))
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですがTB&コメントは本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} →『バッテリー』(本館) 【監督】滝田洋二郎 【脚本】 森下直 【原作】あさのあつこ 『バッテリ...
『バッテリー』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
白球を投じるピッチャー。 バットを構えて、白球を迎え撃つバッター。 ミットに白球が吸い込まれて来るのを信じて待つキャッチャー。 投げて、打って、走る…。 野球、そのシンプルな球技に、どうして私たちは、こんなにも夢中になるのだろう。 (こんなにも、我らが阪神...
映画「バッテリー」■予想以上の傑作 (映画と出会う・世界が変わる)
さわやかさではナンバーワン。端正な演出で、高揚感を煽るわけではないので、青春映画にありがちなくさいものがない。俳優たちもオーディションで選ばれたという子どもたちからベテラン俳優まで好演。野球をキーにして人間関係が様々に描かれる。そのひとつひとつが実にリ...
801御用達映画「バッテリー」で超感動! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
りょうた(四年生)の野球好きの同級生が、ピュアな気持ちで「すごくよかった!」と言って、自分のお小遣いで原作本まで買ってしまったという映画「バッテリー」 実はこの映画、801ちゃん(‘やおい‘と読む)の間で評判の映画だという事は、801ちゃん系以外の人に...
バッテリー (Yuhiの読書日記+α)
あさのあつこ原作の小説がかなり評判になっていましたが、これはその映画版。 小説のファンの方には、どうやら賛否両論あるようですが、私は未読なので、純粋に映画だけを見て感じたことを書きたいと思います。 私は映画を見て泣くことは滅多にないのですが、これには本...
『バッテリー』 (たーくん'sシネマカフェ)
やっと、なんとか観られました。「バッテリー」鑑賞です。監督:滝田洋二郎 原作:あさのあつこ 出演:林遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、天海祐希、岸谷五朗、菅原文太、萩原聖人上映時間:119分 (2007東宝)-Story-自分の投球に自信を持つクールな中学生ピッチ...
バッテリー ~ 想いを伝える心、受け止める心 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 想いを伝える心、受け止める心 ~ あさのあつこ作、累計380万部を突破する大ベストセラー小説「バッテリー」を実写映画化したこの作品。孤高の天才中学生ピッチャーが、野球を通じて友人や家族と心を通い合わせていく様子を描いた青春物語です。 主人公・巧を演...
『バッテリー』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ中学入学を目前に控えた春休み父の転勤で岡山の県境の街に引っ越してきた巧。ピッチャーとしての自分の才能を信じトレーニングに励む巧の前に同級生の豪が現れバッテリーを組むが・・・。感想野球の醍醐味は、バッテリーだけでは語れるものではありませんがバッテ...
バッテリー (にき☆ろぐ)
映画のバッテリーをやっと見ました原作はすべて読んでますでもまさか原作6巻分のお話全てをやるとは思ってませんでした(まぁかなりはしょってましたが・・・・)結果としてかなりうまくまとまった良い青春映画になっていたと思いますまぁいろいろはしょりすぎてて原作を...
『バッテリー』 (cinema days 『映画な日々』)
バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付)posted with amazlet at 08.03.31角川エンタテインメント (2007-09-07)売り上げランキン...
映画評「バッテリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・滝田洋二郎 ネタバレあり
「バッテリー」観ました (全力で人生を楽しもう!)
野球ものの映画はたくさんある。メジャーなスポーツだし興味のあまりな私でもルールはバッチり。スポコンものとはちょっと違う淡々とした空気が印象的。主人公の巧が寡黙だからかな。とっても王道のバッテリーの絆みたいなところがテーマなんだと思うけどこどもを持つ母と...