ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『フィッシュストーリー』

2009-01-24 22:04:05 | 新作映画
「いやあ、これは涙が出るほどオモシロかったね。
中村義洋監督、
『ルート225』の頃からただ者じゃないと思っていたけど、
やってくれるね」

----えっ。泣ける映画ニャの?
原作の伊坂幸太郎ってあまりそんな感じしないけど。
「いや、そうじゃないよ。
ここが説明しづらいんだけど、
観ている間、現実世界のアレやコレやを全部忘れることができる、
それほどにオモシロい映画ってこと。
まったく先を読むことができない、
そのストーリー展開と構成の妙。
いくつもの時代を描き、
最後はそれらが見事に繋がっていく。
しかもこの“繋がる”というのが
映画のテーマともなっているんだから、
もう感服するしかない」

----いくつもの時代って?
「最初は2012年のとあるレコード屋から始まる。
どうやら彗星衝突が迫っていて
地球はその日、終わりを迎えるらしい。
ところがそこの店長はそんな日でも音楽を聴いている。
その曲というのが
早すぎたパンクバンド、逆鱗の
『FISH STORY』」

----ははあ。分かった。
そこから時代は彼らが音楽を作った頃に飛ぶんだ。
「そう思うでしょ。
ところが彼らが登場する1975年は、ずっと後。
次の時代は1982年。
車の中で、その『FISH STORY』が
“呪いのレコードマニア”の間で評判の曲として
ドライブ中のカセットテープから流れてくる。
そして、次なる時代は1999年。
ノストラダムスの大予言により地球が滅びる日、
そして続いて2009年に起こったシージャック事件」

----ニャに、それ。
まったく分かんないよ。
でも話だけ聞いていると、
オムニバスみたいだニャあ。
「そうだね。
一種のオムニバス。
と言っても、スタイルがそんなにまで異なるわけではなく、
一つひとつのエピソードが
それぞれ少しずつ作風を変えながらも、
それでも明らかに
同じ監督の手によるものというのが分かるというのが、
この映画の特徴かな」

----でも、タイトルがタイトルだし、
それらのエピソードはすべて
『FISH STORY』という曲に絡んでくるんだよね。
それ、誰が作ったの?
斉藤和義
これがまたいいんだ。
歌詞の中身を少し紹介。
『ぼくの孤独が魚だったら、
巨大さと獰猛さにクジラだって逃げ出す』というような内容」

----よく分かんニャい詩だニャあ。
「いいの、いいの。
ネタバレになるからあまり詳しくは言えないけど、
意味がないのにも意味があることが最後に分かる」

----いよいよ分かんニャい。
主演は誰ニャの?
「う~ん。誰だろう。
伊藤敦史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未来、大森南朗
あげ出したらキリがない。
でもぼくの今回のオススメは濱田岳。
彼を気にかけてくれている女の子が
自分をパシリにしているる男にホテルに連れられていくのを
だまって見過ごすシーンは、
ほんと辛かったな」


           (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「ありゃりゃ、そんな話で終わり?経験ありそうだニャ」ご不満

※いや。さすがにそれはだ度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 『7つの贈り物』 | トップ | 『ミルク』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボクの孤独が~~~♪ (Ageha)
2009-03-21 19:26:01
「絆のはなし」という本のなかで
斉藤和義さんと伊坂幸太郎さんが対談してるんですが
伊坂さんは相当斉藤さんのファンらしく。
CDに小説をよせる、伊坂さんの書いた小説をもとに歌つくるなんてこともすでにやってて
今回は見事映画でも共演。
音が聞こえてくる作品といってた斉藤さんが
この映画のキモになる歌を書き下ろしてくれて
それがまたえらいかっこよかったんで
この歌OPに聞いたときに
スゲ~と思っちゃいました。
この歌でしっかり
ツカミはOKにしてくれたんで
安心して見れたし、面白かった。
・・・原作から想像してるのとは違う
キャスティングだったんですが
それさえもむしろいいほうへ作用した気がします。
(今回はそうとうハマりました。ほめすぎ?
中村監督って海堂作品よりも伊坂さんのほうが
相性ええんとちゃいますか?・・・笑)
■Agehaさん (えい)
2009-03-24 09:45:00
こんにちは。

実は僕も斉藤和義を知ったのは遅く、
ほんの数年前なのですが、
それでも、あのメロディラインとその歌詞が作り出す世界に
たっぷりとハマッてしまい、
けっこうCDレンタルしています。
それだけに、
この歌が彼の手によるものだと知った時には、
なるほどと納得。
(斉藤和義が作ったことは観た後で知りました)。


キャスティングはなかなかよかったと思います。
原作は未読ですが、すべてしっくりきました。
この映画は、今年観た日本映画では一番楽しめました。
まだ3月ですが…(笑)。
最終的にはそこに落ちつく心地よさ(笑) (にゃんこ)
2009-03-24 22:12:38
こんばんは
えいさんの、お勧め、確かに確認させていただきました。
大風呂敷広げて、胡散臭いようで、あちこちエピソードは
飛びまくりでどうなるの?っていういくつかのストーリーが
見事にまとまる気持ちよさ(笑)
フィッシュストーリーは、まだ頭の中に残っていて
ときおりいきなり、僕の孤独が~♪なんてフレーズが渦巻きます。
そしてちょっとお腹が空いた今、なんとなくペヤング食べようかな~
なんて思ったりして(笑)
フェリーのフルーツタルトやアップルパイにも心惹かれてるんですが(爆)
■にゃんこさん (えい)
2009-03-25 10:46:17
おはようございます。
さっそく観ていただき、
もうほんとうに感激です。
にゃんこさんなら、絶対に楽しんでいただけると
自信を持っていました。
それがピタリ当たったときは、
この上ない喜びです。
これからもオススメ作品、
紹介させていただきます。
よろしく〓。
世界を救う (にゃむばなな)
2009-04-01 19:05:00
「音楽が世界を救う」なんて今まで散々言われてきたことですが、この映画こそまさに「音楽が世界を救っちゃった」って感じでしたね。

本当に最後の5分でやられましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2009-04-01 22:44:32
こんばんは。

「音楽が世界を救う」をここまで
ストレートに描いた映画は
おそらく初めて。

小ネタも含め、キュートで
愛すべき作品でした。
爽快感 (未来)
2009-04-19 00:50:23
>意味がないのにも意味があることが最後に分かる~
まさしくそうですよね。
ありえない話なんだけど、すごく面白いんです。
そう、この繋がり方がハンパ無く素晴らしい!
斎藤さんの曲もカッコイイし♪
■未来さん (えい)
2009-04-19 23:03:02
こんばんは。

最近、この原作者の映画化が相次いでいますが、
それだけ、映画にしてみたくなる構造になったいるんでしょうね。
とりわけ、この物語は、
時空を行ったり来たり。
エピソードがバラバラに見えて、
最後につながっていく。
これって、映画向きの気がします。
遅いかな? (うめ)
2009-06-15 20:54:07
こんばんわっ!
先日は「うまいなぁ」なんて失礼な言い方でしたね(汗)。つい思ったままを・・・。

さて、この作品ずっと観たくて、やっと!!
ほんとスッキリ感に満たされて終わるこの感じ、よかったです。
楽曲もきっちりしてて言うこと無しでした。
『フィッシュストーリー』→『重力ピエロ』でハシゴ鑑賞だったのですが、逆の順だったらもっと爽快だっただろうなぁ・・・。
なんちゃって。(←さて、誰の真似でしょう?笑)
■うめさん (えい)
2009-06-15 21:52:16
こんばんは。

いえいえ、失礼だなんて少しも思っていませんよ。

そうですね。
観る順番は逆のほうがよかったかも。

「なんちゃって」は「フィッシュストーリー」?
時代から言って濱田君のエピソードかな?
いや違う。
「重力ピエロ」。
「ファンタグレイプ」のときだ。
ぼくも80年代に使っていて
「なんちゃっておじさん」呼ばわりされていたので
一瞬ドキッとしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

30 トラックバック

濱田岳 画像 関連最新情報 (濱田岳 画像・動画 最新情報ブログ)
『フィッシュストーリー』は誰ニャの?「う~ん。誰だろう。 伊藤敦史、高良健吾、多...
正義の味方。~「フィッシュストーリー」~ (ペパーミントの魔術師)
伊藤淳史ってイジラレ役が多いんですけど 今回はなんかかっこよかったですね~。 意外でした。(わわわわわ) フィッシュストーリー逆鱗×斉藤和義 by G-Tools 映画のキモとなる歌さえうまくいけば大丈夫って思ってたんで、 のっけからたたみかけてくるこの歌は か...
フィッシュストーリーを見る前に。 (TSUTAYA×枚方駅前)
きっかけは○○テレビ~~っていう某テレビ局のコピーじゃないですが やっぱり映画がらみではいっちゃう Agehaでございます。(;^_^A ただいま読書中。 「フィッシュストーリー」を読む前にこっちからはいってます。 伊坂幸太郎さんて斉藤和義さんの大ファ...
僕の孤独が~さかなだったら~~♪ (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaでございます。 20日初日に見て来ましたっ! 「フィッシュストーリー」!! 実は2月にシアターTSUTAYAへ行った話を書いたんですが その前に11月にも実は訪れてまして。 東京ではすでにその段階でチラシが置いてあった
届け天国の弟へ! 『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗@SHIBUYA O-EAST (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
昨日の速報の通り、映画『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗へ行ってきた。映画の上映後に、監督・キャストによる舞台挨拶と、映画から飛び出しデビューしたバンド“逆鱗”の一夜限りの生演奏が行われた。会場はSHIBUYA...
フィッシュストーリー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
静かなメロディラインに、一瞬どこがパンク?・・・直後のシャウトにやられました。(笑)僕の孤独がさかなだったら~♪でも歌詞は^^;;;よくわからな~い。でもね、ひとつの曲がいつか世界を救う・・・そんな壮大なストーリーが・・・できちゃったんだな(笑)ホラ話...
フィッシュストーリー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:中村義洋 “フィッ
『フィッシュストーリー』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで「FISH STORY」を放った、早すぎたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された気弱な大学生。2009年、シージャックに巻き込まれた女子高生と、正義の味方になりたかったフェリ...
フィッシュストーリー (to Heart)
きっと、つながる 製作年度 2009年 上映時間 112分 原作 伊坂幸太郎 『フィッシュストーリー』(新潮社刊) 脚本 林民夫 監督 中村義洋 出演 伊藤淳史/高良健吾/多部未華子/濱田岳/森山未來/大森南朋/渋川清彦/石丸謙二郎/草村礼子 『アヒルと鴨のコインロッカー』に...
【フィッシュストーリー】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、森山未來、浜田岳、高良健吾、多部未華子、大森南朋、石丸謙二郎 「1975年セックス・ピストルズがデビューする1年前、「FISH STORY」を最後に出して消えたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された、同級生の運転
フィッシュストーリー (  Art- Mill  )
http://fishstory-movie.jp/ 伊坂幸太郎さんの「行ったり来たりの時空間」ワールドを、中村義洋監督がどう自分の世界に取り込むか。これが一番の興味だった。「フィッシュストーリー」、
フィッシュストーリー (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村有志など若手とベテランが多数出演している。というか、...
フィッシュストーリー (ダイターンクラッシュ!!)
3月24日(火) 21:05~ チネ4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『フィッシュストーリー』公式サイト 『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作、監督コンビの作品。伊坂幸太郎原作映画は、いくつか見ているが、小説は一冊も読...
『フィッシュストーリー』@一ツ橋ホール(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
この映画、監督と原作、一部出演者が「アヒルと鴨のコインロッカー」が同じで楽しみにしていたらBluebloodさんから試写会のお誘いが♪SpecialThanks!「フィッシュストーリー」鑑賞★(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュ...
『フィッシュストーリー』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュース:斉藤和義出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで....
フィッシュストーリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『きっと、つながる』  コチラの「フィッシュストーリー」は、”発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!「アヒルと鴨のコインロッカー」のチームが贈る、伊坂幸太郎ワールド第2弾!!”となる3/20公開のヒューマン・ファンタ...
『フィッシュストーリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「フィッシュストーリー」□監督 中村義洋 □脚本 林 民夫 □原作 伊坂幸太郎(フィッシュストーリー」新潮社)□キャスト 伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田 岳、森山未來、大森南朋 ■鑑賞日 3月25日(水)■劇場 チネチッタ...
フィッシュストーリー (めでぃあみっくす)
つながった~!気持ちいいくらいに1953年~2012年までひとつにがつながっちゃった~! 最後に「FISH STORY」がフルで流れるまではどないなるかと思ってましたが、まさか本当に誰にも聴かれなかったパンクレコードが世界を救うなんて、笑っちゃうほど面白かったです。 ...
「フィッシュストーリー」 想いはいつか誰かに届く (はらやんの映画徒然草)
「アヒルと鴨のコインロッカー」と同じく、伊坂幸太郎さん原作、中村義洋さん監督の本
フィッシュ・ストーリー (on a day like today)
TB失礼します
フィッシュストーリー (だらだら無気力ブログ)
『アヒルと鴨のコインロッカー』に続いて、伊坂幸太郎の原作を中村義洋 監督が映画化。 1970年代、全く売れなかったパンクバンドの1つの曲がいろんな人物が 交錯し、めぐりに巡った結果、地球滅亡の危機を救うという奇想天外な 時空を超えたストーリーを鮮やかに描く。...
[映画『フィッシュストーリー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
★MOVIX昭島での、最終上映に駆け込んできましたよ^^  明日から、ロードショーがいっぱいだから、上映終了の映画も多いですな。    ◇  簡単に言うと、これは「小エピソード連鎖」の物語である。  とあるパンク(と言うジャンル名さえない頃の)バンドの...
フィッシュストーリー (future world)
娯楽性抜群、中村監督~ウマすぎます! 「FISH STORY」は只の‘ほら話’じゃありませんね。 ~2012年、彗星が地球に衝突して人類が滅びる・・・ なのに悲壮感・絶望感なんて無し、ホロリとくるような爽快感で 鑑賞後も最近観たものにはなかったスッキリ感が。 舞...
『フィッシュストーリー』 (Gingham Notes)
『フィッシュストーリー』を観ました。 2012年。彗星が地球に激突するまで、あと数時間。人々は避難し、街は静まり返っています。そんな中、通常営業をするレコード屋が一軒。ターンテーブルから流れるのは、セックスピストルズのデビュー前に、ひっそりと解散したパン...
【映画】フィッシュストーリー (新!やさぐれ日記)
▼動機 多部未華子&濱田岳&中村義洋 in 伊坂ワールド ▼感想 なるほど「おとぎ話」とはよく言ったもの ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1975年、ピストルズがデビューする1年前。鳴かず飛ばずのバンド「逆鱗」のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾...
フィッシュストーリー (悠雅的生活)
「いつか世界を救う」。「誰かに届け」。「礼なら父に」。
伊坂幸太郎と斉藤和義の『フィッシュストーリー』 (Q-Days)
たまたま開いた雑誌『日経エンタテインメント!』の11月号で こんな本の存在を今更ながら知った。 斉藤和義と伊坂幸太郎の対談本『絆のはなし』 約2年前の本。 伊坂幸太郎さんがシステムエンジニア時代、 電車の中で聴いた斉藤和義さんの『幸福な朝...
フィッシュストーリー  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  1975年に、先取りし過ぎてヒットしなかったパンクバンド「逆鱗」の、最後の曲が『FISH STORY』。この曲の途中には約1分の空白があり、その空白の中で女性の叫び声を聞いた者は、将来世界を救う英雄になるという。 1982年には、お人良しで気弱
フィッシュストーリー 森山未來と田部美華子が相当効いてる奇跡の物語 (背面飛行がとまらない)
 伊坂幸太郎原作、中村義洋監督作品 ”フィッシュストーリー”。あの名作”アヒルと
フィッシュストーリー (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を 中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。 1970年代に活動した売れないパンクバンドの一曲を中心に、と りどりの登場人物が交錯しやがて地球の滅亡をも救う、時空を ...