ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『永遠のこどもたち』

2008-09-30 11:12:12 | 新作映画
(原題:EI Orfanato)

----『永遠の子供』って
ピーターパンなんかに使われる言葉だよね。
このポスターからは
そんなイメージがまったく伝わらないけど…。
「実はもっとショッキングなのもあるんだけどね…。
原題は『孤児院』。
日本の配給や宣伝サイドはホラー色を払拭しようと、
子供たちが庭で『だるまさんが転んだ』みたいな遊びをしているヴィジュアルとともに
このピュアな日本語タイトルで女性の映画観客を誘引しようとしているみたいだね」

----でも実際はかなり不気味なわけ?
「不気味という言葉が一番的確かどうかはわからないけど、
ショッキングなシーンは多のは確かだね。
物語は、次のようなもの。
海辺にある孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)。
30年後、彼女は閉鎖されていた孤児院を買い取り、
障害を持つ子どもたちのためのホームとして再建するために、
夫カルロスと幼い息子シモンとともに移り住む。
ところが広い屋敷の中、遊ぶ相手がいないシモンは
イマジナリーフレンドを作り上げ、
まるでそこに相手がいるかのように話しかけたりする。
そんな中、いよいよホームのオープンの日が…。
しかしそのパーティのさなか、
シモンが忽然と姿を消してしまう。
その直前に家を訪ねてきた怪しい老婆。
彼女がこの失踪に関係あるのでは?
ラウラは必死に我が子の行方を探すのだったが…」

----うわあ、それはオモシロそうだニャあ。
「でしょう。
ぼくは試写状に書かれたストーリーを読んだだけで
少しでも早く観たくなったもの。
監督はスペインで短編映画やCMで活躍している新鋭J.A.バヨナ。
彼のシナリオを読んで、
あのギレルモ・デル・トロがプロデュースに名乗り出たと言うから、
その才能のほどは折り紙付きだ。
デル・トロいわく
『この作品が、単純に、呪われた屋敷、
幽霊、パラレルワールドなどの要素を元に
派手に作り直したものではないと分かった。
稀なことだが、このシナリオは真に深みのあるものだったのだ』」

----それだけでも、十分にオモシロいのにね(笑)。
「だよね。しかしデル・トロはさらにこう続けるんだ。
『なにしろ特別な残虐シーンなどにまったく頼ることなく、
観客を恐怖ににおののかせることに成功している。
そしてこの作品は、
超常現象ものとしてありがちな演出とは一線を画し、
愛する者を失った喪失感を最高に美しく描いている」

----ということは、この母親の気持ちが
映画のキモになっているんだニャ。
「そういうことだね。
ここに霊媒師(なんとジュラルディン・チャプリン!)まで登場し、
彼女に愛ある助言をする。
ところが周囲は、ラウラのことを
子供思うあまりに狂ってしまった母親としか見ない。
そして霊媒師のことはインチキと決めつけるんだね。
映画としては、
超常現象か、彼女の思い込みか、
そのどちらかは、はっきりとは明示しないから
観客の心は揺れっぱなし。
ミステリーのように切れそうな糸をたぐりながら
真相に向って隠されたベールを一枚一枚はがしていく。
その快感は、まさしくこれぞ映画という感じ。
その中には、突然のアクシデントで
糸がプツンと途切れてしまうところもあるしね」

----ふうん。で、タイトルの意味だけど…。
「これがほんとうにうまい。
最後にすべて分かるよ。
とにかく期待して観てね」



           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ニャンだか、ドキドキしてきたニャあ」いいねぇ

※隣の人が携帯の電源を消してなくて困った度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (22)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« 『悪夢探偵2』 | トップ | 『アイズ』 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かくれんぼする人この指とまれ! (亜蘭真 主美士)
2008-11-26 02:22:21
おひさしぶりです。ようやくカキコミができるようになりました。(9月の終わりと10月のはじめに、我家のフクロモモンガの女の仔、ポヤポヤとヴェヴェが続いて他界しました、で、49日間{それ以上になりましたが}カキコを自粛してました。)で、活動再開です。鬱陶しいかもしれませんが・・・。それで、カキコミやめてて何で復活しようかとかんがえていましたが、内容的にも、同じ喪失感を感じられる作品ということで、これにしようと!!ただ、この作品については、以前に何かの作品のなかで、ふれていましたので、どうしようかと、ただ。そのときは日本語のタイトルはついていませんでした。このタイトルは実にすばらしいです。
特に、たちのところが!!
で、作品ですが、ココのところ、凄く出来のいいホラーを送り出している(RECとかeskalofrioとか)スパニシュホラー(この作品は、ホラー食を前面に押し出さないプロモをするんですね?もったいない感じがするくらいですね。ただ能ある鷹は爪隠すということですか!!)ということで、アメリカンホラー系統の直接的な驚かせ方でなく。いわば昔から日本人のなかにある伝統的な幽霊話のノリで、来るぞ繰るぞという緊張感もあり、ある伝統的な昔からある遊びがベースかくれんぼとかの。(あえてアチラを隠しましたが)それも含めて
我々にはすごく肌が合う気がします。そう、湿気の湿り具合が最高です。(晴れているのに外の空気感もしめっぽい)その気配が喪失感と母性愛をいっそう際出させています。初監督作にしてこの出来はすごいです。今後期待していきましょう!もうじき公開なので、たのしみです。多分、良い反応がかえってくることでしょう!ただ、宣伝戦略うまくいっているのかなあ?
ひと月半カキコミしてなくて、ココに書くのが最初なんて。。。もうちょっとで公開というのに?
まあ、亜蘭真は凄くオススメです。

ところで、ロムっていて気づいたのですが、えいさんのカキコで、色をつかいわけていますが、あれ意味があるんですか?評価によって色分け?それか作品の雰囲気で?(エコっぽい作品にはミドリ色とか??一つの作品でもいろんな色でカキコしているのもあるし??
この作品同様に謎ですな!!猫好きなので、ただの気まぐれとか???でも、これは一番つまらない答えですよね???兎に角?????
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-11-27 00:42:15
こんばんは。
どうされていたのかと思っていました。
なるほど、
そのような事情がおありだったのですね。
ぼくも猫を亡くしたことがあるので、
その喪失感は……。

ご冥福をお祈りします。

>色をつかいわけていますが、あれ意味があるんですか?

おおっ。意外とこのご指摘は亜蘭真 主美士さんが初めてです。

正解は「雰囲気」です。
たとえば、プレスに使われている色、ポスターなどの色も参考にします。
とはいえ、バックに文字が溶け込んで読めないときは
その限りではありません。

なお、一つの作品で色がいくつも使ったのは
4人の男女の絡み合いだった『アルフィー』と
画面内の配色に似せた『シェルブールの雨傘』です。
Unknown (mig)
2008-12-21 14:01:25
えいさんこんにちは。
ご覧になってましたか~!

これ楽しみにしてたので初日に行ったんだけど
ガラガラでした15人くらいかな。
その前の回観た人もガラガラだって、、、。

単なるホラーというんじゃない、
母の想いが描かれた良い作品でしたね。
好みです。
怖いのダメな人にも見て欲しいなぁ。
こんばんは★ (dai)
2008-12-22 16:50:46
えいさんもかなり満足されたようですね☆
本当に意外な良作でした!!
タイトル(邦題)は妙に巧すぎるように
感じてしまいましたw


■migさん (えい)
2008-12-22 22:49:30
こんばんは。

ガラガラですか!?
こんなオモシロい映画なのに…。
個人的には『パンズ・ラビリンス』よりも
こちらが好きです。

やはり、賞とか絡まないと難しいのかな。
■daiさん (えい)
2008-12-22 22:59:56
はい。大満足です。
このタイトル、
観る前は、そんなに深く考えていなかったのですが、
あとで考えると
上手すぎる-----
ちょっとネタバレだけど。
こんばんは (未来)
2009-01-18 00:07:04
こんなにも怖くて心に響く深い作品には出会ってないような気がします。
特別な残虐シーンなんてあまりないのに、ほんと怖かった・・・
結構みなさんの評価も高いようなんですが、
私が観たレディス1週目は思ったほど入りが良くなく
これって宣伝不足?もったいないです。。
ベニグナ (にゃむばなな)
2009-01-18 15:50:46
ソーシャルワーカーのベニグナさんなんて存在自体がもはやホラーでしたよね。
倉庫に入ってふと後ろを見たらあの人がいたなんて、怖すぎます。
しかも最後は『ミラーズ』を彷彿とさせるお姿に・・・。

でも映画としては怖さやドキドキ感があれど、最後には涙してしまうほど素晴らしいものでした。
■未来さん (えい)
2009-01-18 17:07:49
こんにちは。

この映画、最初にプロットをちらり読んだだけで
とてもオモシロそうな気がしたのですが、
まさかそれに加えて、
こんな深みのあるドラマまであるとは思ってもいませんでした。
観たら、だれもが唸らされる、
そんな見事な作品だけに、
もっとヒットしてほしいです。
■にゃむばななさん (えい)
2009-01-18 17:17:40
こんにちは。
なるほど『ミラーズ』ですか。
でもやはり格の違いを感じました。
ただ怖がらせるだけじゃなく、
母親の悲しみがひしひしと
空気感として伝わってくる。
ほんとうに素晴らし型tです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

永遠のこどもたち :大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い...
試写会「永遠のこどもたち」 (流れ流れて八丈島)
今日も今日とて、おなじみ一ツ橋ホールで試写会「永遠のこどもたち」を観てきました。ハリウッド大作映画じゃなく、スペイン映画です。凄くいい作品でしたホラー映画のようでもあり、サスペンス映画のようでもあり、「シックス・センス」的なスピリチュア映画でもあり・・...
『永遠のこどもたち』 (2007)/スペイン・メキシコ (NiceOne!!)
原題:ELORFANATO/THEORPHANAGE監督:J・A・バヨーナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ試写会場 : 一ツ橋ホール(2008年12月20日公開)公式サイトはこちら。<Story>海辺にある....
永遠のこどもたち/EL ORFANATO/THE ORPHANAGE (我想一個人映画美的女人blog)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースのミステリーサスペンス。 スペインで大ヒットを記録、 今年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた作品{/kirakira/} 今年観られる映画ももうわずか。 20日公開作品は駆け込みでいっぱい...
永遠のこどもたち (Memoirs_of_dai)
死≠不幸 【Story】 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
「永遠のこどもたち」 幸せは主観 (はらやんの映画徒然草)
2008年の劇場観賞の最後となるのは、本作「永遠のこどもたち」。 ギレルモ・デル
永遠のこどもたち (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『永遠のこどもたち』  (2007) = 海辺に建つ、古い孤児院で育った少女ラウラ(べレン・ルエダ)。 30年後、その懐かしい館を、障害をもつ子供たちのためのホームにしたいと買い取り、医師である夫カルロスと、7歳の息子シモンとともに移り住む。 ...
永遠のこどもたち (to Heart)
愛を信じたら、本物の光が見える。 原題 EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 製作国・地域 スペイン/メキシコ 製作年度 2007年 上映時間 108分 監督 J・A・バヨナ 音楽 フェルナンド・ベラスケス ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェール・プリンセプ/ジェラルディン・チ...
「永遠のこどもたち」 (或る日の出来事)
んん…あんまりピンとこなかったなあ。 ギレルモ・デル・トロが製作にまわった映画で、彼の好みっぽいホラーミステリー調に、母の愛などもあ...
永遠のこどもたち (描きたいアレコレ・やや甘口)
ドアは静かに締めましょう...。 ネタバレしてるかな...。 ちょっと前に『ティンカーベル』を観たけど、アレは綺麗な映像に気を使い、小さ...
永遠のこどもたち (そーれりぽーと)
まーた『シックスセンス』を引き合いに出す映画かと思ってたら、こないだ新作映画が公開されたばかりのギレルモ・デル・トロが2007年にプロデュースしたとのこと。 これはひょっとしたらひょっとするんじゃ?と期待を胸に、関西では今週公開の『永遠のこどもたち』を観て...
永遠のこどもたち (心のままに映画の風景)
孤児院で育ち、里親に引き取られたラウラ(ベレン・ルエダ)は、 30年後、閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
永遠のこどもたち◆◇EL ORFANATO ギレルモ・デル・トロ製作作品その2 (銅版画制作の日々)
 愛を信じたら、本物の光が見える。 ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・...
永遠のこどもたち (future world)
これはすごい! あの「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ製作ということで観たが 期待どおりですね。 サスペンスホラーでありながら哀しくも感動を与える作品ってあったかな・・・ 「シックスセンス」「アザーズ」「パンズ・ラビリンス」のテイストが好き...
『永遠のこどもたち』 (めでぃあみっくす)
ホラーとしても素晴らしい。ミステリーとしても素晴らしい。でも母の愛を描いた映画としてはもっと素晴らしい。そう思えるほどに完成度の高い映画でした。『海を飛ぶ夢』や『パンズ・ラビリンス』を始めとする最近のスペイン映画は本当に面白いです。そしてこの映画もその...
永遠のこどもたち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サ...
永遠のこどもたち (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2007年 製作国:スペイン/メキシコ 監 督:J・
「永遠のこどもたち」 ぼんさんがへをこいだ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
この監督、ホラー映画がめっちゃ好きなんがようわかるなぁ~。 なんか色んなホラー映画のエッセンスが詰まっとった。 海辺のシーンとか昔の孤児院のとこなんか、暇をもてあましたルイ・マルが戯れに撮ったホラー映画みたいやったし、 さっきまで可愛かった子供が豹変して...
永遠のこどもたち (気ままに綴りたい。)
やっと、今年1本目の劇場鑑賞映画。 なんとか咳も治まり、待ちに待ったスクリーン  「パンズ・ラビリンス」「...
「永遠のこどもたち」(スペイン/メキシコ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
パーティーの日、ひとり息子が姿を消した。
永遠のこどもたち (Diarydiary!)
《永遠のこどもたち》 2007年 スペイン/メキシコ映画 - 原題 - EL O
永遠のこどもたち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
古く広大な屋敷で起こる怪事件と、突然消えた我が子の行方を捜す母親の強い愛を描くスペイン製のサスペンス。 製作は、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロー。監督は新人のJ・A・バヨナ。ゴヤ賞で脚本賞ほか7部門を受賞。 物語:海沿いにある、ある孤...
【映画】永遠のこどもたち (新!やさぐれ日記)
▼動機 「パンズ・ラビリンス」が面白かったから ▼感想 ホラー?ファンタジー?サスペンス? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
永遠のこどもたち (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ラストの展開で,こんなに号泣した作品は久しぶりだった。 バッドエンドとも,ハッピーエンドともいえるラストからうける感動は半端ではなく,胸をかきむしられるくらい哀しいのに,限りなく癒されている自分がそこにいて・・・。DVDで観て正解だった。だって,劇場鑑賞し...
永遠のこどもたち / 71点 / EL ORFANATO (FUNNY GAMES?)
かなり作りこまれた良質な作品やけど、ラストはどーも納得できない・・・ 『 永遠のこどもたち / 71点 / EL ORFANATO 』 2007年 スペイン/メキシコ 108分 監督 : J・A・バヨナ 脚本 : セルヒオ・G・サンチェス 製作総指揮 : ギレルモ・デル・トロ 出演
【映画感想】永遠のこどもたち(ベレン・ルエダ)[2009-071] (映画+小説+家族=MyLife)
久々にホラータッチの映画を観ました。しかも珍しいスペインの作品で、タイトルは『永遠のこどもたち』です。 突然失踪した息子を捜し求める母の姿を中心に描かれた本作。怪しい老婆の存在や、周囲で起こる霊的現象によって、サスペンス&ホラーの怪しい世界観が描かれて...
永遠のこどもたち [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:EL ORFANATO公開:2008/12/20製作国:スペイン/メキシコ上映時間:108分監督:J・A・バヨナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ、モンセラート・カルーヤ愛を信じたら、本物の光が...
永遠のこどもたち■「チェンジリング」の反対側の物語 (映画と出会う・世界が変わる)
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースにまわった作品。「パンズ・ラビリンス」は大変に手のこんだ、仕掛けの多い作品であったが、この「永遠のこどもたち」もまた、作品自体が魅力的なうえに仕掛けがいっぱいで何回も見たくなる作品である。ク...
永遠のこどもたち (mama)
EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 2007年:スペイン・メキシコ 監督:J・A・バヨナ 製作:ギレルモ・デル・トロ 出演:ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン、フェルナンド・カヨ、マベル・リベラ 海辺の孤児院で育ったラウラは、障害を持つ子どものホームに...
映画評「永遠のこどもたち」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年スペイン=メキシコ映画 監督J・A・バヨナ ネタバレあり
「永遠のこどもたち」久しぶりの恐怖 (ノルウェー暮らし・イン・London)
スピリチュアルな映画なのは知っていた。 だけど、ホラーだったとは! 誰か教えてくれなきゃ・・・・・(汗) しかし久しぶりに見応えのある、怖いけど愛に溢れて、見応えバッチリ素晴らしい作品に出会えた。
永遠のこどもたち(El Orfanato)/ギレルモ・デル・トロ製作のホラー映画 (映画感想 * FRAGILE)
永遠のこどもたちThe Orphanage/El Orfanato/監督:J・A・バヨナ/2008年/スペイン・メキシコ 母親から見たピーターパンの物語。 以前「人形が印象的な映画を語りましょう - 2ちゃんねる人形板まとめ」という記事を書きました。その中で挙げられていて気になった...
永遠のこどもたち(El Orfanato)/ギレルモ・デル・トロ製作のホラー映画 (映画感想 * FRAGILE)
永遠のこどもたちThe Orphanage/El Orfanato/監督:J・A・バヨナ/2008年/スペイン・メキシコ 母親から見たピーターパンの物語。 以前「人形が印象的な映画を語りましょう - 2ちゃんねる人形板まとめ」という記事を書きました。その中で挙げられていて気になった...