ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『デッド・サイレンス』

2008-01-18 21:30:37 | 新作映画
(原題:Dead Silence)

-----これって、腹話術をモチーフにした映画だよね?
「うん。ぼくなんかは
腹話術と聞いてリチャード・アッテンボローが監督した
『マジック』を思い出したな。
あれは若き日のアンソニー・ホプキンスが主演。
とてもよくできたサイコ・スリラーだった」

-----これもそんな感じがするけど?
「う~ん。『ソウ』シリーズの
スタッフが手がけただけに、
どちらかというとホラ-だね。
終わった後、宣伝の人は『楽しかったでしょ?』
なんて言っていたけど、
どうしてどうして。
最初のうちは“観なきゃよかった”と思ったくらい怖かったね」

-----どういうお話ニャの?
「じゃあ、ストーリーを簡単に。
若い夫婦のところに誰からか大きなトランクが送られてくる。
その中には、腹話術用の人形。
ぼくはてっきり、この後の展開が
密室ホラーで、じわりじわりかと思ったら、
なんと、あっという間に妻の方が惨殺されてしまう。
警察は夫を疑うわけだけど、
夫はその人形が怪しいと、トランクを調べ
それが自分の故郷から送られてきたことを突き止める。
実は、実家には強権的な父親が住んでいて、
主人公は彼との折り合いが悪い。
ところが、その父親もいまは車椅子姿に。
横には3番目の妻が付き添っていて
なんと、お父さんは改心したという。
しかしそんなことには耳を貸さずに、事件の謎を調べ始める主人公。
その前に明らかになったのは、
この地にまつわるおぞましい過去だった…。
ま、ここくらいでいいかな」

-----ふうん。もっと聞きたい気もするニャあ。
その過去とやらには、腹話術師が絡むんでしょ?
「そう。
それも女のね。
この映画、実は、ある驚きの結末が待ち構えている。
これはぼくには、まったく読めなかった。
もちろん、どんでん返しの映画がいいとか、
そういうことを言うつもりはないけど、
この映画が上手いな、よくできているなと感心させられるのは、
その“衝撃の結末”に向って
すでにクレジットタイトルにおいて
見事な伏線が張られているところ。
もちろん、腹話術の人形そっくりに殺された死体を始め、
ビジュアル的にも見どころは多いけど、
やはりこの“伏線”の張り方が最高だね」

-----ニャに、ニャに。その“伏線”って?
「う~ん。
さすがにこれは、そのヒントも教えられないな。
その代わりに映像的見どころをいくつか。
(1)町の案内の看板が実景に変わる
(2)画面手前に年老いた葬儀屋、奥にその子供時代
(3)少年が降りていく階段が、実際にはありえないほど急で深い
こういうところを注意して観ると、楽しさ倍増だよ」

-----あれっ。“楽しい”って言ってる(笑)。


        (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「腹話術の人形って、気持ち悪いニャ」もう寝る

※ちょっとCM。ドラマ仕立てです。(画像をクリックしたらスタート!)
「寒い家」


※怖いけど、上手い伏線だ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(ダウンロードサイト)ウォールペーパーより。

コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 『Sweet Rain/死神の精度』 | トップ | 『プライスレス 素敵な恋の... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
shhhhhhhhhhh~っ! (亜蘭真 主美士)
2008-01-19 23:12:42
えいさんの書いたのをみて、去年の秋ぐらいにHD-DVDでみたので、もう一度観直そうとおもい、HDDVDをさがしたけど、なぜか、(black Xmas)(hot fuzz)(breach)(slither)(balls fury)とかはあるのにこいつだけがみあたらない・・・、これは、ヤツラがかくしたのか・・・・。振り向いたら、そこにあやしい、人形の影が。。。ぎゃあああ~~~!!ということで、こいつだけが見当たらないので、記憶を呼び戻しながらのカキコで、アヤフヤな記憶で、ちがっていたら、ごめんね。で、あのオチというか、クライマックスのところで、なぜか煎餅を(パリ~~~ん)か、焼きすぎたモチの表面を箸で押さえてたべたくなっちゃいました。それから、見終わって、パ-マン2号を思い浮かべてしまったのを、(わかるかなあ?)おもいだしました。で、僕は、あの展開少し想像ついたので、びっくりはなかったのですが、ワンとワネルの、ホラ-作品をよくみているのが、随所に、感じられクラッシクな手法も作品の雰囲気にあっているなと、関心しました。ワン監督がソウ製作してサンダンスで話題になり半年後にソウが公開された直後すぐに、次回作のアナウンスがあった作品がコレだと思うんだけど(腹話術師が主役の作品って)、そのときに聞こえたタイトルはデッド・サイレンスではなかった。で、そのときのタイトルは「shhhhhhhh!!」でした。ちょうど、人形が口に人差し指を立ててシ-ッてしている写真から、外国でも静かにしろと言うときは、ああするんですかね?で、日本でのタイトルもデッド・サイレンスですね。僕としては、最初のshhhhh!!の方がすきなんだど・・・・。まあ、余談でした。あと、こっそりおしえさせていただきますが、(ウチのフォ-ンのライバル、モモンガのヴエヴエちゃんからきいたんですが)本文についてる、オフィシャルサイトがペネロペ(クルスではない)になってました。これも、腹話術なんだろうかとおもいましたよ。し-っ!http://www.deadsilencemovie.net/
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-01-20 11:27:50
こんにちは。
スゴいですね。
ホラーの日本未公開作品をDVDでたくさんコレクション。
「shhhhhhhh!!」ですか。
なんか、似たようなタイトル、最近聞いた気がするな。
“h”はそんなに多くなかったけど…。

オフィシャルサイト、教えていただきありがとうございました。
腹話術人形は、やはり怖いので、
こういう普通のヤツを選んでしまいました(笑)。
デッド・サイレンス (agmon)
2008-01-30 02:40:52
初めまして、こんにちは。デッド・サイレンスは猟奇殺人とかあるんですか? 1人、1人、殺人鬼によって殺されていくんですか?
■agmonさん (えい)
2008-01-30 22:40:01

こんばんは。
はじめまして。

この映画は、いわゆるオカルト系のホラーです。
ですので“猟奇”という言葉が当てはまるかどうか…。
ただ、現在の事件だけでなく、過去の事件も描かれていて
そこはあきらかに連続殺人が起こります。

ネタバレになるといけないので、あまり詳しくは…。
この程度の回答でいいでしょうか?
伏線って・・・ (となひょう)
2008-03-22 19:25:06
こんにちは。
私は、もしかしたら3月ベスト1は『ノーカントリー』ではなくてコチラになる予感がします。
とても気に入ったのですが、世間一般的にはそうでもないのかな・・・
「楽しかった」って、「とにかく怖かった」です。
ホラー好きなので、楽しめたことには変わりないのですが。
えいさんの記事を拝見して、伏線って何のことを仰っているのか自信がないです。(写真ですか?)
あー、公開したばかりなのでコメントもしづらいですね
■となひょうさん (えい)
2008-03-24 16:35:44
こんにちは。

あらら、3月のベスト1ですか!?
それはまた大胆!!

伏線については、直メさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

デッド・サイレンス (ともやの映画大好きっ!)
(原題:DEAD SILENCE) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 「SAW ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督と脚本家のリー・ワネルが新たに仕掛ける、腹話術人形を巡る恐怖の物語。 ある雨の日。リサ・アーシェン(ローラ・リーガン)の元に差出人不明の小...
デッド・サイレンス/ DEAD SILENCE (我想一個人映画美的女人blog)
『SAW』の監督 ジェームズ・ワンと、脚本&主演したリー・ワネル コンビが放った第二弾{/ee_1/} ということで、あちらで公開してた時から注目してたこの映画、 いよいよ日本にやってきた。 が、先に観てたyueが普通に面白いくらいでそうでもなかったというし、 もちろ...
デッド・サイレンス (アートの片隅で)
「デッド・サイレンス」の試写会に行って来ました。 腹話術人形にまつわる映画ということで、上映前に腹話術師の玉城一石が登場しました。 初めて知りましたが、"いっこく堂"というのは、腹話術の人形達と出演するときの劇団名だそうで、個人としては玉城一石なんだそう...
Twist and Shout (MESCALINE DRIVE)
ジェームズ・ワンとリー・ワネル。「SAW」シリーズの二人がおかしなおかしな大冒険。人形屋敷に迷い込み、ジグソウならぬ白髪頭の婆さんに追いかけられて西へ東へ。小さな腹話術人形から逃げろや逃げろ、北だ南だ。「デッド・サイレンス」はそんなハナシ。ちょっと違う。....
デッド・サイレンス (映画通の部屋)
「デッド・サイレンス」 DEAD SILENCE/製作:2007年、アメリカ 8
2008-19『デッド・サイレンス』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-19『デッド・サイレンス』(更新:2008/03/22) 叫んじゃダメだ。腹話術人形が舌を切り落とすぞ―『ソウ』を送り出したコンビで描くミステリー・ホラー 評価:★★☆☆☆(★★★☆☆に近...
デッド・サイレンス☆独り言 (黒猫のうたた寝)
SAWの製作スタッフが~っていうとグレッグ・ホフマンがかかわった『カタコンベ』を去年観ましたけど、意外に面白かったと猫は思っていますので、今度はどんな?って感じでチェックしに行ってきました(笑)『デッド・サイレンス』レイトショーで鑑賞・・・うん、ちょっと...
映画「デッド・サイレンス」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「デッド・サイレンス」に関するトラックバックを募集しています。
デッド・サイレンス (そーれりぽーと)
『ソウ』シリーズで、ホラー映画の新ジャンル、ソリッド・シチュエーション・ホラーという言葉(※)を生み出したジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビ。 ずっとシリーズに携わっていたけれど、1作目より後は製作総指揮という立場で、ジェームズ・ワン自身のメジャー映...
デッド・サイレンス (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 DEAD SILENCE 上映時間 89分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/03/22 監督 ジェームズ・ワン 原案 ジェームズ・ワン、リー・ワネル 脚本 リー・ワネル 音楽 チャーリー・クロウザー 出演 ライアン・クワンテン、アンバー・ヴァレッタ、ドニ...
デッド・サイレンス (TRIVIAL JUNK Blog)
「あれ?」「ババァが」「血塗れで」「来るよ」(いっこく堂) <公式サイト> 1だけは伝説級の完成度だった「SAW」のスタッフによる完全新作。 人vs人の諍いだった「SAW」と違い、今回は怨霊さんが終始元気に走り回るオカルト系ホラーです。 基本的には正統派...
デッド・サイレンス (ダイターンクラッシュ!!)
4月12日(土) 22:00~ TOHOシネマズ川崎8 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:500円 『デッド・サイレンス』公式サイト ソウのスタッフが作ったこと、腹話術人形が出てくることしか知らなかった。 しかも、何故か「デッド・サイエンス」だと勘違いし...
デッド・サイレンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「デッド・サイレンス」は、「ソウ」のオリジナル・クリエイターであるジェームズ・ワン&リー・ワネルの映画おたくコンビが久しぶりに純粋にクリエイターとして作り上げたドールズ・ホラーです。  何度でも繰り返しますが、あたしはホラー映画が苦手です。...
映画評「デッド・サイレンス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ジェームズ・ワン ネタバレあり
映画『デッド・サイレンス』(お薦め度★★) (erabu)
監督、ジェームズ=ワン。脚本、リー=ワネル。2007年米。ホラー映画。出演、ライ
デッド・サイレンス (mama)
DEAD SILENCE 2007年:アメリカ 監督:ジェームズ・ワン 出演:ライアン・クワンテン、アンバー・ヴァレッタ、ドニー・ウォールバーグ、ボブ・ガントン、マイケル・フェアマン ある日、帰宅したジェイミー・アーシェンは、寝室で舌を切られ絶命した妻の死体を発見...