ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『リアル・スティール』

2011-12-30 14:32:24 | 映画

※ネタバレもありますが、もう公開から3週間経っているので…


(原題:Real Steel)


----これって、今年のラスト・ピクチャー・ショーって
決めていた映画だよね。
だから、ギリギリになって…。
フォーンも一緒に行ったけど、泣けたよね。
「巧い映画だよね。
よどみなく物語が流れていく。
ロングに引いた画の中、トラックが左から右に走っている姿を捉えた
あのオープニングだけでも、
傑作の予感が漂う。
物語は、もうあらかじめ知っていたし…。
かつてはボクシングで鳴らしながらも私生活はグータラ。
恋人との間にできた息子(ダコタ・ゴヨ)とも別れ、
いまはロボット・ボクシングの稼ぎで暮らすチャーリー(ヒュー・ジャックマン)。
恋人が急逝し、真剣争いが起こるも
彼はまったく興味なし。
金のためだけに、ある期間の間、
やむなくその息子を引き取ることになる。
この時点で、もう流れは予想できちゃう。
泣かせのポイント、その第一は、
せっかく結ばれ始めた父と子の絆。
しかし、そこに“別れ”がくるということ」

----そうそう。
で、フォーンが驚いたのは、
昔の、同じくボクシングがキーワードになっていた
『チャンプ』とは違って
この息子というのがしっかりしていて現代っぽいということ」
「そうなんだよね。
なにせ、日本語は知っているし、
ロボットにダンスは教えるし…。
ついにはリング上で、
ロボット格闘技“リアル・スティール”のチャンピオンに戦いを申し込むんじゃう。
その裏に、チャンピオン・サイドによる、
ある汚い画策を持ってくるところなんて、
この映画、
観る側の心のつかみ方がほんとうにうまい」

----あと、いいセリフも多かったよね。
ほら、キャッチコピーにも使われている
『僕のために戦って』とか…。
「あ~。あれも泣けたね。
大人のセリフとしては
『キスだけのために2,000キロ…』とか。
で、キャメラもいい。
チャーリーが女性を見る時、
薬指の指輪の有無を確認するところを
さりげなく入れたりとかね。
でも、やはりこの映画の白眉はクライマックス。
ある人がツイッターで
『ロッキー』と『ザ・ファイター』を引き合いに出しながら
そのラストを示唆していたこともあって、
結果がどうなるかは読めちゃったけど、
それを超える展開があった。
もう、始まってずいぶん経つから言ってもいいと思うけど、
キーとなるのは、シャドーボクシング。
リング状ではATOMが戦っているけど、
そこでは、元ボクサーのチャーリーも戦っている。
そしてそれを仕掛けたのは我が子。
これは自分の息子によって復権を成し遂げた父親のお話。
もう、その設定だけで泣けちゃうよね」


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ショーン・レヴィ監督『ナイト ミュージアム2』も、父と息子のお話だったのニャ」身を乗り出す

『A.I.』『センチメンタル・ジャーニー』も少し入っていた度



コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー



コメント (13)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 『マイウェイ 12,000キロの真... | トップ | 2011年、フォーンと無人島に... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかったです☆ (kira)
2011-12-30 22:11:40
>これは自分の息子によって復権を成し遂げた父親のお話。
>もう、その設定だけで泣けちゃうよね

基本、父と息子モノは大好きなんですが、
この父と子の距離感を補い、
その間を流れるぎこちなさと垣間見える愛情を、繋ぐかのようなATOMの存在がよかったです。

今年もたくさんのTBでお世話になり、有難うございました。
えいさんも、どうぞ良いお年をお迎えください

Unknown (けん)
2011-12-31 02:13:36
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
こんにちわ (にゃむばなな)
2011-12-31 15:23:02
悪いヤツが見事に負けていくところがいいですよね。
王道作品もたまにはいいな♪ではなく、王道作品はやっぱりいいわ♪と思える映画でしたよ。

てな訳で今年もお世話になりました。
来年もまたよろしくお願いします。
Unknown (犬塚ケン)
2011-12-31 17:01:23
こんばんは。

さて、突然で申し訳ありませんが、
PGM21氏のブログ『オールマイティにコメンテート』にリンクのある全てのブログに、
以下の文章をコピーで投稿させてもらっています。

PGM21氏は当方に、一方的に批判コメントを投稿しておきながら、
こちらの反論に応じなかったため、リンク先の各ブログ管理者様に、
PGM21氏の言動を知っていただきたいと考えました。
この文章を拡散するにあたり、PGM21氏から許可をいただいています。
くわしくは当方のブログの記事を御覧ください。

↓PGM21氏とのやりとりを記した記事のURLです。
ttp://nearfuture8.blog45.fc2.com/blog-entry-805.html

なお勝手ではありますが、このコメントに対する苦情は、
当方のブログのコメント欄では受けつけません。
御用件があればメールでお願いいたします。

この度は、年末の慌ただしい時期にお騒がせしたことを、
心よりお詫び申し上げます。
こんばんは (ノラネコ)
2011-12-31 17:41:46
おお、えいさんの今年のラストレビューはこちらですか。
冬休みに相応しいファミリー映画の秀作ですね。
普通これだけお約束通りに作ったら、形に嵌って面白くなくなるものですけど、これは見事でした。
ロボットの殴り合いで感動するのも、そこに人間がいるからですね。
また来年もよろしくお願いします。
良いお年を!
良いお年を~♪ (ひろちゃん)
2011-12-31 21:17:54
えいさん、こんばんは^^
今頃、筑前煮で大わらわでは?(笑)
私は、筑前煮作り終えました!
ただ、途中で里芋入れ忘れたことに気がつき
大変でしたが(苦笑)

映画に関係ない話からですみません(汗)

えいさんが、公開されてから3週間も経っての映画の感想って珍しいですね。

私は、この作品は年間のベスト1かも~と思うほど
好きでした♪
観るものの側の心を掴むのが本当に上手い作品
でしたよね^^

今年もお世話になりました!
来年もよろしくお願い致します^^

PS.今年は、無人島シリーズは、なしなんですか?
■kiraさん (えい)
2012-01-01 21:48:24
あけましておめでとうございます。

乳を息子が再生させ、
その姿を嬉しそうに見ている、
もう、号泣でした。
やはり、人の“心”を描いた映画はいい。
今年も、このような映画に
数多く出会いたいなと思いつつ、
今年もよろしくお願いいたします。
■けんさん (えい)
2012-01-01 21:55:52
あけましておめでとうございます。
TBありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
■にゃむばななさん (えい)
2012-01-01 21:57:14
あけましておめでとうございます。

この映画、確かに「王道」なのでしょう。
改めて、王道映画が好きな自分を発見しました。

そんな奴ですが、今年もよろしくお願いいたします。
■ノラネコさん (えい)
2012-01-01 22:00:02
あけましていめでとうございます。

毎年、見逃した映画を冬休みに観に行くというのが、
ここ数年のパターン。
今年は、この映画ということを早くから決めていました。
というのも、ツイッターで流れてくる絶賛票が
ほんとうに嘘偽りなく感じられたからです。
観てみて分かりました。
こういう映画に、難癖は付けたくない。

自分が励まされました。
再生の映画はほんとうに好きです。

今年もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

リアル・スティール (to Heart)
「リアル・スティール」――。 それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。 原題 REAL STEEL 製作年度 2011年 上映時間 128分 脚本 ジョン・ゲイティンズ 監督 ショーン・レヴィ 音楽 ダニー・エルフマン 出演 ヒュー・ジャックマン/ダコタ・ゴヨ/エヴァンジェリン...
リアル・スティール (本と映画、ときどき日常)
監督 ショーン・レヴィ 出演 ヒュー・ジャックマン     ダコタ・ゴヨ     エヴァンジェリン・リリー これは面白かった☆ 正直、ロボット同士のボクシングなんて… と高をくくってたとこもあって(汗 ところがドッコイ(感動 ロボット格闘技を通じて親と...
『リアル・スティール』 (こねたみっくす)
『ロッキー』シリーズを近未来のロボットボクシングで再加工したかのような映画でした。安易に名作にオマージュを捧げるのではなく、ロッキー、ミッキー、エイドリアン、アポロ、 ...
リアル・スティール・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
鋼鉄のリングに挑む親子鷹! 「ナイト・ミュージアム」シリーズで知られるショーン・レビ監督の最新作は、近未来のロボット格闘技の世界を舞台に、戦う場所を奪われた元ボクサーと、長年離れて暮らしていた...
ショーン・レヴィ監督 「リアル・スティール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
先月、あまりにTVCMで予告が流れてたので、公開しているものと思って映画館に行ったら今月からでした。 すぐ観たいと思ってたのですが、仕事の出番とか、ちょいちょい忙しく今日(12月15日)になってしまいました。 まぁ平日で良かった。 朝一番、空いてました...
「リアル・スティール」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・米/ドリームワークス=配給:ディズニー 原題:Real Steel 監督:ショーン・レビ 原作:リチャード・マシスン Steelストーリー:ダン・ギルロイ、ジェレミー・レビン 脚本:ジョン
「リアル・スティール」 全部入り (はらやんの映画徒然草)
夏ぐらいから盛んに予告編を流していた本作、さっそく初日に観てきました。 結果から
リアル・スティール (試写会) (風に吹かれて)
子役が可愛すぎる~~~ [E:heart04]ダコタくんを見るべし [E:punch] 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/realsteel12月9日公開原作:
リアル・スティール / REAL STEEL (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click リチャード・マシスンの同名の短編小説「四角い墓場」をもとに、s.スピルバーグ&R.ゼメキス製作 「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィがメガホンをとったSF。 この監督のアシュトン×ブリタ....
リアル・スティール (だらだら無気力ブログ!)
王道な展開ながらもとても良い作品。
リアル・スティール (C'est joli~ここちいい毎日を~)
リアル・スティール'11:米◆原題:REAL STEEL◆監督:ショーン・レヴィ「ナイト ミュージアム2」◆出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・ ...
『リアル・スティール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「リアル・スティール」 □監督 ショーン・レビ □脚本 ジョン・ゲイティンズ□原作 リチャード・マシスン □キャスト ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、      ケビン・デュ...
「リアル・スティール」安定した感動 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
このところ低迷しているスピルバーグだけに、予告から見ても親子愛を描いた感動作に仕上げようとしたかんじが、正直ちょっと気になっていた。 ところが!そんな心配は全くなし。 やっぱり大御所。 飽きずに展開するストーリー、見せ場も感動もわざとらしくなく・・・・
リアルスティール (食はすべての源なり。)
リアルスティール ★★★★★(★満点!) 人間の代わり、高性能のロボットが死闘を繰り広げる時代 夢に破れた元ボクサーの父と、息子がであったのは、 ゴミ置き場に捨てられた旧式ロボットATOMだった。 ATOMのシャドー機能を利用して、ATOMは無敗ロボットゼウスに挑...
「リアル・スティール」 (或る日の出来事)
今年一発目の映画。 今年は映画感想は簡単にする。見た映画をすべてメモするとなると、簡単にしないと時間がかかって、しょうがないからだ。
リアル・スティール (銀幕大帝α)
REAL STEEL/11年/米/128分/ロボットアクション・ドラマ/劇場公開(2011/12/09) -監督- ショーン・レヴィ 過去監督作:『デート&ナイト』 -製作総指揮- ◆ロバート・ゼメキス ◆スティーヴン・スピルバーグ -原作- リチャード・マシスン -出演- ◆ヒ...
リアル・スティール (いやいやえん)
ハリウッドらしい娯楽作、多少の突っ込みどころはあるにせよ、迫力ある映像とディズニー仕様という事で安心してみられる作品になっていたと思う。 元ボクサーの父親が、息子と向き合い絆を深めていくという展開、ロ
「リアル・スティール」(REAL STEEL) (シネマ・ワンダーランド)
人間に代わり、ロボットが死闘を繰り広げるロボット格闘技の世界を舞台に、すべてを失った元ボクサーの男が最愛の息子との絆(きずな)を取り戻していく姿を描いた近未来アクション・ムービー「リアル・スティール」(2011年、米、128分、ショーン・レヴィ監督、ス...
リアル・スティール  この冬最高のアクションムーヴィー (RISING STEEL)
今年初の映画レビューをようやくアップ! もうそろそろ公開終了かもしれませんが、オススメ!! リアル・スティール / REAL STEEL 2020年、近未来のアメリカではロボットによる過激な格闘技が人気を...