ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『スペル』

2009-09-25 22:13:03 | 新作映画
(原題:Drag me to Hell)


----2日続けてのホラー。
フォーンはちょっと苦手だニャあ。
「う~ん。
だけど、この作品は監督がサム・ライミ
他のホラーと一緒に語ったらバチがあたる。
謎めいた冒頭のエスニックな(?)エピソードから、
いきなり観る者を恐怖のどん底へと引きずり込む。
なんでも、世界映画評サイトとして有名なロッテン・トマトでは
鑑賞後の満足度が驚異の92%!(2009.8.20現在) 
配給・宣伝も当然のようにこれを売りにしている」

----へぇ~っ。そんなにみんなが満足するってスゴイね。
えいも、やはりそうだった?
「それはもう大満足。
こんなパワフルなホラーは、最近ちょっと観たことがない。
物語のきっかけは、
銀行の融資担当の女性(アリソン・ローマン)の
老婆へのほんの小さな不親切。
社内での出世競争が頭にチラついた彼女は、
まだ融資の枠があるのにそれを断ってしまう。
『こうして土下座までしているのに、私に恥をかかせた!』
さあ、ここから、世にも恐ろしい老婆の逆怨みが始まる。
そう、彼女の口から、言い渡されたある“呪文(スペル)”が
銀行員の平穏な日常を跡形もなく変えていくんだ」

----ふうん。お話としてはよくありそうだけど…。
「確かにね。
ところが、この映画史に残ること間違いないと思われる
怪婆の世にも恐ろしい形相と、その壊れぶりが、
ときに笑いを誘うほど大げさに描かれ、
ただ怖いというだけではなく、
別次元の領域へと本作をいざなっていくんだ」

----このお婆さんとの対決がずっと続くんじゃニャいの?
「いやいや。
う~ん。ここはしゃべってもいいかな。
この怪婆は、あっという間に死んでしまい、
後には“呪文(スペル)”だけが残り、ヒロインを苦しめていく。
しかもそれは、この世ならぬ地獄へと彼女を引きずり込もうとするもの。
かくして物語は、地獄からやってくる恐ろしい使者や、その除霊会(?)など、
ジェットコースター・ホラーとでも呼びたくなる恐怖のエピソードの畳みかけで、
驚愕のラストへなだれ込んでいく」

----でも、昨日もそれに似たこと言ってたような…。
「いやいや。
昨日の『エスター』では、
クライマックスで
襲う者VS.襲われる者という
相対峙する二者による息詰まるバトルを繰り広げさせる、
いわば王道的パターン。
それに対して、
こちらは、それまで多くのエピソードを詰め込みながら、
一瞬の(この言葉、使うの怖いけど)どんでん返しで、
観る者を唖然とさせて『はいエンド』。
これは、ある種、爽快でもあったね。
昔、テレビの『ヒッチコック劇場』あたりで観た感覚」

----サム・ライミと言えば、
『呪怨 パンデミック』などをプロデュース。
日本人監督・清水崇をハリウッド・デビューさせているよね?
「うん。これはよく知られたことだけど、
日本のホラーは、
ただ、“何かが”そこにじっとしているのが怖い。
しかし、サム・ライミは、
大音量によるこけおどしも使った、
ハリウッドならではの正攻法のホラーで勝負。
ただ、ヒロインが助かる方法等は、
ジャパニーズ・ホラーの代名詞とも言える『リング』の類似パターン。
さあ、果たしてここでは、なにが?
これがオチにもつながってくるから楽しみに観てね」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これって、原題の方がいい気がするニャあ」小首ニャ


これは怖いというよりオモシロい度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。


コメント (16)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 『エスター』 | トップ | 『アンナと過ごした4日間』 »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リストからはずします!! (亜蘭真 主美士)
2009-09-29 16:08:29
エスターからの流れで来ました。
で、結論から言うと、まだ未見です。ああ10/20にdvd(米版)がでます。
劇場のチラシで、「スペル」のタイトルだけみてたので、まさか、これがdrag me to hellだとは、思いませんでした。日本語でみれるなら、買い物リストからはずします。
この作品ライミが兄のイヴァンと共同で脚本をかいての大ヒット、ハリウッド作品のホラーとしては、これとウェスの鮮血の美学(1972)のリメイク、The Last House on the Left (2009)の2本だけ今年はおさえておけば?というのはいいすぎかというくらいの作品で、期待しています。もちろんほかにも、良作(the collecterとかthe boxとか the perfect getway とか、血の本とか、おもしろそうなのもおおいのですが、ムシロ、ハリウッド以外のホラー作品のがんばりが期待できます。チャヌク監督のthrstは吸血鬼映画で、カンヌで審査員賞だったはずで同監督は motherなる大物も控えていますしたのしみです。ノルウエーのナチスゾンビもの dead snow もきたいしてますしinvitation only (台湾のホラーjはめずらしいけど、残虐さで、話題にもなってます)。しフィリピンのpationt Xとか、ふだんおめにかかりにくい国のホラーも評判いいみたいです。
それから、ムーンとかダレン・ジャン(児童小説で有名?)とかフォース・カイントとかのSFやファンタジーにもサスペンス色がつよくなってきてるみたいです。で、国内のホラーとしては、彼岸島あたりが来年あたりに公開というかんじですか、いずれにしてもこの作品は特におすすめできる作品みたいです。期待してまちましょう!!しかし、大御所2人とも健在でなによりです!!
みてれば、いろいろ書けるのに。。。。残念!!
リストからはずします!! (亜蘭真 主美士)
2009-09-29 16:08:35
エスターからの流れで来ました。
で、結論から言うと、まだ未見です。ああ10/20にdvd(米版)がでます。
劇場のチラシで、「スペル」のタイトルだけみてたので、まさか、これがdrag me to hellだとは、思いませんでした。日本語でみれるなら、買い物リストからはずします。
この作品ライミが兄のイヴァンと共同で脚本をかいての大ヒット、ハリウッド作品のホラーとしては、これとウェスの鮮血の美学(1972)のリメイク、The Last House on the Left (2009)の2本だけ今年はおさえておけば?というのはいいすぎかというくらいの作品で、期待しています。もちろんほかにも、良作(the collecterとかthe boxとか the perfect getway とか、血の本とか、おもしろそうなのもおおいのですが、ムシロ、ハリウッド以外のホラー作品のがんばりが期待できます。チャヌク監督のthrstは吸血鬼映画で、カンヌで審査員賞だったはずで同監督は motherなる大物も控えていますしたのしみです。ノルウエーのナチスゾンビもの dead snow もきたいしてますしinvitation only (台湾のホラーjはめずらしいけど、残虐さで、話題にもなってます)。しフィリピンのpationt Xとか、ふだんおめにかかりにくい国のホラーも評判いいみたいです。
それから、ムーンとかダレン・ジャン(児童小説で有名?)とかフォース・カイントとかのSFやファンタジーにもサスペンス色がつよくなってきてるみたいです。で、国内のホラーとしては、彼岸島あたりが来年あたりに公開というかんじですか、いずれにしてもこの作品は特におすすめできる作品みたいです。期待してまちましょう!!しかし、大御所2人とも健在でなによりです!!
みてれば、いろいろ書けるのに。。。。残念!!
ミステリーのレスはミステーク (亜蘭真 主美士)
2009-09-29 20:41:08
二重投稿になってしまった、そのうえ、mother母なる証明の監督まで、まちがえた・・・。と、いうことで、すみませんでした。ジュノ監督でしたね。
やっちまった!!
デ、サマーバーゲンでかったB級作品ばかりみてたから、脳が膿になっちまった!!
このまま放置してたら、ホラーじゃなくホラになっちゃう所でした!。
上であげた作品、まだ日本公開がきまってないのもありますんで、ぜひ公開を!!
■亜蘭真さん (えい)
2009-09-30 08:41:43
こんにちは。

いつもいろんな情報ありがとうございます。
ぼくはそこまで詳しくないので、
教えていただいた中で
ピピッと食指が動いたのは
『鮮血の美学』のリメイクかなあ。

ホラーと言えば
『REC2』『ディセント2』など続編が劇場公開待機。
それと、こちらはミステリーですがスウェーデンの『ミレニアム ドラゴン・タトゥの女』も楽しみです。
笑いました★ (mig)
2009-10-22 13:45:19
えいさんこんにちは。
期待度高めで観たけど気に入りました♪
テンポが最高です!
えいさんも気に入られたんですね★

飼い猫ちゃんがあんなことになって
フォーンはおびえてたんじゃないですか?
■migさん (えい)
2009-10-24 20:11:26
こんばんは。

そう。テンポがいい映画ですよね。
オカルト・チックで、しかも笑える。

飼い猫の件では、まいったて感じでした。
フォーンのことがちらつき、困りました。
こんにちは★ (dai)
2009-10-31 17:15:16
猫の件が画面に出た時は
真っ先にえいさんのことを
思い出してしまいました…。
ホラー映画と猫というのは
切っても切り離せないのかも
しれませんね。
■daiさん (えい)
2009-11-03 16:06:33
こんにちは。

うわああ。レスが遅れてしまってましたね。
実はこの映画、あの猫のシーンでは、
ぼくもまいってしまいました。
ほかのところはオモシロかったのに、
あれはねぇ~。

確かに、猫、それも黒猫は
エドガー・アラン・ポーから
『呪怨』までよく使われますよね。
楽しい! (にゃむばなな)
2009-11-07 14:25:53
こんなに楽しいホラー映画は初めてでした。

特に老婆とクリスティンの戦いがどれも面白いこと。
まさかハンカチとあそこまで真剣に戦うとは思いもしませんでしたよ。
こんばんは (ノラネコ)
2009-11-07 22:37:18
猫ちゃんだけは思わず目をそむけましたが・・・、ライミ節全開の快作でした。
呪いが完了するまでタイムリミットを設けたのも「リング」でしたね。
ライミは超大作に疲れたのでしょうか、この作品では心底楽しそうに撮ってるのが伝わってきました。
個人的には大好きですけど、日本ではなかなかマーケットがない作品ですね。
それにしても「スペル」って意味不明な邦題はナゼ・・・。
担当者はこの映画をちゃんと理解してたのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

32 トラックバック

スペル / Drag Me to Hell (我想一個人映画美的女人blog)
怖いだけがホラーだって、誰が決めたの? こんなに笑えるホラー、初めてかも{/eq_1/} タランティーノが、最近、最高にテンション上がった2本の映画のうちの1本として絶賛してた作品{/atten/} ちなみにもう1本はアダム・サンドラーの「Funny People」(←観たい♪) ...
スペル / Drag Me to Hell (うだるありぞな)
今回は、「スパイダーマン」シリーズの巨匠サム・ライミ監督の、奇妙なB級オカルト作品「Drag Me to Hell / スペル」 ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    銀行のローンデスクで働くクリスティン・ブラウンの前に現れたジプシー風の老婆。 ク...
「スペル」“映画史上最恐婆さん”登場! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2009年10月26日21:52 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  サム・ライミといえば、今や「スパイダーマン」シリーズの監督として、すっかり有名になっちゃいましたが、本来の姿は“青春ヒーロー映画の巨匠”ではなく、“スプラッ...
試写会「スペル」シネマート六本木にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
今晩はこれから、シネマート六本木で「スペル」の試写会を観ます。《劇場内悲鳴厳禁!鑑賞後の放心注意!》と大書きされたチラシがそそります。「スペル」とは、呪文/呪縛にかかった状態のことだそうです。オカルトでもメンタルでも猟奇ものでもない、新しいタイプのホラ...
スペル (Memoirs_of_dai)
このばあちゃん、最怖につき 【Story】 ライバルに勝ち、銀行で昇進したいクリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事が...
『スペル』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今日はGAGAの携帯サイトで当たった『スペル』の試写会で、シネマート六本木に行ってきました。 スタートが11時からの試写会。 平日に午前中から開催される試写会なんて、初めて参加したかもー。 そして、ゲストのトークイベント付きの特別試写会でもありました。 **...
スペル (かりんのつれづれなるblog)
試写会があたったので見てきました>スペル 宣伝見るとホラーっぽい映画なので、 正
劇場鑑賞「スペル」 (日々“是”精進!)
(CD)スペル/ChristopherYoung「スペル」を鑑賞してきました「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が久々に手掛けた痛快エンタテインメント・ホラー。ローン返済に苦しむ老婆に心ならずも無慈悲な対応をしたばかりに100倍返しの怨みを買ってしまったヒロインが...
[映画『スペル』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今日は忙しくも、つい、午前中に映画を観に行ってしまった^^;  この後も忙しいので、短信ですいません。  でも、下らない映画なので、短かいレビューで相応だと思います^^;    ◇  今や、格調高い娯楽作家としても、ちょっとしたクライム・サスペンス作...
スペル (そーれりぽーと)
最近は『スパイダーマン』にかかりっきりで、ホラー映画はプロデュース業でしか関わって来なかったサム・ライミ。 かつてはカルトホラーの巨匠として名を馳せた彼が、ひっさしぶりに自らの手でホラーを作った。 劇場予告編から期待が止まらない『スペル』を観てきました。...
『スペル』 (めでぃあみっくす)
ホラー映画も1周すればコメディ映画になる。まさにその通りの映画でした。とにかくホラー映画なのに笑える、ワクワクする、楽しい気分になるというこの場違いな感覚。ただしこれは昨今のホラーよりも昔のB級ホラーが好きな映画ファンに限る特別な感覚です。ですから映画...
スペル (Peaceナ、ワタシ!)
- かつて体験したことのない「衝撃の3日間」- 昨晩、レイトショーで『スペル』を観てきました! 『エスター』に続き、またもや公開初日のホラー映画!! 監督はサム・ライミ…最近は『スパイダーマン』シリーズが有名ですけれど、もともとは『死霊のはらわた』でカルト...
スペル (だらだら無気力ブログ)
『死霊のはらわた』や『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が 脚本・監督を手がけたホラー。 逆ギレした老婆に怨まれ、呪いをかけられたヒロインが、その呪いの呪縛 から逃れようとする3日間を描く。銀行でローン担当の仕事をしているクリスティン・ブラウン...
スペル [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:DRAG ME TO HELL公開:2009/11/06製作国:アメリカ上映時間:99分鑑賞日:2009/11/07監督:サム・ライミ出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー、ディリープ・ラオラム・ジャス、アドリアナ・バラーザ何故?どうしたら?解けなければ...
スペル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
猫ちゃんはやめてぇ~! ・・・いやはや、自らの映画的記憶の故郷へと回帰したサム・ライミの、何と楽しげな事か。 冒頭の一昔前のユニバー...
スペル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
面白いとは聞いていたけど・・・すいません、これ肩ふるわせながら観てました。サム・ライミの新作『スペル』楽しすぎて、うれしくなっちゃいます(笑)冒頭のアメ・コミテイスト、バイオリンを使ったサントラが大仰に乗っかって・・・もうね、こんなところからクスクス笑え...
スペル (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月7日(土) 21:20~ TOHOシネマズ日劇3 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『スペル』公式サイト フリーパス鑑賞10本目。 スパイダーマンなんぞを撮っているサム・ライミの久しぶりのホラー。 しかし、俺は「死霊のはらわた」を観てい...
地獄への呪文~『スペル』 (真紅のthinkingdays)
 DRAG ME TO HELL  銀行で融資係として働くクリス(アリソン・ローマン)は、ある日ローンを滞納 した老婆(ローナ・レイヴァー)から支...
スペル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場で観たい映画がないので、、、思い切って、“ホラー系映画の一人劇場鑑賞”に初チャレンジ―【story】クリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをアピールする必要に迫られていた。そこへ、老女(ローナ・レイヴァー)が不動産...
スペル (to Heart)
何故?どうしたら? 解けなければ、 死。 原題 DRAG ME TO HELL 製作年度 2009年 上映時間 99分 監督 サム・ライミ 出演 アリソン・ローマン/ジャスティン・ロング/ローナ・レイヴァー/ディリープ・ラオ/デヴィッド・ペイマー/アドリアナ・バラーザ 銀行のローンデス...
スペル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『スパイダーマン』シリーズで知られるサム・ライミ監督が、『死霊のはらわた』の頃の彼の原点に回帰したかのようなホラー作品。 物語:銀行の融資窓口で働くクリスティンは、誠実な仕事ぶりで評価されている真面目な銀行員。その日、不動産ローンの延長を求めてやっ...
スペル 2009年米 ☆3.8 (映画に浸れ。 -携帯メルマガの発行人dkのブログ-)
Mhb vol.1092 2009年11月14日 19時00分 発行  サム・ライミ監督。アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング出演。  銀行のローン受付で働いているクリスティンは、ある老婆のローンの返済延長を断った。すると、その老婆は逆上して大声をだし、警備員に外に連れ出され...
スペル 婆がきょえ~~~~Σ(゜口゜;)// (労組書記長社労士のブログ)
【 61 -13- 1ヶ月フリーパスポート=9 】  昨日は大失敗。 参加表明していた社労士有志の勉強会の日程を間違って携帯のスケジュールに登録していたせいで、不連絡で欠席してしまった! 仕事だったのだが、その仕事流れで飲みに行った店から出て携帯を観たらその勉強会に...
スペル (Sweetパラダイス)
やっちまった。ライアゲーに間に合わなかった あの「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が手掛けたというからこれはもう見るきゃないでしょホラーだから楽しみでもいまいちだったかなあんまり怖くなかった劇場予告編から期待大ホラーというよりブラックコメディ...
映画「スペル」 (おそらく見聞録)
監督:サム・ライミ(死霊のはらわた、スパイダーマンでお馴染み) 出演:アリソン・ローマン(◎)ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー(最高☆婆さん) 出演:ディリープ・ラオ デヴィッド・ペイマー アドリアナ・バラーザ チェルシー・ロス  ほんの...
スペル(2009)★DRAG ME TO HELL (銅版画制作の日々)
この指は貴方に呪文をかけるかも・・・・・。  パンフレットのこの写真に何か惹かれ、購入・・・・。 人には親切にしましょう取り返しのつかない大事件になるかもです フリ―パスポート鑑賞第4弾は「スペル」です。スペル(SPELL)とは呪文、呪縛にかけられている状...
「スペル」 (或る日の出来事)
笑えて、びっくりハラハラ怖い、悪趣味な味わいもうまく少し利かせた、一級品のB級感覚ホラー。
映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り) (【ふじっくす映画情報局】)
懐かしさ溢れるホラー映画! 『スペル』 2009年 アメリカ 監督: サム・ライミ 出演: アリソン・ローマン 、 ジャスティン・ロング 他 ...
スペル (Drag Me to Hell) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・ライミ 主演 アリソン・ローマン 2009年 アメリカ映画 99分 ホラー 採点★★★ 中学の時かと思いますが、通いましたねぇ『死霊のはらわた』。最初に観た時散々怖い目に遭ったんで、2度目以降は同じ目に遭わせてやろうと、同級生たちを道連れに。併映の『悪魔...
映画評「スペル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督サム・ライミ ネタバレあり
『スペル』 (『映画な日々』 cinema-days)
スペル 銀行の融資係が老婆の返済猶予を 断った為に呪われるショッキングホラー 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:DRAG ME TO HELL 邦題の「スペル」は「呪い」の意
スペル (mama)
DRAG ME TO HELL 2009年:アメリカ 監督:サム・ライミ 出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー、ディリープ・ラオ、デヴィッド・ペイマー、チェルシー ...