ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『GONINサーガ』

2015-09-27 14:07:08 | 映画
『GONINサーガ』。
「お約束」を封印した竹中直人の殺し屋。
渾身の力で映画に臨んだ根津甚八。
やはりオリジナルキャストの存在感は凄い。
そして現(うつつ)と幻の間(あわい)を見せてくれる佐藤浩市!
物語の軸を通し、しかも石井隆監督ならではの映画表現で締めくくるクライマックスに身震い。


----あれれっ。
この映画、もう始まっちゃってるよ。
ほんとは別の映画の話をするんじゃなかったけ?
「うん。
最初は『アクトレス~女たちの舞台~』のつもりだったんだけど…。
ほら、最近のここでの映画紹介の方法、
まずはTwitterでのつぶやきから…でいこうとしたら、
そこまで遡ることができなくって…」

----いかにここを放置していたかってことだニャ。(怒)
でも、まさか代わりにこのバイオレンスがくるとは…。
でもこれって、正式な続編と思っていいの?
ほら『GONIN2』なんてのもあったじゃニャい。
「それは気になるところだよね。
女性のみで集団クライムサスペンスを作り上げた
『GONINN2』とは違って
こちらは正真正銘、
その後の『GONIN』

----でも、あの映画って
主要人物、全員死んでいなかった?
「そう。
この映画は、彼らの次の世代、
いわば子供たちの物語。
それもそれぞれが抱える理由での復讐譚」

----その割には、
前作と同じ俳優が出ているよね。
佐藤浩市、鶴見辰吾、永島敏行、竹中直人…。
そうそう、根津甚八がこの映画だけということで復活しているのも話題。
「あっ、根津甚八は前作で生き残っていたという設定。
しかし、その他の人たちは、
冒頭で語られるのダイジェスト、
あるいは途中で織り込まれる回想が中心。
ただ、竹中直人だけは別だね。
一転して凄みのある殺し屋を演じている。
これが酸素吸入器を引きずりながら動いているという、
他の人ではちょっと考え付かない設定」

----さっき、凄みって言っていたけど、
今回の俳優たちは優しすぎニャい。。
「そうなんだよね。
主演の東出昌大とか、顔つきが端正すぎて、
前作の底に流れていた“怖さ”は失せていた気がする。
ぼくは前作『GONIN』を思い出すときにすぐ浮かぶのは
部屋に追い詰められた椎名桔平、横山めぐみ
精神に異常をきたす竹中直人
そして後半、それまでのだれよりも凄みをもって
突然現れるビートたけし
実をいうと、それ以外の細かいところは覚えていない」

----えっ?それでも付いていけるの?
「一回観ていればね。
でも初めての人だと、
何が何かわからないかも。
そういう意味では、
前作をDVDなりで観ておくか、
少なくともシノプシスを読んでおいた方がいいだろうね」

----ふうむ。
それでもこの映画を紹介しようと思ったからには
ワケがありそうだニャ。
「それは
この作家・石井隆監督ならではの映画としてのカタルシスだね。
監督デビュー作『天使のはらわた・赤い眩暈』
あるいは代表作の一本『ヌードの夜』などに観られるように、
石井監督の映画には“死者の想い”が映像化されることが多い。
ここでは、それに加えて
石井監督と根津甚八の出逢いの作品『月下の蘭』のイメージ復元を試みている。
夜だの、雨だのばかりが取りざたされることが多い
石井隆監督映画だけど、
『花と蛇』『甘い鞭』のように
クライマックスで現実からあちらの世界へ飛ぶことも…。
やはり刺激的な監督だと思うよ」




フォーンの一言「でも、やはり雨と夜は徹底しているらしいのニャ」身を乗り出す

「やはり独自の世界観と語り口を持っている映画は魅力的だ度


コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。
こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 『ジョン・ウィック』  | トップ | 『ホワイト・ゴッド 少女と犬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

GONIN サーガ  監督/石井 隆 (西京極 紫の館)
【出演】  東出 昌大  桐谷 健太  土屋アンナ  安藤 政信  柄本 佑 【ストーリー】 1995年。多額の借金を抱えた万代をはじめとする5人組が、指定暴力団五誠会系大越組を襲撃して現金強奪に成功する。だが、大越組がヒットマンを放ったことにより事件は激化。関与す....
GONIN サーガ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『花と蛇』シリーズや、『甘い鞭』などの鬼才・石井隆監督が放つ、人気アクション『GONIN』シリーズの第3弾。ある5人組が起こした暴力団からの現金強奪事件の19年後を舞台に、その事件に深い因縁を持つ者たちが新たな戦いを繰り広げていく。テレビドラマ「ごちそうさん」....
「GONIN サーガ」19年前の仇を知った先にみた19年前の思いを受け継いだ息子たちの復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「GONIN サーガ」は20年前に公開されたGONINの続編で19年後に当時の子供たちが大人になりかつての復讐を果たそうとする5人をメインに復讐劇が展開されていく。19年の時を経て ...
『GONINサーガ』をトーホーシネマズ新宿6で観て、情念が映画を置いていっているふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★石井隆は映画であるとか規格内に収まるとかいう事に関心がない】 石井隆本人による『GONIN』のファン・ムービー(!)。 物語は『GONIN』と繋がっ ...
雨の挽歌~『GONIN サーガ』 (真紅のthinkingdays)
 1995年の雨の夜、大越組襲撃事件で構成員だった父を亡くした久松勇人 (東出昌大)と大越大輔(桐谷健太)は、事件を取材していると言うフリーライ ターで、冨田(柄本佑)と名乗る男に出逢う。冨田は、実は事件で殉職した警 察官・森澤の息子だった。彼らは大越...
GONIN サーガ (銀幕大帝α)
2015年 日本 129分 アクション/犯罪 PG12 劇場公開(2015/09/26) 監督: 石井隆 脚本: 石井隆 挿入歌: ちあきなおみ『紅い花』 森田童子『ラスト・ワルツ』 出演: 東出昌大:久松勇人 桐谷健太:大越大輔 土屋アンナ:菊池麻美 柄本佑:森澤慶一 安藤政信...
映画評「GONIN サーガ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・石井隆 ネタバレあり