ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『コードネームU.N.C.L.E』

2015-11-08 18:09:42 | 新作映画



(原題:The Man from U.N.C.L.E)

『コードネームU.N.C.L.E』、
何が嬉しいかって、時代設定をオリジナルそのままに冷戦時代としていること。
夜の東ベルリン。街中をクラシックな車が現代のアクション映画ばりの激しいカーチェイスを繰り広げる
その新鮮さ。できればタイトルも『0011ナポレオン・ソロ』のままがよかったな。


----へぇ~っ。
これ、テレビの『ナポレオン・ソロ』の映画化だったんだ。
「うん。
あまりにタイトルが違うから
つい最近までまったく気づかなかったけど…。
でも、テレビシリーズの原題もこれと同じだったんだね。
観ていたのが子供のころだから、
そんなこと気にもかけていなかった。
まあ、『0011』なんて入れちゃうと、
昔のこのシリーズを知らない人には
逆にバッタもんと思われかねないし、
ある意味、仕方がないのかも…」

----それはそうかもね。
ところで“U.N.C.L.E”ってなんのこと?
『United Network Command of Law and Enforcement』
この映画のラストにて設立される
アレキサンダー(ヒュー・グラント)を指揮官とする国際秘密捜査機関のことなんだ」

----へぇ~っ。
“国際”ということは
どこかひとつの国の機関というわけじゃないんだニャ。
「ぼくもすっかり忘れていたんだけれど、
ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カビル)はCIAのアウトローエージェント、
そして彼のパートナーであるイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は
KGBに史上最年少で入ったエージェント。
つまりこの映画は、
東西のスパイが組んで悪の組織と戦うというお話なんだ」

----ふうむ。
このテレビシリーズが冷戦時代に作られていたってのは驚きニャ。
「だよね。
Twitterでも呟いたけど、
冒頭のエピソードは東ベルリン。
厳しい管制下だからか、
夜の街には人っ子一人いない。
その空気感というか、手触りが
あ~あ、これぞスパイ映画って感じがして懐かしい。
人がまったくいないものだから、
カーチェイスだって展開させやすい。
しかもそこで出てくる車が半世紀も前のもの。
そのいわばクラシックカーが
以後、映画が50年かけて獲得した撮り方で
激しいカーチェイスをスクリーン上に繰り広げる。
これでアガらないワケがない」

---ニャるほど。
50年前だと、
そんなカーアクションはなかったものね。
「そういうこと。
現代のカーアクションの萌芽は『ブリット』(68)、
そして『フレンチ・コネクション』(71)のアカデミー作品賞受賞によって
以後の流れはできあがっていった。
この映画の背景はそれらがつくられた時代よりもさらに前」

---60年代が舞台だったら、
ファッションなんかも今とはかなりちがうよね。
「うん。
ナポレオン・ソロが東ベルリンから西へと連れ出す女性ギャビー。
彼女に扮するアリシア・ヴィキャンテル
この“世界で最も美しい顔100人”にランクインした美女が
“西”用の服に次々と着替えてくれるため
スウィンギング・ロンドン感たっぷり」

---彼らが戦う敵は?
「ナチスの残党と組む国際犯罪組織。
ソロとクリヤキンは彼らのアジトに潜入。
ところが現代のスパイ映画のように
高度なITで守りを固めているわけじゃない」

---そうか。
赤いレーザービームの線が張りめぐらされたりはしていないワケだ。
「もちろん。
『ミッション:インポッシブル』のような
“スマホで追跡”もないしね。
原爆製造をめぐる研究データを奪還という
そのミッションは、
失敗したら世界壊滅にもつながるような危険かつ重大なものなのに、
どこかのどか。
一例をあげると、
イリヤが水上をモーターボートで命からがら逃げまわっているのに、
先に陸に上がったソロは
そこに止めてあった車のバスケットにあったサンドイッチをむしゃむしゃ。
しかもご丁寧にナプキンまでして…。(笑)
その後ろで
イリヤと敵の一味が漫画チックに水上を行ったり来たり。
まあ、このあたりが『007』とは違うところだな」

--そういえば『007 スペクター』も観たんだったよニャ。
「うん。
こっちはシリアス路線だからね。
おそらくファンや研究者たちが徹底して書いてくれるだろうから、
ぼくはTwitterでの呟き2本でお茶を濁そう。

『007』の監督オファーを受けたクリストファー・ノーランは色気を見せながらも、
ダニエル・クレイグ=ボンドの今はその時期ではないというように答えたと伝え聞く。
このエピゾードの信憑性を裏付けるかのような『007/スペクター』であった。
これはクレイグから007を見始めた人向けの映画だ。

『007 スペクター』
アストンマーチン、ヘリ、雪山、パラシュート、アナログ時計、ウォッカマティーニ、
さらにはブロフェルド、白い猫…と、
コアなファンを喜ばせる舞台、ガジェットは盛りだくさん。
ただ、トーンに加えキャラが変わってしまっている。
まあ、この好みは人それぞれなんだろうけど。」

---それ以上、聞く必要もニャいか…。

フォーンの一言「えいは娯楽映画がシリアスになるのは、あまり好きじゃないのニャ」身を乗り出す

『ダークナイト』までくれば別だ度
コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)
index orange 猫ニュー

画像はオフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。


コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 『恋人たち』(橋口亮輔監督) | トップ | 『ハッピーアワー』 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2015-11-19 16:34:46
こんにちは。
私もあの陸(おか)でサンドウィッチのシーン、最高に面白かったです!ナポレオン・ソロの個性が(女性関係以外で)浮き出たシーンかな、と思います。
TBさせていただきます。
Re:こんにちは (えい)
2016-01-02 19:43:30
コメント&トラックバックありがとうございます。
ブログになかなか手が回らず、お返事が遅れてしまああました。
この映画、往年のスパイ映画の楽しさ満載。
本来ならベストテンに入れたいほどでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

コードネーム U.N.C.L.E. / The Man from U.N.C.L.E. (勝手に映画評)
1960年代にヒットした「0011ナポレオン・ソロ」を時代設定はそのままに、映画化した作品。9月にはキングスマンがあったし、12月には007もあるし、今年はスパイ映画が盛りだくさんです。 いやぁ、この時代に1960年台を再現するのは大変だったんじゃないですかね?車も懐か...
コードネーム U.N.C.L.E. (心のままに映画の風景)
東西冷戦真っ只中の1960年代前半。 CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)は、核兵器拡散をたくらむ国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超え、KGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)と手を組むことになる。 考え...
『コードネーム U.N.C.L.E.(THE MAN FROM U.N.C.L.E.)』ガイ・リッチー監督、ヘンリー・カヴィル、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『コードネーム U.N.C.L.E.』THE MAN FROM U.N.C.L.E.監督 : ガイ・リッチー出演 : ヘンリー・カヴィル、アーミー・ハマーアリシア・ヴィ
劇場鑑賞「コードネーム U.N.C.L.E,」 (日々“是”精進! ver.F)
最強スパイコンビ、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201511140000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「コードネームU.N.C.L.E.」 オリジナル・サウンドトラッ...価格:2,592円(税込、送料込) 【楽天...
コードネーム U.N.C.L.E. ★★★★ (パピとママ映画のblog)
日本でも人気を博した往年のTVドラマ「0011ナポレオン・ソロ」を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督が映画化したスタイリッシュ・スパイ・アクション。東西冷戦時代を背景に、アメリカとロシアのトップ・エージェントが手を組み、互いに衝突...
コードネーム U.N.C.L.E. (風に吹かれて)
イケメンコンビ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/codename-uncle 1960年代のアメリカのテレビドラマ「0011 ナポレオン・ソロ」を基にした映画 監
「コードネームU.N.C.L.E.」 (ここなつ映画レビュー)
大変!面白かった!クラクラする程のイケメンコンビ。アーンド強くてカワイイヒロイン。私別にヘンリー・カビルもアーミー・ハマーもタイプじゃないよ。むしろタイプじゃない俳優として真っ先に挙げるならこの二人、という位に、顔つきやガタイがハナからダメなタイプ。そ...
映画「コードネーム U.N.C.L.E.(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『コードネーム U.N.C.L.E.(日本語字幕版)』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 東西冷戦真っ只中の1960年代前半。ドイツナチスの残党が核兵器拡...
コードネームU.N.C.L.E.  監督/ガイ・リッチー (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  アーミー・ハマー  アリシア・ヴィカンダー  エリザベス・デビッキ 【ストーリー】 東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロとKGBエージェントのイリヤ・クリヤキンは核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組....
コードネーム U.N.C.L.E. ~ カウボーイとボクネンジン!? (まぜごはん)
コードネーム UNCLE 観ました。 公式HP 東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長...
コードネームU.N.C.L.E. (本と映画、ときどき日常)
監督 ガイ・リッチー 出演 ヘンリー・カヴィル     アーミー・ハマー     アリシア・ヴィキャンデル アメリカソ連冷戦下の時代。 核兵器の技術を持ち、世界に対して力を持とうとする組織が現われる。 アメリカCIA、ソ連KGBの両凄腕エージェントが手を...
『コードネームU.N.C.L.E.』を新宿ピカデリー6で観て、相性いい時のガイ・リッチーだったふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★アクション映画として適格】 昔のテレビドラマ『ナポレオン・ソロ』のリメイク映画。 その『ナポレオン・ソロ』は未見。 だから、旧作と合ってる合ってな ...
「コードネームU.N.C.L.E.」☆腐女子萌え (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは面白い!! 小粋で洒落が効いていて、ちょっと笑えて、だけどスマート、しっかりサスペンスフルで見応えもバッチリ。 こういう映画は大好き♪
ナポレオン・ソロ!~『コードネーム U.N.C.L.E.』 (真紅のthinkingdays)
 THE MAN FROM U.N.C.L.E.  1960年代、東西冷戦の最中の東ベルリン。敏腕CIAエージェントのナポレ オン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)は、ある特命を受けて自動車整備士のギャビ ー(アリシア・ヴィキャンデル)を西側へ連れ出す。敵対するKGBエ...
コードネームU.N.C.L.E. (いやいやえん)
【概略】 全世界を巻き込む核兵器テロが勃発。何もかも正反対のCIAのNo.1スパイ・ソロとKGBのNo.1スパイ・イリヤが手を組み、世界を救うべく奔走する。 アクション 最高にセクシーで、最悪な相性の、最強のスパイコンビ、誕生! ヘンリー・カヴィル、アーミー...
コードネーム U.N.C.L.E. (銀幕大帝α)
THE MAN FROM U.N.C.L.E. 2015年 イギリス 116分 アクション/サスペンス 劇場公開(2015/11/14) 監督: ガイ・リッチー 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 製作: ガイ・リッチー 原案: ガイ・リッチー 脚本: ガイ・リッチー 出演: ヘンリー・....
コードネーム U.N.C.L.E. (The Man from U.N.C.L.E.) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ガイ・リッチー 主演 ヘンリー・カヴィル 2015年 アメリカ/イギリス映画 116分 アクション 採点★★★★ ちょっとした疑問なんですけど、なんでこのタイトルになったんでしょうかねぇ?TV版と同じタイトルを持つ原題を使うわけでもなければ、一定の世代には...
映画:コードネーム アンクル The Man from U.N.C.L.E. 2度目の鑑賞でも揺るがない評価は、ホンモノの証! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画館でみたときの感想は、<Kingsmanと007の隙間をリッパに橋渡し <結果、エンドロール終了までキッチリ観賞。<予想外の大満足だったのだ! で、改めてDVDで2度目の鑑賞の感想は.... 改めて特筆すべきは、ガイ・リッチーの演出。オープニングタイトルまわ...
【映画】コードネーム U.N.C.L.E.…カヴィルは何かを克服、ハマーは定位置 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
(2016/5/1  本日は夜に「シビル・ウォー」を観に行く予定) 遅くなりましたが、熊本の震災で被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。 4日(以降)の地震警報は、私の住む北九州でもガンガン鳴って、あんまり聞きたい音じゃないですねアレは。とはいえ、数秒とはい....
映画評「コードネームU.N.C.L.E.」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ=イギリス合作映画 監督ガイ・リッチー ネタバレあり