ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『藁の盾-わらのたて-』

2013-03-27 23:55:44 | 新作映画

「正直言います。
実は、この映画については三池崇史監督の新作ということしか知らず、
“また三池か、よく作るな”くらいの感じで臨んだわけだけど、
いやあ、申しわけありませんでした。
これは、ほんとオモシロかった」

----おっ、正直。
で、どんな映画だったの?
「では簡単に物語から。
少女が惨殺される事件が相次いで発生。
清丸(藤原竜也)というひとりの男bが指名手配される。
そんな中、被害者の中のひとりの女の子の祖父・蜷川(山崎務)が、
清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告を出す。
身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。
警視庁警備部のSP銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)が凶悪犯を
東京まで移送することになる。
だが、清丸の命を狙う者は警察内部にもいて…」

----オモシロそうだけど、
飛行機で輸送すればすぐ終わりなんじゃニャいの?
「いや、
整備士までも清丸の命を狙っていて、それは無理」

----えっ?
「蜷川は、彼の暗殺に失敗した者にも一億円を支払ったばかりか、
自分の会社に迎え入れてまでいるんだ。
だから、たとえ自分の仕事を棒に振ってでも
彼を殺そうとする男は次々と現れる。
ヘリもロケット砲の標的になる危険性があるということで、
結局は陸路を行くことに。
かくして高速道路完全封鎖。
救急車、警備対象車、パトカーなどで埋め尽くしての
大移送劇が始まる」

----ニャるほど、
それはオモシロそうだ。
「うん。
アクションとしても
ここまでやったのは久しぶりじゃないかな。
クラッシュするパトカーの数一つとっても
とても日本映画とは思えない。
さて、物語に戻ると、
護送チームには銘苅と白岩に加え、
警視庁捜査一課から奥村(岸谷五朗)と神箸(永山絢斗)がその任に。
さらに福岡県警(伊武雅刀)が同行。
彼らは、秘密裏に新幹線に乗り換えるが
ネット上にはなぜかその情報が漏れている」

----ということは、
彼らの中に裏切り者が…?
「さあ、それは映画を観てもらうにして、
この状況では
彼ら5人が互いに疑心暗鬼に陥るのは必至。
で、映画は、
外と中、両面のサスペンスが生まれるってワケだ。
ということで、途中まで
ぼくはウォルター・ヒルの『ウォリアーズ』あたりを考えていたワケだけど、
話は、さらに膨らんでゆく。
なぜ、この仕事に、
銘苅と白岩が選ばれたのか?
物語は、日本の統治機構と財界の大物・蜷川とを繋ぐ闇まであぶり出してゆく」

----日本映画のお家芸って感じだね。
山本薩夫監督あたりのね。
『金持ちが仕掛けたゲームに貧困者が踊らされている』
これは劇中に出てくる言葉だけど、
いい悪いは別にして、
清丸を狙う連中には、
みんな“理由”がある。
それはたとえ、
自分がどうなろうと、
家族には、その報奨金で楽になってもらいたいというもの。
あまりにも、今の社会を写しだしていたね。
しかも命を狙われているのは
まさに<屑>の言葉がふさわしい最悪最低の男。
果たして、この命を守る意味があるのか?
物語が進むごとに、
観ている自分の考えも右へ左へと揺らいでゆく。
このあたりは、三池監督の独壇場。
観客の心をよく掴んでいる。
ところが、そんな中、決してブレないのが銘苅。
この強靭な精神力。
まさに彼こそヒーローにふさわしい。
大沢たかおVS.藤原竜也。
まったく異なる個性の対決も本作の見どころの一つだよ」


                 
(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「新幹線の撮影、よくできたよニャ」身を乗り出す

※これは台湾でロケしたらしい度
コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 『桜、ふたたびの加奈子』 | トップ | 『マニアック』(イライジャ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-04-29 21:11:22
藤原竜也さんが今後変態役を極められることを希望します。
そしていつの日か悪役@稲垣吾郎vs.変態役@藤原竜也が実現されますように。
■にゃむばななさん (えい)
2013-05-06 22:43:38
こんばんは。
振り返ってみると、
藤原竜也って、
けっこうアクの強い役が多いですよね。
美形というところに甘んじない…
日本にも
そういう俳優が多く出てきたのが嬉しいです。
こんばんは (ノラネコ)
2013-05-11 23:09:48
シナリオがバッチリ決まって、職人に徹した時の三池監督には凄みがありますね。
単に面白いだけでなく、考えさせる内容を持っているのも良かった。
私はラスト付近だけは不満もあるのですが、今年の邦画を代表する作品の一つになるのではないでしょうか。
■ノラネコさん (えい)
2013-05-12 19:37:08
ぼくもこのラストには不満があるんです。
どこかで観てきたような、
当たり障りのない終り方になっている。
監督、ほんとうは
違うように終らせたいんじゃないかな。
ある意味、
それが<職人>としての<宿命>かもしれませんが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

「藁の楯」守る価値のない犯人を守った先にみた血で塗られた価値のない10億円と本当に死の裁きを宣告するための手段 (オールマイティにコメンテート)
「藁の楯」は木内一裕原作の藁の楯を映画化した作品で、少女連続殺人事件で仮出所中の犯人が再び少女を殺して逮捕されるも、殺された祖父に当たる人物が殺したら10億円の懸賞金 ...
劇場鑑賞「藁の楯」 (日々“是”精進! ver.F)
守るものは、何なのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304270002/ 藁の楯 わらのたて Original Soundtrackオリジナル・サウンドトラック ワーナーミュ...
藁の盾 わらのたて ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。 凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たちの緊迫した道程をスリリングに描く。...
藁の楯 わらのたて (to Heart)
製作年度 2013年 上映時間 125分 原作 木内一裕 脚本 林民夫 監督 三池崇史 音楽 遠藤浩二 出演 大沢たかお/松嶋菜々子/永山絢斗/岸谷五朗/伊武雅刀/余貴美子/山崎努/藤原竜也 少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配さ...
藁の楯 わらのたて (花ごよみ)
原作は木内一裕の同名小説。 彼は『ビー・バップ・ハイスクール』の作者で、 この作品は小説家としてのデビュー作。 監督は三池崇史。 10億円の懸賞金がかかった凶悪な犯人清丸を 誰がいつ襲ってくるか分からない緊迫感たっぷりの中、、 命がけで移送することになる....
映画『藁の楯』観てきたΣ(|||;>д (よくばりアンテナ)
三池監督作品。 原作の感想はコチラ。 原作よりも3割増でアクションが派手。 そして、3割増で気持ち悪い。 さらに、3割増で犯人のクズ度が高い。 なので、3割増で面白かった~! さすが...
藁の楯 わらのたて (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(10) ズバリ言ってリアル感まったくなくて退屈だった。
『藁の楯』 (こねたみっくす)
日本の安全神話はモラルで成り立っている。ゆえにモラルの崩壊こそが日本の安全神話の崩壊。 10億円の懸賞金を掛けられたクズを守ることに意味があるのかという問いよりも、誰も信 ...
藁の楯 わらのたて (いい加減社長の映画日記)
大沢たかおさん、最近よく観るなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ある日、日本の大手全国紙のすべてに見開き全面で「この男を殺してください。御礼として10億円お支払いします」という新聞広告が掲載された。 それは財界の大物・蜷川隆興が、孫娘を惨殺...
映画「藁の楯/わらのたて」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「藁の楯/わらのたて」観に行ってきました。木内一裕の同名小説を原作とする、大沢たかお・松嶋菜々子主演のサスペンス・アクション作品。少女殺しの凶悪犯を、「DEATH NOTE」2...
藁の楯 わらのたて 遣る瀬無さすぎて・・・どないせえちゅうねん! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=24 うち今年の試写会4】 連合のFacebookページ http://www.facebook.com/jtuc.rengo を昨日紹介したが、それ以降「いいね」は2つしか増えていない、このブログの影響力ってこの程度なのか! それとも連合の求心力の問題なのか? ε-(;ーωーA フゥ…  政財界を牛...
『藁の楯 わらのたて』 この挑戦を受けて立て! (映画のブログ)
 シンプルなのに捻りがある。  作り手はこの設定にした段階で、『藁の楯 わらのたて』は面白いと確信したことだろう。  もちろん、その第一の功績は原作小説にあるのだろうが、主演の大沢たかおさんが数...
藁の楯 わらのたて (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/04/26公開(04/11試写) 日本 124分監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努 [Story]少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば1...
藁の楯 わらのたて (勝手に映画評)
「この男を殺してください、御礼として10億円お支払いします。」 何とも、すごい話です。犯罪者を護送すると言うシチュエーションを描いた映画といえば、『S.W.A.T.』や『16ブロック』などが思い付きます。その中でも特に『S.W.A.T.』に類似している印象です。『S.W.A.T....
映画 「 藁の楯 (わらのたて)」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
先日見ました映画「舟を編む」も、その題名の意図するところが、疑問でした。今回の「藁の楯(わらのたて)」も、この題名が言いたいことは何だろうと言う興味がありました。もちろん、それだけではありません。予告編を見て、なかなか面白そうなストーリと言うこともあり...
藁の楯 (映画的・絵画的・音楽的)
 『藁の楯』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に出かけてみました。  話しは極く単純で、殺人事件の容疑者を、彼が出頭した福岡県警から、捜査本部が置かれている東京の警視庁まで48時間以内に移送するというもの。  ただ....
藁の盾・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
それでも、クズを守る理由。 福岡、東京間1100キロ。 被害者の遺族から「殺してくれたら10億円」という、巨額の賞金をかけられた猟奇殺人犯を護送するサスペンスフルなロードムービー。 護送チームは、要...
「藁の楯 わらのたて」 言い訳 (はらやんの映画徒然草)
しかし、三池崇史監督の作品というのは、いつもいつも大きな熱量を持っているな、と思
映画『藁の楯』 (trivialities )
【5月12日特記】 映画『藁の楯』を観てきた。 今回は珍しく原作を読んでいる。しかし、例によって何も憶えていない。ただ、当時書いた書評があるのでそれを読んでみると、「文章としてはひどいが、ストーリーと
藁の楯 わらのたて (銀幕大帝α)
2013年 日本 125分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/04/26) 監督:三池崇史『悪の教典』 原作:木内一裕『藁の楯』 主題歌:氷室京介『NORTH OF EDEN』 出演: 大沢たかお:銘苅一基 松嶋菜々子:白岩篤子 岸谷五朗:奥村武 伊武雅刀:関谷賢示 永山絢....
映画『藁の楯』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-35.藁の楯■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:4月29日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,800円□監督:三池崇史◆大沢たかお(銘苅一基)◆松嶋菜々子(白岩篤子)◆岸谷五朗(奥村武)◆伊武雅刀(関谷賢示...
映画『藁の楯』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-35.藁の楯■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:4月29日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,800円□監督:三池崇史◆大沢たかお(銘苅一基)◆松嶋菜々子(白岩篤子)◆岸谷五朗(奥村武)◆伊武雅刀(関谷賢示...
藁の楯 わらのたて (いやいやえん)
懸賞金10億のクズ(-凶悪犯-)を、命懸けで移送せよ! たしかに10億もの賞金をかけられてたら、真剣に探しちゃうかも、殺意向けちゃうかも、という荒唐無稽さはありますが納得出来る部分もあり。 孫娘を殺された財界の大物が、その犯人と思われ指名手配をされている清...
藁の盾 わらのたて (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 三池崇史 出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、藤原竜也、山崎努 【解説】 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪...
映画 藁の楯 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      少女に悪戯をし、殺した悪党の清丸国秀を護衛するSP。    さまざまな工作をして蜷川隆興を殺害しようとするが    ちょっとやり方が大げさすぎますね。    清丸...
映画評「藁の楯 わらのたて」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり